ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2024年4月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

アーカイブ

2024年04月(5)
2024年03月(4)
2024年02月(26)
2024年01月(13)
2023年12月(12)
2023年11月(21)
2023年10月(42)
2023年09月(13)
2023年08月(25)
2023年07月(19)
2023年06月(31)
2023年05月(24)
2023年04月(9)
2023年03月(11)
2023年02月(13)
2023年01月(20)
2022年12月(11)
2022年11月(17)
2022年10月(16)
2022年09月(2)
2022年08月(9)
2022年07月(28)
2022年06月(5)
2022年05月(22)
2022年03月(6)
2022年02月(29)
2022年01月(7)
2021年12月(3)
2021年11月(8)
2021年10月(6)
2021年03月(1)
2021年01月(8)
2020年12月(16)
2020年11月(16)
2020年10月(24)
2020年09月(26)
2020年08月(22)
2020年07月(27)
2020年06月(2)
2020年04月(1)
2020年03月(26)
2020年02月(18)
2020年01月(26)
2019年12月(22)
2019年11月(33)
2019年10月(28)
2019年09月(22)
2019年08月(19)
2019年07月(32)
2019年06月(20)
2019年05月(29)
2019年04月(13)
2019年03月(18)
2019年02月(17)
2019年01月(21)
2018年12月(17)
2018年11月(30)
2018年10月(46)
2018年09月(30)
2018年08月(23)
2018年07月(9)
2018年06月(24)
2018年05月(37)
2018年04月(14)
2018年03月(44)
2018年01月(7)
2017年12月(13)
2017年11月(14)
2017年10月(10)
2017年09月(20)
2017年08月(5)
2017年07月(7)
2017年06月(9)
2017年05月(16)
2017年04月(3)
2017年03月(9)
2017年02月(3)
2017年01月(8)
2016年12月(3)
2016年11月(8)
2016年10月(7)
2016年09月(6)
2016年08月(4)
2016年06月(3)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(6)
2016年02月(4)
2016年01月(6)
2015年12月(10)
2015年11月(10)
2015年10月(22)
2015年09月(10)
2015年08月(14)
2015年07月(10)
2015年06月(20)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(10)
2015年02月(8)
2015年01月(13)
2014年12月(5)
2014年11月(24)
2014年10月(23)
2014年09月(36)
2014年08月(15)
2014年07月(16)
2014年06月(17)
2014年05月(29)
2014年04月(19)
2014年03月(15)
2014年02月(7)
2014年01月(5)
2013年12月(9)
2013年11月(14)
2013年10月(19)
2013年09月(16)
2013年07月(13)
2013年06月(14)
2013年05月(14)
2013年04月(10)
2013年03月(2)
2013年02月(10)
2013年01月(2)
2012年12月(6)
2012年11月(6)
2012年10月(16)
2012年09月(5)
2012年08月(10)
2012年07月(22)
2012年06月(18)
2012年05月(37)
2012年04月(8)
2012年03月(10)
2012年02月(21)
2012年01月(4)
2011年12月(12)
2011年11月(39)
2011年10月(31)
2011年09月(15)
2011年08月(30)
2011年07月(20)
2011年06月(29)
2011年05月(37)
2011年04月(10)
2011年03月(2)
2011年02月(14)
2011年01月(15)
2010年12月(32)
2010年11月(50)
2010年10月(78)
2010年09月(54)
2010年08月(35)
2010年07月(12)
2010年06月(13)
2010年05月(30)
2010年04月(28)
2010年03月(1)

タグ

LPタコ・オーロラ(8)
LPタコ・オーロラ(1)
YHビーズ(9)
アオリイカ(462)
アオリエギング(227)
アカイカ(5)
アカハタ(3)
アカムツ(56)
アカムツ仕掛(10)
アカメフグ(2)
アコウ(2)
アジ(36)
アジビシ仕掛(2)
アッパー(14)
アッパー95(1)
アブラボウズ(2)
アマダイ(14)
アマダイ仕掛(12)
イカ釣ヨリトリング(5)
イカ釣りプロサビキ(3)
イカ用中オモリ(6)
イサキ(5)
イサキ仕掛(6)
イシダイ(2)
イトヨリ(2)
イナダ(3)
エギーノぴょんぴょんサーチ(30)
エギーノもぐもぐサーチ(2)
エギング(19)
エギ王(10)
エギ王K(256)
エギ王KシャローリーフSP(3)
エギ王Kネオンブライト(7)
エギ王K黒潮SP(1)
エギ王LIVE(53)
エギ王LIVEサーチ(19)
エギ王LIVEネオンブライト(16)
エギ王MH(2)
エギ王Q(5)
エギ王QLIVE(29)
エギ王QLIVEサーチ(24)
エギ王Q光宮(2)
エギ王SEARCH(33)
エギ王TR(118)
エギ王TRサーチ(10)
エギ王TRシンカー(40)
エギ王チューンヘッド(2)
エサダマ(10)
エサ巻きテーラ(3)
おっぱいスッテ(78)
おっぱいスッテメタル(3)
オニカサゴ(5)
カサゴ(8)
カツオ(11)
カラフル針(2)
カワハギ(30)
カワハギ仕掛(10)
カワハギ集寄DX(3)
キス(5)
キステンビンK型(4)
キハダ(3)
キラッと針(2)
キンメダイ(5)
クリーンビシ(2)
ケンサキイカ(137)
コウイカ(6)
ゴムヨリトリ(18)
ササイカ(10)
サバ(7)
シイラ(6)
シマアジ(2)
シャクリシンカーⅡ(3)
ショウサイフグ(9)
シリヤケイカ(4)
シロイカ(2)
シロギス(5)
スミイカ(3)
スルメイカ(12)
タイラバ(5)
タコ(16)
タコエギシンカー(2)
タチウオ(197)
タチウオ針(12)
チイチイイカ(24)
チビイカ(7)
チビエビ(8)
チビトト(28)
ツツイカエギング(6)
ツバス(2)
ティップランエギング(7)
ととスッテ(4)
ナオリー(109)
ナオリーおっぱいスッテ(6)
ナオリーサイトハンター(8)
ナオリーレンジハンター(72)
ニュークロー(7)
はずしっこⅢ(23)
パニックベイト(27)
パニックベイトアコウ(14)
パニックベイトオニカサゴ(8)
パニックベイトタチウオ(4)
パニックベイトメバル(2)
パニックベイト根魚(12)
ヒイカ(14)
ピッカピカ針(19)
ピッカピカ針5(4)
ヒラメ(4)
ベイカ(6)
ベニアコウ(9)
ボートエギング(38)
マイカ(13)
マゴチ(3)
マシュマロボール(65)
マダイ(25)
マダコ(6)
マルイカ(38)
ムギイカ(19)
メバル(2)
モンゴウイカ(2)
ヤマワーム(2)
ヤリイカ(42)
ライトアジ(19)
ライトアジ仕掛(26)
ライトエギング(30)
ライトテンビン(10)
ライトビシ(2)
ライトヒラメ仕掛け(3)
ワラサ(4)
愛知県(8)
愛媛県(10)
茨城県(3)
餌木ドロッパー(30)
遠投マウスⅡ(2)
岡山県(2)
沖縄県(2)
海上釣堀セット マダイ(2)
竿やすめ船Ⅱ(9)
岩手県(1)
京都府(3)
熊本県(1)
広島県(55)
佐賀県(54)
三重県(11)
山口県(27)
鹿児島県(10)
秋田県(1)
神奈川県(666)
須磨沖(4)
水平ドロッパー(8)
錘スッテ(52)
静岡県(64)
石川県(2)
千葉県(49)
船イカ(7)
船カサゴ仕掛(2)
船テンビンK型(45)
船テンビンY型(29)
相模湾(4)
太刀魚テンヤ(2)
鯛歌舞楽(13)
鯛歌舞楽 波動ベイト(3)
鯛乃玉(6)
大阪府(47)
大分県(12)
長崎県(72)
鳥取県(20)
島根県(10)
東京都(7)
東京湾(6)
徳島県(2)
波動ベイト(4)
富山県(3)
浮スッテ(5)
福井県(34)
福岡県(53)
福島県(2)
兵庫県(34)
猛光太刀魚テンヤ(12)
猛光太刀魚テンヤ船(12)
猛光太刀魚テンヤ波止(38)
猛追太刀魚テンヤ船(89)
目玉シンカー(19)
陸釣り(71)
和歌山県(26)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom
3件のページが該当しました。
2022年07月13日 富山県 その他船釣り釣果情報
タグ: 富山県  アカムツ  パニックベイト 
釣行日

2022年7月4日(月)  

釣場
富山県 強神丸
時間

5:00~12:00  

釣果

アカムツ13匹
サバ1匹 

使用タックル

タックル ロッド ショートアーム100-180
リール ビーズトマスター3000XS 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
藤倉育聡 

初の富山アカムツ釣行に行ってきました!
関東では10釣行行くも1匹のみと自分の中では幻の魚となっているアカムツですが、富山では数釣りができるとのことで期待しながらの出船。
最初に驚かされたのはポイントまで10分と驚異的な近さ!富山湾特有のすり鉢状の地形で深場が隣接しているとのこと。

水深150前後で、オモリの号数も100号とライトウエイト!
ポイントに付き一流し目にいきなり同船者にヒット!
釣れた人の仕掛けに合わせ針の号数を小さくし、3本針から2本針の仕掛けに変更し餌もホタルイカ単体からサバ短とホタルイカの抱き合わせに変更。
着底しゼロテンションで待っているとゴンと鋭いアタリがあり上げている最中も定期的にくる首振りが手元に強く伝わり楽しかったです!
人生で2匹目のアカムツをゲットできました!
 

1流しで投入は何度でもしていいとのことなので、餌を付けなおしサイドそこでゼロテンションで待つとアタリがありすぐにもう一匹追加!
船中誰かしら竿が曲がっているような状況で釣れ続き終わってみれば船中77匹とアカムツの釣果とは思えない釣果で、自分も連発もあり13匹と爆釣を味わえました!
究極の美味のアカムツ寝かして美味しくいただきたいと思います!


コメント
2022年03月14日 富山県船イカ釣果情報
タグ: 富山県  スルメイカ  ピッカピカ針5 
釣行日

2022年3月9日(水)  

釣場
富山県富山湾 富山新港 金剛丸
時間

5:00~13:30  

釣果

スルメイカ30杯 

使用タックル

ロッド アルファタックル ショートアーム 120-150
リール シマノ フォースマスター3000
ライン PE3号
オモリ フジワラ スカリー150号 

使用アイテム

ピッカピカ針5 18-1T、14-1T 

 キラっと針 14-1T、
イカ釣ヨリトリング L、
イカ用中オモリ15号、
イカ仕掛巻等

記入者

ヤマシタスタッフ
若山義親 

シーズンインが大幅に遅れた、富山湾の寒スルメに初挑戦しました。
今季はヤリイカの釣り初めが遅れ、尚且つスルメイカの群れも薄かった様で、
本格的になったのは2月に入ってからで、シーズン的には中盤戦といった処。
地元ではさかな針KA等の2段針を使用するお客様が多いとの事だが、
事前にサバが早くから入っている情報もあったので、練習中の直結10本からスタート。
近場から攻める予定が、イカ釣り漁師さん達も近場を諦め東に向かっており、
能登島手前までクルージング後に1投目。


水深は130~150m程度で、場所を動きながら数投目の投入で着ノリ。
周りのブランコで狙っている方はサバに邪魔され、オマツリもかなり連発。
数投していると下から4本目までの1~2杯しか乗っていない事に気が付き、
オマツリも多い事もあったので半分の5本針にして、着底後に中オモリの重さを利用して1mちょっと送り込み、
スローな巻き上げで乗せて行く様なパターンで1~3杯程度の乗りが続いた。
地元ではムギと呼ばれる、ニセイカ程度の型がメインではあるが、ポツポツと移動する度に釣れ、
群れが多い時は20分程度流せるときも数回あったが、
船長によると本日は非常にイカがシビアで釣果はかなり悪かったとの話。
結果、周りのお客様と直結の誘い方等を教えながらも、胴の間で飽きない程度に釣れ続けさせて頂いた。
帰港後、ミヨシやトモのベテラン常連さんは90杯程度獲ったとの話だったので、
今後も機会があれば修行に行きたいと思いました。
当日はイカが浮かずに、ほぼ底から5mまでの釣りとなったが、関東の様に中層に浮く事もあるそうなので
、サバが早くから入っている富山湾は、太平洋岸とは異なり、ほぼベタ凪でウネリ無しの日も多いので、
初心者でも直結仕掛で数釣りが可能な貴重なフィールドかと思いますので、皆様も良かったらチャレンジしてください。


コメント
2015年10月20日 富山県ボートエギング釣果情報
タグ: 富山県  エギ王TR  アオリイカ 
釣行日

2015年10月18日(日)  

釣場

富山県 富山湾

時間

8:30~14:00  

釣果

アオリイカ  7杯 

使用タックル

ロッド:オーシャンソード 65ML / ナイトフィーバー68UL
リール:10ステラ2500HGS 
ライン:アバニ エギングPE Tip Run 0.6号
リーダー: ブラックストリーム2号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタ スタッフ
橋本 和也 


エギ王TR実釣3回目は富山の金剛丸さんにお世話になってきました。
今のところ2回はオデコ無しで、釣果も安定しており、ここ1週間ほどで更に渋くなっている富山湾とはいえ、
確実に釣果を出せると確信しての釣行です。
左舷に8人乗りましたが、私の釣り座はミヨシの方から4番目と、トモ・ミヨシのどちらかからポイントに入った場合、
イカに対して最初のアピールはし難いポジション。
当日は、底が見えるようなシャローエリア~50m超のディープエリアまでやりましたが、風・流れ共に弱く、
バーチカルの釣りになるケースも多かったです。
3流しくらいしてからでしょうか。来ました!船中ファーストヒット!ヒットエギはエギ王TR30gのN02MKN(マジカルコノシロ)です。
その後もカラーローテ-ションしながら、ポツポツ拾い釣り。
アタリが遠のいてきたとき、先週、谷花氏がLIVEでアオリイカを寄せてから、エギ王Kやエギ王TRで抱かせるというローテションで釣果を出したことを
思い出し、LIVEサーチN02 AJK(アジ)+TRシンカー10g Oで小刻みシャクリ、ラトル音で広範囲からイカを寄せる作戦に。
ポイントと潮のタイミングもあったのでしょうが、隣のアングラーの回収してきたエギに数杯のアオリイカが!
その直後、私のエギに2連続ヒット。
終わってみれば、7杯の釣果。トモのアングラ-のヒット率も高かったですが、それ以外のお客様は1人3杯以下の釣果。
ただ、アオリイカは沢山いたでしょうし、抱かしきれなかった個体がいたのは間違いありません。
隣のアングラーのエギについてくるアオリイカをサイトで確認しましたが、エギがアクションを起こして、数杯のアオリイカが反応し、寄ってきますが、エギを抱きません。
そのまま流れても、抱かずにエギを見たまま付いてきます。これが富山湾の釣りであり、今季の渋いアオリイカ釣りのヒントにもなると思います。
その見ているアオリイカをエギに抱かせるにはどうしたら良いのか。

エギをステイさせる時間が長い=アオリイカにエギを見せる時間が長いほど、
エギを長い時間安定させ続ける必要があります。

そんな状況はエギ王TRが力を発揮する場面の一つです。


コメント