ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2024年4月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

アーカイブ

2024年04月(5)
2024年03月(4)
2024年02月(26)
2024年01月(13)
2023年12月(12)
2023年11月(21)
2023年10月(42)
2023年09月(13)
2023年08月(25)
2023年07月(19)
2023年06月(31)
2023年05月(24)
2023年04月(9)
2023年03月(11)
2023年02月(13)
2023年01月(20)
2022年12月(11)
2022年11月(17)
2022年10月(16)
2022年09月(2)
2022年08月(9)
2022年07月(28)
2022年06月(5)
2022年05月(22)
2022年03月(6)
2022年02月(29)
2022年01月(7)
2021年12月(3)
2021年11月(8)
2021年10月(6)
2021年03月(1)
2021年01月(8)
2020年12月(16)
2020年11月(16)
2020年10月(24)
2020年09月(26)
2020年08月(22)
2020年07月(27)
2020年06月(2)
2020年04月(1)
2020年03月(26)
2020年02月(18)
2020年01月(26)
2019年12月(22)
2019年11月(33)
2019年10月(28)
2019年09月(22)
2019年08月(19)
2019年07月(32)
2019年06月(20)
2019年05月(29)
2019年04月(13)
2019年03月(18)
2019年02月(17)
2019年01月(21)
2018年12月(17)
2018年11月(30)
2018年10月(46)
2018年09月(30)
2018年08月(23)
2018年07月(9)
2018年06月(24)
2018年05月(37)
2018年04月(14)
2018年03月(44)
2018年01月(7)
2017年12月(13)
2017年11月(14)
2017年10月(10)
2017年09月(20)
2017年08月(5)
2017年07月(7)
2017年06月(9)
2017年05月(16)
2017年04月(3)
2017年03月(9)
2017年02月(3)
2017年01月(8)
2016年12月(3)
2016年11月(8)
2016年10月(7)
2016年09月(6)
2016年08月(4)
2016年06月(3)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(6)
2016年02月(4)
2016年01月(6)
2015年12月(10)
2015年11月(10)
2015年10月(22)
2015年09月(10)
2015年08月(14)
2015年07月(10)
2015年06月(20)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(10)
2015年02月(8)
2015年01月(13)
2014年12月(5)
2014年11月(24)
2014年10月(23)
2014年09月(36)
2014年08月(15)
2014年07月(16)
2014年06月(17)
2014年05月(29)
2014年04月(19)
2014年03月(15)
2014年02月(7)
2014年01月(5)
2013年12月(9)
2013年11月(14)
2013年10月(19)
2013年09月(16)
2013年07月(13)
2013年06月(14)
2013年05月(14)
2013年04月(10)
2013年03月(2)
2013年02月(10)
2013年01月(2)
2012年12月(6)
2012年11月(6)
2012年10月(16)
2012年09月(5)
2012年08月(10)
2012年07月(22)
2012年06月(18)
2012年05月(37)
2012年04月(8)
2012年03月(10)
2012年02月(21)
2012年01月(4)
2011年12月(12)
2011年11月(39)
2011年10月(31)
2011年09月(15)
2011年08月(30)
2011年07月(20)
2011年06月(29)
2011年05月(37)
2011年04月(10)
2011年03月(2)
2011年02月(14)
2011年01月(15)
2010年12月(32)
2010年11月(50)
2010年10月(78)
2010年09月(54)
2010年08月(35)
2010年07月(12)
2010年06月(13)
2010年05月(30)
2010年04月(28)
2010年03月(1)

タグ

LPタコ・オーロラ(8)
LPタコ・オーロラ(1)
YHビーズ(9)
アオリイカ(462)
アオリエギング(227)
アカイカ(5)
アカハタ(3)
アカムツ(56)
アカムツ仕掛(10)
アカメフグ(2)
アコウ(2)
アジ(36)
アジビシ仕掛(2)
アッパー(14)
アッパー95(1)
アブラボウズ(2)
アマダイ(14)
アマダイ仕掛(12)
イカ釣ヨリトリング(5)
イカ釣りプロサビキ(3)
イカ用中オモリ(6)
イサキ(5)
イサキ仕掛(6)
イシダイ(2)
イトヨリ(2)
イナダ(3)
エギーノぴょんぴょんサーチ(30)
エギーノもぐもぐサーチ(2)
エギング(19)
エギ王(10)
エギ王K(256)
エギ王KシャローリーフSP(3)
エギ王Kネオンブライト(7)
エギ王K黒潮SP(1)
エギ王LIVE(53)
エギ王LIVEサーチ(19)
エギ王LIVEネオンブライト(16)
エギ王MH(2)
エギ王Q(5)
エギ王QLIVE(29)
エギ王QLIVEサーチ(24)
エギ王Q光宮(2)
エギ王SEARCH(33)
エギ王TR(118)
エギ王TRサーチ(10)
エギ王TRシンカー(40)
エギ王チューンヘッド(2)
エサダマ(10)
エサ巻きテーラ(3)
おっぱいスッテ(78)
おっぱいスッテメタル(3)
オニカサゴ(5)
カサゴ(8)
カツオ(11)
カラフル針(2)
カワハギ(30)
カワハギ仕掛(10)
カワハギ集寄DX(3)
キス(5)
キステンビンK型(4)
キハダ(3)
キラッと針(2)
キンメダイ(5)
クリーンビシ(2)
ケンサキイカ(137)
コウイカ(6)
ゴムヨリトリ(18)
ササイカ(10)
サバ(7)
シイラ(6)
シマアジ(2)
シャクリシンカーⅡ(3)
ショウサイフグ(9)
シリヤケイカ(4)
シロイカ(2)
シロギス(5)
スミイカ(3)
スルメイカ(12)
タイラバ(5)
タコ(16)
タコエギシンカー(2)
タチウオ(197)
タチウオ針(12)
チイチイイカ(24)
チビイカ(7)
チビエビ(8)
チビトト(28)
ツツイカエギング(6)
ツバス(2)
ティップランエギング(7)
ととスッテ(4)
ナオリー(109)
ナオリーおっぱいスッテ(6)
ナオリーサイトハンター(8)
ナオリーレンジハンター(72)
ニュークロー(7)
はずしっこⅢ(23)
パニックベイト(27)
パニックベイトアコウ(14)
パニックベイトオニカサゴ(8)
パニックベイトタチウオ(4)
パニックベイトメバル(2)
パニックベイト根魚(12)
ヒイカ(14)
ピッカピカ針(19)
ピッカピカ針5(4)
ヒラメ(4)
ベイカ(6)
ベニアコウ(9)
ボートエギング(38)
マイカ(13)
マゴチ(3)
マシュマロボール(65)
マダイ(25)
マダコ(6)
マルイカ(38)
ムギイカ(19)
メバル(2)
モンゴウイカ(2)
ヤマワーム(2)
ヤリイカ(42)
ライトアジ(19)
ライトアジ仕掛(26)
ライトエギング(30)
ライトテンビン(10)
ライトビシ(2)
ライトヒラメ仕掛け(3)
ワラサ(4)
愛知県(8)
愛媛県(10)
茨城県(3)
餌木ドロッパー(30)
遠投マウスⅡ(2)
岡山県(2)
沖縄県(2)
海上釣堀セット マダイ(2)
竿やすめ船Ⅱ(9)
岩手県(1)
京都府(3)
熊本県(1)
広島県(55)
佐賀県(54)
三重県(11)
山口県(27)
鹿児島県(10)
秋田県(1)
神奈川県(666)
須磨沖(4)
水平ドロッパー(8)
錘スッテ(52)
静岡県(64)
石川県(2)
千葉県(49)
船イカ(7)
船カサゴ仕掛(2)
船テンビンK型(45)
船テンビンY型(29)
相模湾(4)
太刀魚テンヤ(2)
鯛歌舞楽(13)
鯛歌舞楽 波動ベイト(3)
鯛乃玉(6)
大阪府(47)
大分県(12)
長崎県(72)
鳥取県(20)
島根県(10)
東京都(7)
東京湾(6)
徳島県(2)
波動ベイト(4)
富山県(3)
浮スッテ(5)
福井県(34)
福岡県(53)
福島県(2)
兵庫県(34)
猛光太刀魚テンヤ(12)
猛光太刀魚テンヤ船(12)
猛光太刀魚テンヤ波止(38)
猛追太刀魚テンヤ船(89)
目玉シンカー(19)
陸釣り(71)
和歌山県(26)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom
18件のページが該当しました。
2023年10月24日 福井県 その他船釣り釣果情報
タグ: 福井県  ゴムヨリトリ  アジ 
釣行日

2023年10月21日(土)  

釣場
小浜沖 水深10mライン(雲丸)
時間

11:00~15:30  

釣果

アジ75匹 

使用タックル

 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
澤田 正(サワダ タダシ) 

小浜 雲丸さんから、アジを狙いに行ってきました。

小浜でのアジは、サビキで狙うのが定番です。
最近はバチコンで狙う方も増えてきていますが
コマセ釣り大好きな私はサビキで挑戦です。

航程20分ほどで場所に到着。水深は10mくらい。
底までしずめてコマセをまくと、すぐにアタリがあり
アジをキャッチ。しばらくぶりのサビキ釣りで、少し不安でしたが
すぐに釣れて一安心です。

コマセが効いてきたら釣れ続けると思ったのですが、
意外とそうでもありません。

この日は、風がやや強かったので、釣りをしているうちに
場所が少しずつずれていきます。そうすると、アジは釣れなく
なるようです。

なので、こまめに場所移動しながらの釣りとなります。
移動するたびに、アタリがあり、どんどん釣れ続き
あっという間に、生け簀が一杯になっていきます。

お土産十分になったところで、慣れ親しんだ、吹き流しに
変更して狙ってみました。
ウィリー仕掛でも、順調につれましたが、サビキのほうが効率よく
釣れました。

雲船長はオキアミエサのバチコンスタイルで狙ってましたが、こちらでも
順調に釣れていました。釣れているサイズもやや大きかった
ような気がしました。

同じアジでも色々な釣り方があるんだなぁと思っていたら
納竿の時間となり、アジ75匹と大満足の釣行となりました。

これからも関東ではなかなか経験できない船釣りを
楽しんでみようと思います。


コメント
2023年01月11日 神奈川県その他船釣り 釣果情報
タグ: 神奈川県  ライトアジ仕掛  ゴムヨリトリ  ライトテンビン 
釣行日

2022年12月28日(水)  

釣場
東京湾 横浜沖~本牧沖(打木屋)
時間

7:30~15:00  

釣果

マダコ3杯 

使用タックル

ロッド SHIMANO サーベルマスターSS TENYA 82MH180
リール TAKAMIYA RIGHT STEP
ライン PE3号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
小嶋 豪太 

あけましておめでとうございます。
新年初釣りは毎年恒例、地元の釣り仲間とLTアジ釣りに行ってきました!

新年を好釣果から始めたい中でチョイスした船宿はLTアジでお馴染み打木屋さん。
安定した釣果と横浜沖の体高と脂のノリが最高のアジが何よりの魅力です。

波風ともに穏やかながらも朝は寒い寒いと凍えながら出船し、いつもの横浜沖の岸壁前のポイントから!

今回は手馴れた方達との同行なので、自分の竿に集中し、コマセをまいてアタリを待ちます。
朝一はチャンスタイムと言わんばかりに良いペースで中アジが船内に次々と釣り上げられていきます。
そんな中でも棚取りとビシカゴをしっかり振る事は忘れてはならないのがこの釣り。
棚取りがズレるとアタリが減ったり外道が掛かったりと、簡単そうに見えて意外と奥が深いのがこの釣りの面白さですね。

中盤以降は本牧沖に場所を移して、南蛮漬けにしたら美味しそうなサイズの小アジをぽつぽつと追加して沖上がりとなりました。

終わってみれば30匹以上。
去年の初釣りとは打って変わって今年は好釣果の最高なスタートを切れました✌️
いつものアジやタチウオも良いですが、今年はもっと色々な釣りにチャレンジする年にしたいと思います。
2023年もよろしくお願いします!!d


コメント
2022年12月19日 神奈川県 その他船釣り釣果情報
タグ: 神奈川県  ライトアジ仕掛  ゴムヨリトリ  ライトテンビン  アジ 
釣行日

2022年12月10日(土)  

釣場
時間

12:30~16:30  

釣果

アジ 30匹 

使用タックル

ロッド GAMAKATSU LIBRAⅡ ML180
リール SHIMANO バルケッタBB 300PG
ライン SHIMANO グラップラー8 2号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
小嶋豪太 

土曜日につり幸さんからライトアジ釣りに行ってきました。
釣り初挑戦のビギナー2名を連れての釣行ですので、なんとか数を釣ってもらうため、連日最も数が釣れている船宿をチョイス。
川崎駅から送迎バスが出ているのも嬉しい点です。

受付を済まし乗船、毎度同様に投入方法、ビシの振り方、棚の取り方、仕掛けの取り込み方を教えてポイントの木更津沖へ。

ポイントは8〜10mとライトアジではかなりの浅場、指示棚は底から2m。
同行者が慣れてきた所を見計らって自分も釣り始めると、小型中心ながらも半日中入れ食いモード。
イソメ餌が苦手な友人は、エサ玉の存在に感動を覚えた様でした(笑)


好釣果が続いている船宿なだけあって、コマセをしっかり振れているか、棚をしっかり取れているかのどちらかさえ出来ていればアジが釣れて来てくれる状況。

普段自分が何気なく行なっている動作でも、釣りを全く知らない相手に教えるとなれば一つ一つ言葉にして伝えなくてはいけないので、そこの難しさを改めて痛感しました。
(天秤と仕掛けが絡まる事が多く、投入の仕方が難しいみたいでした)

終わってみればクーラーボックス満タンにアジを釣ることができ、友人からまた行きたい!誘ってくれ!!というありがたい言葉も頂く事が出来ました♪

どんなにテクニカルな釣りやどんなに強い引きを味わった釣りの後でも、何故かたまに行きたくなるのがこのライトアジ釣り、ベテラン、ビギナー関係なしにオススメです。


コメント
2022年11月22日 神奈川県 その他船釣り釣果情報
タグ: 神奈川県  船テンビンK型  ゴムヨリトリ 
釣行日

2022年11月19日 (土)  

釣場
時間

7:15~13:00  

釣果

イサキ 12匹
サバ2匹
マアジ 5匹
イナダ1匹
ウマヅラハギ 1匹
ワラサ1匹 

使用タックル

ロッド SHIMANO サーベルマスターSS TENYA 82MH180
リール SHIMANO プレイズ600
ライン SHIMANO グラップラー8 2号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
小嶋豪太 


 

土曜日に仕立て専門船宿、育丸さんからイシダイ五目釣りに行ってきました!

育丸さんは仕立て専門といえどその人気ぶりは凄まじく、週末の予約は3ヶ月先まで埋まっており、シーズンによっては半年先まで予約が入っている事もちらほら。

そんな船宿で会社の先輩と共に旬の魚を狙います。
 

下調べではとにかく合せが重要らしいので、毎度お馴染み、すっかり手に馴染んだタチウオタックルで参戦を決め、出船前に船長から誘い方講座を受講。
「指示棚の下でビタ止めして、竿をゆっくり大きく煽って1m巻く、これを指示棚上まで。途中の違和感やアタリは全部合わせてみて、イシダイの口は硬いからしっかり針を掛けるイメージでね。」

なるほど、餌釣りにしてはなかなかテクニカルそうな釣りだな、、
そんな事を考え釣り方のイメージを膨らませ、夜明けと共に他の船と同時にポイントへ向かいます。


先ずは港を出て30分ほどのポイントから、指示棚を聞いてレクチャー通り仕掛けを馴染ませます。
コマセに針を同調させる様に誘い、指示棚中間で竿先の軽いもたれに鋭く合わせ、ファーストヒット!!
小気味よく引く様はライトアジの様で取り込みに若干もたつくも、最初に顔を見れた魚はどんな料理でも美味しいイサキ!


まずはお土産確保と言わんばかりに船内ではイサキが次々にヒット!
ポイントを転々としながら、ゲストにウマヅラハギやイナダも混じりました。

大抵一回の誘いでエサが取られるため、指示棚上まで誘った後に仕掛けを往復出来ないこの釣り。
繊細なアタリをとらえてアワせるこの釣りは、天秤タチウオ釣りにカワハギ釣りを混ぜた様でゲーム性バツグン!時間を忘れて黙々と上げては餌を詰めて、仕掛けを投入する時間が続きます。

しかし半分経った頃のポイントで状況は一転、何も無いと思って上げたらハリスが切られています。
そう、紛れもなくフグの仕業です。

作戦変更!自己流の誘いで挑みます。

仕掛けが馴染んだら竿を下げて時計の5時〜4時の角度で強く小幅で竿を振り、4時〜2時の角度ではデッドスローで竿を1m上げる。1セット1m、5セットで指示棚である5mとなります。
こうする事でビシはしっかり振る事が出来、かつ仕掛けは常にゆっくりと動いてくれるのでフグ対策となります(多分、、、笑)

仕掛けが馴染むが先かエサ取りに齧られるが先か、、、なんてやり取りも楽しみの一つで、中盤以降も船内は良型のアジやサバも釣れて、歓喜に包まれます。
 

終了20分前。まぁ、沢山釣れたし楽しかった、、なんて考えていると事件発生!
合せ直後に糸が20m出されて自分はプチパニックに、まさに晴天の霹靂!!
この走り方は青物だと確信して、ポンピングでゆっくり持ち上げてきます。しかし相手も必死で巻けど巻けど、上がってこず、、、
600番のリールの力なんざモノともせずひたすら糸は出ていきます、負けじと思いっきりリールを巻いては出されの繰り返し、、、

切らないで〜!バレないで〜!!せめて顔は見せて〜!!
と楽しさ半分、焦り半分で格闘する事約15分、向こうが疲れてきたのを見計らい、ドラグを占めて一気にゴリ巻き!ビシが見えたら落ち着いて取り込み、仕掛けを手繰り寄せるとキラッと光るお腹に黄色い尾鰭と尻尾、、、
これは、、、水面に現れたのはいいサイズのワラサ!
ランディングして頂き渾身のガッツポーズ!

まさに帰り間際のドラマ魚‼︎
ライト気味のタックルだったことも相まって、久々に青物らしい引きとファイトを堪能できました!


満足したところで丁度タイムアップ、本命のイシダイは釣れませんでしたが、ゲスト多彩で大満足の釣行でした。
最後のワラサのプレゼントは釣りの神様が自分にこれからも頑張れと言ってくれた気がするのでこの先も頑張ります。


コメント
2022年07月13日 神奈川県 その他船釣り釣果情報
タグ: 神奈川県  イサキ仕掛  ゴムヨリトリ 
釣行日

2022年7月9日(土)  

釣場
金沢八景 忠彦丸
時間

7:20~15:30  

釣果

イサキ 4匹 27-32 cm
アジ 1匹 35 cm
アマダイ 1匹 18 cm
シキシマハナダイ 4匹 22-26 cm 

使用タックル

ロッド DAIWA ライトゲームX 73MMH-190
リール SHIMANO バルケッタBB
ライン PE 2号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
余田 昂彌 

楽しみにしていた先月のイサキ釣行は荒天で流れてしまいましたが、

顔だけでも拝もうと、後輩と忠彦丸のライトウィリー五目に行ってきました。

ビシはFL60号、棚が60~90 mなので手巻きのタックルでも楽しめます!

まずは1時間超走り洲崎沖からスタート。

仕掛けはウィリー2本と空針1本のイサキ仕掛け。

コマセはオキアミで、空針にもオキアミを付けます。

やや深いですが道糸のマーカーを見て上から棚取り。

ビシを底まで落としてしまうと魚が散ったり根掛かりしたりしてしまうので注意します。

序盤は上潮が早い二枚潮でオマツリが多発。

数流しして潮が緩むと船中イサキが上がりはじめ、

自分にもアタリがあったところで追い食いさせて幸先良く2点掛け!


釣れるイサキが全てそこそこ良型というのが嬉しいポイントです。

その後もぽつぽつとは釣れますが、剣崎沖に移動します。

剣崎沖の水深100 mほどで釣り始めるとググっと引き込む良いアタリがあり、

大きなアジが釣れました!

もうイサキもアジも釣れてお土産的には満足です。

アジの連チャンを狙っていると底近くでアタリがあり、底物の外道を引掛けたかなと

思いましたが小さいアマダイ!

はじめに船長がアマダイの場もあるよと言っていたのを思い出しました。

アジもアマダイもオキアミの付け餌で釣れたので仕掛けを空針の

イサキマダイ仕掛けに変更。

少し移動したところで下に突っ込むアタリがあって小型のマダイ?と

思いましたが南国調のカラフルな魚が上がってきてシキシマハナダイという魚でした。

初めて見ましたが、船長曰く美味しいとのことで頑張って釣り、最後の流しに一荷で追加。

終始アタリをもらえ、浅場のコマセ釣りとはまた違う沖釣りを楽しみたいときにお勧めのライトウィリー五目です。


コメント
2022年05月17日 千葉県 その他船釣り釣果情報
タグ: 千葉県  ゴムヨリトリ  シマアジ 
釣行日

2022年5月6日(金)  

釣場
千葉県館山市相浜港 松丸 布良沖
時間

4:00~11:00  

釣果

シマアジ 25~35㎝ 3尾
カンパチ 1.1~1.4kg 2尾
イサキ 多数 

使用タックル

ロッド DAIWA 極鋭GEAR M-210
リール DAIWA シーボーグ 300MJ
ライン PE3号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中陽介 


初の南房シマアジにチャレンジしてきました。
シマアジと言えば朝イチの薄暗いうちが大チャンスということは昔から聞いていたので、
朝イチの時合は特に集中して手返し良くすることを念頭に入れて挑みました。
朝イチ、出船してポイントまでは15分ほど。コマセをカゴに詰めて、餌を付けて、投入の合図を待ちます。
投入の合図とともにすぐに仕掛けを入れ一気にコマセを出し、魚を寄せることを意識。
すると1投目からなかなか鋭い引きで上がってきたのは小型ながら本命シマアジ!
小さいものの幸先良いスタート。
すぐに打ち返し、2尾目を狙います。
何度か打ち返していると、先ほどよりも強烈なアタリ。
先ほどよりも一回り大きな本命シマアジをゲット。

その後は時合が終了してしまったか、イサキの入れ食いタイム。
イサキのアタリがいくらでもある状況で、シマアジは不在??
2時間ほどイサキの入れ食いタイムが続きましたが、一時パタッと食いが止まったら、強烈なアタリ!!
少しシマアジとは違うものの、異様に踏ん張るような引きとシャープさがあり、しばらくやり取りして上がってきたのはカンパチの一荷。

9時半頃に小型のシマアジが釣れ、再時合かと思ったところ同船者に大型ヒットしたものの、残念ながらハリス切れ。
その後はまたイサキの入れ食いタイムが再開し、沖上がりまでイサキの食いは衰えることなく続きました。

大型のシマアジこそ出なかったものの、シーズンとしては終盤。
シマアジの釣り方がわかったので、シーズン盛期の晩秋にまたチャレンジしたいと思います。


コメント
2022年05月17日 神奈川県その他船釣り釣果情報
タグ: 神奈川県  ゴムヨリトリ  ライトアジ 
釣行日

2022年5月3日(火)  

釣場
神奈川県横浜市金沢漁港 忠彦丸
時間

12:30~16:00  

釣果

マアジ 3匹 16 cm
イシモチ 1匹 27 cm 

使用タックル

ロッド – DAIWA ライトゲームX 73MMH-190
リール – SHIMANO バルケッタBB
ライン – PE 2号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
余田 昂彌 

久しぶりにアジ釣りに行ってきました。
天気も潮回りも良さそうで期待が膨らみます。
入れ替わりで戻ってきた午前船の釣果はいまひとつ、、
ですが、近日の釣果は午後の方がよい傾向が続いていたのであまり気にしません。

金沢漁港から10分ほど東に走った恒例ポイントで釣り開始。
これから下げという時間帯で潮はやや早いくらいに効いています。
初めの数投は無反応ですが、横でムシガレイがあがります。
すると、自分にも良いアタリと引きが!
でもなにかアジと違う気がしつつ巻き上げるとイシモチとアジの一荷でした。

さてここからというところですが、周りでもポツポツ上がる程度で続きません。
アタリがあっても追い食いを待つ間に外れることが多く、少しアワセてみたりしますがやはりバレ率が高い、、
そんなことをやっているうちに潮が緩くなるとともにアタリが遠のきました。
2隻の高低でボウズも出るなどしぶい状況とはいえ、いい時間帯に数を伸ばせなかったのが悔やまれます。
アジは不調でしたが、ムシガレイは好調で船中10匹以上あがっていました。
サイズも25cmほどと十分食べられるものもおり、嬉しいゲストとなっていました。
惨敗したのでまた行ってきます。


コメント
2021年12月16日 千葉県その他船釣り 釣果情報
タグ: シマアジ  ゴムヨリトリ  千葉県 
釣行日

2021年11月27日(土曜日)  

釣場
南房総布良港 松栄丸 (館山沖 20~30m)
時間

6:00~11:00  

釣果

シマアジ 3.6kg  1尾
イサキ 25~35cm  3尾
 

使用タックル

ロッド:DAIWA ネライX M-180
リール:DAIWA リョウガ2025PE-SH
ライン:PE3号 

使用アイテム

船テンビンK型、厳選ゴムヨリトリ、ゴムヨリトリ、20倍ビーズ

記入者

ヤマシタスタッフ
櫻井亮太 

今日は初挑戦のシマアジを狙いに、千葉県相浜港の松栄丸さんに行ってきました。
夏から秋に掛けてシーズンを迎える南房のシマアジ、水温が下がりつつあるこの時期は、
活性が落ちてきて難しいと聞きますがどうなのでしょうか・・・?

釣り方がわからないので出船前に中乗りさんに聞いてみると、
「底から細かくコマセを撒きながら5m程巻き上げ、仕掛けをコマセの煙幕に入れる
イメージでステイ・・・。」の繰り返しと、事細かに丁寧に教えてくれました♪

まだ空が暗いうちに出船し、ポイントに到着。
早速中乗りさんに教わった通りにやってみると、竿先がククッとお辞儀。
軽~く合わせて1投目はイサキが釣れてきてくれました。

そして2投目、事件は起こりました。
同じように誘いステイ中、少し強めに引き込むアタリがあり、
竿で合わせると一気に走り出しました!
底まで行ったかと思うと今度は底伝いに横に猛スピードで超疾走!!!
20m以上糸が出されてようやく止まりました…!
そこからは細心の注意を払いながら糸をじわじわと巻き取っていきます。
途中船長と中乗りさんがサポートしてくださり、オマツリを幾つも解いて頂きようやく現れた本命....めっちゃデカい。。
遂にネットに収まったのは大本命シマアジ3.6kgの極良型でした‼️

初挑戦2投目にして釣ってしまいました・・・
すさまじい引きに加え、魚の堂々たる風格、久々に脚が震える魚でした...🤭

その30分後またも本命と思われる魚を掛けるも,今度は1本目以上の猛烈な引きでストラクチャーに巻かれ
痛恨のハリス切れ、そう簡単に2匹目は釣れません。

その後は特にアタリもなく平和にイサキをポツポツと追加して終了となりました。


コメント
2020年12月11日 神奈川県 カワハギ船釣情報
タグ: 神奈川県  アジ  船テンビンK型  ゴムヨリトリ 
釣行日

2020年12月6日(日)  

釣場

神奈川県横須賀市 新安浦港 こうゆう丸

時間

7:00~11:30  

釣果

アジ 22~41㎝ 56尾
マサバ 43㎝ 1尾
ワラサ 7.2㎏ 1尾 

使用タックル

ロッド:HBアカムツ 180
リール:シーボーグ 500J IKATUNE
ライン:PE3号
リーダー:2.5号 

使用アイテム

クリーンビシM130S

船テンビンK型2-40

ゴムヨリトリSS1.5-30

ライトアジ仕掛LTAJ3A

記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 

久々に近所へ午前船でアジ釣りへ行ってきました。

ポイントは少し深めの40mほど。

まずはコマセを撒いて船に付かせることが大事なので、

手返しよく打ち換えていきます。

すると10分ほどでアタリが出始めました。

サイズは25~30㎝ほどの良型。

中には40㎝クラスの大型も。

1.5号のハリスではブチブチと切られるので、2号に変更。

喰いも立っているのでハリスを太くしてもお構いなしに

アタリが続きます。

途中強めの引きで上がってきたのは良型のマサバ。

黄色いラインが入っていて、見るからに脂がのっている個体です。

好調に釣れ続く中、稀にアジが横盗りされる事態が発生。

船長に許可を得て、泳がせ道具を落とさせてもらうと...

すぐにヒット!

周りにお祭りさせないように少々強引に上げてきたのは

7㎏ほどのワラサ。

その後は泳がせのアタリはなく、アジが好調に沖上がりの時間まで

釣れ続き賑やかなクーラーとなりました。


コメント
2020年09月21日 神奈川県 船釣情報
タグ: 神奈川県  イナダ  ゴムヨリトリ 
釣行日

2020年9月17日(木)  

釣場
時間

6:00~13:00  

釣果

イナダ 1.9㎏ 

使用タックル

ロッド:エイテック デッキスティック221
リール:シマノ フォースマスター3000XP
ライン:PE4号
 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
松本 大祐 

どちらも日ムラが激しく行ってみないとわからない感じだったので

カツオとワラサどっちにしようか悩んだあげくワラサにしました。

道具もやや強めのカツオでも行けるような道具立てでバッカンの中も

6号~24号までハリスが入ったまま、なんでも対応可能な状態。

出船して剣崎沖に到着すると、既に船団ができており

もう既に、モーニングタイムは終わったかのような静けさの中始まりました。

水深38m

下から9m...(要するに上から29m)

隣のおじさんに、すぐにヒット。

自分の竿はチーン...(+_+)

ネットでおじさんの魚を入れてあげると

海の神様からの恩返しとばかりに

ズドンと1発入りました。
ゴリ巻きで寄せてくるもハリスを手繰るのに慣れていないので

何とか寄せてこれた魚は思ったよりも小さい魚でした。

とりあえず1本。

という幸先よいスタートからその後、沈黙タイムが6時間あり、

時合い30分の1日が終わりました。

モーニングタイムでいかにお祭りせずに獲るか。

これにつきます。

今年の個人的なワラサ釣りはこれで満足しましたので、

あとはルアーで青物狙っていきます。

皆様も修行覚悟で狙いに行ってみてください!


コメント