• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2015年12月 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ

アオリイカ(12)
アオリエギング(1)
アカハタ(1)
アカムツ(4)
アコウ(1)
アジ(1)
エギーノぴょんぴょん(1)
エギング(8)
エギ王K(1)
エギ王KHF3.5S(1)
エギ王Q(2)
エギ王Q LIVE サーチ(2)
エギ王Q LIVEサーチ3.5(1)
エギ王QLIVE(1)
エギ王QLIVEサーチ(2)
エギ王Qライブ3.5(1)
エギ王Qライブサーチ3.5S(1)
おっぱいスッテ(14)
おっぱいスッテ3.8−1(2)
おっぱいスッテ布巻(1)
カツオ(3)
カワハギ(1)
きずなまりん(1)
キハダ(2)
ケンサキイカ(1)
ゴムヨリトリ(1)
サーベリング(1)
シイラ(3)
シャクリシンカー(1)
その他(2)
タイラバ(4)
タコ(1)
タコじゃらし(1)
タチウオ(13)
タチ魚針WF(1)
チビイカ(1)
チビエビ5(1)
チビトト(11)
チビトト4(2)
トトスッテ(2)
ととスッテ(2)
ナオリ−RH(1)
ナオリー(1)
ナオリーRH(1)
ニュークロー(1)
パニックベイト(4)
パニックベイトタチウオ(2)
ピッカピカ針(4)
ピッカピカ針5 8−1T(2)
ボートエギング(2)
マイカ(5)
マシュマロボール(2)
マダイ(5)
マダコ(1)
マルイカ(13)
ムギイカ(9)
メタルフリッカー(1)
ヤリイカ(2)
ライトアジ仕掛け(1)
ライトエギング(1)
ワカシ(1)
安浦港沖(1)
横須賀沖(1)
観音崎沖(1)
喜平治丸(1)
串本大島沖(1)
犬吠埼沖(2)
玄界灘(2)
紅アコウ(1)
佐円丸(1)
佐賀県伊万里湾(2)
佐賀県唐津市 鷹島沖8〜15m きずなまりん(1)
三崎港佐円丸(1)
春イカ(1)
初島沖(1)
深海魚(1)
神奈川県三浦半島(6)
須磨沖(2)
錘スッテ(6)
船イカ(5)
船テンビンK型(2)
相模湾(4)
鯛歌舞楽(2)
鯛乃玉(5)
大阪湾(1)
淡路沖(1)
長谷川丸(3)
東京湾(3)
熱海沖(1)
波動ベイト(3)
波動ベイトスリム(1)
飛龍(1)
兵庫県洲本〜由良沖(2)
本山 淳子(1)
明石沖(1)
猛光タチ魚(1)
猛光タチ魚テンヤ(1)
猛光太刀魚テンヤ(4)
猛光太刀魚テンヤ40号(1)
猛光太刀魚テンヤ船(3)
猛追太刀魚テンヤ40号プロト(1)
猛追太刀魚テンヤ船(1)
和歌山県(1)
和歌山県 湯浅沖(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ釣果情報BLOG

2015/12/25 10:01 和歌山県アオリエギング釣り情報
釣行日

2015年 12月22日  

釣場
和歌山県白浜町地磯
時間

午後22時〜2時  

釣果

アオリイカ 810g 1杯
 

使用タックル

ロッド=ウィーザーズジャイブ862M
リール=ルビアス2506H
ライン =0・6号
リーダー= 2号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタ フィールドモニター
藤原 信行 

私の住む和歌山方面では いよいよ冬のデカイカシーズンに突入!
これからの時期は 黒潮が接岸すると同時に レッドモンスターと呼ばれる大型のアオリイカが黒潮に乗ってやってくるんです。
例年だと 1月の中旬から2月の下旬にかけて最も キャッチ率が高いのですが 今シーズンは早くも2キロから3キロ級がポロポロとキャッチされています。
と言う訳で私も狙いに行ってきました。

久しぶりの南紀南紀エギング、期待に胸を膨らませてシャクリましたが 実際の状況はそんなに甘くはありませんでした。
月明かりに照らされ雰囲気は十分なんですが 肝心なアオリイカからのコンタクトは無く時間だけが経過。
表層にはベイトとなる小魚が居るので、いつか回遊があるだろうと信じてシャクリ続けます。
ポイント内を小移動しワンドの入り口付近でボトムを意識したシャクリで狙っていると、「グゥー」っとエギを持っていくアタリでようやくヒット!
800g級のアオリイカですが、久しぶりに体感するジェット噴射は何とも言えない感触ですね。
その後、サイズアップを狙ってシャクリましたが、結局追加できずにタイムアップとなりました。
南紀のデカイカシーズンいよいよ開幕、皆さんもモンスターアオリを狙いに和歌山まで遊びに来てくださいね。

詳しくは 
藤原 信行 氏  個人ブログ
歌山スーパーズルむけラッシュえっ!?
http://nonki0324.blog136.fc2.com/


コメント
2015/12/23 16:31 佐賀県ナオリー釣果情報
釣行日

2015年12月18日(金)  

釣場
佐賀県呼子
時間

26:00〜28:30  

釣果

ケンサキイカ 20杯(2人) 

使用タックル

ロッド:エギングロッド 8.6ft ML
リール:スピニングリール2500番
ライン:PE0.6号
リーダー:フロロ2号 

使用アイテム

エギ王K 光宮 2.5号

記入者

ヤマシタ スタッフ
兵動 太一 

仕事を終え、同僚の黒田さんと長崎県・鷹島へアジングへ…行きましたが、どこを回っても模様が悪くギブアップ!
帰り際に呼子で釣れていると噂の出ていたケンサキイカの様子を見てきました。
釣り場に着くと、風こそ強いですがケンサキイカと思われる大量のスミ跡。期待が高まります!
開始早々、ナオリーRH2.2号ディープタイプを使っていた黒田さんにヒット。
上がってきたのは噂通りのケンサキイカでした!
その後も黒田さんは見事に連発。私も1杯釣れましたが、あまりに差をつけられ迷走タイムに突入します…。
様々なカラー、サイズのエギを試す中、ちょい早フォールのライブサーチ2.5号に変えてみると…ようやく2杯目!
その後も連発とはいかないまでも、エギをこまめにローテーションすることで飽きない程度に乗ってくるようになりました!
活性の高い時間帯は、ヘッドライトで海面を照らしてサイトフィッシングも成功!
ヒットレンジは表層?と思いきや、中層や沖のボトム付近で乗ることもしばしば。
そんな感じでパターンこそ最後まで掴めませんでしたが、止めどころがわからない程度に釣れ続き、結果2人で20杯と上々の釣果でした!
九州方面はササイカ(ヤリイカ)も開幕直前。
寒い冬を熱くしてくれるツツイカシーズンが、今年もやってきました!


コメント
2015/12/16 15:04 神奈川県船釣り情報
釣行日

2015年12月13日(日)  

釣場
静岡県 熱海沖
時間

7時00分〜12時30分  

釣果

アカムツ  34〜38p 3尾
クロムツ  35p 1尾
シロムツ、ギンメダイ、ユメカサゴ 

使用タックル

ロッド アルファタックル  ショートアーム 100−180
リール SHIMANO ビーストマスター3000
ライン PE4号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 


前回好釣果だった、アカムツ。
意外とテクニックによって差が出ることも気付いたので、少し凝ってみることに…。
天気は生憎の雨ですが、風裏になるので海はベタ凪。
辺りが明るくなってからの出船です。
今回も仕掛にはマシュマロボールを装着して浮力を持たせ、餌を漂わせるイメージで誘います。

1投目。
いきなりのアタリがあるも、ギス。
2投目からはカラスザメの猛攻に…
着底後、底を素早く切らないと、すぐにカラスザメの餌食に…。
底をきっても、カラスザメが喰いついてきて、仕掛のロストが激しい状況。
たまにギンメダイやシロムツが掛かってきますが、本命のアカムツからは音沙汰なし。
船中ではポツ、ポツっとアカムツが上がりはじめます。
が、自分は一人蚊帳の外状態…

アタってもシロムツ、ギンメダイばかりで気持ちは焦る一方。
色々とタナや誘いを変えていると、ここでようやく本命らしきアタリ!
時間は11時。
これを逃すともう後はないかも、と言う緊張の中での巻上げ。
途中、ガクガクと暴れる強い引き込みは、頭の中まで響くくらいの強烈な印象です。
強い引き込みを何度かかわし、水面に上がってきた姿はまさに感動ものです。
無事タモに収まり、何とか型を見られてほっと一安心。

残り時間で追加を狙います。
流し替えもせず、すぐに2投目投入。
先ほどと同じタナで誘いをかけると、またしてもアタリ!
これも本命っぽい引きです!
1本取り込んだ安心感もあり、先ほどよりは幾分緊張は解けましたが、
口切れしやすい魚、慎重に巻上げてきます。
これもなんとか無事取り込め、2本目。
さらに流し替えた1投目。
またしても本命のアタリ!
慎重に巻き上げ、3本目をキャッチ。
怒涛の3連発でした。

その後は船中静かなまま時間が過ぎ、終了となりました。

今回も3本キャッチ。前回よりもかなりシビアな状況だっただけに嬉しさは前回以上でした。
また近いうち出撃したいと思います。

今回使用したアイテムはこちら

関連記事はこちら


コメント
2015/12/15 09:22 神奈川県船釣り情報
釣行日

2015年12月12日(土)  

釣場
神奈川県横須賀市新安浦港 長谷川丸 走水沖70〜80m
時間

7時20分〜11時40分  

釣果

タチウオ 80〜95p  3本 

使用タックル

ロッド DAIWA  極鋭ゲームAGS H−185 
リール DAIWA  シーボーグ150J−L
ライン PE0.8号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 



走水〜観音崎沖にかけて、大型の冬タチが開幕したので、早速様子を見に行ってきました。
前日は大シケ、シケ直後は悪いと言われているタチウオですが、どうでしょうか…。
当日は北東風強く、ポイントまでは波を被るような状況。
ポイントに着くと、潮色が悪い!
白っぽい濁った潮でタチウオには最悪の潮です。
潮は大潮ながら、上潮はおとなしく、糸が立つような状況。
しかし、底潮はかなり流れているようで、誘いの時のシャクリはかなり重い。
底から20mは潮が速く、それより上が少し潮が緩い状況。
少し上のタナを中心に狙ってみます。
しかし、アタリがない…
誘いのパターンをいろいろ変えてみるものの、アタリが全然ありません。
開始から1時間。
ようやく、アタリ!
このアタリを逃すと次はない、という緊張感の中、無事フッキング成功。
サイズは90pクラスの良型!
同じパターンで誘ってみますが、後が全然続きません。
最初のアタリから1時間後ようやくアタリが!
これも無事フッキングに持ち込み2本目。
立て続けにアタリ、3本目を追加。
4本目も無事フッキングに持って行けましたが、PEラインが傷んでいたようで、
巻上途中にまさかの高切れ。
その後はアタリがまた途切れてしまい、そのまま時間切れ。。。
シケ後のタチウオ、定説どおりの渋さで、大苦戦でした。
船中も半数以上が0、という最悪な状況でした…
また日和を見て、出撃したいと思います。

今回使用したアイテムはこちら

関連記事はこちら


コメント
2015/12/14 13:59 福岡県ナオリー釣果情報
釣行日

2015年12月12日(土)  

釣場
福岡県 北九州市 門司区 漁港
時間

22時00分〜24時00分  

釣果

ヒイカ 21杯 

使用タックル

クロステージ CRK−S764M
ソアレBB C2000PGSS  、フロロ4lb 

使用アイテム
記入者

ヤマシタ スタッフ
加藤 孝幸 

ヒイカの群れが固まり出したようですので北九州まで行って参りました。
先週に比べて風もなくライトゲーム日和。
満潮付近で実績のある場所の常夜灯下に入り、イカの回遊を待ちます。
投げていると2,3杯の群れが追ってきました。
サイトフィッシングに持ち込みますが、シーズン初期でイカが小型なのと明るい常夜灯の下なのとでワンタッチで引き返していくシビアな状況でしたので、

ナオリーシリーズの最軽量・最小の1.5S(シャロー)を使用し、追ってきたイカをワンタッチで仕留める作戦に変更。
すると3杯ほど連釣に成功。
群れがいない時は探る為1.5Bのアシストリグや1.5TFを使用し、サイトで乗らない際は1.5Sに付け替え、数を重ねていき、20杯到達。
最後の方に70p位のシーバスが常夜灯下に回遊し、イカが回ってこなくなったので終了。
数が釣れて良い時期に突入しています。

今回使用したアイテムはこちら

関連記事はこちら


コメント
2015/12/08 13:56 静岡県船釣り情報
釣行日

2015年12月6日(日)  

釣場
静岡県 熱海沖
時間

6時00分〜11時30分  

釣果

アカムツ  35〜38p 3尾
メダイ 55p 1尾 

使用タックル

ロッド アルファタックル  ショートアーム 100−180
リール SHIMANO ビーストマスター3000
ライン PE4号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 

年末になり、美味しい魚を求めてアカムツ釣りへ行ってきました。
アカムツ狙いは実に3年ぶり。
事前情報では、吹き流し仕掛が有効とのことでしたが、胴付仕掛も捨てきれず、
胴付仕掛+吹流し仕掛の変則仕掛でスタート。
朝の1流し目ではカラス鮫、2流し目はアゴナシと続けざまに外道続きでしたが、
3流し目に一際大きなアタリ。
最初はサメかとも思いましたが、残り40m付近で一暴れがあり、アカムツと確信。
さらに慎重に巻き上げて、無事タモに良型が収まりました。
続けての流しにも、本命らしきアタリ。
残り30mの一暴れで本命と確信した矢先、バラシ・・・
さらに続けてまたしても本命らしきアタリ!
ほぼ入れ食い状態です。
今度の獲物は無事取り込めて、本命2尾目。
サイズも揃っています。

しかし、入れ食い状態もここまで。
外道が今度は連発。スミヤキ、サメ、シロムツ、ユメカサゴ。。。
しばらく本命から遠ざかりましたが、
少しポイントを移動したところで本命のアタリ!
これも無事取り込め、3尾目。

正直もう十分です。

ここで少し浅いエリアへ移動しアラ&アカムツ狙い。
1流し目で強烈なアタリがあり、本命かと期待したものの、
上がってきたのはメダイでした。

数回流してアラ&アカムツ狙いをしたものの外道ばかりのため、
アカムツの場に移動しましたが船中2尾上がっただけで、
その後は何事もなく沖上がり。

釣果十分で、満足の釣行となりました。

食味の方は、言うまでもなく…最高でした!

今回使用したアイテムはこちら

船釣り関連記事はこちら


コメント
2015/12/07 14:07 福岡県ナオリー釣果情報
釣行日

2015年12月5日(土)  

釣場
福岡県 北九州市 小倉区 漁港
時間

19時30分〜22時00分  

釣果

ヒイカ 3杯 

使用タックル

クロステージ CRK−S764M
ソアレBB C2000PGSS  、フロロ4lb 

使用アイテム
記入者

ヤマシタ スタッフ
加藤 孝幸 

この日も西風が強いので風裏か風を背に釣りができるところを選択しながらのランガン。
1か所目、シャローで明るい常夜灯の下に入り、探りを入れます。2杯のイカの追尾もありましたが残念ながら抱かせには至らず、移動。
2か所目は風が強めでなかなかエギが沈まないエリアでしたが、探っているとたびたび2,3杯の群れがついて来てはワンタッチで帰っていく状態です。

常夜灯が明るく水も澄んでましたのでイカが警戒しているのでしょうか。
普段ならシャロータイプやフリーフォールタイプでゆっくり沈めて乗せに入るのですが、風が強すぎて操作が出来ず泣く泣く重いエギでサイト狙い!
なんとか連釣して3杯取れましたが、次の回遊を待つような状態になりましたので移動することに。
移動先では群れは発見できずこの日は終了。
常夜灯の下をランガンすると良い場所では数杯の群れが浮いてくる感じなので、細かく釣場を巡って拾い上げて行く感じでした。
北九州はこれから本格化してきますので非常に楽しみです。

今回使用したアイテムはこちら

関連記事はこちら


コメント
2015/12/07 13:56 福岡県ナオリー釣果情報
釣行日

2015年12月4日(金)  

釣場
福岡県 北九州市 若松区 漁港
時間

22時00分〜25時00分  

釣果

ヒイカ 1杯 

使用タックル

クロステージ CRK−S764M
ソアレBB C2000PGSS  、フロロ4lb 

使用アイテム
記入者

ヤマシタ スタッフ
加藤 孝幸 

北九州地区でヒイカが釣れだした情報が出てきましたので早速調査に行ってきました。
この日は西風が強い日でしたので風裏になる常夜灯下の実績のあるポイントに入りました。
潮が緩い日でしたので関門特有の強い潮の流れが薄く、釣りはしやすかったのですがイカの活性はご機嫌斜めの用です。
丁寧に底を探ってくると足元中層でヒット!
今年初物の関門ヒイカをゲットできました!

しかしながら潮が終始緩く、活性が上がり切らない様子でしたので場所を移動。
移動先では先行の方が1杯ゲットされており期待大。
同行者兵動くんのエギにも1杯ついて来て(が、掛からず)さらに期待感も増しましたが、
活性上がらずで終了でした。
同じ週には10杯以上の釣果も出ているという事でタイミングが合わなかったようです。
また調査に行きます。

今回使用したアイテムはこちら

関連記事はこちら


コメント
2015/12/03 09:12 神奈川県船釣り情報
釣行日

2015年11月30日(月)  

釣場
剣崎 あまさけや丸 城ケ島沖 20〜50m
時間

6時00分〜13時00分  

釣果

カワハギ  7匹 外道多数 

使用タックル

ロッド 極鋭205
リール ギガソルト
ライン:PE1号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
佐藤 淳 


今年3回目のカワハギ釣りに行って来ました。
昨日の瀬戸丸さんの釣果がトップ50超えだったので、期待を込めて
同じポイントに行って見ました。ちょっと深めの40mポイントから
始まり、第一投目から良型サイズGET! その後も深場を
探りながらも数は増えず。3匹目を釣ったあたりから
20m付近へ移動。その後もトラギス・ベラ・フグなどの外道続きで
めげずに続けたが結果プラス4匹で終了しました。
サイズは全部、25センチ前後の肝パンでした。

今回使用したアイテムはこちら

関連記事はこちら


コメント
2015/12/01 10:25 神奈川県船釣り情報
釣行日

2015年11月29日(日)  

釣場
神奈川県横須賀市久里浜港 大正丸 剣崎沖140〜160m
時間

7時15分〜14時00分  

釣果

タチウオ 65〜90p  78本 

使用タックル

ロッド DAIWA  極鋭ゲームAGS H−185 
リール DAIWA  シーボーグ150J−L
ライン PE0.8号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 


週の前半から急激に釣果が伸び始め、束釣りの釣果も出る驚愕の釣れっぷり。
ポイントも剣崎沖とあまり聞いたことのない釣場の様子。
これは一度行ってみないと、と久々のタチウオ釣行となりました。
ポイントに最も近い久里浜からの出船。
定刻通り出船し、釣果の出ている久里浜沖、下浦沖は見向きもせず一路剣崎沖へ。
ポイントには剣崎の仕立船がおり、既にタチウオを釣り上げていました。
期待十分で釣り開始。
久里浜船が他に2隻と、朝一は合計3隻でスタート。
水深は160m、指示ダナは140m前後。
とりあえず145m辺りから探ってみると、なんと仕掛が馴染んですぐにアタリ!
朝の1投目からいきなり一荷で上がってきました。
かなりの高活性のようです。次の投入でも、すぐにアタリ、また一荷。
次の投入でも一荷、次も一荷…、活性高すぎです。
投入して、仕掛が馴染めばすぐアタリ。朝の2時間は爆喰い状態!
水深が140mと深いので手返しは悪いですが、20投で30本。
2回に1回は一荷と言う、超高活性状態。
その後は少し魚の活性は落ちましたが、ほぼ空で上がってくることはなく、アタリが連発。
潮変わりの1時間半前後は少しアタリが遠のきましたが、潮が動き始めたら、また入れ食い!
沖上がり1時間前には朝のような活性に戻り入れ食い状態で時間いっぱいまで楽しめました。
終わってみれば78本、今季自己最高釣果を記録できました。

今回使用したアイテムはこちら

関連記事はちら


コメント

10件の記事