• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2017年9月 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ

アオリイカ(12)
アオリエギング(1)
アカハタ(1)
アカムツ(4)
アコウ(1)
アジ(1)
エギーノぴょんぴょん(1)
エギング(8)
エギ王K(1)
エギ王KHF3.5S(1)
エギ王Q(2)
エギ王Q LIVE サーチ(2)
エギ王Q LIVEサーチ3.5(1)
エギ王QLIVE(1)
エギ王QLIVEサーチ(2)
エギ王Qライブ3.5(1)
エギ王Qライブサーチ3.5S(1)
おっぱいスッテ(14)
おっぱいスッテ3.8−1(2)
おっぱいスッテ布巻(1)
カツオ(3)
カワハギ(1)
きずなまりん(1)
キハダ(2)
ケンサキイカ(1)
ゴムヨリトリ(1)
サーベリング(1)
シイラ(3)
シャクリシンカー(1)
その他(2)
タイラバ(4)
タコ(1)
タコじゃらし(1)
タチウオ(13)
タチ魚針WF(1)
チビイカ(1)
チビエビ5(1)
チビトト(11)
チビトト4(2)
トトスッテ(2)
ととスッテ(2)
ナオリ−RH(1)
ナオリー(1)
ナオリーRH(1)
ニュークロー(1)
パニックベイト(4)
パニックベイトタチウオ(2)
ピッカピカ針(4)
ピッカピカ針5 8−1T(2)
ボートエギング(2)
マイカ(5)
マシュマロボール(2)
マダイ(5)
マダコ(1)
マルイカ(13)
ムギイカ(9)
メタルフリッカー(1)
ヤリイカ(2)
ライトアジ仕掛け(1)
ライトエギング(1)
ワカシ(1)
安浦港沖(1)
横須賀沖(1)
観音崎沖(1)
喜平治丸(1)
串本大島沖(1)
犬吠埼沖(2)
玄界灘(2)
紅アコウ(1)
佐円丸(1)
佐賀県伊万里湾(2)
佐賀県唐津市 鷹島沖8〜15m きずなまりん(1)
三崎港佐円丸(1)
春イカ(1)
初島沖(1)
深海魚(1)
神奈川県三浦半島(6)
須磨沖(2)
錘スッテ(6)
船イカ(5)
船テンビンK型(2)
相模湾(4)
鯛歌舞楽(2)
鯛乃玉(5)
大阪湾(1)
淡路沖(1)
長谷川丸(3)
東京湾(3)
熱海沖(1)
波動ベイト(3)
波動ベイトスリム(1)
飛龍(1)
兵庫県洲本〜由良沖(2)
本山 淳子(1)
明石沖(1)
猛光タチ魚(1)
猛光タチ魚テンヤ(1)
猛光太刀魚テンヤ(4)
猛光太刀魚テンヤ40号(1)
猛光太刀魚テンヤ船(3)
猛追太刀魚テンヤ40号プロト(1)
猛追太刀魚テンヤ船(1)
和歌山県(1)
和歌山県 湯浅沖(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ釣果情報BLOG

2017/07/21 09:28 京都府船イカ情報
タグ: 船イカ  マイカ  錘スッテ  エギ王Q  おっぱいスッテ布巻 
釣行日

2017年7月14日(金曜日)  

釣場
舞鶴沖(TOPS JAPAN)
時間

18:00〜24:30  

釣果

マイカ 15cm〜25cm 11杯 

使用タックル

ロッド:ダイワ ライトゲームX 73M
リール:ダイワ エアド100HL
ライン:PE0.6号

 

使用アイテム
記入者

フィールドスタッフ
櫻井 亮太
 

初めてのイカメタル釣行報告になります。

ポイントまでは、約1時間ほどで到着!

とても綺麗な夕陽を見ながら釣りを開始!

周りの先生方や船長に教わりながら釣りを開始します。

初めの、明るいうちは底をメインに狙うと良いとのこと。

そこで、底から5m付近を攻めますが無反応。

船長からのアナウンスで魚探に中層付近にベイトの濃い帯が出てきているとのこと。

すると隣の方が、中層でイカをヒットさせたので、自分も真似することに。。。

同じ水深でシャクったあとにステイさせているとモゾモゾ・・・というアタリ?の様な感じがあったので

とりあえず合わすと、ズシッっと重みが乗りました!

初めてのマイカは透き通っていて綺麗でした。

そこからは、少しコツが分かってきて何本か連続でゲット!

ドロッパーとスッテのダブルもありました。

少し動かした後の、ステイでアタリを取って掛けるというところが太刀魚のテンヤの釣りに似ていると感じました。

あと思ったのは結構引きが強いというところ、グングン引いてきて面白かったです。

当日はかなり渋かったようなので、こんどは入れ乗りを経験してみたいです。

 


コメント
2017/07/20 14:29 京都府船イカ情報
タグ: 船イカ  マイカ  錘スッテ  エギ王Q  ととスッテ 
釣行日

2017年7月14日(金曜日)  

釣場
舞鶴沖(TOPS JAPAN)
時間

18:00〜24:30  

釣果

マイカ4杯 

使用タックル

ロッド:DAIWA紅牙K67HB-S
リール:DAIWA LIGHT GAME ICV150
ライン:PE0.6 リーダー YAMASHITAイカメタル アシストリーダー ショートスタイル
 

使用アイテム
記入者

フィールドスタッフ
本山 淳子
 

連日の猛暑で日中の釣りはちょっと・・・って気分の時に最適なのが

『大人の夜遊び』ならぬイカメタル!
出船は陽が傾き始める18時。
港からポイントまで1時間ほど走る間に陽が沈み、涼やかな風を感じながらいよいよ釣り開始。
最近の時合は20時頃という事で、それまではベタ底の水深68m付近から30m付近の範囲を

肩慣らしのように探る釣り。
連休前夜ということもあってか、通常よりも出船している船が多くハイプレッシャーだったようで

時合の頃になってもイカのアタリも棚もまばら、サイズも大〜小が入り混じり当たっても乗らない

気難しい状況でした。
前半ドロッパーに、ととスッテを使用するも反応なく、後半エギ王 Q Liveサーチ490グローに変えた

一投目のフォール中にアタリ!即合わせで良型のマイカGETです
次は細かく誘ってみたり、一転大きく誘いステイ時間を長めにしながら様子を伺っていると

底付近で大きなアタリ!再び良型のマイカがきました!
この日は490グロー効果を感じるかのような釣りでした。
ドロッパー、スッテのカラーやサイズローテーションを楽しみながら

その日のアタリを探るのも面白いイカメタル!
夕涼みがてら釣りに出かけられてはいかがでしょうか?


コメント
2014/07/09 14:23 神奈川県船イカ情報2
タグ: 船イカ 

釣行日 2014年7月6日(日) 場所 神奈川県三浦市 毘沙門港金長丸                毘沙門〜城ケ島沖 12−25m
時間

13時00分〜16時00分

釣果

マルイカ  7〜20cm 18杯

使用タックル

ロッド -DAIWA 極鋭MCゲーム160 
リール -シSHIMANO ステファーノ201        

ライン :PE0.6号          

使用アイテム  チビイカ5、 チビエビ5  
記入者 ヤマシタスタッフ
山中陽介


午後から唯一マルイカ船を出している金長丸に行ってきました。
午後船の良い所は他の乗合船がいないので、プレッシャーのかかり方が午前中とは違います。(おそらく…)
短時間ながら束超えすることもあり、期待が膨らみます。
ポイントは極近の港前からスタート。
水深は15m。
1投目からアタリがあり、小型ながらマルイカをゲット。
これはもしや爆ノリのスタートか?
と思いましたが、2投目にはアタリがなくなり期待外れ。
その後はアタリのない流しが続きます。

ポイントを転々として、伝馬船団ができているところで、ようやく連発。
しかし、すぐに群れが移動してしまい、何度も反応を当て直すような形で数を稼いでいきます。
サイズも小さく、掛けるのもなかなか難易度が高めです。

なんとかツ抜けまでは達成しましたが、渋い状況には変わりありません。
結局最後まで渋い状況が続き、20杯までは届かず...

時間切れ、終了となりました。

船長は反応は入れ乗りしてもおかしくないような反応とのことで、少し状況が変われば爆発しそうです。


コメント
2014/07/09 13:14 神奈川県船イカ情報
タグ: 船イカ 

釣行日 2014年6月29日(日) 場所

神奈川県三浦市 間口港喜平治丸                

剣崎沖 12−25m

時間 5時30分〜12時30分 釣果

マルイカ  7〜20cm 57杯                 

  ムギイカ 15〜20p 11杯

使用タックル

ロッド -DAIWA 極鋭MCゲーム160 
リール -SHIMANO ステファーノ201              

ライン PE0.6号       

使用アイテム  チビイカ5、 チビエビ5 Lおっぱいスッテ5−1 
記入者 ヤマシタスタッフ
山中陽介

剣崎沖〜城ケ島沖にかけての浅場でマルイカが好調に釣れているようなので、様子を見に行きました。
好調なマルイカだけあり、船宿に集まったお客様はおよそ50名ほど。
3隻に分かれて出船となりました。

ここ最近はブランコ仕掛の調子が良いようなので、上4本は直結、下1本だけ6pのブランコの変則仕掛を試します。
5時半に出船。ポイントは港から航程5分の剣崎沖。
探索してすぐに反応を見つけ急停止。
水深は15mとかなり浅めです。
潮が少し濁っています。

着ノリはありませんでしたが、しばらくステイさせていると、フワフワっとアタリ!
潮が少し効いているせいか、1番下のブランコ仕掛に掛かっていました。
その後もブランコ仕掛に連発。
1流しで5杯をキャッチ。

旋回し直すと、少しスレたのかアタリは1流し目よりも少なくなりましたが、
アタリはポツポツとあります。

サイズは小型が中心。
しばらくアタリが続き、ツ抜けまではそれほど時間がかからず、3流しで達成。

好調なスタートだったのでこのまま行けば束超えもあり?
と淡い期待をしましたが、そう簡単にはいかず、渋い時間がやってきました。

それでも渋いながらもアタリはあり、ポツリポツリとマルイカを追加。

そのうちアタリも殆どなくなり、ここでポイントを城ケ島沖へ移動。
少し船団ができており、期待はできそうです。

水深は25mとさっきよりは少し深め。
アタリは渋いですが、それでも剣崎沖よりもサイズが良いこともあり、掛かりはよく、
連荘、連荘で、1流し17連荘。

しかし2流し目からはやはりスレてしまい、一気にアタリがなくなりました。
スレるのは早く、群れ自体は小さいようです。

城ケ島沖は早々に見切りをつけ、毘沙門沖へ。
水深は18m前後。
マルイカのサイズは小さく、アタリの割には掛かりがイマイチで、掛けるのには苦戦しましたが、
アタリが多いので楽しめます。

旋回し直してもアタリは殆ど変らないので群れは大きいようです。
時間いっぱいまで毘沙門沖で狙い、時間切れとなりました。

青物の気配は殆どないので、マルイカが浅場まで入り込んでおり、
まだしばらくは楽しめそうです。


コメント
2014/07/09 11:11 福岡県船イカ情報
タグ: 船イカ 

釣行日 2014年6月28日(土) 場所 福岡県宗像市大島わかしお丸 筑前大島沖60m
時間 18時00分〜25時00分 釣果 ヤリイカ(ケンサキイカ) 10杯
使用タックル ロッド - リーディングX64
リール -フォースマスター401DH
使用アイテム  おっぱいスッテ布巻 4−T2                   イカ釣リーダー 5本玄海・山陰         
記入者 ヤマシタスタッフ
加藤孝幸

 

シーズンインしている夜焚きに行ってきました!…がついていないことに風+波!苦境のなか修行してきました。

ポイントに着き明かりがともされて時間が経ちますが、イカの付が悪く、スロースタート。

ポチポチあたるのですが10時を周ったころまでエンジンが掛かりませんでした。

しかし上がってくるのは良型のイカでした。

この日良かったのは市松柄のスッテ。

柄の変化が出やすいカラーリングがシビアなイカを見事に拾い上げてくれました。

また天気が良い日に乗りたいですね!


コメント

5件の記事