• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2014年5月 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグ

アオリイカ(12)
アオリエギング(1)
アカハタ(1)
アカムツ(4)
アコウ(1)
アジ(1)
エギーノぴょんぴょん(1)
エギング(8)
エギ王K(1)
エギ王KHF3.5S(1)
エギ王Q(2)
エギ王Q LIVE サーチ(2)
エギ王Q LIVEサーチ3.5(1)
エギ王QLIVE(1)
エギ王QLIVEサーチ(2)
エギ王Qライブ3.5(1)
エギ王Qライブサーチ3.5S(1)
おっぱいスッテ(14)
おっぱいスッテ3.8−1(2)
おっぱいスッテ布巻(1)
カツオ(3)
カワハギ(1)
きずなまりん(1)
キハダ(2)
ケンサキイカ(1)
ゴムヨリトリ(1)
サーベリング(1)
シイラ(3)
シャクリシンカー(1)
その他(2)
タイラバ(4)
タコ(1)
タコじゃらし(1)
タチウオ(13)
タチ魚針WF(1)
チビイカ(1)
チビエビ5(1)
チビトト(11)
チビトト4(2)
トトスッテ(2)
ととスッテ(2)
ナオリ−RH(1)
ナオリー(1)
ナオリーRH(1)
ニュークロー(1)
パニックベイト(4)
パニックベイトタチウオ(2)
ピッカピカ針(4)
ピッカピカ針5 8−1T(2)
ボートエギング(2)
マイカ(5)
マシュマロボール(2)
マダイ(5)
マダコ(1)
マルイカ(13)
ムギイカ(9)
メタルフリッカー(1)
ヤリイカ(2)
ライトアジ仕掛け(1)
ライトエギング(1)
ワカシ(1)
安浦港沖(1)
横須賀沖(1)
観音崎沖(1)
喜平治丸(1)
串本大島沖(1)
犬吠埼沖(2)
玄界灘(2)
紅アコウ(1)
佐円丸(1)
佐賀県伊万里湾(2)
佐賀県唐津市 鷹島沖8〜15m きずなまりん(1)
三崎港佐円丸(1)
春イカ(1)
初島沖(1)
深海魚(1)
神奈川県三浦半島(6)
須磨沖(2)
錘スッテ(6)
船イカ(5)
船テンビンK型(2)
相模湾(4)
鯛歌舞楽(2)
鯛乃玉(5)
大阪湾(1)
淡路沖(1)
長谷川丸(3)
東京湾(3)
熱海沖(1)
波動ベイト(3)
波動ベイトスリム(1)
飛龍(1)
兵庫県洲本〜由良沖(2)
本山 淳子(1)
明石沖(1)
猛光タチ魚(1)
猛光タチ魚テンヤ(1)
猛光太刀魚テンヤ(4)
猛光太刀魚テンヤ40号(1)
猛光太刀魚テンヤ船(3)
猛追太刀魚テンヤ40号プロト(1)
猛追太刀魚テンヤ船(1)
和歌山県(1)
和歌山県 湯浅沖(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ釣果情報BLOG

2014/05/30 18:42 神奈川県船釣り情報

釣行日 2014年5月24日(土) 場所 神奈川県 横浜市 金沢八景 一之瀬丸
八景沖10〜20m
時間 7時30分〜11時30分 釣果 シロギ 10〜25p10匹
カサゴ 10〜25p 2匹
アジ 10〜12p 1匹
使用タックル ロッド - キス竿  1.8m
リール - シマノ2500番
ライン - PE 1号
リーダー - フロロ 2.5号
使用アイテム 船キス仕掛 FKS2TWA 7−1−1
キステンビン K型 M−15
記入者 ヤマシタスタッフ
中橋和也



職場の仲間、総勢16名でキス釣りに行ってきました。

さて、当日ですが、天候にも恵まれ(晴れ・風は少々)、経験者の方が、初心者を全面サポートしてくれましたので、私としては

とても楽しく釣りを堪能することでできました。

八景沖に移動している間に、仕掛けのつけ方、餌のつけ方などのレクチャーをうけ、ポイントに到着。ポトォッ、はじめての投

入は、船のすぐそばに。待つこと5分、グゥィグィッ!おおおっ!来ました。リールをゆっくり巻いてみると、小さなアジが釣れま

た。外道でしたが、釣れた事の喜びの方が大きく、超笑顔になりました。その後も、ちょこちょこキスやカサゴが釣れ大満足。

まだまだ、どんな釣りがあって何が釣れるのかなど、わからない事だらけですが、少しつづ知識と経験を増やしていこうと思

います。

まずは、餌と釣った魚の扱い方からマスターしていこうかな・・・。


コメント
2014/05/30 18:01 和歌山県アオリイカ情報

釣行日 2014年5月24日(土) 場所 和歌山県田辺市 イナダマリン
時間 12時30分〜16時30分 釣果 アオリイカ2杯   (MAX300g) 
使用タックル ロッド - ヤマシタウィザーズジャイブ WJ862M
リール - CALDIA 2508R−SH
ライン - PE DONPEPE 0.4号
リーダー - フロロカーボン1.5号
使用アイテム エギ王K HF 4号エギ王GX4号、4.5号
記入者 ヤマシタスタッフ
池田裕光



柘植マイスターと和歌山県田辺市のイナダマリンさんへボートキャストエギング。 

和歌山県田辺市で初めてのボート操船とあって、出港前にイナダマリンの松上社長から丁寧なポイントをレクチャー頂きいざ出船。 
 
ボートエギングのメリットである機動力で根周りを流しながらポイントを探る釣り。 

3つのポイントまでは不発も、4つ目の沖ノ島周りのポイントにて、待望のヒット。瀬と海草が点在する10前後のラインに船

流れる方向へキャストし船下へエギが来てもすぐに回収せず、船下へ再度着底させてからの誘いでのヒット。 

4.5号エギはこうゆう使い方も出来るので自分の中ではマストアイテム。 

追い風、潮に適応し、状況にあわせエギを操作出来るのもボートエギングの醍醐味。 

無事に取り込み、ポイント移動しようかと思った直後に柘植マイスターにもヒット。 

イカがいることが分かったのて、今度はアンカリングでピンポイントを攻める。 

今度はエギを4号に変更し、ベイトがたまっていそうなかけ上がりを探り、当たりを待つ釣り。ステイ時間を長く取り竿先の

テンションが抜けた瞬間にあわせを入れ、2杯目を追加。 

ボートエギングは追い風や潮、ブレイクなどの状況を自分なりにコントロールし結果に導く楽しみも1つ、仲間と情報交換

しながら楽しめるのも1つ。楽しさを共有出来ることも1つ。 

今回はサイズは小ぶりでしたが、満足な釣行でした。  


コメント
2014/05/30 16:51 神奈川県船イカ情報

釣行日 2014年5月24日(土) 場所 神奈川県三浦市三崎港 佐円丸
時間 5時30分〜12時00分  釣果 マルイカ15−22cm7杯
ムギイカ16−20cm4杯
使用タックル ロッド - DAIWA 極鋭ゲーム170フィール
リール - 小型両軸リール

ライン - PE1号
使用アイテム イカ釣セット TIETB
記入者 ヤマシタスタッフ
兵動太一



先輩にお誘い頂き、三崎港佐円丸のLTマルムギ船に行ってきました。 

船のイカ釣りは初挑戦!今年は例年になくムギイカが好調とのことで、初めてでも爆釣のチャンスが・・・!?

出船前に先輩に釣り方やコツをお聞きし、イメージを膨らませます。仕掛けは初心者に優しいイカ釣りセットの直ブラ仕掛けを選択。

実績のあるカラーがチョイスされており、道糸に結ぶだけで完成のスグレモノです! 

5:30に出船し、港から程近い城ヶ島沖30mで釣り開始!満を持して投入しますが、慣れない長い仕掛けと、想像以上の速

いテンポに戸惑い、最初の流しはオマツリを連発し何もできず・・・。そんな中、しばらくするとすぐに活性の高い群れに遭遇!

船内に次々とイカが取り込まれていきます。周りよりもワンテンポ遅れながらも投入すると、着低直後に明確なアタリが!慎

重に巻き上げ、上がってきたのは記念すべき1匹目のマルイカ!しかし、手返しがものをいうマルイカ釣り。初ゲットの余韻に

浸る暇などなく、すぐに次の投入!そしてヒット!取り込み・・・、オマツリ...。そんな落ち着かない状態でしたが、朝のラッシ

ュでなんとか4杯のマルイカをゲット!その後は仕掛けの扱いにも慣れ、少しずつですが数を伸ばしていきます。しかし、どの

ポイントも群れの足が速く、なかなか一箇所でコンスタントにというわけにはいきません。

また、後半は 波風が強まり、次第に初心者に優しくないコンディションに。アタリが取れず苦戦しますが、そんな中でも様々な

引き出しを持ち、順調に数を稼ぐ先輩方。ただただ尊敬です。 

デビュー戦の結果は、マルイカ7杯、ムギイカ4杯の計11杯。最低限の目標だったツ抜けはなんとか達成することができまし

た。ライトタックルで気軽に挑戦でき、釣って楽しく食べて美味しいマルイカ釣り。一度やったらハマること間違いなしです! 


コメント
2014/05/30 16:43 兵庫県ライトエギング情報

釣行日 2014年5月23日(金) 場所 兵庫県 芦屋市 南芦屋浜 ベランダ
時間 23時00分〜25時00分 釣果 スルメイカ×1
使用タックル ロッド - :NAORY Feeling Shaft type2 LTS762L
リール - DAIWA CERTATE 2004
ライン - PE0.1号
リーダー - フロロ0.8号
使用アイテム ナオリーRH1.8B B05(オールピンク夜光)
記入者 ヤマシタスタッフ
谷花由樹



先週好釣果に恵まれた印象が強く、今週もライトエギングでスルメを狙いに南芦屋浜のベランダに行ってきました。

結果から言うと今回は1パイ・・・

釣り場は先週と違い釣り人もまばらでどこでも入りたい放題。エサ釣りの人たちも釣れている様子はなく、むしろ帰る人たちの

方が多いくらい。

そんななか、手持ちのエギをローテーションしまくること1時間・・・

ようやく手にした貴重な1パイは先週よりも少しサイズがアップしていました。

今回のヒットパターンは

30秒カウントダウン→4シャクリ→カーブフォール→7秒フリーフォール→4シャクリ→カーブフォール・・・

ボトム周辺に潮の動きがあったため、ボトム集中攻撃でなんとか釣果が出せました。

またリベンジしてきます。


コメント
2014/05/30 16:31 福岡県アオリイカ情報

釣行日 2014年5月26日(日) 場所 福岡県 神湊港 Y`s
時間 6時30分〜11時00分 釣果 アオリイカ 2杯(500g)(1500g) モンゴウイカ 1杯 (1000g)
使用タックル ロッド - セフィアBB
リール - ツインパワー2500
ライン - PE 0.8号
リーダー - リーダー2号
使用アイテム エギ王K HF 4.0
記入者 ヤマシタスタッフ
奈良萌生



今回ボートエギング2回目の挑戦。前回よりも大物を釣りたいと言う思いを胸にいざ出船。 

期待とは裏腹になかなかアタリが無い。ようやく確かな重みが竿に乗りゆっくり上げてみると大きなモンゴウイカ! 

少し気分が晴れたが、その後アタリが遠のいてしまった。 

いよいよラスト一時間、ボートの真下で重みが竿にかかる。海藻かと勘違いしながら上げてみると待望のアオリイカ! 

期待感が高まり集中してエギ゛をシャクリ続けると今までに無い大きな抵抗が竿にかかる。続いてドラグがジリジリと出され間

違いなく大物と確信。 

逃がさぬように慎重に巻き上げると明らか今まで最大の大きさ。ボートに上げて計測してみると1.5kgと前回の記録更新! 

大満足の釣行となりました。 


コメント
2014/05/26 19:14 神奈川県船釣り情報

釣行日 2014年5月18日(日) 場所 神奈川県三浦市三戸浜沖
時間 9時00分〜15時00分 釣果 アカムツ 1尾他 オキギス、ドンコなど 
マンボウ目撃
使用タックル 深場釣りタックル 使用アイテム パニックベイト根魚, 5連サルカン
記入者 ヤマシタスタッフ
細貝英史

連日、高級魚のアカムツを狙っての深場釣り。

前日はクラド潮という、藻が漂う悪い潮に泣かされ、本命らしき魚をバラシてユメカサゴ1匹という釣果。

この日も、前日アカムツらしきアタリをバラしたエリアに向かい仕掛けを投入、アタリを待っていると、大きな何かが船尾の水

中を浮上してくる・・・サメ?エイ?と思って見ていると、なんとマンボウ!

ラインにはれなそうなので、どこかに行くのを待っていると、10分くらい流している船に寄り添うように泳いでいた。

その直後に昨日のような良いアタリが出て、揚げてくると久しぶりの本命アカムツ!

その後も投入のたびにアタリがでるのだが、揚げる途中で藻がからんで何度も電動リー

ルが止まってしまい、3バラシ・・・。

午後になると昨日同様に南西が強まって帰港となりました。 

 


コメント
2014/05/22 20:40 神奈川県船イカ情報

釣行日 2014年5月17日(土) 場所 神奈川県三浦郡葉山町 五エム丸
佐島沖〜葉山沖8−20m
時間 6時00分〜13時00分 釣果 ムギイカ  10〜20cm 49杯
マルイカ  10〜15p  8杯
使用タックル ロッド - ロッドDAIWA 極鋭ゲーム170 FEEL
リール - DAIWA エアドレッドチューン100L
ライン - PE0.8号
使用アイテム チビイカ5 チビエビ5
記入者 ヤマシタスタッフ
山中陽介



 葉山の極浅マルムギを楽しみたくて、行ってきました。 

釣果も比較的安定しており、TOPは悪くても50杯前後で推移。 

そのせいかお客様も多く、この日は私を含めて19名で出船。 

葉山から秋谷沖にかけて反応を探索。 

しばらく反応が見つからずに、ウロウロしていましたがようやく発見。 

水深は17m。久々に聞く10m台の水深です。 

この流しは空振り。 

その後も2流しほど空振りの流しが続き、今日はヤバいかな〜、なんて脳裏をよぎりましたが、 

そこは好調な葉山エリア、ようやく高活性の群れに当たりました。 

水深は14m。極浅です。 

掛けて7、8回リールのハンドルを巻けば一番上のスッテが見えてきます。 

手返し重視の4本直結で一気に数を伸ばします。 

1流し、およそ10分で17杯のムギイカをキャッチ。 

これは大いに期待が持てそうです。 

しかし、その後は群れに当たるものの足が速く、1流しに1、2回しか仕掛が落とせません。 

そのうちに反応も消えてしまい、クルージングタイムのスタート。 

群れを探索しながら北上し、名島の前まで移動。 

ここでようやく群れを発見し再スタート。 

活性は朝ほど高くはないものの、良い流しは5連チャンできる流しもあり、マイクロサイズのマルイカも混じってきました。 

浅いところでは8mという超極浅ポイントでも乗ってきました。 

1番上のスッテが見えており、見釣りも経験。 

後半〜終盤は名島周りの10m前後の極浅ポイントでポツポツと拾い釣りで終了となりました。 

久々の極浅のマルムギはアタリも明確で、非常に面白かったです。 

マルイカはまだ小型サイズがメインなのでしばらくは楽しめそうな雰囲気でした。  


コメント
2014/05/22 20:26 神奈川県アオリイカ情報

釣行日 2014年5月17日(土) 場所 神奈川県 三浦半島北西部
時間 16時00分〜17時30分 釣果 アオリイカ 2杯 (1450g、300g)
使用タックル ロッド - ロッドDAIWA プロ磯IMPRESSA 遠投 5−53
リール - DAIWA エンブレムZ3000iA
ライン - ナイロン 4号
使用アイテム エギ王K 黒潮SP4.0号KS07(ルミナスブルー)、KS08(ブラックホール)
記入者 ヤマシタスタッフ
山中陽介


 
潮色がアオリに良さそうな色だったので、夕方の込み潮のタイミングで少し様子見。 

大潮後の中潮で、産卵後の大型を想定してお気に入りのエギ王K黒潮SP4号からスタート。 

初めてのポイントなのでまずはいつも通り底の地形を探索。 

かなり根が荒いものの、海藻の感触もありアオリはいそうな雰囲気。 

潮が込んできており、タイミングとしてもバッチリ。 

底を中心にズル曳いていると、岩に当たった感触の後かすかに重み。 

よくわからないが大きくアワセてみると少し重みあり。 

海藻かな?と思いながら巻いてくると少し引きます。 

マルイカかな〜?と思いながら寄せてくるとエギと同じくらいのアオリが付いていました。 

この時期にしては珍しい秋イカサイズ。 

このサイズが4号に抱いてくるとは…かなり活性は高いか… 

しかし、その後はしばらく反応なし。 

エギのカラーも変更し、少しずつポイントをずらしながら探ります。 

探っているうちにブレイクラインを発見。 

落ち込み辺りにいるだろうと仮定して、そのあたりを中心に狙います。 

すると…やっぱり居ました。 

ゾモゾっとしたアタリが出たので、大きくアワセをいれます。 

するとズシッと手応え。 

久々にドラグがジリジリっと出ていきます。 

最初の引きに耐え、寄せにかかります。 

結構重量感があったので、2s近いかな?なんて思いながら寄せて浮いてきました。 

なかなかの良型サイズ。 

無事取り込み完了。 

パッと見1s後半サイズの雌。でも持ち上げるとそんなに重くない…。 

後に計量してみると、1.45s。 

産卵後の卵を叩いた後の個体で大きさの割には軽くなっていたようでした。 

その後もしばらくは探ってみたものの3杯目には出会えず、終了としました。 

三浦近辺でも産卵が始まっているようです。 

産卵前の個体と産卵後の個体が混じっているようです。 


コメント
2014/05/22 20:12 神奈川県その他陸釣り情報

釣行日 2014年5月16日(金) 場所 神奈川県三浦市 三崎港
時間 21時30分〜25時00分 釣果 ムギイカ 10〜15p×3
使用タックル ロッド - YAMASHITA The餌木ing Snap Beat 762I
リール - DAIWA ルビアス 2500
ライン - PE 0.8号
リーダー - フロロ2号   エサ…鶏のササミ
使用アイテム エサ巻スッテEX S    F/G 
記入者 ヤマシタスタッフ
若山義親


 
船のムギ・マル情報が盛んなため、三崎港の波止イカをアオリと共に調査! 

暫く振りだったので、新製品のエギ達を色々と試してシャクルも何事も起こらない。 

そこで確実に回遊しているあろうムギ・マルを、エサ巻系で狙ってみることにした。 

最初は関西・中国で流行りのキャスティング・テーラで探るも、何物かにケミホタルごと齧られ喪失。 

またエギングに戻すも、エサ巻スッテもあることを思い出して、エサ巻スッテ・エギングにチャレンジ! 

少し大き目に鶏ササミを解体し、しっかりエサ巻スッテEX−Sに括り付けてキャスト… 

風があってラインが運ばれるのと、元々のデッドフォール・バランスで寒さが身に染みてきたが、中層まで我慢してシャクルと

乗っていた… 

深夜のデッドスローシンキングに耐えられず、ウエイトアップしてテンポ良く中層からボトムを探り出すとラインが止まる。 

多少、釣った感が高まるムギイカ! 

次は中層まで沈めて、テンションフォールさせると、「クンクン!」… 

今度は掛けた感のあるムギイカ! 

なんとなく、エサ巻スッテ・エギングのやり易さが判って来たが、干潮で潮が止まり明日の事も気になり出したので撤収!! 

隣でツツイカエギングしていたマイスター河野さんは、倍は釣っていたと思います。(浮気なしのムギ狙い!) 

ムギ・マルも上手くいけば、夏まで楽しめそうなので、また色々なイカ狙いで行ってきます。 


コメント
2014/05/22 19:59 神奈川県ライトエギング情報

釣行日 2014年5月18日(日) 場所 神奈川県三浦市 三崎港
時間 19時00分〜21時00分 釣果 ムギイカ10〜16cm 4杯(エギング1杯、テーラ3杯)
使用タックル ロッド - エギングロッド 8.6ft ML
リール - スピニングリール2500番
ライン - PE0.8号
リーダー - フロロ2号
使用アイテム ナオリーRH 2.2号 レッドヘッド夜光        エサ巻きテーラセットS2 
記入者 ヤマシタスタッフ
兵動太一



 ムギイカがショアから狙えるとの情報を得て、近場の三崎へ様子を見に行ってきました。

今回は、生存確認も兼ねて、ナオリーによるエギングと、エサ巻きテーラによる浮き釣りの二刀流で挑みます。

日没と同時に釣り場に到着。夕マズメを狙った多くのアオリエギンガーがいらっしゃいます。両隣の方に挨拶し、間に入れて

いただき釣り開始。港内を穏やかに流れる赤い光を眺めながら、小さな餌木をしゃくります。辺りが完全に真っ暗になった頃、

ウキに違和感を感じ、アワせると微かな重みが!上がってきたのは10cmほどの可愛いムギイカ。早々に存在を確認でき、

期待が膨らみます。

その後、ウキ釣りで2杯追加しますが、エギングには反応がありません。そんな中、ここまで好調だったテーラを根掛りでロス

ト・・・。

二刀流の片腕を失ってしまいます・・・。しかし、ここからは気持ちを切り替えてエギング一本に集中。テーラでアタリのあった

レンジを意識し、大きなシャクリはせず、トゥウィッチ&5秒フォールを繰り返し誘っていると・・・ついに待望のヒット!この日一

番大きなムギイカをゲットしました! 

とりあえずエギングで釣果を上げることができ、安心したところでこの日は終了。ショアからもムギイカが釣れることは確認で

きたので、次はエギング一本で頑張ってみたいと思います! 


コメント

29件の記事