ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2022年3月 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

2022年06月(5)
2022年05月(22)
2022年03月(7)
2022年02月(29)
2022年01月(7)
2021年12月(3)
2021年11月(8)
2021年10月(6)
2021年03月(1)
2021年01月(8)
2020年12月(16)
2020年11月(16)
2020年10月(24)
2020年09月(26)
2020年08月(22)
2020年07月(27)
2020年06月(2)
2020年04月(1)
2020年03月(26)
2020年02月(18)
2020年01月(26)
2019年12月(22)
2019年11月(33)
2019年10月(28)
2019年09月(22)
2019年08月(19)
2019年07月(32)
2019年06月(20)
2019年05月(29)
2019年04月(13)
2019年03月(18)
2019年02月(17)
2019年01月(21)
2018年12月(17)
2018年11月(30)
2018年10月(48)
2018年09月(30)
2018年08月(23)
2018年07月(9)
2018年06月(24)
2018年05月(37)
2018年04月(14)
2018年03月(44)
2018年01月(7)
2017年12月(13)
2017年11月(14)
2017年10月(10)
2017年09月(20)
2017年08月(5)
2017年07月(7)
2017年06月(9)
2017年05月(16)
2017年04月(3)
2017年03月(9)
2017年02月(3)
2017年01月(8)
2016年12月(3)
2016年11月(8)
2016年10月(7)
2016年09月(6)
2016年08月(4)
2016年06月(3)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(6)
2016年02月(4)
2016年01月(6)
2015年12月(10)
2015年11月(10)
2015年10月(22)
2015年09月(10)
2015年08月(14)
2015年07月(10)
2015年06月(20)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(10)
2015年02月(8)
2015年01月(13)
2014年12月(5)
2014年11月(24)
2014年10月(23)
2014年09月(36)
2014年08月(15)
2014年07月(16)
2014年06月(17)
2014年05月(29)
2014年04月(19)
2014年03月(15)
2014年02月(7)
2014年01月(5)
2013年12月(9)
2013年11月(14)
2013年10月(19)
2013年09月(16)
2013年07月(13)
2013年06月(14)
2013年05月(14)
2013年04月(10)
2013年03月(2)
2013年02月(10)
2013年01月(2)
2012年12月(6)
2012年11月(6)
2012年10月(16)
2012年09月(5)
2012年08月(10)
2012年07月(22)
2012年06月(18)
2012年05月(37)
2012年04月(8)
2012年03月(10)
2012年02月(21)
2012年01月(4)
2011年12月(12)
2011年11月(39)
2011年10月(31)
2011年09月(15)
2011年08月(30)
2011年07月(20)
2011年06月(29)
2011年05月(37)
2011年04月(10)
2011年03月(2)
2011年02月(14)
2011年01月(15)
2010年12月(32)
2010年11月(50)
2010年10月(78)
2010年09月(54)
2010年08月(35)
2010年07月(12)
2010年06月(13)
2010年05月(30)
2010年04月(28)
2010年03月(1)

タグ

富津沖(1)
猛光太刀魚テンヤ波止(1)
LPタコ・オーロラ(1)
LPタコ・オーロラ(1)
LPタコオーロラ(1)
LPヤリイカ・オーロラ(1)
TRシンカー(2)
YHビーズ(8)
アオリイカ(331)
アオリエギング(225)
アオリヤエン 必掛 M、L(1)
アカイカ(2)
アカハタ(3)
アカムツ(53)
アカムツ仕掛(1)
アカムツ仕掛AKM(6)
アカムツ仕掛AKM3PM(1)
アカメフグ(2)
アコウ(2)
アジ(28)
アジビシ仕掛(1)
アジビシ仕掛ABF(1)
アブラボウズ(2)
アマダイ(9)
アマダイ仕掛(9)
イカメタル(1)
イカメタルアシストリーダー(1)
イカ釣ヨリトリング(5)
イカ釣りプロサビキ(3)
イカ用中オモリ(6)
イサキ(2)
イサギマダイ仕掛(1)
イサキ仕掛(1)
イサキ仕掛け(1)
イシダイ(2)
イシナギ(1)
イシモチ(2)
イトヨリ(2)
イナダ(3)
エギTR(1)
エギーノぴょんぴょんサーチ(30)
エギーノもぐもぐサーチ(2)
エギング(19)
エギ王(10)
エギ王 LIVE(7)
エギ王 LIVE ネオンブライト(4)
エギ王 LIVEサーチ(5)
エギ王 チューンヘッド(2)
エギ王K(160)
エギ王KシャローリーフSP(2)
エギ王K黒潮SP(1)
エギ王LIVE(28)
エギ王LIVEサーチ(11)
エギ王MH(1)
エギ王MH5(1)
エギ王Q(5)
エギ王QLIVE(27)
エギ王QLIVEサーチ(23)
エギ王Q光宮(2)
エギ王TR(86)
エギ王TRサーチ(7)
エギ王TRシンカー(36)
エサダマ(7)
エサ巻き(1)
エサ巻きテーラ(2)
オオモンハタ(1)
おっぱいスッテ(41)
おっぱいスッテメタル(2)
オニカサゴ(4)
オニカサゴ仕掛(1)
カサゴ(7)
カタクチイワシ(1)
カツオ(12)
カラフル針(2)
カワハギ(21)
カワハギリーダー(1)
カワハギ仕掛(10)
カワハギ集寄DX(3)
カワハギ替針(1)
キス(3)
キステンビンK型(4)
キハダ(3)
キラッと針(1)
キンメ(2)
キンメダイ(2)
クエ(1)
クリーンビシ(2)
ケンサキイカ(55)
コウイカ(5)
コウイカ(1)
コノシロ(1)
コブシメ(1)
ゴムヨリトリ(9)
ゴムヨリトリSSライトアジSP(1)
さかな針(1)
ササイカ(10)
サバ(7)
サビキ釣り(1)
シイラ(6)
シマアジ(2)
シャクリシンカーⅡ(3)
ショウサイフグ(3)
ショウサイフグ(1)
ショウサイフグ・コモンフグ(1)
シリヤケイカ(4)
シロイカ(2)
シロギス(4)
スミイカ(3)
スルメイカ(8)
タイラバ(5)
タコ(16)
タコエギサルカンⅡ(1)
タコエギシンカー(2)
タコベイト(1)
タコゆらハンター(1)
タコゆら兄弟3L(1)
タチウオ(175)
タチウオ(4)
タチウオテンヤリーダーFC(2)
タチウオ仕掛(1)
タチウオ針(3)
タチ魚針WF(3)
チイチイイカ(23)
チイチイイカ(ヒイカ)(1)
チダイ(1)
チビイカ(3)
チビイカ5(1)
チビエビ(7)
チビトト(26)
ツツイカエギング(6)
ツバス(2)
ティップランエギング(7)
ととスッテ(4)
ナオリー(72)
ナオリーおっぱいスッテ(1)
ナオリーサイトハンター(2)
ナオリーレンジハンター(11)
ニジマス(1)
ニュークロー(7)
バイラバイラ(1)
はずしっこⅢ(17)
パニックベイト(12)
パニックベイト メバル(1)
パニックベイトアコウ(9)
パニックベイトオニカサゴ(8)
パニックベイトタチウオ(3)
パニックベイトメバル(2)
パニックベイト根魚(12)
パニックベイト太刀魚テンヤSP(1)
ヒイカ(13)
ピッカピカ針(18)
ピッカピカ針5(2)
ピッカピカ針5 11-1(1)
ピッカピカ針5 14-1T(1)
ヒラマサ(1)
ヒラメ(3)
フグ(1)
フグカットウ(2)
ブリ(1)
ベイカ(6)
ベニアコウ(9)
ボートエギング(28)
マイカ(10)
マゴチ(3)
マサバ(1)
マシュマロボール(57)
マシュマロボール、パニックベイトアコウ(1)
マゾイ(1)
マダイ(25)
マダコ(5)
マハタ(1)
マルイカ(34)
ミズカマス(1)
ムギイカ(19)
メバル(2)
モンゴウイカ(2)
ヤズ(1)
ヤマワーム(1)
ヤマワームエビ(2)
ヤリイカ(36)
ヤリイカ・スルメイカ(2)
ヤリイカ・スルメイカ(2)
ライトアジ(10)
ライトアジ仕掛(8)
ライトエギング(29)
ライトエギング(1)
ライトテンビン(8)
ライトビシ(2)
ライトヒラメ(1)
ライトヒラメ仕掛け(3)
ライブサーチ(2)
ワームフック(1)
ワカシ(1)
ワラサ(4)
愛知県(3)
愛知県 片名港 忠栄丸(1)
愛媛県(5)
愛媛県宇和島市(1)
一之瀬丸(1)
稲取港 山吉丸(1)
茨城県(1)
茨城県鹿島沖(1)
隠徳丸(1)
餌木ドロッパー(7)
猿島沖(1)
遠投シャトルテンビン付(1)
遠投マウスⅡ(2)
鉛スッテ(1)
横須賀市走水港教至丸(1)
岡山県(2)
沖縄県(1)
屋久島(1)
海上釣堀セット マダイ(2)
外川港 三浦丸(2)
茅ヶ崎港 ちがさき丸(1)
竿やすめ(1)
竿やすめ船Ⅱ(7)
間口港 小やぶ丸(1)
間口港 小やぶ丸 城ヶ島沖(1)
久里浜(1)
京都府(2)
金沢漁港 忠彦丸(1)
金田漁港(1)
金寅丸(1)
熊本県(1)
厳選ゴムヨリトリ 青物(1)
厳選ゴムヨリトリ真鯛(1)
広島県(51)
広島県 田島横島(1)
江戸前鯛テンヤ(1)
紅アコウ(1)
黒グチ(1)
佐円丸(1)
佐円丸 洲崎沖(3)
佐賀県(33)
佐賀県伊万里市(2)
阪南市 八千代丸(1)
三浦丸犬吠埼沖(2)
三浦半島南部岸壁(1)
三崎港西口(2)
三重県(8)
山下丸(1)
山口県(11)
鹿児島県(4)
鹿児島県 錦江湾(1)
鹿島港 不動丸(1)
初島沖(1)
勝山港 萬栄丸 洲崎南沖~布良沖(1)
小田原市地磯(4)
松栄丸(1)
城ヶ島沖(2)
新安浦 こうゆう丸(1)
新山下打木屋(10)
神奈川県(446)
神奈川県横須賀市(2)
神奈川県横須賀市 観音崎沖(2)
神奈川県横須賀市走水沖(1)
神奈川県横浜沖(7)
神奈川県横浜市(4)
神奈川県横浜市 金沢八景(1)
神奈川県横浜市小柴港 三喜丸(1)
神奈川県茅ケ崎市(1)
神奈川県三浦市(2)
神奈川県三浦市 三崎港(3)
神奈川県小田原市(1)
神奈川県湯河原町(2)
進丸(1)
須磨沖(4)
垂水 虎ノ介(1)
垂水港 虎之介(1)
水平ドロッパー(8)
錘スッテ(31)
静岡県(39)
静岡県稲取港山吉丸(1)
静岡県東伊豆町稲取(1)
石川県(2)
千葉県(36)
千葉県安房郡和田町(2)
千葉県鴨川市江見吉浦港(1)
千葉県館山市(1)
千葉県鋸南町(1)
千葉県勝浦(1)
千葉県銚子市外川港(2)
千葉県銚子市犬吠埼沖(2)
千葉県片貝(1)
船イカ(7)
船カサゴ仕掛(2)
船テンビン(16)
船テンビンK型(35)
船テンビンY型(24)
相浜港 松丸 布良沖(1)
相模湾(4)
走水沖(1)
走水港 教至丸(2)
太刀魚(1)
太刀魚テンヤ(2)
太刀魚針(2)
打木屋(2)
鯛歌舞楽(12)
鯛歌舞楽 波動ベイト(3)
鯛歌舞楽シリーズ(1)
鯛乃玉(6)
大浦港きずなまりん(1)
大阪府(41)
大阪府阪南市(1)
大阪府泉佐野沖(1)
大津港 いなの丸(1)
大分県(10)
淡路沖(1)
淡路島(1)
中ノ瀬~走水沖(1)
長崎県(51)
長谷川丸(1)
鳥取県(6)
渡辺丸 勝浦沖~小湊沖(1)
島根県(5)
島根県 浜田港 幸豊丸(1)
東京都(4)
東京湾(6)
内ノ浦・サウスカレント(2)
南房総布良港(1)
入船丸(2)
波動ベイト(4)
八景沖(1)
八千代丸(1)
富山県(1)
富山県富山湾(1)
富山新港 金剛丸(1)
浮スッテ(5)
福井県(15)
福浦沖(1)
福浦港 よしひさ丸(1)
福浦港よしひさ丸 初島沖~川奈沖(1)
福岡県(46)
福島県(1)
兵庫県(13)
兵庫県神戸市(1)
兵庫県神戸市垂水沖(1)
兵庫県明石沖(1)
兵庫県明石市(2)
本牧海づり施設(1)
名田屋(1)
明石港 海蓮丸(1)
猛光太刀魚テンヤ(8)
猛光太刀魚テンヤ船(15)
猛光太刀魚テンヤ波止(37)
猛追太刀魚テンヤ(2)
猛追太刀魚テンヤ船(74)
目玉シンカー(11)
陸釣り(71)
林崎漁港 村由丸(1)
和歌山県(17)
和歌山県田辺市(2)
和田浦港 美智丸(2)
湾フグ仕掛(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom
7件のページが該当しました。
2022年03月28日 兵庫県その他船釣り釣果情報
タグ: 兵庫県明石市  明石港 海蓮丸  ショウサイフグ・コモンフグ  湾フグ仕掛 
釣行日

2022年3月19日(土)  

釣場
兵庫県明石市 明石港 海蓮丸
時間

6:00~12:30  

釣果

ショウサイフグ 3匹
コモンフグ   1匹 

使用タックル

ロッド:ダイワ メタリア太刀魚テンヤ
リール:シマノ バルケッタ
ライン:PE08
リーダー4号 

使用アイテム

鯛の玉、湾フグ仕掛

記入者

ヤマシタスタッフ
藤倉育聡 


今週も大阪営業所メンバーでフグ釣りに行ってきました。
水温も低く事前の情報でもかなりのタフコンディションが見込まれる中での出船となりました。
ポイントに着いてしばらくすると艫のお客さんがいいサイズのショウサイフグをゲット!
自分は気づいたら餌をかじられてうまくタイミングが合わず不発。
しばらく格闘して一匹目をキャッチ!
その後ポイントを移動したところで、いつも数秒に一回カラ合わせを入れていましたが、
あえてアタリがでるまでなるべく誘いを少な目にすると,
竿先にわずかなアタリがでたのですかさず合わせると,バッチリフッキングが決まり無事ゲット。
最後船長の終了のアナウンスのタイミングで偶然にも釣れて,
ショウサイ3匹のコモンフグ1匹で納竿となりました。


コメント
2022年03月21日 神奈川県その他船釣り釣果情報
タグ: 神奈川県湯河原町  福浦港よしひさ丸 初島沖~川奈沖  ベニアコウ  マシュマロボール  パニックベイトアコウ 
釣行日

2022年3月17日(木)  

釣場
神奈川県湯河原町福浦港 よしひさ丸 初島沖~川奈沖
時間

6:00~12:30  

釣果

ベニアコウ 4.5kg 

使用タックル

ロッド alphatackle DEEP IMPACT KAISER MODEL R
リール ミヤエポック コマンドZ15 キンメスペシャル
ライン PE12号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中陽介 

今季4度目となるベニアコウチャレンジです。
これまでの3回はユメザメ、イバラヒゲの黒魚の連発で紅い魚は拝めず。。
ただ、3回の釣行でいろいろな釣船に出向き、船長のアドバイスや常連の方のアドバイスを色々と聞き、
そのアドバイスを元に仕掛から全てを組み直してのチャレンジです。
釣船は福浦港のよしひさ丸さん。
相模湾でのベニアコウ釣りにおいてはキャッチ率の高さは相模湾№1。
出船に対して本命に出会えない確率のほうが高い船もある中、
おそらくベニアコウの船でのキャッチ率は9割と超高打率を誇ります。
ただ、このベニアコウ釣りでのネックは出船日と時間が厳格に定められており、
ポイントとなる初島沖は神奈川の船は木曜日と日曜日にしか入れず、
さらに、仕掛けの投入時間は12時まで、13時にはそのポイントからは離脱しなければならないというルールになっています。
時化も相まって出船率が極めて低いので、必然的に出船が出来る日は満船状態となることが必至です。
今回も7名と満船での出船となりました。
ポイントは初島沖。3月からの投入時間は6時からとのことで、6時にポイント到着に向け出船。
朝の1投目は初島沖から。
同船者にユメザメがヒットしただけで、ポイントを川奈沖に移動。
2投目は全員スカで3投目。
お隣の方に本命らしきアタリがあった、と報告を受け、竿先に集中。
少し仕掛けを巻き上げ、巻き落としした後に少し糸を送り込んでいると、
鋭いアタリ!これが本命のアタリか!?とこれまでの黒い魚のアタリとは異なっていました。
そして巻き上げ合図。
海底で少し踏ん張った後にすぐにおとなしくなり、セオリー通り600m付近で1度強めに暴れました。
アタリがあったお隣の人が先に取り込み、本命ベニアコウが浮上。
船長からも「それも期待できるよ」と、船長のお墨付き。
仕掛けを持つと既に錘の重さが殆ど感じられず、浮力のある魚が付いていることは確信。
しかしなかなか水面には魚が浮かないので疑心暗鬼になりましたが、錘に一番近い針に深紅の魚体が付いていました。


初めて対面するベニアコウは苦戦した分、喜びも大きかったです。
続く4投目も同じようなアタリがあり、まさかの複数キャッチに至るのか?と期待をしたものの、残り400mほどでまさかの針外れ。。。
針外れは殆どがベニアコウとのことで、しばらくその海域で浮いてくるのを待ってましたが、時間も限られているので、諦めて移動しました。
5投目は初島沖に移動。しばらく触っていなかったポイントとのこと。
艫側に座っていた同船者2名に本命のアタリがあったようで、1名は7kg近い大型、もう1名は3~4kgクラスのダブル!
期待した6投目も同ポイントに落としましたが、アタリはなく、そのまま時間となり沖上がり。


上がったベニアコウは船中5本。7名の乗船者のうち4名がベニアコウをキャッチするという、超高打率の結果となりました。
ベニアコウは3月~5月が本格シーズン。
また機会あればチャレンジしてみたいと思います。


コメント
2022年03月15日 千葉県その他船釣り釣果情報
タグ: 千葉県銚子市外川港  三浦丸犬吠埼沖  アカムツ  マシュマロボール  パニックベイトオニカサゴ 
釣行日

2022年3月12日(土)  

釣場
千葉県銚子市外川港 三浦丸 犬吠埼沖
時間

6:00~11:30  

釣果

アカムツ 20~30㎝ 8尾(規定数)
ユメカサゴ 

使用タックル

ロッド alphatackle HBアカムツ 200
リール DAIWA シーボーグ 500JS
ライン PE4号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中陽介 


一時に比べ釣果の落ち着いてきた犬吠埼のアカムツへ様子を見に行ってみました。
ポイントは2月の200mラインから変わり、150mラインの浅場。
やや黒潮が離れ、ポイントはやや潮が緩い状況。
特に浅場はその影響か、この日は殆ど潮の流れが無かったです。
こうなると通常の誘いだけではアタリすらほとんど出ないので、
中オモリを使用して誘い方を多彩にしていきます。
こういった時はアピールをさらにアップさせるため、上針にはパニックベイトオニカサゴも装着。


これが良かったのか、周りのアタリが乏しい中、アタリ連発。
浅場で活性が全体的に低いためどうしても小型中心となりますが、
コンスタントにヒット。
時には一荷でのヒットも。
殆ど潮流れがない中でしたが、小型中心ながら終日コンスタントにアタリはあり、
規定数にも達し、久々のアカムツでしたが楽しめました。
例年3月は海況が不安定なことが多く釣果も日ムラありますが、
これから海況が安定してくると釣果も安定してくるので楽しみです。


コメント
2022年03月14日 神奈川県その他船釣り釣果情報
タグ: 神奈川県横須賀市  大津港 いなの丸  タチウオ  猛追太刀魚テンヤ船 
釣行日

2022年3月13日(日)  

釣場
神奈川県横須賀市大津港 いなの丸
時間

7:00~13:00  

釣果

タチウオ4本 最大F7 

使用タックル

ロッド SHIMANO サーベルマスターSS TENYA 82MH180
リール SHIMANO プレイズ 600
ライン SHIMANO グラップラー8 2号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
小嶋 豪太 

■釣行者:小嶋 豪太
■釣行日:2022年3月13日(日)
■時間:7:00~13:00
■釣り場:大津沖(いなの丸)
■釣果:タチウオ4本 最大F7
■使用アイテム①:猛追太刀魚テンヤ船 50号 鰯タイプN(ナチュラル),VFZ(紫夜光ゼブラ)
ファイターズスナップ#2    竿やすめ船Ⅱ
■使用タックル:ロッド SHIMANO  サーベルマスターSS TENYA 82MH180
リール SHIMANO プレイズ 600
ライン SHIMANO グラップラー8 2号

大津港のいなの丸さんからテンヤタチウオ釣りに行ってきました!
前回、前々回とテンヤでは散々な結果だったので今回は、今回こそは釣ってやろうと気を引き締めての釣行。

釣れる確率が上がる事なら全部やろう。
そう思い、前日から釣具屋ではなく近所の商店街の市場で,
肌ツヤの良いイワシを購入&アミノリキッド一夜漬け。
さらにいなの丸さんは前日7時半より電話での釣り座予約が可能なため、
前日の受付開始時刻になった瞬間に電話、右トモを確保。

まだまだ難易度は高いものの一時期よりは数も釣れているので、
あとは自分次第。卸したてのリールと竿を持っていざ出船です。

東京湾でお馴染みのノンストップバイブレーション釣方で,
とにかく「大きく」と「細かく」を使い分けてひたすら竿を叩いて誘ってみます。
開始30分で最初のヒット!しかし合わせが遅かったのか、
弱かったのか痛恨のフックアウト、、

そして30分後、ついに待望の瞬間が!竿先がフッと軽くなり、
その瞬間にフッキングすると竿が大きくしなり、天秤釣りには無い引きが伝わります。
水面に引き込まれながら上がってきたのはなんとF7サイズのタチウオ!(綺麗な写真を撮り忘れました、、)
夢中になりすぎて電動リールなのに手巻きで巻き上げていました(笑)

その後も腕が痛くなるまでひたすら誘い続けて3本追加し、ここでタイムアップ。
3度目の正直でようやくテンヤで釣れたタチウオ、嬉しさはいつもの3倍ありました😭

釣れなくても次こそは!と思い工夫を施す。そして釣れた時の感動こそ、釣りの醍醐味ですね
。完全にテンヤ釣りにハマってしまいました(笑)
これからも腕を磨いていきたいです!


コメント
2022年03月14日 神奈川県船イカ 釣り釣果情報
タグ: 神奈川県横浜市 金沢八景  一之瀬丸  ヤリイカ・スルメイカ  船イカ 
釣行日

2022年3月12日 (土)  

釣場
神奈川県横浜市 金沢八景 一之瀬丸
時間

7:00~14:30  

釣果

ヤリイカ 1匹 18 cm
スルメイカ 4匹 25 cm 

使用タックル

ロッド – AbuGarcia KUROFUNE YARI IKA KYIC-170MH
リール – DAIWA HYPER TANACOM 500Fe
ライン – PE 4号 

使用アイテム

イカ釣りプロサビキ P5T 14-1

ピッカピカ針5 14㎝

イカ用中オモリ15号

イカ釣ヨリトリング

記入者

ヤマシタスタッフ
余田 昂彌 

金沢八景の一之瀬丸さんからヤリ・スルメイカ船に乗ってきました。
最近の好釣果により人気で、3隻出しの片舷10人で満員です。
洲崎沖まで1時間弱走って、船団に合流しスタート。
まずは直結仕掛けを使ってみます。
水深170 m で指示ダナは140 m から下です。
船長から、「オモリを底まで落とさずにタナの上から探りつつ落とし込んでいかないと乗らないよ~。」
とアナウンスがあり、それに従います。
1投目、周りでスルメイカの3点掛けなどがあがります。
ここでは乗り遅れましたが2投目、3投目でスルメイカを1匹ずつ確保。
しかし一番下の針に付いており追い乗りは望めず、、
続いて2匹追加しますがこれも単発の拾い釣りです。
日が昇り徐々に乗りが落ち着き始めたところでブランコ仕掛けに切り替えます。
ポイントも5分ほど走って少し沖に移動。
ここからは速い二枚潮で1流し1投です。
今度は底まで落としてから誘い上げてみての指示でシャクっていきます。
周りをみると小型のヤリイカが優勢のようです。
アタリの間に合わせてシャクると乗りを確認!
巻き上げますがマダイがいるようで食べられてしまいました。
再び掛けて今度はヤリイカ2点掛けでしたが、オマツリしている間にバレてしまいました。
再び朝のポイントに戻りますがいまいちアタリを取れず、気付けば最後の流しに。
今日の集大成と思って頑張ると、小ぶりでしたがなんとかヤリイカが釣れました。
総合的にみると撃沈なので精進します。


コメント
2022年03月14日 富山県船イカ釣果情報
タグ: 富山県富山湾  富山新港 金剛丸  スルメイカ  ピッカピカ針5 14-1T 
釣行日

2022年3月9日(水)  

釣場
富山県富山湾 富山新港 金剛丸
時間

5:00~13:30  

釣果

スルメイカ30杯 

使用タックル

ロッド アルファタックル ショートアーム 120-150
リール シマノ フォースマスター3000
ライン PE3号
オモリ フジワラ スカリー150号 

使用アイテム

ピッカピカ針5 18-1T、14-1T 

 キラっと針 14-1T、
イカ釣ヨリトリング L、
イカ用中オモリ15号、
イカ仕掛巻等

記入者

ヤマシタスタッフ
若山義親 

シーズンインが大幅に遅れた、富山湾の寒スルメに初挑戦しました。
今季はヤリイカの釣り初めが遅れ、尚且つスルメイカの群れも薄かった様で、
本格的になったのは2月に入ってからで、シーズン的には中盤戦といった処。
地元ではさかな針KA等の2段針を使用するお客様が多いとの事だが、
事前にサバが早くから入っている情報もあったので、練習中の直結10本からスタート。
近場から攻める予定が、イカ釣り漁師さん達も近場を諦め東に向かっており、
能登島手前までクルージング後に1投目。


水深は130~150m程度で、場所を動きながら数投目の投入で着ノリ。
周りのブランコで狙っている方はサバに邪魔され、オマツリもかなり連発。
数投していると下から4本目までの1~2杯しか乗っていない事に気が付き、
オマツリも多い事もあったので半分の5本針にして、着底後に中オモリの重さを利用して1mちょっと送り込み、
スローな巻き上げで乗せて行く様なパターンで1~3杯程度の乗りが続いた。
地元ではムギと呼ばれる、ニセイカ程度の型がメインではあるが、ポツポツと移動する度に釣れ、
群れが多い時は20分程度流せるときも数回あったが、
船長によると本日は非常にイカがシビアで釣果はかなり悪かったとの話。
結果、周りのお客様と直結の誘い方等を教えながらも、胴の間で飽きない程度に釣れ続けさせて頂いた。
帰港後、ミヨシやトモのベテラン常連さんは90杯程度獲ったとの話だったので、
今後も機会があれば修行に行きたいと思いました。
当日はイカが浮かずに、ほぼ底から5mまでの釣りとなったが、関東の様に中層に浮く事もあるそうなので
、サバが早くから入っている富山湾は、太平洋岸とは異なり、ほぼベタ凪でウネリ無しの日も多いので、
初心者でも直結仕掛で数釣りが可能な貴重なフィールドかと思いますので、皆様も良かったらチャレンジしてください。


コメント
2022年03月03日 神奈川県その他船釣り釣果情報
タグ: 神奈川県三浦市 三崎港  佐円丸 洲崎沖  ヤリイカ・スルメイカ  船イカ 
釣行日

2022年3月2日(水)  

釣場
神奈川県三浦市 三崎港 佐円丸 洲崎沖
時間

7:30~14:00  

釣果

ヤリイカ8杯
スルメイカ6杯 

使用タックル

ロッド DAIWA LEADING SASOI 100-180
リール SHIMANO フォースマスター3000XP
ライン PE4号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
宮川海人 

いつもマルイカで乗っている佐円丸さんでヤリスル船デビューしてきました。
今日はせっかくなので初めてづくしでピッカピカ針での直結仕掛けにも挑戦です。
直結はブランコと違いカンナは上にして入れていくので間違えないよう確認しセットして出発です。
はじめは洲崎沖へ走ること40分ほどでポイントに着きいざ投入!
糸を送りながら指示棚手前で スピードを緩めて落とし込んでいきます。
最初は底から20mほど上ということでやや上の棚をしゃくりあげながら探っていきます。
低速で巻きながらシャクリと聞き上げをしていくとクンクン!と竿先が引かれます。
追い乗りを狙って巻き続けながら10mほど上げたところで巻き上げていきます。
仕掛けを手繰り上げていくと一投目から初船ヤリイカをゲットしました。


日も登り周りには八景、剣崎、茅ヶ崎の船などが集まり船団になってきます。
やや波も出てきてここからは怒涛のバラシの連続でした。
波の高低差で少し竿先のフォローが間に合わないとフッと重みが抜けてしまい、
手繰るころにはイカの姿はどこへやらと失意の投入を繰り返します。
普段ブランコ仕掛けのバレにくさに助けられてか雑な取り込みが仇となり,
船べりでのバラシも数回で中々厳しい中盤戦でした。
昼近くになりやや船団から外れた,水深200mのエリアで130mで反応アリとの指示。
落としの途中で止めて探ると鋭く竿先引き込まれます。
上がってきたのは今日初めてのスルメイカ!
やっと両種達成でき歓喜の沖干しを作り、投入を続けます。
その後もぽつぽつとヤリイカが続きヤリ8匹のスルメが1匹の状況、
なんとかツ抜けはして帰りたいなぁと思いながら起き上がりも近い終盤戦、今日一の重みが竿に乗ります。
追い乗りを狙い巻き上げるとグングンと引き続けます。
竿先のフォローをしながら巻き上げること50m付近、なんとここでリールの巻き上げが止まります。
え!?と思い確認するとまさかのバッテリー切れ・・・(満タンで充電したのにな・・・)
と考える間もなく巻き上げは続けないといけないのでここから50m手巻き勝負です。
頼むからバレないでくれ・・・と願うような気持ちで手繰り上げまでなんとか持ってきました。
仕掛けを手繰り、1匹…2匹…3匹…4匹!バラさず上がり「良かった」・・と安心したのも束の間、
隣の方から「兄ちゃんまだ付いてるぞ!」と声がかかり見るとなんと5匹目!スルメ5点掛けです。


ここで最後の流しになり沖上がりとなりました。
まだまだ探り方や取り込みに改善点が見える釣行でしたが、
直結仕掛けに慣れてもっと釣れるようになりたいと思えた楽しい釣行でした。
次は沖干しをもっと作れるよう頑張りたいと思います。


コメント