ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2024年4月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

アーカイブ

2024年04月(5)
2024年03月(4)
2024年02月(26)
2024年01月(13)
2023年12月(12)
2023年11月(21)
2023年10月(42)
2023年09月(13)
2023年08月(25)
2023年07月(19)
2023年06月(31)
2023年05月(24)
2023年04月(9)
2023年03月(11)
2023年02月(13)
2023年01月(20)
2022年12月(11)
2022年11月(17)
2022年10月(16)
2022年09月(2)
2022年08月(9)
2022年07月(28)
2022年06月(5)
2022年05月(22)
2022年03月(6)
2022年02月(29)
2022年01月(7)
2021年12月(3)
2021年11月(8)
2021年10月(6)
2021年03月(1)
2021年01月(8)
2020年12月(16)
2020年11月(16)
2020年10月(24)
2020年09月(26)
2020年08月(22)
2020年07月(27)
2020年06月(2)
2020年04月(1)
2020年03月(26)
2020年02月(18)
2020年01月(26)
2019年12月(22)
2019年11月(33)
2019年10月(28)
2019年09月(22)
2019年08月(19)
2019年07月(32)
2019年06月(20)
2019年05月(29)
2019年04月(13)
2019年03月(18)
2019年02月(17)
2019年01月(21)
2018年12月(17)
2018年11月(30)
2018年10月(46)
2018年09月(30)
2018年08月(23)
2018年07月(9)
2018年06月(24)
2018年05月(37)
2018年04月(14)
2018年03月(44)
2018年01月(7)
2017年12月(13)
2017年11月(14)
2017年10月(10)
2017年09月(20)
2017年08月(5)
2017年07月(7)
2017年06月(9)
2017年05月(16)
2017年04月(3)
2017年03月(9)
2017年02月(3)
2017年01月(8)
2016年12月(3)
2016年11月(8)
2016年10月(7)
2016年09月(6)
2016年08月(4)
2016年06月(3)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(6)
2016年02月(4)
2016年01月(6)
2015年12月(10)
2015年11月(10)
2015年10月(22)
2015年09月(10)
2015年08月(14)
2015年07月(10)
2015年06月(20)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(10)
2015年02月(8)
2015年01月(13)
2014年12月(5)
2014年11月(24)
2014年10月(23)
2014年09月(36)
2014年08月(15)
2014年07月(16)
2014年06月(17)
2014年05月(29)
2014年04月(19)
2014年03月(15)
2014年02月(7)
2014年01月(5)
2013年12月(9)
2013年11月(14)
2013年10月(19)
2013年09月(16)
2013年07月(13)
2013年06月(14)
2013年05月(14)
2013年04月(10)
2013年03月(2)
2013年02月(10)
2013年01月(2)
2012年12月(6)
2012年11月(6)
2012年10月(16)
2012年09月(5)
2012年08月(10)
2012年07月(22)
2012年06月(18)
2012年05月(37)
2012年04月(8)
2012年03月(10)
2012年02月(21)
2012年01月(4)
2011年12月(12)
2011年11月(39)
2011年10月(31)
2011年09月(15)
2011年08月(30)
2011年07月(20)
2011年06月(29)
2011年05月(37)
2011年04月(10)
2011年03月(2)
2011年02月(14)
2011年01月(15)
2010年12月(32)
2010年11月(50)
2010年10月(78)
2010年09月(54)
2010年08月(35)
2010年07月(12)
2010年06月(13)
2010年05月(30)
2010年04月(28)
2010年03月(1)

タグ

LPタコ・オーロラ(8)
LPタコ・オーロラ(1)
YHビーズ(9)
アオリイカ(462)
アオリエギング(227)
アカイカ(5)
アカハタ(3)
アカムツ(56)
アカムツ仕掛(10)
アカメフグ(2)
アコウ(2)
アジ(36)
アジビシ仕掛(2)
アッパー(14)
アッパー95(1)
アブラボウズ(2)
アマダイ(14)
アマダイ仕掛(12)
イカ釣ヨリトリング(5)
イカ釣りプロサビキ(3)
イカ用中オモリ(6)
イサキ(5)
イサキ仕掛(6)
イシダイ(2)
イトヨリ(2)
イナダ(3)
エギーノぴょんぴょんサーチ(30)
エギーノもぐもぐサーチ(2)
エギング(19)
エギ王(10)
エギ王K(256)
エギ王KシャローリーフSP(3)
エギ王Kネオンブライト(7)
エギ王K黒潮SP(1)
エギ王LIVE(53)
エギ王LIVEサーチ(19)
エギ王LIVEネオンブライト(16)
エギ王MH(2)
エギ王Q(5)
エギ王QLIVE(29)
エギ王QLIVEサーチ(24)
エギ王Q光宮(2)
エギ王SEARCH(33)
エギ王TR(118)
エギ王TRサーチ(10)
エギ王TRシンカー(40)
エギ王チューンヘッド(2)
エサダマ(10)
エサ巻きテーラ(3)
おっぱいスッテ(78)
おっぱいスッテメタル(3)
オニカサゴ(5)
カサゴ(8)
カツオ(11)
カラフル針(2)
カワハギ(30)
カワハギ仕掛(10)
カワハギ集寄DX(3)
キス(5)
キステンビンK型(4)
キハダ(3)
キラッと針(2)
キンメダイ(5)
クリーンビシ(2)
ケンサキイカ(137)
コウイカ(6)
ゴムヨリトリ(18)
ササイカ(10)
サバ(7)
シイラ(6)
シマアジ(2)
シャクリシンカーⅡ(3)
ショウサイフグ(9)
シリヤケイカ(4)
シロイカ(2)
シロギス(5)
スミイカ(3)
スルメイカ(12)
タイラバ(5)
タコ(16)
タコエギシンカー(2)
タチウオ(197)
タチウオ針(12)
チイチイイカ(24)
チビイカ(7)
チビエビ(8)
チビトト(28)
ツツイカエギング(6)
ツバス(2)
ティップランエギング(7)
ととスッテ(4)
ナオリー(109)
ナオリーおっぱいスッテ(6)
ナオリーサイトハンター(8)
ナオリーレンジハンター(72)
ニュークロー(7)
はずしっこⅢ(23)
パニックベイト(27)
パニックベイトアコウ(14)
パニックベイトオニカサゴ(8)
パニックベイトタチウオ(4)
パニックベイトメバル(2)
パニックベイト根魚(12)
ヒイカ(14)
ピッカピカ針(19)
ピッカピカ針5(4)
ヒラメ(4)
ベイカ(6)
ベニアコウ(9)
ボートエギング(38)
マイカ(13)
マゴチ(3)
マシュマロボール(65)
マダイ(25)
マダコ(6)
マルイカ(38)
ムギイカ(19)
メバル(2)
モンゴウイカ(2)
ヤマワーム(2)
ヤリイカ(42)
ライトアジ(19)
ライトアジ仕掛(26)
ライトエギング(30)
ライトテンビン(10)
ライトビシ(2)
ライトヒラメ仕掛け(3)
ワラサ(4)
愛知県(8)
愛媛県(10)
茨城県(3)
餌木ドロッパー(30)
遠投マウスⅡ(2)
岡山県(2)
沖縄県(2)
海上釣堀セット マダイ(2)
竿やすめ船Ⅱ(9)
岩手県(1)
京都府(3)
熊本県(1)
広島県(55)
佐賀県(54)
三重県(11)
山口県(27)
鹿児島県(10)
秋田県(1)
神奈川県(666)
須磨沖(4)
水平ドロッパー(8)
錘スッテ(52)
静岡県(64)
石川県(2)
千葉県(49)
船イカ(7)
船カサゴ仕掛(2)
船テンビンK型(45)
船テンビンY型(29)
相模湾(4)
太刀魚テンヤ(2)
鯛歌舞楽(13)
鯛歌舞楽 波動ベイト(3)
鯛乃玉(6)
大阪府(47)
大分県(12)
長崎県(72)
鳥取県(20)
島根県(10)
東京都(7)
東京湾(6)
徳島県(2)
波動ベイト(4)
富山県(3)
浮スッテ(5)
福井県(34)
福岡県(53)
福島県(2)
兵庫県(34)
猛光太刀魚テンヤ(12)
猛光太刀魚テンヤ船(12)
猛光太刀魚テンヤ波止(38)
猛追太刀魚テンヤ船(89)
目玉シンカー(19)
陸釣り(71)
和歌山県(26)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom
12件のページが該当しました。
2022年03月14日 神奈川県船イカ 釣り釣果情報
タグ: 神奈川県  スルメイカ  ヤリイカ  船イカ 
釣行日

2022年3月12日 (土)  

釣場
神奈川県横浜市 金沢八景 一之瀬丸
時間

7:00~14:30  

釣果

ヤリイカ 1匹 18 cm
スルメイカ 4匹 25 cm 

使用タックル

ロッド – AbuGarcia KUROFUNE YARI IKA KYIC-170MH
リール – DAIWA HYPER TANACOM 500Fe
ライン – PE 4号 

使用アイテム

イカ釣りプロサビキ P5T 14-1

ピッカピカ針5 14㎝

イカ用中オモリ15号

イカ釣ヨリトリング

記入者

ヤマシタスタッフ
余田 昂彌 

金沢八景の一之瀬丸さんからヤリ・スルメイカ船に乗ってきました。
最近の好釣果により人気で、3隻出しの片舷10人で満員です。
洲崎沖まで1時間弱走って、船団に合流しスタート。
まずは直結仕掛けを使ってみます。
水深170 m で指示ダナは140 m から下です。
船長から、「オモリを底まで落とさずにタナの上から探りつつ落とし込んでいかないと乗らないよ~。」
とアナウンスがあり、それに従います。
1投目、周りでスルメイカの3点掛けなどがあがります。
ここでは乗り遅れましたが2投目、3投目でスルメイカを1匹ずつ確保。
しかし一番下の針に付いており追い乗りは望めず、、
続いて2匹追加しますがこれも単発の拾い釣りです。
日が昇り徐々に乗りが落ち着き始めたところでブランコ仕掛けに切り替えます。
ポイントも5分ほど走って少し沖に移動。
ここからは速い二枚潮で1流し1投です。
今度は底まで落としてから誘い上げてみての指示でシャクっていきます。
周りをみると小型のヤリイカが優勢のようです。
アタリの間に合わせてシャクると乗りを確認!
巻き上げますがマダイがいるようで食べられてしまいました。
再び掛けて今度はヤリイカ2点掛けでしたが、オマツリしている間にバレてしまいました。
再び朝のポイントに戻りますがいまいちアタリを取れず、気付けば最後の流しに。
今日の集大成と思って頑張ると、小ぶりでしたがなんとかヤリイカが釣れました。
総合的にみると撃沈なので精進します。


コメント
2022年03月14日 富山県船イカ釣果情報
タグ: 富山県  スルメイカ  ピッカピカ針5 
釣行日

2022年3月9日(水)  

釣場
富山県富山湾 富山新港 金剛丸
時間

5:00~13:30  

釣果

スルメイカ30杯 

使用タックル

ロッド アルファタックル ショートアーム 120-150
リール シマノ フォースマスター3000
ライン PE3号
オモリ フジワラ スカリー150号 

使用アイテム

ピッカピカ針5 18-1T、14-1T 

 キラっと針 14-1T、
イカ釣ヨリトリング L、
イカ用中オモリ15号、
イカ仕掛巻等

記入者

ヤマシタスタッフ
若山義親 

シーズンインが大幅に遅れた、富山湾の寒スルメに初挑戦しました。
今季はヤリイカの釣り初めが遅れ、尚且つスルメイカの群れも薄かった様で、
本格的になったのは2月に入ってからで、シーズン的には中盤戦といった処。
地元ではさかな針KA等の2段針を使用するお客様が多いとの事だが、
事前にサバが早くから入っている情報もあったので、練習中の直結10本からスタート。
近場から攻める予定が、イカ釣り漁師さん達も近場を諦め東に向かっており、
能登島手前までクルージング後に1投目。


水深は130~150m程度で、場所を動きながら数投目の投入で着ノリ。
周りのブランコで狙っている方はサバに邪魔され、オマツリもかなり連発。
数投していると下から4本目までの1~2杯しか乗っていない事に気が付き、
オマツリも多い事もあったので半分の5本針にして、着底後に中オモリの重さを利用して1mちょっと送り込み、
スローな巻き上げで乗せて行く様なパターンで1~3杯程度の乗りが続いた。
地元ではムギと呼ばれる、ニセイカ程度の型がメインではあるが、ポツポツと移動する度に釣れ、
群れが多い時は20分程度流せるときも数回あったが、
船長によると本日は非常にイカがシビアで釣果はかなり悪かったとの話。
結果、周りのお客様と直結の誘い方等を教えながらも、胴の間で飽きない程度に釣れ続けさせて頂いた。
帰港後、ミヨシやトモのベテラン常連さんは90杯程度獲ったとの話だったので、
今後も機会があれば修行に行きたいと思いました。
当日はイカが浮かずに、ほぼ底から5mまでの釣りとなったが、関東の様に中層に浮く事もあるそうなので
、サバが早くから入っている富山湾は、太平洋岸とは異なり、ほぼベタ凪でウネリ無しの日も多いので、
初心者でも直結仕掛で数釣りが可能な貴重なフィールドかと思いますので、皆様も良かったらチャレンジしてください。


コメント
2022年03月03日 神奈川県その他船釣り釣果情報
タグ: 神奈川県  スルメイカ  ヤリイカ  船イカ 
釣行日

2022年3月2日(水)  

釣場
神奈川県三浦市 三崎港 佐円丸 洲崎沖
時間

7:30~14:00  

釣果

ヤリイカ8杯
スルメイカ6杯 

使用タックル

ロッド DAIWA LEADING SASOI 100-180
リール SHIMANO フォースマスター3000XP
ライン PE4号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
宮川海人 

いつもマルイカで乗っている佐円丸さんでヤリスル船デビューしてきました。
今日はせっかくなので初めてづくしでピッカピカ針での直結仕掛けにも挑戦です。
直結はブランコと違いカンナは上にして入れていくので間違えないよう確認しセットして出発です。
はじめは洲崎沖へ走ること40分ほどでポイントに着きいざ投入!
糸を送りながら指示棚手前で スピードを緩めて落とし込んでいきます。
最初は底から20mほど上ということでやや上の棚をしゃくりあげながら探っていきます。
低速で巻きながらシャクリと聞き上げをしていくとクンクン!と竿先が引かれます。
追い乗りを狙って巻き続けながら10mほど上げたところで巻き上げていきます。
仕掛けを手繰り上げていくと一投目から初船ヤリイカをゲットしました。


日も登り周りには八景、剣崎、茅ヶ崎の船などが集まり船団になってきます。
やや波も出てきてここからは怒涛のバラシの連続でした。
波の高低差で少し竿先のフォローが間に合わないとフッと重みが抜けてしまい、
手繰るころにはイカの姿はどこへやらと失意の投入を繰り返します。
普段ブランコ仕掛けのバレにくさに助けられてか雑な取り込みが仇となり,
船べりでのバラシも数回で中々厳しい中盤戦でした。
昼近くになりやや船団から外れた,水深200mのエリアで130mで反応アリとの指示。
落としの途中で止めて探ると鋭く竿先引き込まれます。
上がってきたのは今日初めてのスルメイカ!
やっと両種達成でき歓喜の沖干しを作り、投入を続けます。
その後もぽつぽつとヤリイカが続きヤリ8匹のスルメが1匹の状況、
なんとかツ抜けはして帰りたいなぁと思いながら起き上がりも近い終盤戦、今日一の重みが竿に乗ります。
追い乗りを狙い巻き上げるとグングンと引き続けます。
竿先のフォローをしながら巻き上げること50m付近、なんとここでリールの巻き上げが止まります。
え!?と思い確認するとまさかのバッテリー切れ・・・(満タンで充電したのにな・・・)
と考える間もなく巻き上げは続けないといけないのでここから50m手巻き勝負です。
頼むからバレないでくれ・・・と願うような気持ちで手繰り上げまでなんとか持ってきました。
仕掛けを手繰り、1匹…2匹…3匹…4匹!バラさず上がり「良かった」・・と安心したのも束の間、
隣の方から「兄ちゃんまだ付いてるぞ!」と声がかかり見るとなんと5匹目!スルメ5点掛けです。


ここで最後の流しになり沖上がりとなりました。
まだまだ探り方や取り込みに改善点が見える釣行でしたが、
直結仕掛けに慣れてもっと釣れるようになりたいと思えた楽しい釣行でした。
次は沖干しをもっと作れるよう頑張りたいと思います。


コメント
2022年02月10日 神奈川県船イカ釣果情報
タグ: 神奈川県  スルメイカ  ヤリイカ  ピッカピカ針5 
釣行日

2022年2月6日(日)  

釣場
神奈川県三浦市 三崎港 佐円丸 洲崎沖
時間

7:00~14:00  

釣果

ヤリイカ1杯
スルメイカ16杯 

使用タックル

ロッド アルファタックル アルファソニックヤリイカ 170H
リール ダイワ シーボーグ500J IKA-TUNE
ライン PE3号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中陽介 


洲崎沖のスルメイカが好調ということもあり、
時化気味の予報でしたがスルメイカ釣りに行ってきました。
朝は前日からの西風が残り、大きなうねりが入ってくる時化模様。
横波を大きく受け、激しく揺れながら洲崎沖に到着。
連日の好釣果もあり、既に洲崎沖(メラダシ)には大船団。
大船団を避けて群れを探していきます。
少し離れたところですぐに反応あり、投入開始。
1投目から早々にアタリをとらえ、シングルヒットながらスルメイカをキャッチ。
次の投入では群れの芯をとらえてズッシリと5点掛け。
朝は活性高めか?と期待したものの、徐々に乗り目悪くなり、
アタッてもシングルヒットばかりの拾い釣り。
なかなか状況が好転せず、空振りやシングルヒットばかりでポツポツとしか数を伸ばせず。。
沖上がり間近に良い群れに当たり、4点掛け。
ラストの流しでも1杯追加して時間切れ。
エサの反応はかなり多いらしく、船も頻繁に反応をとらえて止まるものの
イカの活性がイマイチ上がり切らない感じだったようです。
少し潮替わりすれば大釣り出来る可能性も十分あり得るので、これからが楽しみです。


コメント
2022年02月03日 神奈川県船イカ釣果情報
タグ: 神奈川県  スルメイカ  ヤリイカ  ピッカピカ針5 
釣行日

2022年1月30日(日)  

釣場
神奈川県三浦市 三崎港 佐円丸 洲崎沖
時間

7:00~14:00  

釣果

ヤリイカ11杯
スルメイカ12杯 

使用タックル

ロッド アルファタックル アルファソニックヤリイカ 170H
リール ダイワ シーボーグ500J IKA-TUNE
ライン PE3号 

使用アイテム

ピッカピカ針5 14-1T 、11-1

記入者

ヤマシタスタッフ
山中陽介 


黒潮が洲崎にぶつかり先週あたりから洲崎沖でスルメイカの釣果が上昇中。
纏まった釣果も出ていたので、久々にスルメ狙いに行ってきました。
ここ数日間黒潮が洲崎にぶち当たっていたせいかポイントの潮流が極めて速いという情報。
1回旋回での釣りになるかとの予想でやや角数多めの14本からスタート。
ヤリイカが混じり始めたという情報もあり、両狙いで14㎝と11㎝の混合直結仕掛です。
この日は北東風がかなり強めでポイントの洲崎沖も時化模様。
時折、舳先を超える波が船に入り込み滝のように流れてくる状況です。
反応は早々に見つかり、釣りスタート。
情報に反して潮流はかなり緩く、2回、3回と投入が出来る状況。
1流し目から大型のヤリイカが登場。洲崎沖では珍しいくらいの超大型のヤリイカです。
2回目もヤリイカが釣れますが単発。多点掛けが見込めないと思い、
手返しを重視し、14本から10本に角数を減らします。
宙層でのスルメの反応がわずかながら出るので、中層はサミングしながらイカを探していきます。
なかなか角に触れるほどの活性がありませんでしたが、ここにきてようやく落とし込み中にスルメらしい明確なアタリ。
宙層で急遽仕掛けを止めてバリバリっとスルメの4点掛け。
その後もスルメの触りさえあればひとまず宙層で止めてスルメを拾う作戦。
アタリなければ底まで落としてヤリイカを狙います。
ヤリイカ専門狙いの海底一直線ぶっこみに比べれば海底到着は遅れるため、
スレた群れに仕掛を入れるので、ズラズラッとは付きませんが、アタリ自体はポツポツ出るので楽しめます。
ヤリイカは殆どが45㎝前後の特大クラスばかり。
スルメはニセマイカサイズがメインです。
海悪く、仕掛けは安定させずらいものの、アタリはコンスタントに出ており、
海良ければもう少し数は伸ばせそうでした。
ヤリイカもまだ殆どが産卵前の個体で、シーズンはまだまだ続きそうな気配です。


コメント
2020年03月25日 神奈川県 船イカ釣果情報
タグ: イカ釣ヨリトリング  神奈川県  スルメイカ  ヤリイカ  ピッカピカ針 
釣行日

2020年3月21日(土)  

釣場

 洲崎沖 (佐円丸)

時間

6:30~13:00(爆風早上がり)  

釣果

スルメイカ22杯
ヤリイカ2杯 

使用タックル

ロッド:マスターエッジ ヤリスル 173
リール:フォースマスター3000XP
ライン:PE4号 

使用アイテム

ピッカピカ針14㎝

イカ釣ヨリトリング M

記入者

ヤマシタスタッフ
松本 大祐 

イカ熱が冷めずもう1回だけ行ってみようということで今週も行ってきました。

この3連休はずっと南風が吹く予報がでていて、21日午前以外は海は時化予報。

この日しか釣りができないということは皆知っているので、沖にでると各船満船で洲崎沖に集まってきました。

直結仕掛でテンポよく釣りをしたかったので、直結としては少し少なめの8本でスタート。

仕掛を落としていると180mの海底よりも30mくらい上からコツコツとスルメの触る感触が...

上へ上へ誘いあげると「ドン...ドン...」と重みが増していき、多点掛け成功。

ひと昔前の電動リールよりもパワーが強いのでグングン巻きあげることができます。

仕掛をしっかり張りながら取り込み。

一番上のツノから1杯、2杯...合計4杯GET。

その後も多点掛けは少ないものの、 釣って、捌いて干す×18回

納竿ギリギリまで乗って、終わってみると24杯。

十分な結果でした。

サバの反応にブチ当てるのでブランコ仕掛けはサバばかりで釣りにならないので

初めての人もツノ数を少なくして、ぜひ直結仕掛にチャレンジしてください。

(ブランコ仕掛けを投入すると100mくらいのところで細めのサバが連発してました)

仕掛が扱えるなら12~15本くらいにするともっとたくさんのスルメが釣れると思います。

凪の日を選んで修行してみてください。


コメント
2020年03月18日 神奈川県 船イカ釣果情報
タグ: イカ釣ヨリトリング  神奈川県  スルメイカ 
釣行日

2020年3月15日(日)  

釣場

洲崎沖 (瀬戸丸)

時間

6:30~13:30  

釣果

スルメイカ9杯
ヤリイカ4杯 

使用タックル

ロッド:アルファタックル ショートアーム LC 150-150
リール:シーボーグ500J-IKATUNE
ライン:PE3号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 

洲崎沖でスルメの釣果が上向いてきたので、久々に沖干しを作りたく、スルメ狙いで行ってきました。

ヤリイカが多い日だったり、スルメが多い日だったりと、日替わりで釣況が変わるので、 両方狙える14㎝の直結仕掛を使用。

朝の内からやや潮が速く、あまり潮型は良くない感じです。

朝イチ早々に来たのはヤリの2点で今日はヤリが優勢か?と思いましたが、 その後はスルメがポツリポツリ。

最高はヤリとスルメ混合の3点掛けで、それ以降は単発ばかりとスルメらしい重量感は今回はお預けとなりました。

後半は潮型がさらに悪くなり、イカの乗りも悪く、殆ど追加できずに終了。

救いだったのは沖干しができるような天気と凪ということくらいですかね...

かなり不完全燃焼なのでスルメが釣れているうちにもう一度チャレンジしたいと思います。


コメント
2020年03月18日 神奈川県 船イカ釣果情報
タグ: イカ釣ヨリトリング  神奈川県  スルメイカ  ヤリイカ  ピッカピカ針 
釣行日

2020年3月15日(日)  

釣場

 喜平治丸 (三浦半島 松輪)

時間

6:30~14:00  

釣果

スルメイカ3杯
ヤリイカ1杯 

使用タックル

ロッド:アルファタックル ショートアーム LC 150-150
リール: シーボーグ500J
ライン:PE3号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
池田 裕光 

当日はヤリイカ3隻に分かれて出船。

船イカ釣りの人気の高さが伺えます。

ポイントは洲崎沖。

「ピッカピカ針14㎝」直結12本でスタート。

ヤリイカが釣れていますが、今回は通しでスルメイカ狙いにチャレンジ。

一流し一投とイカの足が速く、朝は最高でスルメイカ2点掛けとポツリポツリと釣れました。

後半は潮が早くイカの群れに仕掛を入れる事が出来ずアタリも遠のきました。

まだまだ続きそうなので、釣れているうちに再チャレンジしたいです。


コメント
2020年03月03日 神奈川県 船イカ釣果情報
タグ: イカ釣ヨリトリング  神奈川県  スルメイカ 
釣行日

2020年2月23日(日)  

釣場

喜平治丸 (三浦半島 松輪)

時間

7:00~13:00  

釣果

スルメイカ 1杯 

使用タックル

ロッド:アルファタックル ショートアーム LC 120-180
リール:シマノ プレイズ 3000
ライン:PE4号 

使用アイテム

イカ釣プロサビキ KROS 11cm 1段針 5本セット

イカ釣プロサビキ TMOS 11cm 1段針 5本セット

イカ釣ヨリトリング M

記入者

ヤマシタスタッフ
石亀 寛也 

関東各方面にて船ヤリイカが釣れ盛っているとの事で期待感を持って釣行致しました。

私事ながら船からのヤリイカ釣りに経験が無く、満を持しての初挑戦となります。

釣り場は東京湾口「洲崎」方面にて、水深200m程度までを錘150号を使用して狙います。

仕掛けは初めからイカ角がセットされており初心者にとって扱い易い

''イカ釣プロサビキ'' シリーズを使用します。

特に今回は ''イカ釣プロサビキ'' シリーズの中でも、

エダスが長く取り込み時のバラシが少ないブランコ仕掛を使用します。

基本的な釣り方としては「まず仕掛をポイントまで沈めた後にシャクリ上げまた落とす...、

そしてまたシャクリ上げて、今度は目線の高さで竿先を止めてアタリを待つ」といった誘い方となります。

しかしながら当日の天候は、前日からの強風と波のうねりが強く残っており釣り辛い...。

船が上下する度に竿先へ錘からの負荷が加わり、イカのアタリを取る事が中々出来ません。

結局、納竿間際にスルメイカが1杯。

不甲斐ない前哨戦となりました...。

...2月25日には船中トップで75杯の釣果が出ているとの事です。

必ずや、近々リベンジに行きたいと思います。


コメント
2019年05月20日 広島県その他陸釣り釣果情報
タグ: 広島県  エサ巻きテーラ  陸釣り  スルメイカ 
釣行日

2019年5月18日(土)晴れ  

釣場
広島 呉
時間

22:00~24:00  

釣果

スルメイカ 2杯 

使用タックル

ロッド:エギングロッド
リール:シマノ セフィア CI4 C3000SDH
ライン:PE0.6
リーダー:フロロ8LB 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
田中 成明 

GW明けに呉方面でスルメイカが釣れだしたとの一報を聞き、

様子を見ているとどうやら小さい潮周りでは釣果報告が無かったので、

今回の大潮で竿を出してきました。

広島湾では一般的な釣り方である、

餌巻きテーラM-0 単品にケミか水中ランプをつけてエギングのように探る、テーラ探り釣りで狙ってきました。

今回は鳥のささ身を両面に巻き付けて、

投げては30秒くらい沈めてシャクリ、また10秒くらい沈めてシャクるの繰り返し30分で、

最初の1杯、その後、30分後にもう1杯追加して終了しました。

周りで浮き釣りで狙っている方々はシリヤケコウイカを数杯釣っており、

棚をじっくり狙えるウキではコウイカが掛かりやすい状況でした。

スルメイカよりもコウイカの方が回遊しているのかな?

まだ、諸島部での釣果情報を聞いていないので、また時間があるときに行ってみようと思います。


コメント