ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2024年7月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

2024年07月(17)
2024年06月(41)
2024年05月(43)
2024年04月(13)
2024年03月(4)
2024年02月(26)
2024年01月(13)
2023年12月(12)
2023年11月(20)
2023年10月(41)
2023年09月(13)
2023年08月(24)
2023年07月(18)
2023年06月(30)
2023年05月(22)
2023年04月(7)
2023年03月(9)
2023年02月(13)
2023年01月(19)
2022年12月(10)
2022年11月(16)
2022年10月(15)
2022年09月(1)
2022年08月(9)
2022年07月(25)
2022年06月(5)
2022年05月(18)
2022年03月(5)
2022年02月(28)
2022年01月(6)
2021年12月(2)
2021年11月(8)
2021年10月(4)
2021年03月(1)
2021年01月(8)
2020年12月(13)
2020年11月(13)
2020年10月(22)
2020年09月(25)
2020年08月(20)
2020年07月(23)
2020年06月(2)
2020年04月(1)
2020年03月(25)
2020年02月(18)
2020年01月(25)
2019年12月(22)
2019年11月(30)
2019年10月(25)
2019年09月(21)
2019年08月(19)
2019年07月(32)
2019年06月(17)
2019年05月(27)
2019年04月(12)
2019年03月(16)
2019年02月(15)
2019年01月(21)
2018年12月(16)
2018年11月(25)
2018年10月(43)
2018年09月(28)
2018年08月(21)
2018年07月(8)
2018年06月(20)
2018年05月(36)
2018年04月(13)
2018年03月(43)
2018年01月(7)
2017年12月(13)
2017年11月(14)
2017年10月(10)
2017年09月(20)
2017年08月(5)
2017年07月(7)
2017年06月(9)
2017年05月(15)
2017年04月(3)
2017年03月(9)
2017年02月(3)
2017年01月(8)
2016年12月(3)
2016年11月(8)
2016年10月(7)
2016年09月(6)
2016年08月(4)
2016年06月(3)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(6)
2016年02月(4)
2016年01月(6)
2015年12月(10)
2015年11月(9)
2015年10月(21)
2015年09月(10)
2015年08月(14)
2015年07月(10)
2015年06月(20)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(10)
2015年02月(8)
2015年01月(13)
2014年12月(5)
2014年11月(24)
2014年10月(23)
2014年09月(36)
2014年08月(15)
2014年07月(16)
2014年06月(17)
2014年05月(29)
2014年04月(19)
2014年03月(15)
2014年02月(7)
2014年01月(5)
2013年12月(9)
2013年11月(14)
2013年10月(19)
2013年09月(16)
2013年07月(13)
2013年06月(14)
2013年05月(14)
2013年04月(10)
2013年03月(2)
2013年02月(10)
2013年01月(2)
2012年12月(6)
2012年11月(6)
2012年10月(16)
2012年09月(5)
2012年08月(10)
2012年07月(21)
2012年06月(18)
2012年05月(37)
2012年04月(8)
2012年03月(10)
2012年02月(21)
2012年01月(4)
2011年12月(12)
2011年11月(39)
2011年10月(31)
2011年09月(15)
2011年08月(30)
2011年07月(20)
2011年06月(29)
2011年05月(35)
2011年04月(10)
2011年03月(2)
2011年02月(14)
2011年01月(14)
2010年12月(32)
2010年11月(50)
2010年10月(78)
2010年09月(52)
2010年08月(35)
2010年07月(12)
2010年06月(13)
2010年05月(29)
2010年04月(28)
2010年03月(1)

タグ

LPタコ・オーロラ(6)
LPタコ・オーロラ(1)
YHビーズ(9)
アーマー(18)
アオリイカ(441)
アオリエギング(213)
アカイカ(7)
アカハタ(3)
アカムツ(54)
アカムツ仕掛(10)
アカメフグ(2)
アコウ(2)
アジ(35)
アジビシ仕掛(2)
アッパー(32)
アッパー95(1)
アブラボウズ(2)
アマダイ(10)
アマダイ仕掛(9)
イカ釣ヨリトリング(5)
イカ釣りプロサビキ(3)
イカ用中オモリ(6)
イサキ(8)
イサキ仕掛(3)
イシダイ(2)
イトヨリ(2)
イナダ(3)
エギーノぴょんぴょんサーチ(29)
エギーノもぐもぐサーチ(4)
エギング(24)
エギ王(11)
エギ王K(256)
エギ王KシャローリーフSP(3)
エギ王Kネオンブライト(7)
エギ王K黒潮SP(1)
エギ王LIVE(52)
エギ王LIVEサーチ(17)
エギ王LIVEネオンブライト(16)
エギ王MH(2)
エギ王Q(5)
エギ王QLIVE(28)
エギ王QLIVEサーチ(20)
エギ王Q光宮(2)
エギ王SEARCH(54)
エギ王TR(103)
エギ王TRサーチ(9)
エギ王TRシンカー(35)
エギ王チューンヘッド(2)
エサダマ(10)
エサ巻きテーラ(3)
おっぱいスッテ(80)
おっぱいスッテメタル(3)
オニカサゴ(3)
カサゴ(10)
カツオ(11)
カラフル針(2)
カワハギ(28)
カワハギ仕掛(8)
カワハギ集寄DX(3)
キス(5)
キステンビンK型(4)
キハダ(3)
キラッと針(1)
キンメダイ(4)
クリーンビシ(2)
ケンサキイカ(207)
コウイカ(6)
ゴムヨリトリ(21)
ササイカ(10)
サバ(7)
シイラ(6)
シマアジ(2)
シャクリシンカーⅡ(3)
ショウサイフグ(9)
シリヤケイカ(4)
シロイカ(3)
シロギス(5)
シロムツ(1)
スミイカ(3)
スルメイカ(19)
タイラバ(5)
タコ(15)
タコエギシンカー(2)
タチウオ(188)
タチウオ針(9)
チイチイイカ(24)
チビイカ(7)
チビエビ(7)
チビトト(27)
ツツイカエギング(52)
ツバス(2)
ティップランエギング(8)
ととスッテ(4)
ナオリー(110)
ナオリーおっぱいスッテ(6)
ナオリーサイトハンター(17)
ナオリーレンジハンター(106)
ニュークロー(7)
はずしっこⅢ(23)
パニックベイト(23)
パニックベイトアコウ(14)
パニックベイトオニカサゴ(8)
パニックベイトタチウオ(3)
パニックベイトメバル(2)
パニックベイト根魚(12)
ヒイカ(14)
ピッカピカ針(18)
ピッカピカ針5(4)
ヒラメ(4)
フリーズシンカー(4)
ベイカ(6)
ベニアコウ(8)
ボートエギング(36)
マイカ(14)
マゴチ(3)
マシュマロボール(62)
マダイ(22)
マダコ(6)
マルイカ(37)
ムギイカ(19)
メバル(2)
モンゴウイカ(2)
ヤマワーム(2)
ヤリイカ(42)
ライトアジ(19)
ライトアジ仕掛(26)
ライトエギング(30)
ライトテンビン(11)
ライトビシ(1)
ライトヒラメ仕掛け(3)
ワラサ(4)
愛知県(8)
愛媛県(11)
茨城県(2)
餌木ドロッパー(45)
遠投マウスⅡ(2)
岡山県(2)
沖縄県(2)
海上釣堀セット マダイ(2)
竿やすめ船Ⅱ(10)
岩手県(1)
宮城県(2)
京都府(4)
熊本県(1)
広島県(55)
佐賀県(46)
三重県(12)
山形県(1)
山口県(26)
鹿児島県(8)
秋田県(1)
神奈川県(693)
須磨沖(4)
水平ドロッパー(7)
錘スッテ(56)
静岡県(58)
石川県(3)
千葉県(50)
船イカ(6)
船カサゴ仕掛(2)
船テンビンK型(49)
船テンビンY型(29)
相模湾(4)
太刀魚テンヤ(2)
鯛歌舞楽(10)
鯛歌舞楽 波動ベイト(3)
鯛乃玉(6)
大阪府(48)
大分県(8)
長崎県(65)
鳥取県(27)
島根県(11)
東京都(14)
東京湾(6)
徳島県(3)
波動ベイト(4)
富山県(3)
浮スッテ(5)
福井県(53)
福岡県(42)
福島県(2)
兵庫県(34)
猛光太刀魚テンヤ(12)
猛光太刀魚テンヤ船(12)
猛光太刀魚テンヤ波止(35)
猛追太刀魚テンヤ船(88)
目玉シンカー(18)
陸釣り(71)
和歌山県(23)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom
8件のページが該当しました。
2024年07月10日 福井県 その他船釣り釣果情報
タグ: 福井県  船テンビンK型  ゴムヨリトリ  イサキ 
釣行日

2024年7月8日(月)  

釣場
小浜沖 水深40mライン(幸翔丸
時間

6:00~12 :00  

釣果

イサキ 50匹
メジナ1匹 

使用タックル

ロッド DAIWA LEADING XA46 205Ⅰ
リール DAIWA SEABORG 300JL 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
澤田 正(サワダ タダシ) 

今季好調のイサキをまたまた若狭湾小浜から狙ってきました。
今回も、幸翔丸さんからの挑戦です。

前回は、イサキを釣ってからイカを狙うリレー船でしたが、今回はイサキ専門です。
航程50分ほどの場所から釣り開始です。小浜では、船をアンカーで固定して
釣ります。

船長の指示棚は、10mと非常に浅いところです。
1投目から、すぐにあたりがあり、投入するたびに良型のイサキが
釣れていきます。
このまま釣れ続いたらどれだけ釣れるんだろう?なんて思っていたら
少し食いが悪くなり、アタリが遠くなっていきます。

少しづつ移動をしながら釣りをしているますが、開始直後ほどの
釣れ方ではなくなってきたので、深い場所(指示棚40m)へ移動しましたが
ここは状況がわるく、すぐに移動を決断。またもとの場所へ戻ります。

もともと釣れていた場所なので、少しポイントをやすめていたことも
良かったか、終了までずっと釣れ続きました。

コマセがなくなってしまったので納竿となり、イサキ50匹・メジナ1枚と大満足の結果となりました。


コメント
2024年06月19日 福井県 その他船釣り釣果情報
タグ: 福井県  船テンビンK型  イサキ  ゴムヨリトリ 
釣行日

2024年6月16日(日)  

釣場
小浜沖 水深70mライン(幸翔丸
時間

13:30~23:00(イサキ→イカリレー便)  

釣果

イサキ 15匹 

使用タックル

ロッド DAIWA LEADING XA 46 205Ⅰ
リール SEABORG 300JL 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
澤田 正(サワダ タダシ) 

担当店舗の店長より、お誘いいただき小浜に行ってきました。
今回は、幸翔丸さんからイサキとイカのリレー便で楽しんできました。

航程50分くらいの場所からスタート。
船長の指示棚は15m。
私は、潮の流れの関係でちょっと難しい感じです。
船長からも、右舷は釣れるけど左舷は厳しいなとポツリ。
確かに前回の釣行時よりも難しい感じです。
やはり状況が良くないので、場所を移動。
今度は、指示棚が35-40m。

船長から、コマセを撒いてからジックリとまっている方が
良いとアドバイスがあったので、その通り、狙っていると
アタリがあり、良型のイサキをキャッチ。

ここからは、ダブルが狙えるような状況ではなかったけど
順調にイサキをキャッチ。小型は混じらず、ほとんどが30㎝級。

イカ釣りとのリレーだったので、日没が近くなってきたところで
終了。最終的に15匹とまずまずでした。
しばらくぶりに釣座による釣果の差を実感した釣りになりました。

小浜のイサキは今季人気急上昇です。
これからがベストシーズンなので、また行ってきます。
イカも好調気配なので、オススメです。


コメント
2024年05月24日 福井県 その他船釣り釣果情報
タグ: 福井県  船テンビンK型  イサキ  ゴムヨリトリ 
釣行日

2024年5月23日(木)  

釣場
小浜沖 水深50-70mライン(幸翔丸
時間

7:00~14:30  

釣果

イサキ44匹 

使用タックル

ロッド alphatackle ALPHA SONIC PG73 210MH
alphatackle 海人イサキ190H
alphatackle SHIBUKI F200
リール DAIWA SEABORG 300JL
DAIWA LEOBRITZ500JP
DAIWA ZILLION 1516SH 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
澤田 正(サワダ タダシ) 

小浜からイサキに挑戦してきました。小浜では、夜イカとリレーでの出船もありますが
この日はイサキ専門となります。

航程1時間ほどのポイントからスタート。
船長からの事前情報では、潮の流れがなく、厳しい展開になりそうとのこと。

さてどうでしょう。1投目は船長の指示棚が40-50mだったので、40mラインを
狙ってみると、幸先良くアタリがあり、無事にキャッチ。

潮の流れは緩いようですが、良い反応があるようで、同じ棚で釣れます。
とはいっても、追い食いを狙ってダブルができるような状況でも
なく、1匹づつポツポツと釣れ続きます。

船内を見回してみると、皆さん同じように釣っていますが、
アタリの間隔が長くなってきたので、移動を決断。

次のポイントも船長の指示棚は40mくらい。ここでも、すぐにアタリがあり
同じように釣れます。

この日は、船長の指示棚で置竿で待つという釣り方が良かったです。
船長も、コマセをポロポロだしながらジックリ待つイメージで釣るとよいとアドバイスが
ありその通りでした。

仕掛の長さやハリスの太さを変えながら、釣りを楽しみ、最終的に44匹と
大満足の釣果となりました。

数あるターゲットの中でも大好きなイサキ。今が旬なのでまた挑戦してみたいと
思います。


コメント
2024年05月13日 福井県 その他船釣り釣果情報
タグ: 福井県  船テンビンK型  イサキ  カサゴ  ゴムヨリトリ 
釣行日

2024年5月12日(日)  

釣場
小浜沖 水深30-70mライン(雲丸)
時間

8:00~16:00  

釣果

イサキ29匹 カサゴ2匹 アヤメカサゴ3匹 

使用タックル

ロッド DAIWA LEADING XA64 190Ⅲ
リール DAIWA SALTIGA 15H
 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
澤田 正(サワダ タダシ) 

前回、本命のイサキが釣れなかったので、雲丸さんの晩酌三昧便に
再挑戦してきました。

今回は、前回と違い雨模様だったことから、出船している船も
少ない状況で期待が持てます。

航程約1時間のポイントからスタート。前回よりも、水深が浅い場所からの
スタートです。反応もばっちりあるようで、開始直後から船中では
あたりがあります。私にもすぐにアタリがあり良型のイサキをゲット。
これで一安心。

船長から釣れている棚・反応が良い棚のアナウンスがあるので
参考にしながら釣りをしていると、順調に釣れました。

場所を移動しながら、納竿までポツポツと釣れ最終的に
29匹とまずまずでした。ダブルやトリプルもありました。

晩酌三昧便は、エサ釣りだけでなく、バチコン・ジギング・タイラバなど
釣り人の好みに合わせて釣りができる企画なので、私はサバ餌で
根魚を狙ってみました。イサキの釣況が良かったので、わずかな
時間でしたが、カサゴなどが釣れ楽しかったです。


コメント
2023年07月11日 和歌山県 その他船釣情報
タグ: はずしっこⅢ  和歌山県  イサキ 
釣行日

2023年7月7日(金)  

釣場

日御碕沖 水深50mライン(共栄丸

時間

4:00~11:00  

釣果

イサキ49匹 

使用タックル

 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
澤田 正(サワダ タダシ) 

シーズン終盤となっても好調キープの和歌山 日御碕沖のイサキに挑戦してきました。

今回は、日御碕沖が今回の釣場です。
狙っているエリアはトフと呼ばれており、ジャンボイサキの実績も高いポイントとのこと。

和歌山のイサキは、アンカーで船を固定しての釣りとなり、剣崎沖や大原沖のように
ライトなタックルではなく、鉄仮面(コマセカゴです。)の重さは120号と東京湾のアジビシの
ようにヘビーなタックルです。

船長の指示棚は、底から5-15mでしたので、だいたい35-45mくらいの
水深を探る感じになります。

釣りを開始してすぐに、鋭いアタリがあり、慎重に巻き上げてくると
35㎝級の良型イサキ。

マズメ時がチャンスなので、誘い方や棚を色々試しながらアタリが多いところを
みつけながら釣りをしていると、これまでのよりも明らかに大きなアタリ
があり、イサキらしい強い引きを楽しんでいると、なんと30㎝オーバーばかりで
トリプル。こんなのしばらくぶりです。

ここからは、順調に釣れていきますが、ダブルやトリプルで釣れるような
ペースではなく、1匹づつ釣っていく感じです。

日が高くなってくると、ソーダガツオの猛攻にあい、仕掛がなかなか
棚まで落ちなくなってきて、釣れるペースも落ちてきました。

それでも、飽きない程度に釣れ続けて、49匹で終了。
最大は40cmだったので、大満足の釣行となりました。

船釣りをはじめてからずいぶんと時間がたちましたが、
生まれて初めて行ったコマセ釣がイサキ釣りです。
そんな縁もあって、毎年楽しみにしている釣りでもあります。
和歌山でのシーズンはほぼ終盤ですので、次回は来年かな。

ライトタックル全盛の関東とは全く違う、和歌山のイサキ、機会が
あったら是非挑戦してください‼


コメント
2023年06月08日 神奈川県その他船釣り 釣果情報
タグ: 神奈川県  イサキ  イサキ仕掛 
釣行日

2023年6月4日(日)  

釣場
剣崎沖 (育丸
時間

5:30∼12:00  

釣果

イサキ42匹 

使用タックル

ロッド SIMANO ライトゲームBB 73MH185
リール SHIMANO バルケッタBB 300PG
ライン SHIMANO グラップラー8 2号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
小嶋 豪太(コジマ ゴウタ) 

旬の美味しい魚を求めて剣崎へ。
日曜日に仕立て専門、育丸さんから解禁して間もない剣崎沖のイサキ釣りに行ってきました。

前々日に線状降水帯が関東を襲った影響で出船できるかどうか微妙な所でしたが、どうにか海況、天気共に回復し出船できる事となりました。

港を出てからはゆったり船を走らせるも、5時半になると松輪港や間口港等からやってきた船がポイント目掛けて一斉に全力スタート🏃
もはや名物です。

ポイントに到着すると心配していた波やうねりもほぼ無く走水沖の太刀魚船団を彷彿とさせる、、いやそれ以上に近い距離で形成される大船団が出来上がりました。

棚は18m〜13mと指示され仕掛けを下ろします。3本針の上2つはウィリー、1番下は空針にオキアミをつけたオーソドックスな仕掛けで挑みます。

ビシを下げすぎるとイサキが警戒してしまい、渋くなるという事と、前日にデカいイサキは上の方にいるから狙ってみるといいよーという先輩からアドバイスを頂いたので、指示棚1.5m上の16.5mまで落とし、そこから食わせの間をほぼ入れず14mまでしゃくり上げて待つ。来なければもう1mしゃくる、、という誘いを試します。

狙い通り朝イチはほぼ入れ食い状態&30㎝クラスが乱舞するというフィーバータイム🪅
すぐにでも齧り付きたくなるほど肉厚で、よく肥えており今年も剣崎沖のイサキは良い仕上がりを魅せてくれました。

時間が経つと徐々に渋くなり入れ食いは終了、それと同時に大雨の影響と思われる泥水が流れてやってきました。
潮も早く仕掛けを斜めに引いてくる釣りになり少々釣りづらかったですが、魚が掛かれば潮の抵抗がプラスされ良い引きを堪能させてくれます(笑)

上棚まで誘って置竿にしておくとポツポツと釣れてくれて、終了まで快適な船釣りを楽しませてくれました👍

やはりアタリが多い釣りは面白い!!
終わってみれば42匹。中盤以降はアベレージサイズ以下を全てリリースしていてこの数ですので剣崎沖解禁初戦は大満足!!

下船後船宿で女将さんが振舞ってくれた育丸ラーメンが疲れた身体に沁みる一杯でした🍜


コメント
2019年05月31日 和歌山県 船釣情報
タグ: 和歌山県  イサキ  船テンビンK型  はずしっこⅢ 
釣行日

2019年5月25日(土)  

釣場
時間

5:00~12:30  

釣果

イサギ 20cm~40㎝ 40匹 

使用タックル

ロッド:Daiwa タチウオX180
リール:Shimano フォースマスター401
ライン:Shimano タナトル4 #4 

使用アイテム

イサギマダイ仕掛

船天秤K型

はずしっこⅢ

記入者

ヤマシタスタッフ
櫻井 亮太 

中紀のイサギ釣りが好調ということでいってきました。

今回イサギ釣りは初挑戦!コマセの船釣りは関西で初めてです。

ポイントは港を出て10分ほどの近場、餌はアミコマセと付け餌は沖アミです。

船長の指示棚までおとしてシャクって餌とコマセを同調させるようにイメージしていると、

冴え先良く1投目からプルプルとHIT♪

船長のアドバイスでそこで合わせずに、5mほどゆっくり手巻きで巻いてから電動で回収するとよいとの事。

巻きはじめをゆっくりすることで、追い食いを狙えるようです。

1匹目から35㎝ほどのBIGイサギでした‼まわりでも次々とイサギが上がります!

ウイリー仕掛で最後だけがカラ針なので手返し良く狙って行けます。

この朝一の流しが30~40㎝級の良型がいくつも上がり大興奮でした。

日が上がるにつれて、釣れサイズは少し小さくなりましたが、今度は一荷で上がってくることが多くなり数が稼げました!

外道で良型のアジやサバも混じります。

ただ、中層でたまにソーダカツオが仕掛を持っていくことがあり、この時はトラブル回避のために電動最速で回収しなければなりません!

オマツリ回避ですね。

船長のお話では6月いっぱいまでイサギは釣れるそうです。

また食べたくなったら行こうと思います‼


コメント
2015年07月29日 神奈川県船釣り情報
タグ: 神奈川県  イサキ 
釣行日

2015年7月26日(日)  

釣場

神奈川県三浦市松輪 大松丸

時間

5時00分~12時30分  

釣果

イサキ 15~22cm 32匹 

使用タックル

ロッド:DAIWA リーディング73 M-200
リール:DAIWA It's ICV 150WL
ライン:PE1.5号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
兵動 太一 


マルイカの魅力に取り憑かれたこの夏ですが、たまには魚も食べたいと思い立ち、剣崎沖のライトイサキ釣りへ行ってきました。
台風の影響が心配でしたが、晴天べた凪の釣り日和!
また、潮もイサキにピッタリの程良い濁り具合で期待が高まります。
ポイントの指示棚は20〜13m。
50センチ刻みで下から細かくシャクり上げながらてくると、一投目からヒット!小型ながら本命をゲットし、幸先の良いスタートを切ります。
その後も続くかと思いきや、ゲストが多く、なかなかイサキが口を使ってくれません。少し浮くとマルソウダ。少し沈むとネンブツダイ。

指示棚の中でもピンポイントに合わせないとなかなか本命が食ってこない難しさが、この釣りの楽しさなのかもしれません。
それでも上手くイサキのいるタナに入ると、連発、ダブルヒットも!
後半はアタリこそ多くなったものの、食べる所のないウリンボばかりでリリース、キープサイズはたまに混じる程度。
結果32匹と数はまずまずでしたが、良型は1匹も出ませんでした。
しかし、剣崎の豊富な餌と激流に育てられたイサキは、小さくとも上質な脂がノリノリ!
今まで食べたイサキの中で間違いなく一番美味しい、絶品の味わいでした!


コメント