ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2024年2月 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

アーカイブ

2024年04月(5)
2024年03月(4)
2024年02月(26)
2024年01月(13)
2023年12月(12)
2023年11月(21)
2023年10月(42)
2023年09月(13)
2023年08月(25)
2023年07月(19)
2023年06月(31)
2023年05月(24)
2023年04月(9)
2023年03月(11)
2023年02月(13)
2023年01月(20)
2022年12月(11)
2022年11月(17)
2022年10月(16)
2022年09月(2)
2022年08月(9)
2022年07月(28)
2022年06月(5)
2022年05月(22)
2022年03月(6)
2022年02月(29)
2022年01月(7)
2021年12月(3)
2021年11月(8)
2021年10月(6)
2021年03月(1)
2021年01月(8)
2020年12月(16)
2020年11月(16)
2020年10月(24)
2020年09月(26)
2020年08月(22)
2020年07月(27)
2020年06月(2)
2020年04月(1)
2020年03月(26)
2020年02月(18)
2020年01月(26)
2019年12月(22)
2019年11月(33)
2019年10月(28)
2019年09月(22)
2019年08月(19)
2019年07月(32)
2019年06月(20)
2019年05月(29)
2019年04月(13)
2019年03月(18)
2019年02月(17)
2019年01月(21)
2018年12月(17)
2018年11月(30)
2018年10月(46)
2018年09月(30)
2018年08月(23)
2018年07月(9)
2018年06月(24)
2018年05月(37)
2018年04月(14)
2018年03月(44)
2018年01月(7)
2017年12月(13)
2017年11月(14)
2017年10月(10)
2017年09月(20)
2017年08月(5)
2017年07月(7)
2017年06月(9)
2017年05月(16)
2017年04月(3)
2017年03月(9)
2017年02月(3)
2017年01月(8)
2016年12月(3)
2016年11月(8)
2016年10月(7)
2016年09月(6)
2016年08月(4)
2016年06月(3)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(6)
2016年02月(4)
2016年01月(6)
2015年12月(10)
2015年11月(10)
2015年10月(22)
2015年09月(10)
2015年08月(14)
2015年07月(10)
2015年06月(20)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(10)
2015年02月(8)
2015年01月(13)
2014年12月(5)
2014年11月(24)
2014年10月(23)
2014年09月(36)
2014年08月(15)
2014年07月(16)
2014年06月(17)
2014年05月(29)
2014年04月(19)
2014年03月(15)
2014年02月(7)
2014年01月(5)
2013年12月(9)
2013年11月(14)
2013年10月(19)
2013年09月(16)
2013年07月(13)
2013年06月(14)
2013年05月(14)
2013年04月(10)
2013年03月(2)
2013年02月(10)
2013年01月(2)
2012年12月(6)
2012年11月(6)
2012年10月(16)
2012年09月(5)
2012年08月(10)
2012年07月(22)
2012年06月(18)
2012年05月(37)
2012年04月(8)
2012年03月(10)
2012年02月(21)
2012年01月(4)
2011年12月(12)
2011年11月(39)
2011年10月(31)
2011年09月(15)
2011年08月(30)
2011年07月(20)
2011年06月(29)
2011年05月(37)
2011年04月(10)
2011年03月(2)
2011年02月(14)
2011年01月(15)
2010年12月(32)
2010年11月(50)
2010年10月(78)
2010年09月(54)
2010年08月(35)
2010年07月(12)
2010年06月(13)
2010年05月(30)
2010年04月(28)
2010年03月(1)

タグ

LPタコ・オーロラ(8)
LPタコ・オーロラ(1)
YHビーズ(9)
アオリイカ(462)
アオリエギング(227)
アカイカ(5)
アカハタ(3)
アカムツ(56)
アカムツ仕掛(10)
アカメフグ(2)
アコウ(2)
アジ(36)
アジビシ仕掛(2)
アッパー(14)
アッパー95(1)
アブラボウズ(2)
アマダイ(14)
アマダイ仕掛(12)
イカ釣ヨリトリング(5)
イカ釣りプロサビキ(3)
イカ用中オモリ(6)
イサキ(5)
イサキ仕掛(6)
イシダイ(2)
イトヨリ(2)
イナダ(3)
エギーノぴょんぴょんサーチ(30)
エギーノもぐもぐサーチ(2)
エギング(19)
エギ王(10)
エギ王K(256)
エギ王KシャローリーフSP(3)
エギ王Kネオンブライト(7)
エギ王K黒潮SP(1)
エギ王LIVE(53)
エギ王LIVEサーチ(19)
エギ王LIVEネオンブライト(16)
エギ王MH(2)
エギ王Q(5)
エギ王QLIVE(29)
エギ王QLIVEサーチ(24)
エギ王Q光宮(2)
エギ王SEARCH(33)
エギ王TR(118)
エギ王TRサーチ(10)
エギ王TRシンカー(40)
エギ王チューンヘッド(2)
エサダマ(10)
エサ巻きテーラ(3)
おっぱいスッテ(78)
おっぱいスッテメタル(3)
オニカサゴ(5)
カサゴ(8)
カツオ(11)
カラフル針(2)
カワハギ(30)
カワハギ仕掛(10)
カワハギ集寄DX(3)
キス(5)
キステンビンK型(4)
キハダ(3)
キラッと針(2)
キンメダイ(5)
クリーンビシ(2)
ケンサキイカ(137)
コウイカ(6)
ゴムヨリトリ(18)
ササイカ(10)
サバ(7)
シイラ(6)
シマアジ(2)
シャクリシンカーⅡ(3)
ショウサイフグ(9)
シリヤケイカ(4)
シロイカ(2)
シロギス(5)
スミイカ(3)
スルメイカ(12)
タイラバ(5)
タコ(16)
タコエギシンカー(2)
タチウオ(197)
タチウオ針(12)
チイチイイカ(24)
チビイカ(7)
チビエビ(8)
チビトト(28)
ツツイカエギング(6)
ツバス(2)
ティップランエギング(7)
ととスッテ(4)
ナオリー(109)
ナオリーおっぱいスッテ(6)
ナオリーサイトハンター(8)
ナオリーレンジハンター(72)
ニュークロー(7)
はずしっこⅢ(23)
パニックベイト(27)
パニックベイトアコウ(14)
パニックベイトオニカサゴ(8)
パニックベイトタチウオ(4)
パニックベイトメバル(2)
パニックベイト根魚(12)
ヒイカ(14)
ピッカピカ針(19)
ピッカピカ針5(4)
ヒラメ(4)
ベイカ(6)
ベニアコウ(9)
ボートエギング(38)
マイカ(13)
マゴチ(3)
マシュマロボール(65)
マダイ(25)
マダコ(6)
マルイカ(38)
ムギイカ(19)
メバル(2)
モンゴウイカ(2)
ヤマワーム(2)
ヤリイカ(42)
ライトアジ(19)
ライトアジ仕掛(26)
ライトエギング(30)
ライトテンビン(10)
ライトビシ(2)
ライトヒラメ仕掛け(3)
ワラサ(4)
愛知県(8)
愛媛県(10)
茨城県(3)
餌木ドロッパー(30)
遠投マウスⅡ(2)
岡山県(2)
沖縄県(2)
海上釣堀セット マダイ(2)
竿やすめ船Ⅱ(9)
岩手県(1)
京都府(3)
熊本県(1)
広島県(55)
佐賀県(54)
三重県(11)
山口県(27)
鹿児島県(10)
秋田県(1)
神奈川県(666)
須磨沖(4)
水平ドロッパー(8)
錘スッテ(52)
静岡県(64)
石川県(2)
千葉県(49)
船イカ(7)
船カサゴ仕掛(2)
船テンビンK型(45)
船テンビンY型(29)
相模湾(4)
太刀魚テンヤ(2)
鯛歌舞楽(13)
鯛歌舞楽 波動ベイト(3)
鯛乃玉(6)
大阪府(47)
大分県(12)
長崎県(72)
鳥取県(20)
島根県(10)
東京都(7)
東京湾(6)
徳島県(2)
波動ベイト(4)
富山県(3)
浮スッテ(5)
福井県(34)
福岡県(53)
福島県(2)
兵庫県(34)
猛光太刀魚テンヤ(12)
猛光太刀魚テンヤ船(12)
猛光太刀魚テンヤ波止(38)
猛追太刀魚テンヤ船(89)
目玉シンカー(19)
陸釣り(71)
和歌山県(26)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom
26件のページが該当しました。
2024年02月29日 兵庫県その他船釣り釣果情報
タグ: 兵庫県  ショウサイフグ 
釣行日

2024年2月24日(土)  

釣場
兵庫県 垂水港 虎ノ助
時間

13:00~17:00  

釣果

アカメフグ(ヒガンフグ)2匹 

使用タックル

ロッド:フグカットウ専用竿
リール:シマノ バルケッタ200HG
ライン:PE08、リーダ4号 

使用アイテム

湾フグ仕掛替針TH 1A
湾フグ仕掛替針NY 1Aなどにオモリ10号

記入者

ヤマシタスタッフ
田中 成明(タナカ シゲアキ) 

先日のショウサイフグボウズを忘れるために、垂水港の虎ノ助さんでの午後アカメフグに行ってきました。13時出船ですので朝ゆっくりしてからの乗船ですので楽です。
港に着き釣り座を決めると、トモから2番目という場所。これが良いのか悪いのかわかりませんが準備をして出船。

昨日はトップ4匹で0の人もいたとの事で、やはり寒さが厳しくなると釣況は渋くなる様子。前回のショウサイ撃沈が頭に浮かびます…。
いつも通り出航して15分程度の塩屋港沖周辺の水深10m程度でスタート。なんとなく着底させて棚を切ろうとしたらすでに根掛かるという不吉な予感。
両サイドの方々も根掛かりと戦っています。PE高切れで、開始5分でFGを組み始めました…最初の流しはアタリが無かったようで、再度準備ができたところで、流し直し。

次は着底を見逃さずにしっかりと釣り開始が出来ました。
何回か根掛かりと戦っていると、ポツポツと船中で本命が出始めるも自分には当たらず、1時間程度は何もない状況。やっとコツという小さいアタリで掛けると中型がエサ針に掛かってきました。何とか型が見えて良かったと安心し、その後、もう1匹追加して最後の2時間は当たらない時間がただ過ぎ、17時に納竿。

結果としては船中12名でトップ3匹、0の方もおり厳しい状況でした。
今回はこの雨で水温が下がったのか、イソベラ等の外道や、ショウサイ、コモンという他のフグも当たらずなんだかアタリが少なく、数少ないチャンスを物にできたので良かったです。
3月中で終了してしまうのでもう一度いければと思っています。


コメント
2024年02月22日 長崎県 ツツイカ&コウイカエギング釣果情報
タグ: 長崎県  ナオリー 
釣行日

2024年2月14日(水)  

釣場
長崎県松浦市鷹島
時間

22:00~翌2:00  

釣果

ササイカ6杯 

使用タックル

ロッド エメラルダスストイストST73L-S
リール 22イグジストPC LT2500
ライン エギスタ8 0.6号
リーダー エギリーダーBS 2.25号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
木原 涼(キハラ リョウ) 

今回は、チームキザクラの方々とササイカ狙いに長崎県鷹島へ行ってきました。

当日は、土曜日の晩ということもあって各堤防ササイカアングラーの方々でどこも釣り場はいっぱい。

空いていたポイントにエントリーし、実釣開始。

このポイントは先日1時間で15杯ほどと連発したポイント。

1投、1投、群れの回遊に期待しキャストしていきます。

しかし、なかなか反応が得られません。。。

エギをLIVE2.5号ルナホワイトからナオリーレンジハンター2.2Bにかえていきます。

中層付近を中心にテンションフォールで誘っていると、穂先のテンションが抜けるアタリ!!

アワセも決まって上がってきたのは、狙っていたササイカ!!


狙って釣れると嬉しいですね。


他の方々も集中し、狙いますが反応なし。

単発のようです。。。

その後、チームキザクラの方々もポツポツ、ササイカをキャッチ。

私も1時間に1杯程度のペースでキャッチ!

今回は、大きな回遊はありませんでしたが、皆でワイワイ楽しめました。

また行ってきます。


コメント
2024年02月22日 神奈川県その他船釣り 釣果情報
タグ: 神奈川県  タチウオ 
釣行日

2024年2月19日(月)  

釣場
横須賀 大津沖(新安浦港 長谷川丸)
時間

AM7:20 ~ PM13:00  

釣果

タチウオ 23尾
 

使用タックル

ロッド Gamakatsu  タチウオテンヤMS ML‐180
リール DAIWA シーボーグ 200J-L
ライン PE2号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介(ヤマナカ ヨウスケ) 

久々に冬の東京湾タチウオへ行ってきました。
釣況は不安定なところがありましたが、水温や海況が不安定だった横須賀沖に
湾口の深海型の群れと湾奥の浅海型の群れが集結し、
纏まった釣果が出始めるようになりました。

今回は新製品の逆テーパー仕掛を使用してのテンビンでのタチウオ釣り。
冬のタチウオは産卵にも絡んでおらず産卵前後の荒食いなどもないため、
ややナーバスな状況でテクニカルなところが面白いところでもあります。


逆テーパー仕掛の良いところは、そんなナーバスなタチウオに対して細ハリスで
ナチュラルに餌を漂わせることができ、ナチュラルゆえの誘いで針飲まれに対しても
切られにくいように針元付近が太ハリスになっているところです。
針をなるべく軽量化したいところもあるため、やや小針でのラインナップとなっています。

さて釣りのほうですが、この日は南風がやや強い予報で、殆どの船が出船中止の状況。
かろうじて風裏となり出船するタチウオに沖釣り師たちが集結したのか、平日とは思え
ないほど、各船に釣人が乗船していました。
ポイントは台船西の大津沖。ポイントが近い新安浦港からの出船ですが、すでに走水、
大津の船が集結していました。
すれ違う船では、キラキラとタチウオが釣れ盛っており状況は良さそうです。
朝一は、指示棚もやや上気味。潮回りが小さいせいもあるのでしょう、潮流は緩慢。

朝の1投目からアタリがあり、誘いも夏タチのような早めでシャキッとした
シャクリへの反応が良好。
開始30分ほどは船数も少なかったせいかタチウオの活性も高く、活発にアタりました。
こんな時は針の掛かりも良いです。


しかし横須賀船以外の船がポイントに入れる時間になると湾奥の船も合流し
一気に船団は巨大化し、東京湾らしい大船団に。
こうなると冬タチはプレッシャーで一気に活性が下がり、餌の追いも悪くなります。

ここからが冬タチらしい展開です。
強めにシャクった後に餌をフォールさせ、さらに潮になじませて漂わせる誘いに変更。
冬タチはこの誘いに対しての反応が比較的良いのですが、
この誘いの欠点は、アタリが取りにくいこと。
ステイ中にアタリが出てくれることもあるのですが、
殆どの場合が次のシャクリでの違和感がアタリであることが多く、
このシャクリがアワセになることもあります。
タチウオが比較的中型~小型であればこの後の食わせる駆け引きを楽しむのですが、
大型のタチウオの場合は一気に針を飲み込むためハリス切れが多発しやすいのです。

開始1時間後からはこの誘いに対して好反応。
アタリに対して掛けられなかったり、待ちすぎて飲まれたり。。。


飲まれても12号であればそう簡単には切れることはなく、何とか上がってきてくれます。

この日はアタリが比較的活発で掛け損ねても次のアタリも多く、
針飲まれも多かったのですが、ハリス切れは1度もなく取り込めました。

この時期のタチウオは肉厚で非常に引きが強いのも面白いところ。
かなりムラのある時期ですが、また機会あれば行ってみたいと思います。


コメント
2024年02月22日 神奈川県 ツツイカ&コウイカエギング釣果情報
タグ: 神奈川県  エギ王SEARCH 
釣行日

2024年2月18日(日)  

釣場
神奈川県 三浦市 地磯
時間

18:30~21:30  

釣果

ケンサキイカ 100~150g 8ハイ 

使用タックル

ロッド Golden Mean JJ MACK AIR 7.3ft
リール Piscifun CARBON X 1000S
ライン DAISO PE LINE 0.3号
リーダー SUNLINE BLACKSTREAM 1.25号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
谷花 由樹(タニハナ ヨシキ) 

前日釣れたケンサキイカからライトエギングの可能性を感じ、三浦半島南部地磯へケンサキイカを狙ってライトエギングに行ってきました!
当日は日曜日の夕方ということもあってか、釣り場にはアオリ狙いの先行者がちらりほらりいたのみで、狙いのポイントですんなり入釣できました。
しかし!
天気予報に反して強めに吹いている南西風に加えて、なんだか知らないけど強めの雨が・・・
そんな条件的にはあんまりよろしくない状況にて釣り開始です!!
すると、開始数投でまさかのヒット!!
ヒットしたのは今季初モノとなる、まさかの麦イカ!!
サイズはさておき、完全に海が変わったことを実感できますね!!
そして、強めに吹く風と、思いのほか流れている潮流のバランスを見ながらエギローテーションを繰り返し再びヒット!
今度は本命のケンサキイカが釣れてくれて一安心!!
…かと思えばちょうど時合いが重なったのか、エギ王SEARCHで連続ヒット!!
雨に濡れてもイカさえ釣れていれば全く気にならないのは不思議なものです。
そしてその後も様々なエギをローテーションしてポツリポツリと拾い釣り。
結局終わってみればキャッチ数こそ8ハイなものの、アタリやバラシもあって3時間はあっと言う間の楽しい時間となりました。
アタリの多いエギングは楽しいですね!!
また行ってきます!!


コメント
2024年02月20日 神奈川県 ツツイカ&コウイカエギング釣果情報
タグ: 神奈川県  エギ王K 
釣行日

2024年2月17日(土)  

釣場
神奈川県 三浦市 地磯
時間

17:00~20:00  

釣果

ケンサキイカ 100g級 2ハイ 

使用タックル

ロッド OLYMPIC カラマレッティ882ML
リール DAIWA エメラルダス2508 PE-H
ライン YGK BORN RUSH WX8 0.6号
リーダー DIA FISHING ジョイナーVⅡ 2号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
谷花 由樹(タニハナ ヨシキ) 

夕方からの凪予報、そしてど干潮から潮の動き出しと夕まづめが重なるタイミングを狙って、三浦半島南部地磯へアオリイカを狙いにエギングに行ってきました!

当日は北東微風で絶好のエギング日和!
にも関わらず、最近の激しい水温変化の影響か、それとも釣果が上がっていないことが原因か、あたりを見回してもエギンガーはおらず、自身が狙っていたポイントへすんなり入釣できました。

そして、期待に胸膨らませながらシャクり続けること約2時間・・・
どこに行っても、何をやっても海からの反応は無く完全に撃沈ムード。

こりゃ今回もダメだな・・・20時になったら帰ろう・・・これで釣れなきゃイカはいないよ・・・
…っと完全消化試合で軍艦グリーンを投げていると・・・


モゾっとバイトでケンサキイカをキャッチ!

完全にあきらめていたところでのヒットだったので、イカの種類はさておき気持ち的には大満足です!!

そして、心に余裕が出来た閃きで、手持ちエギの夜光タイプをビッカビカに蓄光!!
もはや心はアオリではなく、釣れるイカ!!


蓄光ビカビカエギはライントエギングではよくやる手段なのですが、ターゲットがケンサキとなれば大きなエギでも効くようです。

今回は本命視していいたアオリイカは釣れませんでしたが、このケンサキで海に生命感が戻ってきたことを実感できました。
このまま水温が安定してくれば、アオリもケンサキも楽しめそうな予感がします!
また行ってきます!!


コメント
2024年02月20日 長崎県 ツツイカ&コウイカエギング釣果情報
タグ: 長崎県  エギ王LIVE  ナオリー  おっぱいスッテ 
釣行日

2024年2月14日(水)  

釣場
長崎県鷹島エリア
時間

22:00~翌2:00  

釣果

ヤリイカ 21杯 

使用タックル

ロッド エメラルダスストイストST73L-S
リール 22イグジストPC LT2500
ライン エギスタ8 0.6号
リーダー エギリーダーBS 2.25号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
木原 涼(キハラ リョウ) 

仕事終わり帰宅し、好調に釣れているササイカを狙いに長崎県の鷹島エリアへ行ってきました。

エントリーできそうな時間が満潮2時間前ということもあり、釣り場は混雑してそうな予感と釣れそうだなという期待で、道中1時間半はいつもですが落ち着きません。

どうやって狙おうかな?なにを使おうかな?など考えているうちに釣り場へ到着。

狙いのポイントへは多くのエギンガーさんたちが!!

珍しく、ウキ釣りの方が一人で、他6人はエギングでした。

皆さん狙いはササイカのようで、2.5号のエギや、3~3.5号のエサ巻エギを使用しています。

私も空いているスペースへ入れていただき、ササイカエギング開始。

しかし、思っていたよりアタリもイカの回遊もありません。

周りの方たちも上げている雰囲気なく、エギのローテーションで狙っていきます。

今年のササイカは群れも小さいですが、回遊してきた個体が積極的にエギを追わない個体が多い印象です。

いろいろな方からアドバイスもいただいていましたので実践していきます。

最初はエギ王LIVE2.5ルナホワイトでスタートしていましたので、さらに沈下速度を遅くする為、ナオリーレンジハンター2.2Sを選択し狙っていきます。

しかし反応はなし。

回遊や居着きがなければさずがに釣れませんが、、、

次はナオリーレンジハンター1.5Dで狙っていきます。

シルエットを小さくさせ、抱かせたいところです!

明暗の奥から誘っていくと、見えてきた1.5Dが後ろへ下がっていきます!

はい、HITです!!!

結果がでると嬉しさも倍増です!!

その後反応がなくなり、満潮前で水深の深くなりナオリーレンジハンター2.2Bのゆきんこで狙っていきます。

周りの方はエギを蓄光させてる方はゼロで、こちらは蓄光で寄せて釣る作戦です。

するとすぐ反応があり、エギが見えてきたところで3杯追いかけてきています。

素直に抱いてくれて1杯キャッチ。

そしてすぐに投げ直して、もう1杯追加!!

連発してくれました、群れが大きければ5杯・10杯といけるところですが、今年は2・3杯が限界のようです。

その後反応も無くなったので、気になっていたポイントへ移動。

ササイカ狙いでははじめてですが、ブレイクも近くシャローと深場が隣接し、外灯もあるポイントです。

風が真横からとやりずらい為か、アングラーさんはだれもいません。

群れが溜まっていることに期待し、最初はエギ王LIVE2.5ルナホワイト&おっぱいスッテ7ー2で狙っていきます。

他同様、エギをしっかりと蓄光させて明暗の奥へキャスト。

横風でやりずらいですが、ロッドを横にシャクリます!

ロッドティップは海面に近づけ、アタリを待っていると穂先に重みが!!

1投目でHIT!!それもダブルHIT!初場所での釣果はまた嬉しさが違います。


同じコースでアタリがなくなったので、コースをかえてます。

手前は浅そうですが、ブレイクから沖は深そうだったのでナオリーレンジハンター2.2Bゆきんこを選択。蓄光してキャスト。

するとすぐにフリーフォールでHIT!!
そしてそれから連発!HIT・HIT・HIT・・・を繰り返し15杯ほどキャッチ!

溜まってました(笑)

その後、帰り道の途中のポイントで3杯追加し、トータル21杯で終了。

まだまだ寒いですが、また行ってきます。


コメント
2024年02月20日 佐賀県 ツツイカ&コウイカエギング釣果情報
タグ: 佐賀県  エギ王LIVE  おっぱいスッテ 
釣行日

2024年2月12日(月)  

釣場
佐賀県呼子エリア
時間

22:00~2:00  

釣果

ヤリイカ 3杯 

使用タックル

ロッド エメラルダスストイストST73L-S
リール 22イグジストPC LT2500
ライン エギスタ8 0.6号
リーダー エギリーダーBS 2.25号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
木原 涼(キハラ リョウ) 

山口から福岡へ戻り、佐賀県呼子エリアのササイカ釣果がイマイチという話を聞いたので調査へ行ってきました。

釣り場は、連休最終日の晩ということもあり、ササイカ狙いの人も少なく空いている状況。

満潮からの下げが効きはじめたタイミングで釣り場へエントリー。

水深も5mほどあるポイントなので、ナオリーレンジハンター2.2B&おっぱいスッテ7‐2で狙っていきます。

しかし、反応なし。先行者の方に話を聞くと、7時間して2杯と厳しい状況。

他の漁港も空いてそうなので、回遊待ちではなくランガンへ変更し移動します。

2ヶ所目のポイントは、呼子エリアでも1・2位を争う1級ポイントの漁港の堤防。

呼子エリアは満潮前後が狙い目の為、止める方もいらっしゃり釣り場も空いていたのでエントリー。

外洋側を探るも反応なし。

次は漁港内の外灯下を狙います。

水深は3mほどと比較的浅いですが、外灯が多くイカが溜まってそうな予感。

先行者のウキ釣りの方に話を聞くと、全く釣れないとのこと。

横の外灯下に入れていただき、明暗の沖へキャスト。

ここは水深が浅い為、エギ王LIVE2.5号ルナホワイト&おっぱいスッテ7ー2で狙います。

着水後10秒ほどでシャクリを入れて、フォールでアタリを待っていると、テンションが抜ける!!!

アワセを入れるとHIT!!!そしてゆっくり巻いていると、イカの引きが更に重く!!

ダブルHITです。

その後すぐに投げましたが、追尾も追加もなし。

最近ハマっているアシストリグでのササイカエギング!!

ダブルHITも比較的多く、数釣りのササイカには欠かせなくなりました。

その後3か所目は撃沈し、最初のポイントへ戻って1杯追加。


トータル3杯で終了。

狙いのタイミングではなかったですが、ササイカの顔をみることができました。

狙いの潮で行けばもう少し数は伸ばせそうなので、また行ってきます。


コメント
2024年02月20日 神奈川県その他船釣り 釣果情報
タグ: 神奈川県  ライトアジ仕掛 
釣行日

2024年2月12日(月)  

釣場
東京湾 八景沖(一之瀬丸
時間

12:30~16:30  

釣果

アジ 約40匹 
 

使用タックル

ロッド SHIMANO サーベルマスターBB 185MH
リール SHIMANO バルケッタBB 300PG
ライン SHIMANO グラップラー8 2号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
小嶋 豪太(コジマ ゴウタ) 

東京湾の名物、ライトアジ釣りへ。
前週に雨降りしきる極寒の中、光る長いニョロニョロに弄ばれたので友人と共に癒され釣行です。

このライトアジ、たま~にやるとすごく面白いんですよね。
例えるならポケモンゲームでしょうか?たまにやると滅茶苦茶ハマりませんか?(笑)
僕はダイパ世代で最初はポッチャマでした、もちろんビーダルがひでん要因です。

話がそれてしまいました、この日は引っ越して近所となった一之瀬丸さんからなみのりの如く、ゆったりまったり午後便で出陣です。
北風が少々強かったので風裏となるポイントで私のライトアジ用のすごいつりざお(サーベルマスターBB)を振ります。

「……… ……… ………… ひいてるひいてる!!」(ポケモン風)
釣りあげました!いきなり美味しそうな肉厚のアジゲットです

君はいつも裏切らないな、、、°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
そう思わせてくれる東京湾のライトアジ、釣って楽しい食べておいしいとはまさにこの事でしょう、終始入れ食いモードを堪能しました(⌒∇⌒)

時刻は15時を過ぎ、風も収まってきたところで沖へ移動。
こちらのポイントでは入れ食いとはいかないまでもコンスタントに25センチの中アジが釣れてきてくれました。
タイムアップまでばっちりライトアジを堪能できました(^▽^)/

撃沈した後は癒しの釣りに限りますね、また行ってきます‼


コメント
2024年02月19日 福井県 船イカ釣果情報
タグ: 福井県  アッパー  錘スッテ 
釣行日

2024年2月14日(水)  

釣場

敦賀沖 水深100mライン(一美丸

時間

16:00~23:00  

釣果

ヤリイカ 1杯 

使用タックル

tailwalk METALZON SSD C58MH/SL / ABU MAX DLC-L
ARES BLACK JAGUAR BJOS702M/DAIWA AIRLITY PC LT3000 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
澤田 正(サワダ タダシ) 

今季2回目のヤリイカメタルは、敦賀 一美丸さんからの挑戦です。

小浜での初戦は散々な結果でしたので、好釣果期待しての出船です。
釣場までは1時間ほど。水深100mラインからスタートです。
潮の流れがあり、パラシュートアンカーを入れての流し釣りとなります。

前回の反省から、今回は漁師のエサ巻も準備し釣り開始です。
ヤリイカの場合は、オモリグが有効な日も多く、この日も乗船者の約8割が
オモリグタックルを持参していました。

水深が深いので25号が船長指定のオモリの重さとなります。
底メインに誘ってくださいとの指示があり、底中心に狙っていきます。

漁火が点灯してしばらくすると、数人の竿が曲がっています。
が、上がってきたのはフグ。この場所はフグが多いようです。
たまにイカらしいあたりがあった方もいましたが、あがってきたのは
魚に食いちぎられたイカ。こうした状況なので船長から、「エサ巻を使うと
フグや魚が多くなるので、使わないほうが良いよ」とのアドバイス。

私もそんな気がしていたので、エサ巻は使わず、オモリグやイカメタルで
底中心に丁寧に誘っていますが、全く反応がありません。

すると、待望のアタリ。小さいけど間違いなくイカの。
慎重に上げてきたら、ようやく良型のヤリイカをキャッチ。


さあこれからだと意気込んではみましたが、状況は好転せず。
船長も移動を決断。

水深80mラインで再開です。しかし。こちらのポイントでも状況は
変わらずタイムアップとなってしまいました。

前回に引き続き大変厳しい一日となってしまいました。
出船できる日が多くなってくると思うのでまた挑戦したいと
思います。


コメント
2024年02月19日 山口県 ツツイカ&コウイカエギング釣果情報
タグ: 山口県  エギ王LIVE  おっぱいスッテ 
釣行日

2024年2月11日(日)  

釣場
山口県山陰エリア
時間

19:00~21:00  

釣果

ヤリイカ4杯 

使用タックル

ロッド エメラルダスストイストST88ML-SMT
リール 22イグジストPC LT2500
ライン エギスタ8 0.6号
リーダー エギリーダーBS 2号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
木原 涼(キハラ リョウ) 

今日は、遊漁船D‘Sの船長佐伯さんとヤリイカエギングへ!!

西寄りの風10m以上と爆風で、、、萩は西風に弱いので釣り場があまりありません。。。

ギリギリ風を背負える漁港内の外灯下を打つも反応なし。

若干横風の外洋側を探るも反応なし。

釣果なく、時間だけがすぎていきます。

21時までしか出来なかったので、次がラストのポイントです。

人気の漁港の湾内外灯下へ移動です。

先行者はなしで、なんとか釣りもできそうな感じの状況。

釣り開始数投、佐伯船長にHIT!!

まさかのケンサキイカ!!さすがでした!

ヤリイカもいるかもしれないとキャストすると、テンションがプンっと抜けるアタリ!!

すぐにはHITしませんでしたが、フリーフォールにしてHIT!!

ヤリイカダブルHITです、そして追尾が数杯。

連続で4杯キャッチしました。船長もキャッチです。



 

短時間でしたが、楽しめました。


コメント