ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2024年4月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

アーカイブ

2024年04月(5)
2024年03月(4)
2024年02月(26)
2024年01月(13)
2023年12月(12)
2023年11月(21)
2023年10月(42)
2023年09月(13)
2023年08月(25)
2023年07月(19)
2023年06月(31)
2023年05月(24)
2023年04月(9)
2023年03月(11)
2023年02月(13)
2023年01月(20)
2022年12月(11)
2022年11月(17)
2022年10月(16)
2022年09月(2)
2022年08月(9)
2022年07月(28)
2022年06月(5)
2022年05月(22)
2022年03月(6)
2022年02月(29)
2022年01月(7)
2021年12月(3)
2021年11月(8)
2021年10月(6)
2021年03月(1)
2021年01月(8)
2020年12月(16)
2020年11月(16)
2020年10月(24)
2020年09月(26)
2020年08月(22)
2020年07月(27)
2020年06月(2)
2020年04月(1)
2020年03月(26)
2020年02月(18)
2020年01月(26)
2019年12月(22)
2019年11月(33)
2019年10月(28)
2019年09月(22)
2019年08月(19)
2019年07月(32)
2019年06月(20)
2019年05月(29)
2019年04月(13)
2019年03月(18)
2019年02月(17)
2019年01月(21)
2018年12月(17)
2018年11月(30)
2018年10月(46)
2018年09月(30)
2018年08月(23)
2018年07月(9)
2018年06月(24)
2018年05月(37)
2018年04月(14)
2018年03月(44)
2018年01月(7)
2017年12月(13)
2017年11月(14)
2017年10月(10)
2017年09月(20)
2017年08月(5)
2017年07月(7)
2017年06月(9)
2017年05月(16)
2017年04月(3)
2017年03月(9)
2017年02月(3)
2017年01月(8)
2016年12月(3)
2016年11月(8)
2016年10月(7)
2016年09月(6)
2016年08月(4)
2016年06月(3)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(6)
2016年02月(4)
2016年01月(6)
2015年12月(10)
2015年11月(10)
2015年10月(22)
2015年09月(10)
2015年08月(14)
2015年07月(10)
2015年06月(20)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(10)
2015年02月(8)
2015年01月(13)
2014年12月(5)
2014年11月(24)
2014年10月(23)
2014年09月(36)
2014年08月(15)
2014年07月(16)
2014年06月(17)
2014年05月(29)
2014年04月(19)
2014年03月(15)
2014年02月(7)
2014年01月(5)
2013年12月(9)
2013年11月(14)
2013年10月(19)
2013年09月(16)
2013年07月(13)
2013年06月(14)
2013年05月(14)
2013年04月(10)
2013年03月(2)
2013年02月(10)
2013年01月(2)
2012年12月(6)
2012年11月(6)
2012年10月(16)
2012年09月(5)
2012年08月(10)
2012年07月(22)
2012年06月(18)
2012年05月(37)
2012年04月(8)
2012年03月(10)
2012年02月(21)
2012年01月(4)
2011年12月(12)
2011年11月(39)
2011年10月(31)
2011年09月(15)
2011年08月(30)
2011年07月(20)
2011年06月(29)
2011年05月(37)
2011年04月(10)
2011年03月(2)
2011年02月(14)
2011年01月(15)
2010年12月(32)
2010年11月(50)
2010年10月(78)
2010年09月(54)
2010年08月(35)
2010年07月(12)
2010年06月(13)
2010年05月(30)
2010年04月(28)
2010年03月(1)

タグ

LPタコ・オーロラ(8)
LPタコ・オーロラ(1)
YHビーズ(9)
アオリイカ(462)
アオリエギング(227)
アカイカ(5)
アカハタ(3)
アカムツ(56)
アカムツ仕掛(10)
アカメフグ(2)
アコウ(2)
アジ(36)
アジビシ仕掛(2)
アッパー(14)
アッパー95(1)
アブラボウズ(2)
アマダイ(14)
アマダイ仕掛(12)
イカ釣ヨリトリング(5)
イカ釣りプロサビキ(3)
イカ用中オモリ(6)
イサキ(5)
イサキ仕掛(6)
イシダイ(2)
イトヨリ(2)
イナダ(3)
エギーノぴょんぴょんサーチ(30)
エギーノもぐもぐサーチ(2)
エギング(19)
エギ王(10)
エギ王K(256)
エギ王KシャローリーフSP(3)
エギ王Kネオンブライト(7)
エギ王K黒潮SP(1)
エギ王LIVE(53)
エギ王LIVEサーチ(19)
エギ王LIVEネオンブライト(16)
エギ王MH(2)
エギ王Q(5)
エギ王QLIVE(29)
エギ王QLIVEサーチ(24)
エギ王Q光宮(2)
エギ王SEARCH(33)
エギ王TR(118)
エギ王TRサーチ(10)
エギ王TRシンカー(40)
エギ王チューンヘッド(2)
エサダマ(10)
エサ巻きテーラ(3)
おっぱいスッテ(78)
おっぱいスッテメタル(3)
オニカサゴ(5)
カサゴ(8)
カツオ(11)
カラフル針(2)
カワハギ(30)
カワハギ仕掛(10)
カワハギ集寄DX(3)
キス(5)
キステンビンK型(4)
キハダ(3)
キラッと針(2)
キンメダイ(5)
クリーンビシ(2)
ケンサキイカ(137)
コウイカ(6)
ゴムヨリトリ(18)
ササイカ(10)
サバ(7)
シイラ(6)
シマアジ(2)
シャクリシンカーⅡ(3)
ショウサイフグ(9)
シリヤケイカ(4)
シロイカ(2)
シロギス(5)
スミイカ(3)
スルメイカ(12)
タイラバ(5)
タコ(16)
タコエギシンカー(2)
タチウオ(197)
タチウオ針(12)
チイチイイカ(24)
チビイカ(7)
チビエビ(8)
チビトト(28)
ツツイカエギング(6)
ツバス(2)
ティップランエギング(7)
ととスッテ(4)
ナオリー(109)
ナオリーおっぱいスッテ(6)
ナオリーサイトハンター(8)
ナオリーレンジハンター(72)
ニュークロー(7)
はずしっこⅢ(23)
パニックベイト(27)
パニックベイトアコウ(14)
パニックベイトオニカサゴ(8)
パニックベイトタチウオ(4)
パニックベイトメバル(2)
パニックベイト根魚(12)
ヒイカ(14)
ピッカピカ針(19)
ピッカピカ針5(4)
ヒラメ(4)
ベイカ(6)
ベニアコウ(9)
ボートエギング(38)
マイカ(13)
マゴチ(3)
マシュマロボール(65)
マダイ(25)
マダコ(6)
マルイカ(38)
ムギイカ(19)
メバル(2)
モンゴウイカ(2)
ヤマワーム(2)
ヤリイカ(42)
ライトアジ(19)
ライトアジ仕掛(26)
ライトエギング(30)
ライトテンビン(10)
ライトビシ(2)
ライトヒラメ仕掛け(3)
ワラサ(4)
愛知県(8)
愛媛県(10)
茨城県(3)
餌木ドロッパー(30)
遠投マウスⅡ(2)
岡山県(2)
沖縄県(2)
海上釣堀セット マダイ(2)
竿やすめ船Ⅱ(9)
岩手県(1)
京都府(3)
熊本県(1)
広島県(55)
佐賀県(54)
三重県(11)
山口県(27)
鹿児島県(10)
秋田県(1)
神奈川県(666)
須磨沖(4)
水平ドロッパー(8)
錘スッテ(52)
静岡県(64)
石川県(2)
千葉県(49)
船イカ(7)
船カサゴ仕掛(2)
船テンビンK型(45)
船テンビンY型(29)
相模湾(4)
太刀魚テンヤ(2)
鯛歌舞楽(13)
鯛歌舞楽 波動ベイト(3)
鯛乃玉(6)
大阪府(47)
大分県(12)
長崎県(72)
鳥取県(20)
島根県(10)
東京都(7)
東京湾(6)
徳島県(2)
波動ベイト(4)
富山県(3)
浮スッテ(5)
福井県(34)
福岡県(53)
福島県(2)
兵庫県(34)
猛光太刀魚テンヤ(12)
猛光太刀魚テンヤ船(12)
猛光太刀魚テンヤ波止(38)
猛追太刀魚テンヤ船(89)
目玉シンカー(19)
陸釣り(71)
和歌山県(26)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom
52件のページが該当しました。
2024年04月11日 福井県 船イカ釣果情報   new!
タグ: 福井県  餌木ドロッパー  錘スッテ 
釣行日

2024年4月6日(土)  

釣場

小浜沖 水深70mライン(一美丸

時間

16:00~23:00  

釣果

ヤリイカ 2杯 

使用タックル

tailwalk SSD METALIKA S610H/FSL LTD / SHIMANO TWINPOWER XD 4000XG 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
澤田 正(サワダ タダシ) 

今季5回目のヤリイカ釣行は、小浜から挑戦です。
終盤になり、やや上向きになってきたとの情報で期待して出船。
航程約1時間の水深70mラインで釣り開始。

開始早々に、マイカをキャッチ。良型で、幸先の良いスタートです。
しかし、ここから私の苦戦が始まります。

暗くなって、反応が入るとポツポツ釣れていると船長。
確かに、周りの方が釣っています。
しかし、私には全くです。

色々な釣り方を試してみますが、アタリがでません。
両隣の方の釣り方を観察しながら釣りをしていますが
それでもだめです。

そして、ようやくつれたのが、このヤリイカ‼

もう釣れないかと思ったので本当に嬉しかった‼
オモリグでした。着底してすぐに乗りましたので、タイミングよく
群れの中に入った感じです。

結局、その後もパターンが全くつかめないまま終了となりました。
船内では、トップ15杯とまずまずでした。ヤリイカだけでなく、マイカも
混じってきたので、そろそろ本格的なイカメタルシーズン開幕かなという
感じでした。

今回は大苦戦の結果に終わったので、また挑戦してきます。


コメント
2024年03月20日 福井県 船イカ釣果情報
タグ: 福井県  アッパー  錘スッテ 
釣行日

2024年2月14日(水)  

釣場

敦賀沖 水深35-75mライン(一美丸

時間

16:00~23:00  

釣果

ヤリイカ 2杯 

使用タックル

tailwalk SSD METALIKA S610H/FSL LTD / SHIMANO TWINPOWER XD 4000XG
ARES BLACK JAGUAR BJOS702M/SHIMANO HYPER FORCE LB C2000M 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
澤田 正(サワダ タダシ) 

今季3回目のヤリイカメタルも、敦賀 一美丸さんからの挑戦です。

敦賀での初戦は散々な結果でしたので、好釣果期待しての出船です。
釣場までは1時間ほど。水深75mラインからスタートです。
潮の流れがなく、アンカーで船を固定しての釣りとなります。

水深が深いのですが潮の流れがゆるいため20-25号が船長指定のオモリの
重さとなります。
底メインに誘ってくださいとの指示があり、底中心に狙っていきます。

漁火が点灯してしばらくたっても、アタリがありません。
嫌な予感です。オモリグ・イカメタルと色々と試してみますが
全くです。

周りの方も、同じような状況。
それでもたまに釣りあげるかたもいるので、根気よく釣りを
していると、ようやく1杯ゲット。
おっぱいスッテで釣れました。やはり心強いスッテです。


何とか1杯釣りましたが、状況は好転せず。
船長も移動を決断。

水深35mラインで再開です。こちらのポイントでは開始直後から
船内の誰かがポツポツと釣るような状況になり、私にも
もう1杯釣れました。

納竿まで根気よく誘い続けましたが、結局2杯で終了。
またまた大変厳しい一日となってしまいました。

前回よりも釣果が良くなっている日もありますので
今後に期待してまた挑戦してみたいと思います。


コメント
2024年02月19日 福井県 船イカ釣果情報
タグ: 福井県  アッパー  錘スッテ 
釣行日

2024年2月14日(水)  

釣場

敦賀沖 水深100mライン(一美丸

時間

16:00~23:00  

釣果

ヤリイカ 1杯 

使用タックル

tailwalk METALZON SSD C58MH/SL / ABU MAX DLC-L
ARES BLACK JAGUAR BJOS702M/DAIWA AIRLITY PC LT3000 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
澤田 正(サワダ タダシ) 

今季2回目のヤリイカメタルは、敦賀 一美丸さんからの挑戦です。

小浜での初戦は散々な結果でしたので、好釣果期待しての出船です。
釣場までは1時間ほど。水深100mラインからスタートです。
潮の流れがあり、パラシュートアンカーを入れての流し釣りとなります。

前回の反省から、今回は漁師のエサ巻も準備し釣り開始です。
ヤリイカの場合は、オモリグが有効な日も多く、この日も乗船者の約8割が
オモリグタックルを持参していました。

水深が深いので25号が船長指定のオモリの重さとなります。
底メインに誘ってくださいとの指示があり、底中心に狙っていきます。

漁火が点灯してしばらくすると、数人の竿が曲がっています。
が、上がってきたのはフグ。この場所はフグが多いようです。
たまにイカらしいあたりがあった方もいましたが、あがってきたのは
魚に食いちぎられたイカ。こうした状況なので船長から、「エサ巻を使うと
フグや魚が多くなるので、使わないほうが良いよ」とのアドバイス。

私もそんな気がしていたので、エサ巻は使わず、オモリグやイカメタルで
底中心に丁寧に誘っていますが、全く反応がありません。

すると、待望のアタリ。小さいけど間違いなくイカの。
慎重に上げてきたら、ようやく良型のヤリイカをキャッチ。


さあこれからだと意気込んではみましたが、状況は好転せず。
船長も移動を決断。

水深80mラインで再開です。しかし。こちらのポイントでも状況は
変わらずタイムアップとなってしまいました。

前回に引き続き大変厳しい一日となってしまいました。
出船できる日が多くなってくると思うのでまた挑戦したいと
思います。


コメント
2023年09月05日 福井県 船イカ釣果情報
タグ: 福井県  ケンサキイカ  餌木ドロッパー  おっぱいスッテ  錘スッテ 
釣行日

2023年8月31日(木)  

釣場

常神沖 水深90mライン(天輝丸)

時間

16:30~24:00  

釣果

ケンサキイカ 45杯 

使用タックル

tailwalk METALZON SSD C64ML/SL / ABU MAX DLC-HL
LUXXE EGTR X S510 M+SOLID/SHIMANO HYPER FORCE LB C2000MDH 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
澤田 正(サワダ タダシ)
 

今回は、小浜からの釣行です。
終盤戦となっても好調キープとのことですが、この日は月夜なので少し心配しながら
出船となりました。遠いエリアでの釣りとなり、約90分の移動をして釣り開始となりました。

水深は、90mくらいですが、15号でやってみましょうとのこと。
そう、小浜はできるだけ軽いメタルスッテを使い、浮いてきたイカを狙っていく
ことが基本となるエリアです。当日は、潮の流れもほぼなく、15号で十分釣りができる
感じでした。
明るいうちは、全く反応がなく、漁火を点灯してしばらくしてから
船長より棚を探るように指示があり、30mくらいのところでヒット。

小型が多いと聞いていたので、おっぱいスッテと錘スッテの組み合わせです。
風が強く、やや揺れがあり釣りにくい状況ではありましたが、なんとか
アタリがとれて釣れます。やはり、サイズは小さいです。

30m前後で釣れていましたが、月夜のせいなのか、活性が低くアタリが
なくなってきてしまいました。浅い棚が反応ないなら、深い棚を
狙うしかありませんので、50mラインで狙ってみました。

すると、期待通りに反応がありました。周りの方の棚も同じような
ところだったので、このまま釣りを続けました。
イカが小さいだけでなく、風も強いのでなかなかアタリがとりにくいのですが
丁寧に誘いをかけるとキッチリと釣れるので、そのパターンを探すのが
とても難しいのですが楽しい釣りでした。

ラッシュがあったわけではないけど、中だるみも少なかったので
最終的にこの日も45杯とまずまずでした。

次で最後かな。心残りがある、敦賀でも行ってみたいと思います。


コメント
2023年08月31日 茨城県 船イカ釣果情報
タグ: 茨城県  おっぱいスッテ  錘スッテ 
釣行日

2023年8月25日 (金)  

釣場

茨城県 鹿嶋沖 水深40~50 m (第三幸栄丸)

時間

17:00~0:00  

釣果

ケンサキイカ 10~22 cm 37杯
スルメイカ 16 cm 1杯 

使用タックル

ロッド – DAIWA エメラルダスMX BORT65MB-S・E
リール – SHIMANO 炎月BB 100HG
ライン – PE 0.8号 + リーダー3号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
余田 昂彌(ヨデン タカヤ) 

普段は、スジイカやムラサキイカ (アカイカ) を狙っている初夏から秋の鹿島の夜イカ船ですが、今年は浅場でマルイカ (ケンサキイカ) が絶好調です。

胴突仕掛けで狙う人が多いですがイカメタルもさせてもらえます!

日が沈むころにポイントに到着。

パラシュートアンカーを下ろして釣り開始です。

タナは20 mより上です。

すぐに魚っぽいアタリがあり、胴突仕掛けの人には小サバが鈴なりに、、!

たまらずポイント移動です。

次の場所はサバも少ないようです。

入れ乗りとまではいきませんがコンスタントに釣れ続けます!

タナも徐々に上がってきて10 mでよく釣れました。

小型のムギイカ (スルメイカ) も1杯だけ混じりましたが、小さいスッテを使う方がムギイカ狙いにはよいようです。

アタリが止まったらスッテの色を変えるとまた乗り始めるので、カラーの手数はあればあるだけ良さそうです!


いつまで釣果が継続するか分かりませんので早めの釣行がおすすめです!


コメント
2023年08月18日 鳥取県 船イカ釣果情報
タグ: 鳥取県  おっぱいスッテ  錘スッテ  アッパー 
釣行日

2023年8月12日(土)  

釣場

鳥取沖 水深60mライン(久幸丸

時間

17:00~23:00  

釣果

ケンサキイカ 36杯 スルメイカ 6杯 

使用タックル

tailwalk METALZON SSD C58MH/SL / ABU MAX DLC-HL
ARES BLACK JAGUAR BJOS702M/DAIWA AIRLITY PC LT3000 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
澤田 正(サワダ タダシ) 

夏休み2日目も、鳥取からイカメタルに行ってきました。

今回は、久幸丸さんからの出船です。前日に釣りをしたエリアよりも
東側のエリアで開始です。激流から一転して潮の流れが緩くなってました。

前日が厳しかったので、あまり期待をしていなかったのですが
明るいうちにオモリグで釣れたので一安心。

漁火が点灯してからすぐに釣れるかと思えば、少しあたりが遠くなって
しまい、イカがいる棚探しを開始。船長より、ベイトの反応が20mくらいに
あるとのアナウンスがあったので、浅めの棚を狙ってみると、思った通り
釣れました。ここからは、コンスタントに釣れるようになってきましたが
次第に浅めの棚では反応が悪くなり、再び釣れる棚探し。

底から20mくらいまでを誘うとよく釣れてきたので、しばらくは
ここをメインに釣りました。当日は、おっぱいスッテ 7-2 K3に
あたりが集中しました。

最終的にケンサキイカ36杯、スルメイカ6杯と前日よりもずっと良い結果で
終了となりました。

シーズンはまだまだ続きそうですが、鳥取からの出船は今回で最後かな。


コメント
2023年08月18日 鳥取県 船イカ釣果情報
タグ: 鳥取県  エギ王LIVE  錘スッテ 
釣行日

2023年8月12日(土)  

釣場

鳥取沖 水深60mライン(金谷丸

時間

0:00~5:00  

釣果

ケンサキイカ 8杯 

使用タックル

tailwalk METALZON SSD C58MH/SL / ABU MAX DLC-HL
ARES BLACK JAGUAR BJOS702M/DAIWA AIRLITY PC LT3000 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
澤田 正(サワダ タダシ) 

夏休みを利用して鳥取に行ってきました。

台風6号の影響が長く続いており、出船できるか心配でしたが
出船とのことで、2便で挑戦してきました。

当日は、激流とのことでシーアンカーで流しての釣りです。
2便なので、場所に到着してすぐに釣れるかと思ったら、全く反応が
ありません。激流のせいなのか、時化の影響なのかわかりませんが
難しい感じです。

オモリグでも、イカメタルでも、全く釣り方が分からず、迷うばかり。
棚も底から中層まで幅広く探ってみましたが、どの棚もたまに
釣れるくらいで、ここって棚が見つかりません。

仕方ないので、底中心で狙うようにして、最終的に8杯で終了。
ここ最近では、厳しい釣果となりました。

時化後だからって期待していましたが、そう簡単にはいきませんね。


コメント
2023年08月10日 福井県 船イカ釣果情報
タグ: 福井県  ケンサキイカ  餌木ドロッパー  おっぱいスッテ  錘スッテ 
釣行日

2023年8月8日(火)  

釣場
時間

18:00~23:00  

釣果

ケンサキイカ 75杯 

使用タックル

tailwalk METALZON SSD C64ML/SL / ABU MAX DLC-H
SHIMANO Sephia XTUNE TIP EGING S511ML 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
澤田 正(サワダ タダシ)
 

今季絶好調の福井県三国よりイカメタルに挑戦してきました。

今回は、三国沖の水深70mラインからスタートです。
明るいうちは、オモリグで底中心に狙ってみました。
すると、餌木ドロッパー 2.5 AT/赤で1杯キャッチ。意外と早めに
釣れたので一安心。

暗くなって漁火が点灯されてからは、イカメタルにチェンジ。
船長より、ベイト反応がでている棚のアナウンスがあり、底中心から
徐々に棚をあげて釣りをしていると、20mとか30mとか
乗った棚の情報が流れてきます。

そこで、私も浅めの棚を狙うと、ポツポツ釣れはじめました。
船長からも、10mくらいまで幅広く誘ってとのアナウンスがあったので
狙ってみると15‐20mくらいでアタリが多くなってきました。
こうなると手返しよく釣っていくだけです。

活性が高い状況だったので、おっぱいスッテ 7-2のピンク本体の
カラーや錘スッテのP/赤帽に良くヒットしました。

1投1杯ペースで釣れていましたが、あたりが遠くなってきたので
じっくりと狙えるオモリグにチェンジしてみました。

やや棚も下げて25mくらいを狙うと、作戦変更大成功で
アタリ連発となりました。
今回は、エギではなくアッパーを使ってみましたが、これも
ズバリとはまりました。特にアピールイエローが良かったかな。
今年の福井エリアは、赤黄が特に釣れると評判になっていたのですが
その通りでした。

そのまま最後まで釣れ続けて、終わってみれば75杯と大満足な
釣果となりました。

オモリグに変更したのは良かったのですが、手返しの面では
イカメタルより悪いので、そのままイカメタルにしていればもう少し
釣れたかなって感じもしました。

あと少し楽しめそうでなので、また行ってきます。


コメント
2023年08月08日 愛媛県 船イカ釣果情報
タグ: 愛媛県  ケンサキイカ  おっぱいスッテ  錘スッテ 
釣行日

2023年8月2日(水)  

釣場

宇和島沖 (遊漁船凪丸)

時間

18:00~24:00  

釣果

ケンサキイカ 11杯 

使用タックル

OLYMPIC 18Nuovo Calamaretti GCROC-582MH-TS
TENRYU ブリゲイド フリップ TR BFT672S-MS 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
石丸 瑛紫(イシマル エイジ) 

宇和海のイカメタルもシーズン到来ということで、 津島の凪丸さんに乗船してきました。

満月・うねり・南風と中々のタフコンディションが予想されますが、いざ出航!
30分ほど航行し、日が沈んだころパラアンカーを投入、釣り開始!

錘スッテ20号から始めると、点灯直後にすぐアタリが!
と思いきや、うねり+風波で勘違い・・・
右舷の方が25mでアタリと仰っていたので便乗するとようやく1杯ゲット。
新子サイズですが、ドロッパーのおっぱいスッテ7-2をしっかりと抱いていました。


しかし相変わらずアタリが取れない・掛け遅れるで追加が伸びません。
船中も皆さん苦戦しているようでポツポツ揚がる程度です。

そして痛恨の船酔い・・・
普段は酔わないので油断していましたが、昼間の猛暑とうねりで体力が削られていたようです・・・

じっとしていても仕方ない!
という訳で思い切ってタックルを持ち替え、カーブフォール中心に切り替えます。

するとフォール中にシャクリ上げた直後、抑え込まれるアタリが!
慎重に巻き上げて取り込むと先程よりサイズアップ!

カーブフォールでうねりや揺れを無視し、アタリを明確にする目論見通りとなりました。

ポツリポツリと追加していきますが、潮の向きが変わったため、縦の釣りに戻ります。
グロッキー気味で縦横探っていきますが、満月効果かアタリも少なく・・・

終了間際に30mラインでアタリが頻発しましたが、残念ながら掛け切れず、納竿の時間となりました。
11杯と厳しい結果でしたが、これからお盆のシーズン最盛期があるため次回に期待!
次こそ大漁を目指してまた行ってきます!


コメント
2023年07月31日 鳥取県 船イカ釣果情報
タグ: 鳥取県  餌木ドロッパー  おっぱいスッテ  錘スッテ 
釣行日

2023年7月28日(金)  

釣場

逢坂港沖 水深50mライン(新北斗丸)

時間

17:00~23:30  

釣果

ケンサキイカ 29杯 

使用タックル

tailwalk METALZON SSD C58MH/SL / ABU MAX DLC-HL
ARES BLACK JAGUAR BJOS702M/DAIWA AIRLITY PC LT3000 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
澤田 正(サワダ タダシ) 

今回は、鳥取中部より挑戦です。

17時頃出船。潮が速いとのことで40号スタート。山陰らしい展開です。
水深50mラインで釣り開始。オモリグで狙います。
このエリアは、30号以上を使うことが多いので、オモリグメインとなります。

開始してしばらくすると、船長が僚船がポツポツ釣れているみたいなので
移動しますとアナウンス。開始早々移動です。次に行ったもポイントも今一つで
すぐに移動。判断が早い船長です。

3度目の正直で移動した場所では、到着早々、私にもヒット。
ここで釣り再開となりました。

引き続きオモリグで挑戦です。
明るいうちはあまり反応がなく、漁火が点灯されてから、徐々に釣れて
きます。なんとか30号でできそうでしたので、イカメタルにチェンジ。

最近は、このパターンが良かったのですが、この日は反応が鈍い状況が
続きます。周りのベテランさんが、ベイトオモリグで釣っているので
私も挑戦。棚もよくわからず、なかなかあたりません。

ハリスの長さやスッテを交換してみますが、うまくいかず。
こうなったら、棚を探るのをあきらめて、底中心にオモリグで狙うことに。

手返しは悪くなってしまいますが、釣れないことには仕方ないので
ジックリとオモリグで釣っていると、ペースアップ。

ようやく、釣り方がはまり、中型中心に連発。いつものように
釣り方がわかったころに納竿時間となり、29杯で終了。

もう少し早く、オモリグに切り替えていれば釣果は伸びたと思います。
まだまだ判断が甘いですね。

また行ってきます。


コメント