ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2024年7月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

2024年07月(17)
2024年06月(41)
2024年05月(43)
2024年04月(13)
2024年03月(4)
2024年02月(26)
2024年01月(13)
2023年12月(12)
2023年11月(20)
2023年10月(41)
2023年09月(13)
2023年08月(24)
2023年07月(18)
2023年06月(30)
2023年05月(22)
2023年04月(7)
2023年03月(9)
2023年02月(13)
2023年01月(19)
2022年12月(10)
2022年11月(16)
2022年10月(15)
2022年09月(1)
2022年08月(9)
2022年07月(25)
2022年06月(5)
2022年05月(18)
2022年03月(5)
2022年02月(28)
2022年01月(6)
2021年12月(2)
2021年11月(8)
2021年10月(4)
2021年03月(1)
2021年01月(8)
2020年12月(13)
2020年11月(13)
2020年10月(22)
2020年09月(25)
2020年08月(20)
2020年07月(23)
2020年06月(2)
2020年04月(1)
2020年03月(25)
2020年02月(18)
2020年01月(25)
2019年12月(22)
2019年11月(30)
2019年10月(25)
2019年09月(21)
2019年08月(19)
2019年07月(32)
2019年06月(17)
2019年05月(27)
2019年04月(12)
2019年03月(16)
2019年02月(15)
2019年01月(21)
2018年12月(16)
2018年11月(25)
2018年10月(43)
2018年09月(28)
2018年08月(21)
2018年07月(8)
2018年06月(20)
2018年05月(36)
2018年04月(13)
2018年03月(43)
2018年01月(7)
2017年12月(13)
2017年11月(14)
2017年10月(10)
2017年09月(20)
2017年08月(5)
2017年07月(7)
2017年06月(9)
2017年05月(15)
2017年04月(3)
2017年03月(9)
2017年02月(3)
2017年01月(8)
2016年12月(3)
2016年11月(8)
2016年10月(7)
2016年09月(6)
2016年08月(4)
2016年06月(3)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(6)
2016年02月(4)
2016年01月(6)
2015年12月(10)
2015年11月(9)
2015年10月(21)
2015年09月(10)
2015年08月(14)
2015年07月(10)
2015年06月(20)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(10)
2015年02月(8)
2015年01月(13)
2014年12月(5)
2014年11月(24)
2014年10月(23)
2014年09月(36)
2014年08月(15)
2014年07月(16)
2014年06月(17)
2014年05月(29)
2014年04月(19)
2014年03月(15)
2014年02月(7)
2014年01月(5)
2013年12月(9)
2013年11月(14)
2013年10月(19)
2013年09月(16)
2013年07月(13)
2013年06月(14)
2013年05月(14)
2013年04月(10)
2013年03月(2)
2013年02月(10)
2013年01月(2)
2012年12月(6)
2012年11月(6)
2012年10月(16)
2012年09月(5)
2012年08月(10)
2012年07月(21)
2012年06月(18)
2012年05月(37)
2012年04月(8)
2012年03月(10)
2012年02月(21)
2012年01月(4)
2011年12月(12)
2011年11月(39)
2011年10月(31)
2011年09月(15)
2011年08月(30)
2011年07月(20)
2011年06月(29)
2011年05月(35)
2011年04月(10)
2011年03月(2)
2011年02月(14)
2011年01月(14)
2010年12月(32)
2010年11月(50)
2010年10月(78)
2010年09月(52)
2010年08月(35)
2010年07月(12)
2010年06月(13)
2010年05月(29)
2010年04月(28)
2010年03月(1)

タグ

LPタコ・オーロラ(6)
LPタコ・オーロラ(1)
YHビーズ(9)
アーマー(18)
アオリイカ(441)
アオリエギング(213)
アカイカ(7)
アカハタ(3)
アカムツ(54)
アカムツ仕掛(10)
アカメフグ(2)
アコウ(2)
アジ(35)
アジビシ仕掛(2)
アッパー(32)
アッパー95(1)
アブラボウズ(2)
アマダイ(10)
アマダイ仕掛(9)
イカ釣ヨリトリング(5)
イカ釣りプロサビキ(3)
イカ用中オモリ(6)
イサキ(8)
イサキ仕掛(3)
イシダイ(2)
イトヨリ(2)
イナダ(3)
エギーノぴょんぴょんサーチ(29)
エギーノもぐもぐサーチ(4)
エギング(24)
エギ王(11)
エギ王K(256)
エギ王KシャローリーフSP(3)
エギ王Kネオンブライト(7)
エギ王K黒潮SP(1)
エギ王LIVE(52)
エギ王LIVEサーチ(17)
エギ王LIVEネオンブライト(16)
エギ王MH(2)
エギ王Q(5)
エギ王QLIVE(28)
エギ王QLIVEサーチ(20)
エギ王Q光宮(2)
エギ王SEARCH(54)
エギ王TR(103)
エギ王TRサーチ(9)
エギ王TRシンカー(35)
エギ王チューンヘッド(2)
エサダマ(10)
エサ巻きテーラ(3)
おっぱいスッテ(80)
おっぱいスッテメタル(3)
オニカサゴ(3)
カサゴ(10)
カツオ(11)
カラフル針(2)
カワハギ(28)
カワハギ仕掛(8)
カワハギ集寄DX(3)
キス(5)
キステンビンK型(4)
キハダ(3)
キラッと針(1)
キンメダイ(4)
クリーンビシ(2)
ケンサキイカ(207)
コウイカ(6)
ゴムヨリトリ(21)
ササイカ(10)
サバ(7)
シイラ(6)
シマアジ(2)
シャクリシンカーⅡ(3)
ショウサイフグ(9)
シリヤケイカ(4)
シロイカ(3)
シロギス(5)
シロムツ(1)
スミイカ(3)
スルメイカ(19)
タイラバ(5)
タコ(15)
タコエギシンカー(2)
タチウオ(188)
タチウオ針(9)
チイチイイカ(24)
チビイカ(7)
チビエビ(7)
チビトト(27)
ツツイカエギング(52)
ツバス(2)
ティップランエギング(8)
ととスッテ(4)
ナオリー(110)
ナオリーおっぱいスッテ(6)
ナオリーサイトハンター(17)
ナオリーレンジハンター(106)
ニュークロー(7)
はずしっこⅢ(23)
パニックベイト(23)
パニックベイトアコウ(14)
パニックベイトオニカサゴ(8)
パニックベイトタチウオ(3)
パニックベイトメバル(2)
パニックベイト根魚(12)
ヒイカ(14)
ピッカピカ針(18)
ピッカピカ針5(4)
ヒラメ(4)
フリーズシンカー(4)
ベイカ(6)
ベニアコウ(8)
ボートエギング(36)
マイカ(14)
マゴチ(3)
マシュマロボール(62)
マダイ(22)
マダコ(6)
マルイカ(37)
ムギイカ(19)
メバル(2)
モンゴウイカ(2)
ヤマワーム(2)
ヤリイカ(42)
ライトアジ(19)
ライトアジ仕掛(26)
ライトエギング(30)
ライトテンビン(11)
ライトビシ(1)
ライトヒラメ仕掛け(3)
ワラサ(4)
愛知県(8)
愛媛県(11)
茨城県(2)
餌木ドロッパー(45)
遠投マウスⅡ(2)
岡山県(2)
沖縄県(2)
海上釣堀セット マダイ(2)
竿やすめ船Ⅱ(10)
岩手県(1)
宮城県(2)
京都府(4)
熊本県(1)
広島県(55)
佐賀県(46)
三重県(12)
山形県(1)
山口県(26)
鹿児島県(8)
秋田県(1)
神奈川県(693)
須磨沖(4)
水平ドロッパー(7)
錘スッテ(56)
静岡県(58)
石川県(3)
千葉県(50)
船イカ(6)
船カサゴ仕掛(2)
船テンビンK型(49)
船テンビンY型(29)
相模湾(4)
太刀魚テンヤ(2)
鯛歌舞楽(10)
鯛歌舞楽 波動ベイト(3)
鯛乃玉(6)
大阪府(48)
大分県(8)
長崎県(65)
鳥取県(27)
島根県(11)
東京都(14)
東京湾(6)
徳島県(3)
波動ベイト(4)
富山県(3)
浮スッテ(5)
福井県(53)
福岡県(42)
福島県(2)
兵庫県(34)
猛光太刀魚テンヤ(12)
猛光太刀魚テンヤ船(12)
猛光太刀魚テンヤ波止(35)
猛追太刀魚テンヤ船(88)
目玉シンカー(18)
陸釣り(71)
和歌山県(23)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom
21件のページが該当しました。
2024年07月10日 福井県 その他船釣り釣果情報
タグ: 福井県  船テンビンK型  ゴムヨリトリ  イサキ 
釣行日

2024年7月8日(月)  

釣場
小浜沖 水深40mライン(幸翔丸
時間

6:00~12 :00  

釣果

イサキ 50匹
メジナ1匹 

使用タックル

ロッド DAIWA LEADING XA46 205Ⅰ
リール DAIWA SEABORG 300JL 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
澤田 正(サワダ タダシ) 

今季好調のイサキをまたまた若狭湾小浜から狙ってきました。
今回も、幸翔丸さんからの挑戦です。

前回は、イサキを釣ってからイカを狙うリレー船でしたが、今回はイサキ専門です。
航程50分ほどの場所から釣り開始です。小浜では、船をアンカーで固定して
釣ります。

船長の指示棚は、10mと非常に浅いところです。
1投目から、すぐにあたりがあり、投入するたびに良型のイサキが
釣れていきます。
このまま釣れ続いたらどれだけ釣れるんだろう?なんて思っていたら
少し食いが悪くなり、アタリが遠くなっていきます。

少しづつ移動をしながら釣りをしているますが、開始直後ほどの
釣れ方ではなくなってきたので、深い場所(指示棚40m)へ移動しましたが
ここは状況がわるく、すぐに移動を決断。またもとの場所へ戻ります。

もともと釣れていた場所なので、少しポイントをやすめていたことも
良かったか、終了までずっと釣れ続きました。

コマセがなくなってしまったので納竿となり、イサキ50匹・メジナ1枚と大満足の結果となりました。


コメント
2024年07月08日 東京都 その他陸釣り釣果情報
タグ: 東京都  ゴムヨリトリ  陸釣り 
釣行日

2024年7月5日(金)  

釣場
東京都 神津島
時間

19:00~25:00  

釣果

サカタザメ
イズヒメエイ3匹
マダラエイ
シブダイ(フエダイ)43cm、53cm 

使用タックル

ロッド オキナワマンビカ100SXH
リール PENN スラマー4 8500 HS
ライン PE8号
リーダー フロロ26号
ハリス フロロ26号 

使用アイテム

ゴムヨリトリR/RS 2.5mm-50cm

バルト海イワシ(業務スーパー)

ダツ(現地調達)

記入者

ヤマシタスタッフ
坂本 大海(サカモト ヒロウミ) 

弾丸で神津島に行ってきました!

磯からタマンは釣れますが、防波堤からはどうなんだろうという疑問から防波堤縛りで勝負。

泳がせ釣りをしている地元の人は70cm近いカンパチを上げていましたが、自分はヒットが来ず。。

一度リライズS130でタマンか?という魚がヒットするも痛恨のバラシ。

気持ちを切り替えてブッコミ釣りにチェンジ

すると早速ヒット!

重い系の引き。エイかと思ったら、ぐんぐん引きます。正体はまさかのサカタザメ!

個人的にめちゃくちゃ釣りたかった魚で感動です!

顔がエイで尻尾はサメ。こんな不思議生物がいる、子供のころ図鑑を見て憧れたものが眼前に。語り出したら止まりません。最高です。


陽が落ちると完全にフィーバータイム。

餌が湯水のように溶けていきます。

アタリを捉えてヒットに持ち込んだのは今度こそエイ。


ただのエイじゃありません。こちらも釣りたかったアカエイの近縁種、イズヒメエイさん。

アカエイがお腹側のフチが黄色なのに対してイズヒメエイは灰色です。

おもしろい!

その後、さらに良いアタリ!明らかに硬骨魚類の感触!上がって来たのは大本命シブダイことフエダイ!


やったー!と はしゃぎました。どうも成人男性です。

その後1時間ほど無の時間が続き、油断していると竿が海に向かって吹っ飛びました。尻手ロープをたぐり寄せてファイトに持ちこむも潜られ根に擦れている。。

堅牢なタックルを信じて強引に引っ張り出します!


上がって来たのは53cm 3.3kgの巨大シブダイ!

丸々してこんなにもゴツいシブダイをこの手でキャッチ出来て言葉が出ませんでした。アドレナリンが止まりません。

余韻に浸っていると さらに追撃でマダラエイがヒット!未だキャッチに至っていないこの強敵は今日も今日とて堤防を右へ左へ縦横無尽に走ります。

あまり大きくないこともあり、なんとかキャッチ!ついにとれた!


マダラエイにしてはこどもサイズですがそれでもこの巨体と墨絵のような模様には感動を覚えます!

疲労困憊ですが、清々しい充足感で満たされました。

他にもメーターオーバーのサメが掛かるもハリスが歯で綺麗に切られました。

完全に僕が大好きな夏がやって来たと感じる釣行になりました!

また行ってきます!


コメント
2024年06月19日 福井県 その他船釣り釣果情報
タグ: 福井県  船テンビンK型  イサキ  ゴムヨリトリ 
釣行日

2024年6月16日(日)  

釣場
小浜沖 水深70mライン(幸翔丸
時間

13:30~23:00(イサキ→イカリレー便)  

釣果

イサキ 15匹 

使用タックル

ロッド DAIWA LEADING XA 46 205Ⅰ
リール SEABORG 300JL 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
澤田 正(サワダ タダシ) 

担当店舗の店長より、お誘いいただき小浜に行ってきました。
今回は、幸翔丸さんからイサキとイカのリレー便で楽しんできました。

航程50分くらいの場所からスタート。
船長の指示棚は15m。
私は、潮の流れの関係でちょっと難しい感じです。
船長からも、右舷は釣れるけど左舷は厳しいなとポツリ。
確かに前回の釣行時よりも難しい感じです。
やはり状況が良くないので、場所を移動。
今度は、指示棚が35-40m。

船長から、コマセを撒いてからジックリとまっている方が
良いとアドバイスがあったので、その通り、狙っていると
アタリがあり、良型のイサキをキャッチ。

ここからは、ダブルが狙えるような状況ではなかったけど
順調にイサキをキャッチ。小型は混じらず、ほとんどが30㎝級。

イカ釣りとのリレーだったので、日没が近くなってきたところで
終了。最終的に15匹とまずまずでした。
しばらくぶりに釣座による釣果の差を実感した釣りになりました。

小浜のイサキは今季人気急上昇です。
これからがベストシーズンなので、また行ってきます。
イカも好調気配なので、オススメです。


コメント
2024年05月24日 福井県 その他船釣り釣果情報
タグ: 福井県  船テンビンK型  イサキ  ゴムヨリトリ 
釣行日

2024年5月23日(木)  

釣場
小浜沖 水深50-70mライン(幸翔丸
時間

7:00~14:30  

釣果

イサキ44匹 

使用タックル

ロッド alphatackle ALPHA SONIC PG73 210MH
alphatackle 海人イサキ190H
alphatackle SHIBUKI F200
リール DAIWA SEABORG 300JL
DAIWA LEOBRITZ500JP
DAIWA ZILLION 1516SH 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
澤田 正(サワダ タダシ) 

小浜からイサキに挑戦してきました。小浜では、夜イカとリレーでの出船もありますが
この日はイサキ専門となります。

航程1時間ほどのポイントからスタート。
船長からの事前情報では、潮の流れがなく、厳しい展開になりそうとのこと。

さてどうでしょう。1投目は船長の指示棚が40-50mだったので、40mラインを
狙ってみると、幸先良くアタリがあり、無事にキャッチ。

潮の流れは緩いようですが、良い反応があるようで、同じ棚で釣れます。
とはいっても、追い食いを狙ってダブルができるような状況でも
なく、1匹づつポツポツと釣れ続きます。

船内を見回してみると、皆さん同じように釣っていますが、
アタリの間隔が長くなってきたので、移動を決断。

次のポイントも船長の指示棚は40mくらい。ここでも、すぐにアタリがあり
同じように釣れます。

この日は、船長の指示棚で置竿で待つという釣り方が良かったです。
船長も、コマセをポロポロだしながらジックリ待つイメージで釣るとよいとアドバイスが
ありその通りでした。

仕掛の長さやハリスの太さを変えながら、釣りを楽しみ、最終的に44匹と
大満足の釣果となりました。

数あるターゲットの中でも大好きなイサキ。今が旬なのでまた挑戦してみたいと
思います。


コメント
2024年05月13日 福井県 その他船釣り釣果情報
タグ: 福井県  船テンビンK型  イサキ  カサゴ  ゴムヨリトリ 
釣行日

2024年5月12日(日)  

釣場
小浜沖 水深30-70mライン(雲丸)
時間

8:00~16:00  

釣果

イサキ29匹 カサゴ2匹 アヤメカサゴ3匹 

使用タックル

ロッド DAIWA LEADING XA64 190Ⅲ
リール DAIWA SALTIGA 15H
 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
澤田 正(サワダ タダシ) 

前回、本命のイサキが釣れなかったので、雲丸さんの晩酌三昧便に
再挑戦してきました。

今回は、前回と違い雨模様だったことから、出船している船も
少ない状況で期待が持てます。

航程約1時間のポイントからスタート。前回よりも、水深が浅い場所からの
スタートです。反応もばっちりあるようで、開始直後から船中では
あたりがあります。私にもすぐにアタリがあり良型のイサキをゲット。
これで一安心。

船長から釣れている棚・反応が良い棚のアナウンスがあるので
参考にしながら釣りをしていると、順調に釣れました。

場所を移動しながら、納竿までポツポツと釣れ最終的に
29匹とまずまずでした。ダブルやトリプルもありました。

晩酌三昧便は、エサ釣りだけでなく、バチコン・ジギング・タイラバなど
釣り人の好みに合わせて釣りができる企画なので、私はサバ餌で
根魚を狙ってみました。イサキの釣況が良かったので、わずかな
時間でしたが、カサゴなどが釣れ楽しかったです。


コメント
2023年10月24日 福井県 その他船釣り釣果情報
タグ: 福井県  ゴムヨリトリ  アジ 
釣行日

2023年10月21日(土)  

釣場
小浜沖 水深10mライン(雲丸)
時間

11:00~15:30  

釣果

アジ75匹 

使用タックル

 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
澤田 正(サワダ タダシ) 

小浜 雲丸さんから、アジを狙いに行ってきました。

小浜でのアジは、サビキで狙うのが定番です。
最近はバチコンで狙う方も増えてきていますが
コマセ釣り大好きな私はサビキで挑戦です。

航程20分ほどで場所に到着。水深は10mくらい。
底までしずめてコマセをまくと、すぐにアタリがあり
アジをキャッチ。しばらくぶりのサビキ釣りで、少し不安でしたが
すぐに釣れて一安心です。

コマセが効いてきたら釣れ続けると思ったのですが、
意外とそうでもありません。

この日は、風がやや強かったので、釣りをしているうちに
場所が少しずつずれていきます。そうすると、アジは釣れなく
なるようです。

なので、こまめに場所移動しながらの釣りとなります。
移動するたびに、アタリがあり、どんどん釣れ続き
あっという間に、生け簀が一杯になっていきます。

お土産十分になったところで、慣れ親しんだ、吹き流しに
変更して狙ってみました。
ウィリー仕掛でも、順調につれましたが、サビキのほうが効率よく
釣れました。

雲船長はオキアミエサのバチコンスタイルで狙ってましたが、こちらでも
順調に釣れていました。釣れているサイズもやや大きかった
ような気がしました。

同じアジでも色々な釣り方があるんだなぁと思っていたら
納竿の時間となり、アジ75匹と大満足の釣行となりました。

これからも関東ではなかなか経験できない船釣りを
楽しんでみようと思います。


コメント
2023年01月11日 神奈川県その他船釣り 釣果情報
タグ: 神奈川県  ライトアジ仕掛  ゴムヨリトリ  ライトテンビン 
釣行日

2022年12月28日(水)  

釣場
東京湾 横浜沖~本牧沖(打木屋)
時間

7:30~15:00  

釣果

マダコ3杯 

使用タックル

ロッド SHIMANO サーベルマスターSS TENYA 82MH180
リール TAKAMIYA RIGHT STEP
ライン PE3号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
小嶋 豪太 

あけましておめでとうございます。
新年初釣りは毎年恒例、地元の釣り仲間とLTアジ釣りに行ってきました!

新年を好釣果から始めたい中でチョイスした船宿はLTアジでお馴染み打木屋さん。
安定した釣果と横浜沖の体高と脂のノリが最高のアジが何よりの魅力です。

波風ともに穏やかながらも朝は寒い寒いと凍えながら出船し、いつもの横浜沖の岸壁前のポイントから!

今回は手馴れた方達との同行なので、自分の竿に集中し、コマセをまいてアタリを待ちます。
朝一はチャンスタイムと言わんばかりに良いペースで中アジが船内に次々と釣り上げられていきます。
そんな中でも棚取りとビシカゴをしっかり振る事は忘れてはならないのがこの釣り。
棚取りがズレるとアタリが減ったり外道が掛かったりと、簡単そうに見えて意外と奥が深いのがこの釣りの面白さですね。

中盤以降は本牧沖に場所を移して、南蛮漬けにしたら美味しそうなサイズの小アジをぽつぽつと追加して沖上がりとなりました。

終わってみれば30匹以上。
去年の初釣りとは打って変わって今年は好釣果の最高なスタートを切れました✌️
いつものアジやタチウオも良いですが、今年はもっと色々な釣りにチャレンジする年にしたいと思います。
2023年もよろしくお願いします!!d


コメント
2022年12月19日 神奈川県 その他船釣り釣果情報
タグ: 神奈川県  ライトアジ仕掛  ゴムヨリトリ  ライトテンビン  アジ 
釣行日

2022年12月10日(土)  

釣場
時間

12:30~16:30  

釣果

アジ 30匹 

使用タックル

ロッド GAMAKATSU LIBRAⅡ ML180
リール SHIMANO バルケッタBB 300PG
ライン SHIMANO グラップラー8 2号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
小嶋豪太 

土曜日につり幸さんからライトアジ釣りに行ってきました。
釣り初挑戦のビギナー2名を連れての釣行ですので、なんとか数を釣ってもらうため、連日最も数が釣れている船宿をチョイス。
川崎駅から送迎バスが出ているのも嬉しい点です。

受付を済まし乗船、毎度同様に投入方法、ビシの振り方、棚の取り方、仕掛けの取り込み方を教えてポイントの木更津沖へ。

ポイントは8〜10mとライトアジではかなりの浅場、指示棚は底から2m。
同行者が慣れてきた所を見計らって自分も釣り始めると、小型中心ながらも半日中入れ食いモード。
イソメ餌が苦手な友人は、エサ玉の存在に感動を覚えた様でした(笑)


好釣果が続いている船宿なだけあって、コマセをしっかり振れているか、棚をしっかり取れているかのどちらかさえ出来ていればアジが釣れて来てくれる状況。

普段自分が何気なく行なっている動作でも、釣りを全く知らない相手に教えるとなれば一つ一つ言葉にして伝えなくてはいけないので、そこの難しさを改めて痛感しました。
(天秤と仕掛けが絡まる事が多く、投入の仕方が難しいみたいでした)

終わってみればクーラーボックス満タンにアジを釣ることができ、友人からまた行きたい!誘ってくれ!!というありがたい言葉も頂く事が出来ました♪

どんなにテクニカルな釣りやどんなに強い引きを味わった釣りの後でも、何故かたまに行きたくなるのがこのライトアジ釣り、ベテラン、ビギナー関係なしにオススメです。


コメント
2022年11月22日 神奈川県 その他船釣り釣果情報
タグ: 神奈川県  船テンビンK型  ゴムヨリトリ 
釣行日

2022年11月19日 (土)  

釣場
時間

7:15~13:00  

釣果

イサキ 12匹
サバ2匹
マアジ 5匹
イナダ1匹
ウマヅラハギ 1匹
ワラサ1匹 

使用タックル

ロッド SHIMANO サーベルマスターSS TENYA 82MH180
リール SHIMANO プレイズ600
ライン SHIMANO グラップラー8 2号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
小嶋豪太 


 

土曜日に仕立て専門船宿、育丸さんからイシダイ五目釣りに行ってきました!

育丸さんは仕立て専門といえどその人気ぶりは凄まじく、週末の予約は3ヶ月先まで埋まっており、シーズンによっては半年先まで予約が入っている事もちらほら。

そんな船宿で会社の先輩と共に旬の魚を狙います。
 

下調べではとにかく合せが重要らしいので、毎度お馴染み、すっかり手に馴染んだタチウオタックルで参戦を決め、出船前に船長から誘い方講座を受講。
「指示棚の下でビタ止めして、竿をゆっくり大きく煽って1m巻く、これを指示棚上まで。途中の違和感やアタリは全部合わせてみて、イシダイの口は硬いからしっかり針を掛けるイメージでね。」

なるほど、餌釣りにしてはなかなかテクニカルそうな釣りだな、、
そんな事を考え釣り方のイメージを膨らませ、夜明けと共に他の船と同時にポイントへ向かいます。


先ずは港を出て30分ほどのポイントから、指示棚を聞いてレクチャー通り仕掛けを馴染ませます。
コマセに針を同調させる様に誘い、指示棚中間で竿先の軽いもたれに鋭く合わせ、ファーストヒット!!
小気味よく引く様はライトアジの様で取り込みに若干もたつくも、最初に顔を見れた魚はどんな料理でも美味しいイサキ!


まずはお土産確保と言わんばかりに船内ではイサキが次々にヒット!
ポイントを転々としながら、ゲストにウマヅラハギやイナダも混じりました。

大抵一回の誘いでエサが取られるため、指示棚上まで誘った後に仕掛けを往復出来ないこの釣り。
繊細なアタリをとらえてアワせるこの釣りは、天秤タチウオ釣りにカワハギ釣りを混ぜた様でゲーム性バツグン!時間を忘れて黙々と上げては餌を詰めて、仕掛けを投入する時間が続きます。

しかし半分経った頃のポイントで状況は一転、何も無いと思って上げたらハリスが切られています。
そう、紛れもなくフグの仕業です。

作戦変更!自己流の誘いで挑みます。

仕掛けが馴染んだら竿を下げて時計の5時〜4時の角度で強く小幅で竿を振り、4時〜2時の角度ではデッドスローで竿を1m上げる。1セット1m、5セットで指示棚である5mとなります。
こうする事でビシはしっかり振る事が出来、かつ仕掛けは常にゆっくりと動いてくれるのでフグ対策となります(多分、、、笑)

仕掛けが馴染むが先かエサ取りに齧られるが先か、、、なんてやり取りも楽しみの一つで、中盤以降も船内は良型のアジやサバも釣れて、歓喜に包まれます。
 

終了20分前。まぁ、沢山釣れたし楽しかった、、なんて考えていると事件発生!
合せ直後に糸が20m出されて自分はプチパニックに、まさに晴天の霹靂!!
この走り方は青物だと確信して、ポンピングでゆっくり持ち上げてきます。しかし相手も必死で巻けど巻けど、上がってこず、、、
600番のリールの力なんざモノともせずひたすら糸は出ていきます、負けじと思いっきりリールを巻いては出されの繰り返し、、、

切らないで〜!バレないで〜!!せめて顔は見せて〜!!
と楽しさ半分、焦り半分で格闘する事約15分、向こうが疲れてきたのを見計らい、ドラグを占めて一気にゴリ巻き!ビシが見えたら落ち着いて取り込み、仕掛けを手繰り寄せるとキラッと光るお腹に黄色い尾鰭と尻尾、、、
これは、、、水面に現れたのはいいサイズのワラサ!
ランディングして頂き渾身のガッツポーズ!

まさに帰り間際のドラマ魚‼︎
ライト気味のタックルだったことも相まって、久々に青物らしい引きとファイトを堪能できました!


満足したところで丁度タイムアップ、本命のイシダイは釣れませんでしたが、ゲスト多彩で大満足の釣行でした。
最後のワラサのプレゼントは釣りの神様が自分にこれからも頑張れと言ってくれた気がするのでこの先も頑張ります。


コメント
2022年05月17日 千葉県 その他船釣り釣果情報
タグ: 千葉県  ゴムヨリトリ  シマアジ 
釣行日

2022年5月6日(金)  

釣場
千葉県館山市相浜港 松丸 布良沖
時間

4:00~11:00  

釣果

シマアジ 25~35㎝ 3尾
カンパチ 1.1~1.4kg 2尾
イサキ 多数 

使用タックル

ロッド DAIWA 極鋭GEAR M-210
リール DAIWA シーボーグ 300MJ
ライン PE3号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中陽介 


初の南房シマアジにチャレンジしてきました。
シマアジと言えば朝イチの薄暗いうちが大チャンスということは昔から聞いていたので、
朝イチの時合は特に集中して手返し良くすることを念頭に入れて挑みました。
朝イチ、出船してポイントまでは15分ほど。コマセをカゴに詰めて、餌を付けて、投入の合図を待ちます。
投入の合図とともにすぐに仕掛けを入れ一気にコマセを出し、魚を寄せることを意識。
すると1投目からなかなか鋭い引きで上がってきたのは小型ながら本命シマアジ!
小さいものの幸先良いスタート。
すぐに打ち返し、2尾目を狙います。
何度か打ち返していると、先ほどよりも強烈なアタリ。
先ほどよりも一回り大きな本命シマアジをゲット。

その後は時合が終了してしまったか、イサキの入れ食いタイム。
イサキのアタリがいくらでもある状況で、シマアジは不在??
2時間ほどイサキの入れ食いタイムが続きましたが、一時パタッと食いが止まったら、強烈なアタリ!!
少しシマアジとは違うものの、異様に踏ん張るような引きとシャープさがあり、しばらくやり取りして上がってきたのはカンパチの一荷。

9時半頃に小型のシマアジが釣れ、再時合かと思ったところ同船者に大型ヒットしたものの、残念ながらハリス切れ。
その後はまたイサキの入れ食いタイムが再開し、沖上がりまでイサキの食いは衰えることなく続きました。

大型のシマアジこそ出なかったものの、シーズンとしては終盤。
シマアジの釣り方がわかったので、シーズン盛期の晩秋にまたチャレンジしたいと思います。


コメント