• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2015年3月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ

アオリイカ(12)
アオリエギング(1)
アカハタ(1)
アカムツ(4)
アコウ(1)
アジ(1)
エギーノぴょんぴょん(1)
エギング(8)
エギ王K(1)
エギ王KHF3.5S(1)
エギ王Q(2)
エギ王Q LIVE サーチ(2)
エギ王Q LIVEサーチ3.5(1)
エギ王QLIVE(1)
エギ王QLIVEサーチ(2)
エギ王Qライブ3.5(1)
エギ王Qライブサーチ3.5S(1)
おっぱいスッテ(14)
おっぱいスッテ3.8−1(2)
おっぱいスッテ布巻(1)
カツオ(3)
カワハギ(1)
きずなまりん(1)
キハダ(2)
ケンサキイカ(1)
ゴムヨリトリ(1)
サーベリング(1)
シイラ(3)
シャクリシンカー(1)
その他(2)
タイラバ(4)
タコ(1)
タコじゃらし(1)
タチウオ(13)
タチ魚針WF(1)
チビイカ(1)
チビエビ5(1)
チビトト(11)
チビトト4(2)
トトスッテ(2)
ととスッテ(2)
ナオリ−RH(1)
ナオリー(1)
ナオリーRH(1)
ニュークロー(1)
パニックベイト(4)
パニックベイトタチウオ(2)
ピッカピカ針(4)
ピッカピカ針5 8−1T(2)
ボートエギング(2)
マイカ(5)
マシュマロボール(2)
マダイ(5)
マダコ(1)
マルイカ(13)
ムギイカ(9)
メタルフリッカー(1)
ヤリイカ(2)
ライトアジ仕掛け(1)
ライトエギング(1)
ワカシ(1)
安浦港沖(1)
横須賀沖(1)
観音崎沖(1)
喜平治丸(1)
串本大島沖(1)
犬吠埼沖(2)
玄界灘(2)
紅アコウ(1)
佐円丸(1)
佐賀県伊万里湾(2)
佐賀県唐津市 鷹島沖8〜15m きずなまりん(1)
三崎港佐円丸(1)
春イカ(1)
初島沖(1)
深海魚(1)
神奈川県三浦半島(6)
須磨沖(2)
錘スッテ(6)
船イカ(5)
船テンビンK型(2)
相模湾(4)
鯛歌舞楽(2)
鯛乃玉(5)
大阪湾(1)
淡路沖(1)
長谷川丸(3)
東京湾(3)
熱海沖(1)
波動ベイト(3)
波動ベイトスリム(1)
飛龍(1)
兵庫県洲本〜由良沖(2)
本山 淳子(1)
明石沖(1)
猛光タチ魚(1)
猛光タチ魚テンヤ(1)
猛光太刀魚テンヤ(4)
猛光太刀魚テンヤ40号(1)
猛光太刀魚テンヤ船(3)
猛追太刀魚テンヤ40号プロト(1)
猛追太刀魚テンヤ船(1)
和歌山県(1)
和歌山県 湯浅沖(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ釣果情報BLOG

2015/03/31 09:17 長崎県船釣り情報
釣行日

2015年3月28日(土)  

釣場
長崎県壱岐沖95m
時間

6時00分〜17時00分  

釣果

マダイ(〜65p)2枚
レンコダイ 

使用タックル

ロッドーリーディングX64
リールーアルデバランMG7
 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
加藤 孝幸 

壱岐の勝本沖に大型マダイが集結しているとの事で、
新商品の鯛歌舞楽シリーズを試運転!

釣場について、日が陰っていましたので他の乗船者の使う赤系・オレンジ系とは
異質なカラーリングのイエローを選択し、午前中は通して見ました。

するとそれが大当たりで、大物のバイトを引き寄せました!
掛かってからはなかなか巻き上がらないマダイをしなる軟竿で上昇させ、
上手い事取り込むことに成功!65pのマダイ君でした!

この後も日が上がっていくと、赤系・オレンジ系が良くなっていったようでした。

結果小型マダイやレンコダイが釣れ、納竿。

90〜100cm級も釣れているそうなので次はもっとサイズアップさせたいですね!


コメント
2015/03/25 09:55 アオリエギング釣果情報
釣行日

2015年3月22日(日)  

釣場
長崎県 平戸
時間

6時30分〜13時00分  

釣果

アオリイカ 6杯 

使用タックル

ロッド: X‐ARMATURA 斬83CA
リール:ステラC3000SDH
ライン:PE&#8212;EGI ULT 0.6号
リーダー:エギリーダーBS 3号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタエギングマイスター
柘植 学 

エギCOMメンバータケちゃんさんの主催する大会に本田さんと遊びに行ってきました。
AM6:30 タケちゃんさんの開会の挨拶からスタート。
まずは地磯に向かいます。大会参加者も数名来られておりご挨拶。
皆でしゃくるものの釣れない〜orz
主催者タケちゃんさんも登場!しますが、釣れないので移動します。
タケちゃんさんに御案内いただき、ランガン。途中本田さんがヤリイカを釣るものの、本命の姿が見えず・・・。
下げに向かう11時頃が時合だろうという事で、最後の本命場所へ移動。
本命場所は海藻絡みのシャロー帯だったので、迷わずシャロータイプのエギをチョイス。
海藻の上をゆっくり漂わせているとようやく来ましたアオリイカ!!
200g欠けるぐらいのサイズでしたが嬉しい1杯。
同じパターンで攻めると直ぐに追加。今度は300g級少しサイズUP(笑)
下げのタイミングで時合到来!!パタパタと200g〜300g級が釣れ、気が付けば6杯の釣果。
小型ながらこの時期珍しい連発を楽しみ帰着時間が近づいたので、終了としました。

タケちゃんさん大変お世話になりました。ありがとうございました!!

今回使用したエギはこちら

アオリイカの釣果情報はこちら


コメント
2015/03/23 15:31 神奈川県船釣り情報
釣行日

2015年3月21日(土)  

釣場
神奈川県横浜市金沢八景 忠彦丸
時間

12時30分〜16時00分  

釣果

アジ15〜25cm 54匹 

使用タックル

ロッド:DAIWA リーディング73 M−200
リール:DAIWA スマック100HL
ライン:PE1号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
兵動 太一 


東京湾の絶品金アジを求めて、金沢八景忠彦丸のライトアジ船へ行ってきました。
この日は潮回り良く、程よい濁り潮。コンディションはばっちりですが、午前船は渋かった様子…。
また、個人的にここ最近アジ釣りでは屈辱を味わい続けており、期待と不安を抱えながら出船です。
ポイントは港からすぐ沖の八景沖の30m。
指示タナでコマセを振って、待つ…前に、なんと一投目から投入即ヒット!今日は爆釣だ〜!

と思いきや、最初の1匹以降、しばし沈黙します。期待が不安に変わろうとした頃、コマセが効き出したのか、再びヒット!

その後は入れ食いとまではいかないまでも、10投に8〜9匹は釣れるハイペース!
前半でおかずは確保完了。余裕が出てきた後半は、追い食い狙いに徹します。
後半も食いは続き、思惑通りのダブルヒットが頻発。

時にはトリプルも達成し、数は伸びる一方!

ラストの一投まで釣れ続き、最終結果は54匹!帰宅後は絶品アジを思う存分堪能できました!


コメント
2015/03/23 09:18 神奈川県イカ船釣り情報
釣行日

2015年3月22日(日)  

釣場
神奈川県三浦市 佐円丸 城ケ島沖 65〜85m
時間

6時30分〜13時30分  

釣果

マルイカ  15〜25p 21杯
ヤリイカ 1杯 
ムギイカ 3杯 

使用タックル

ロッド DAIWA  極鋭ゲーム170 FEEL
リール DAIWA  エアドレッドチューン100L
ライン PE0.8号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 


前回の釣行では、かなりひどい結果となったものの、城ケ島沖で型が見られたという、
次回に繋がる期待もあったので、懲りずに今週も行ってきました。
朝から久々の快晴、風も無風で海はベタ凪と、最高の釣り日和です。
お客様8名を乗せ、出船。
城ケ島沖へ。前日の水深は60m前後とのことで、まずはそのラインを探索するものの、
反応が見つからないようで、少し長めのクルージング。
徐々に沖を探索し、水深80mラインでようやく、反応を発見し1投目。
着底してしばらくすると、早速アタリ!
幸先よく1杯目をキャッチ。
深場のせいかサイズも比較的良型。
その後の3流しは空振りに終わったものの、4流し目。
かなり触りが多く感じたので、少しアワセのタイミングを遅らせ、一荷。
そのまま続けてもう一回一荷。その次は1杯と、3連チャン。
その後はイカの足が速く、空振りの流しが多いものの、上手く間に合えば乗るような感じで、
ムギ混じりでポツポツと追加。
水深は60mラインも攻めたものの、殆ど反応なく、終始80m前後のタナでノッていました。
この日は50〜60mラインは海中の汚れがひどく、それを嫌がって少し深みに落ちたのだろうとのこと。
汚れが取れれば、もう少し浅場で楽しめそうです。

前日には特大弁慶サイズも上がっており、これからは特大サイズも混じりさらに楽しめそうです。


コメント
2015/03/18 09:15 神奈川県船釣り情報
釣行日

2015年3月15日(日)  

釣場
神奈川県横須賀市佐島 海楽園
時間

7時00分〜14時00分  

釣果

アジ 20〜30cm 15匹 

使用タックル

ロッド:DAIWA リーディング73 M−200
リール:DAIWA シーボーグ150J−L
ライン:PE2号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
兵動 太一 


前日は安定のターゲット、エビメバル船でまさかのボウズ。
どうにか心の傷を癒すべく、多彩な魚達に遊んでもらおうと、海楽園のライト五目船へ行ってきました。
この日は釣り日和の日曜日でしたが、事前の予報悪く、集まったお客さんは少なめの6名。
出船し、三戸輪沖水深60mのアジ狙いから開始。人数が少ないのもあり、コマセが効かず、なかなかヒットしてくれません。
足の速いアジを足止めしてやろうと、コマセを広く小出しにせず、指示棚の中のワンポイントにヤマを張って、ドカ撒き一発勝負。
すると、ヤマが当たったのか?ようやくヒット。追い食いを狙って待っていると、乗ってきました!
いい具合の重さになったところで巻き上げてくると、狙い通りの3匹!抜き上げで1匹ポロリしましたが、ファーストヒットは幸先よく一荷!
このままノッていくかとおもいきや、残念ながらあとが続かず。
2〜3投で流しを変え、ポツポツと拾っていく感じでした。
その後、イサキポイントの浅場を責めるも、この日は船中型見た程度。
再びアジポイントに戻りますが、ペースはかわらず終始ポツポツで、アジ釣りらしい時間帯は訪れず、さほど数は伸びませんでした。
この日はアジ狙い中心でしたが、これから初夏にかけて、イサキがアツくなる季節。
また行きたいと思います。


コメント
2015/03/17 09:19 神奈川県船釣り情報
釣行日

2015年3月14日(土)  

釣場
神奈川県横浜市金沢八景 弁天屋 八景沖 30m
時間

7時30分〜11時00分  

釣果

メバル  15〜25p 5匹 

使用タックル

ロッド:1.9m ライトゲームロッド
リール:中型両軸リール
ライン:PE1号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
栃木 雅史 


食材確保の為、旬な魚を釣りに金沢八景弁天屋さんへエビメバル。
当日は、多くの釣り人で大賑わい
港から10分ほど走った八景沖を中心に狙います。
開始早々に20cmオーバーを3匹キャッチし、その後アタリが無くなり、その後海堡周りや野島沖を探り拾い釣り。
メバルの他にカサゴ等も釣れ、半日船をしっかり楽しめました。

当日のヒットパターンは、底立ちはコマメに取って、誘わず何もしないで待つ。
金沢八景のこの時期のエビメバルは、生きたモエビを使い、汚れや気になる匂いも無く、電車釣行でも安心です。
レンタルタックルも充実している船宿も多く、お手軽フィッシングに最適です。

メバルは釣った後に捌くのも簡単で、大変美味!
今回は、洋風にアクアパッツァとカルパッチョで頂きました。


コメント
2015/03/16 09:14 神奈川県イカ船釣り情報
釣行日

2015年3月15日(日)  

釣場
神奈川県横須賀市佐島港 海楽園 亀城根〜城ケ島沖 65m〜92m
時間

7時00分〜14時00分  

釣果

マルイカ  15〜25p 6杯 

使用タックル

ロッド DAIWA  極鋭MCゲーム160
リール SHIMANO ステファーノ201
ライン PE0.6号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 


平日の長いシケを終え、海の様相も一変して良くなっていることを期待して、相模湾へマルイカ釣行。
荒れた直後の金曜日は燦々たる結果、土曜日に持ち直してきていたので、日曜日は爆釣??と期待しての釣行です。
週間予報では雨予報だったものの、前日には晴れ予報に変わり、ベタ凪の中出船となりました。
釣場は亀城根に変わり、水深も先週とはうって変わって、80m前後。
手巻きか電動が迷うところですが、今回は手巻きで頑張ってみることにしました。
ポイントまでは航程10分ほど。
ポイントについて、探索しますが、なかなか見つからず…長いクルージングタイム…
ようやく投入できたものの、アタリは無い状態…
いったいどうしたものか…
9時半までは船中誰もアタらず、イカも取り込まれず…
周りには各地から船が集まっているものの、あまり上がっている様子はありません。
ようやく、9時半過ぎに船中で1杯マルイカが上がり、活気づきます。
10時過ぎにはようやく自分も1杯。
チビエビ3.5のGSBに乗ってきました。
そのまま続くかと思いましたが、ロングクルージングタイム&アタリなし状態から解放されません。
昼を迎えてたところでバケツのマルイカは3杯…
かなりの渋さ…
ここで、残りの1時間、城ケ島沖へ。水深は同じくらいのところ。
移動直後から1杯釣れ、移動するたびにアタリはあり、2杯追加しての終了。

荒れ後で深みに落ちてしまったものの、城ケ島沖でも模様が見られ始めたので、これからが楽しみです。


コメント
2015/03/11 09:44 福岡県陸釣り情報
釣行日

2015年3月8日(日)  

釣場
福岡県北九州市 波止
時間

7時30分〜10時30分  

釣果

コウイカ2杯 

使用タックル

ナオリーフィーリングシャフトLT802L
イグジスト2500
PE0.6号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
加藤 孝幸 

春の風物詩、関門コウイカの声が聞こえてきましたので調査へ。
暗いうちに有名釣場を回りましたが墨跡が各地にあり釣れる雰囲気がします。

あかるくなりお目当ての釣り場へ。関門海峡の本流の当たる場所は潮の緩む時間帯しか
勝機が無いと判断し、流れの緩やかな内湾地の堤防へ入りました。

先行者の方が早速コウイカを上げており期待大!

当地の定番仕掛のエギスッテの胴突仕掛けを波止探りキャスト!
ずるずる底を引いて乗せの間を取り、さらにずるずる引いて乗せの間を取る。。。

するとぐぐぐと重さが伝わりヒット!小ぶりでしたが現地で松葉イカと呼ばれるコウイカでした。
この後引き続き探りましたが途中スナメリが目の前を回遊して行くなどかなり愕然としましたが、
少したって2杯目もヒットし納竿。

関門コウイカは順調に始まっており、引き続き松葉イカが釣れた後、今後シリヤケイカの数釣りが始まってくると思います。


コメント
2015/03/09 10:15 神奈川県船釣り情報
釣行日

2015年3月8日(日)  

釣場
神奈川県平塚市平塚港 庄治郎丸 葉山沖 17m〜29m
時間

6時00分〜14時00分  

釣果

マルイカ  10〜15p 12杯 

使用タックル

ロッド DAIWA  極鋭MCゲーム160
リール SHIMANO ステファーノ201
ライン PE0.6号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 


ここ最近では最も安定している葉山沖のマルイカ。
人によって釣果の差が大きく、難易度はかなり高いという話。
そんなマルイカに挑んできました。
予報は北風。前日の予報では凪予報でしたが、当日になっても前日の風は止まず、
北風強風の寒い中の出船となりました。
ポイントは好調続く葉山沖。航程約30分。水深は20m〜30mの浅場です。
ポイントには既に湘南エリアの船が集結。
ポイントに着いて1流し目。北風が非常に強く、穂先が揺れてアタリが取れません…。
そんななか隣ではいきなりの4連チャン。
期待は膨らみますが、風でアタリが出ているのかどうかすらわかりません…。
3流し目でようやく1杯目をキャッチ。サイズはマイクロサイズで、チビエビ3.5に乗ってきました。
その後もアタリが取れない状況が続きます。
アタリが出たようなときは既にアワセは遅れ、掛かりません。。。
なんとか風が一瞬止んだ時にアタリを取るような形でポツ、ポツっと追加。
どのマルイカもマイクロサイズばかり。アタリ自体も極めて小さく、微妙な穂先の変化だけです。
そんな強風高波の中、胴の間で1人コンスタントに釣っているお客様が…。
釣り方を聞いてみると、ゼロテンション釣法でアタリを取っているとのこと。
ゼロテンションにしてマルイカに違和感を与えず、抱き時間を長く取って掛けるようです。
この釣法はどちらかというと、自分は苦手な部類。
でも、これでしか結果が出ないのであれば、するしかありません。
その方に教えてもらいながら、ゼロテンション釣法に挑みます。
最初は微妙なテンションの掛け方に四苦八苦しながらも、なんとか徐々に習得。
後半には3連チャン、2連チャンもでき、なんとかツ抜けもできて、終了となりました。


コメント
2015/03/03 09:16 神奈川県船釣り情報
釣行日

2015年2月28日(土)  

釣場
神奈川県三浦市三崎港 初丸
時間

7時00分〜13時30分  

釣果

オニカサゴ 20〜33cm 7匹 

使用タックル

ロッド:DAIWA リーディング73 M−200
リール:DAIWA シーボーグ150J−L
ライン:PE2号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
兵動 太一 


2週連続の仕立船鬼カサゴ釣りへ行ってきました。
基本的にスベリ知らずのオニカサゴ狙いですが、先週は見事に撃沈。

リベンジを果たすべく、今回は原点に戻ってライトな竿での挑戦です。
この日は潮回りは長潮。さらに出船早々、風が強く釣りにくい状況・・・。

リベンジを心に誓ったものの、正直あまり期待はできない状況です。

開始早々、ポイントのごく近くでナブラ発生!ジグを落としたい場面でしたが、ここはオニカサゴに一本集中。

ナブラを横目に誘いをかけていると、幸先よく30cm級をゲット!
釣ったオニカサゴが吐き出したのは、12〜3cmのカタクチイワシ!
この日は運よくちょうど同サイズのイワシエサ持ち合わせており、マッチザベイトで爆釣!
と思いきや、そう上手くはいかず・・・。小型や外道が多いのか・・・?イワシは歯形をつけられたり、分断されたりで終了。

アタリはあるものの乗せきれない展開が続きます。
シナリオ通りにいかず、その後の苦しい展開が予想されましたが、こんな状況を救ってくれたのがパニックベイトでした!
この日はパニックベイトが大当たり!釣れたオニカサゴのほとんどがパニックベイト!
パニックベイトなしの下針よりも、パニックベイト付の上針に食ってくるような状況です。
この日は大型こそ釣れなかったものの、コンスタントにアタリがあり、終わってみれば7匹ゲットでリベンジ達成!
帰宅後は絶品オニカサゴ料理を堪能することができました!


コメント

10件の記事