ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2018年2月 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

アーカイブ

2018年01月(7)
2017年12月(13)
2017年11月(14)
2017年10月(10)
2017年09月(20)
2017年08月(5)
2017年07月(7)
2017年06月(9)
2017年05月(16)
2017年04月(3)
2017年03月(9)
2017年02月(3)
2017年01月(8)
2016年12月(3)
2016年11月(8)
2016年10月(7)
2016年09月(6)
2016年08月(4)
2016年06月(4)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(6)
2016年02月(4)
2016年01月(6)
2015年12月(10)
2015年11月(10)
2015年10月(22)
2015年09月(10)
2015年08月(14)
2015年07月(10)
2015年06月(20)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(10)
2015年02月(8)
2015年01月(13)
2014年12月(5)
2014年11月(24)
2014年10月(24)
2014年09月(36)
2014年08月(15)
2014年07月(17)
2014年06月(17)
2014年05月(29)
2014年04月(19)
2014年03月(15)
2014年02月(7)
2014年01月(5)
2013年12月(9)
2013年11月(14)
2013年10月(19)
2013年09月(16)
2013年07月(13)
2013年06月(14)
2013年05月(14)
2013年04月(10)
2013年03月(2)
2013年02月(10)
2013年01月(2)
2012年12月(6)
2012年11月(6)
2012年10月(16)
2012年09月(5)
2012年08月(10)
2012年07月(22)
2012年06月(18)
2012年05月(39)
2012年04月(8)
2012年03月(10)
2012年02月(21)
2012年01月(4)
2011年12月(12)
2011年11月(39)
2011年10月(31)
2011年09月(16)
2011年08月(30)
2011年07月(20)
2011年06月(29)
2011年05月(37)
2011年04月(10)
2011年03月(2)
2011年02月(14)
2011年01月(15)
2010年12月(32)
2010年11月(50)
2010年10月(78)
2010年09月(55)
2010年08月(35)
2010年07月(12)
2010年06月(13)
2010年05月(30)
2010年04月(28)
2010年03月(1)

タグ

YHビーズ(4)
アオリイカ(21)
アオリエギング(1)
アカハタ(1)
アカムツ(12)
アコウ(1)
アジ(1)
アマダイ(2)
アマダイ仕掛(1)
アマダイ仕掛 AMD2A(1)
イカ釣ヨリトリング(1)
イカ用中オモリ(4)
イナダ(1)
エギーノぴょんぴょん(1)
エギーノぴょんぴょんサーチ(1)
エギーノぴょんぴょんサーチ(1)
エギーノぴょんぴょんサーチ3号(1)
エギング(17)
エギ王K(6)
エギ王K HF(1)
エギ王KHF(2)
エギ王KHF3.5S(1)
エギ王Q(2)
エギ王Q LIVE サーチ(2)
エギ王Q LIVEサーチ3.5(1)
エギ王QLIVE(1)
エギ王QLIVE(3)
エギ王QLIVEサーチ(3)
エギ王QLIVEサーチ(5)
エギ王Qライブ3.5(1)
エギ王Qライブサーチ3.5S(1)
エギ王TR(3)
エギ王TR(3)
エギ王TR 3.5(1)
エギ王TRシンカー(1)
エギ王TRシンカー(3)
おっぱいスッテ(14)
おっぱいスッテ3.8-1(2)
おっぱいスッテ布巻(1)
オニカサゴ(1)
オニカサゴ仕掛(1)
カツオ(4)
カワハギ(11)
カワハギ仕掛KHNB(1)
カワハギ仕掛け KHNE3B2(1)
カワハギ仕掛け KHNSE3 5−3(1)
カワハギ仕掛けKHNB(1)
カワハギ糸付替針 KHNS(1)
カワハギ集寄DX(3)
カワハギ替針KHNS(1)
きずなまりん(1)
キハダ(3)
ケンサキイカ(1)
ゴムヨリトリ(1)
サーベリング(1)
シイラ(4)
シャクリシンカー(1)
シャクリシンカーⅡ(1)
スルメイカ(1)
その他(2)
タイラバ(4)
タコ(1)
タコじゃらし(1)
タチウオ(24)
タチ魚針WF(2)
チビイカ(1)
チビエビ5(1)
チビトト(11)
チビトト4(2)
ととスッテ(2)
トトスッテ(2)
ナオリ-RH(1)
ナオリー(1)
ナオリーRH(1)
ニュークロー(2)
パニックベイト(6)
パニックベイトオニカサゴ(2)
パニックベイトタチウオ(2)
パニックベイト根魚(8)
ピッカピカ針(4)
ピッカピカ針5(1)
ピッカピカ針5 8-1T(2)
ボートエギング(6)
ボートエギング(2)
マイカ(5)
マシュマロボール(10)
マダイ(5)
マダコ(1)
マルイカ(13)
みのすけ丸(1)
ムギイカ(9)
メタルフリッカー(3)
ヤリイカ(3)
ライトアジ仕掛け(1)
ライトエギング(1)
ワカシ(1)
ワラサ(1)
愛媛県宇和島市(1)
安浦港沖(1)
横須賀沖(1)
鴨川沖(2)
観音崎沖(1)
喜平治丸(1)
串本大島沖(1)
剣崎沖(4)
犬吠埼沖(2)
厳選ゴムヨリトリ真鯛(1)
玄界灘(2)
五エム丸(1)
広島湾(4)
江の島沖(1)
紅アコウ(1)
佐円丸(1)
佐賀県伊万里湾(2)
佐賀県唐津市 鷹島沖8~15m きずなまりん(1)
三崎港佐円丸(1)
山口県 周防大島(1)
洲本沖(1)
春イカ(1)
初島沖(1)
城ケ島沖(2)
深海魚(1)
神戸沖(1)
神奈川県三浦半島(11)
須磨沖(4)
錘スッテ(6)
千葉県(1)
船イカ(5)
船テンビンK型(11)
相模湾(5)
走水沖(1)
鯛歌舞楽(2)
鯛乃玉(5)
大阪湾(1)
大分県ブルースフィッシングサービス(1)
淡路沖(1)
竹岡沖(1)
長崎県(1)
長谷川丸(3)
東京湾(7)
熱海沖(2)
波動ベイト(3)
波動ベイトスリム(1)
飛龍(1)
福浦沖(1)
兵庫県洲本~由良沖(2)
本山 淳子(1)
明石沖(1)
猛光タチ魚(1)
猛光タチ魚テンヤ(1)
猛光太刀魚テンヤ(4)
猛光太刀魚テンヤ40号(1)
猛光太刀魚テンヤ船(10)
猛光太刀魚テンヤ船 30号(2)
猛光太刀魚テンヤ波止(1)
猛光太刀魚テンヤ波止シングルLL(1)
猛追太刀魚テンヤ40号プロト(1)
猛追太刀魚テンヤ船(8)
猛追太刀魚テンヤ船 40号 プロトタイプ(1)
網代沖(4)
目玉シンカー(6)
和歌山県(2)
和歌山県 湯浅沖(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom
10件のページが該当しました。
2018年01月05日 千葉県その他船釣り情報
タグ: 鴨川沖  パニックベイト根魚  マシュマロボール  イカ用中オモリ  アカムツ 
釣行日

2017年12月29日(金曜日)  

釣場
千葉県 鴨川沖
時間

AM6:00 〜 AM11:00  

釣果

アカムツ 23〜40p  8尾
ムツ 38p  1尾 

使用タックル

ロッド:Alpha Tackle ハイパーブレイドHBアカムツ180
リール:DAIWA シーボーグ500J IKA TUNE
ライン:PE4号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 

連チャンしてのアカムツ釣行。
前日の状況からすれば、一瞬の時合をモノにできるかどうか…
朝一は、前日同様カラスザメの猛攻に苦しみます…
上潮は流れていますが、底潮は殆ど動いていないのが糸の抵抗から伝わってきます。
しばらく、カラスザメに苦しみましたが、潮が動き始めた瞬間にやはり時合到来!
落とせばすぐにアタる入れ食い状況に突入。
サイズも前日よりはやや良く、喰いも前日よりも良い気配です。
ムツ交じりでWで上がってくることもあり、好気配。
1時間半くらいの時合で一気に量産。
この日は、前日よりも釣果よく、2017年のアカムツの釣り納めとしました。


コメント
2018年01月05日 千葉県その他船釣り情報
タグ: 網代沖  パニックベイト根魚  マシュマロボール  イカ用中オモリ  アカムツ 
釣行日

2017年12月28日(木曜日)  

釣場
静岡県 網代沖
時間

AM6:00 〜 AM11:00  

釣果

アカムツ 23〜33p 6尾 

使用タックル

ロッド:Alpha Tackle ハイパーブレイドHBアカムツ180
リール:DAIWA シーボーグ500J IKA TUNE
ライン:PE4号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 


前回の爆釣劇を再体験したく、再び南房へ。
朝一からの爆釣を期待しましたが、カラスザメの猛攻…
落とせど落とせど、すぐにカラスザメの餌食に…
なかなか好転しない状況が続きましたが、少し潮が動き始めたタイミングでバタバタっと
本命のアタリが出始めました。
ただ、前回に比べればややサイズは小振り。
まだ、本調子になるほどのレベルの潮の流れではないようですが
やはり潮が少し動くと、すぐに本命が口を使い始めるのは魚影が濃い証拠。
アカムツが喰い始めると外道が全く混じらないのも、このエリアの特徴です。
一時の潮の動きが止まると喰いも止まり、今回はその時間が短く
その一瞬の手返しで数を稼いで、終了。
前回の半分の釣果になりましたが、やはり爆発力を持っているエリアです。


コメント
2018年01月05日 静岡県その他船釣り情報
タグ: 熱海沖  パニックベイト根魚  マシュマロボール  船テンビンK型  アカムツ 
釣行日

2017年12月24日(日曜日)  

釣場
静岡県 熱海沖
時間

AM6:30 〜 AM11:30  

釣果

アカムツ 600〜780g 3尾 

使用タックル

ロッド:DAIWA ディーオ SPS80−180
リール:SIMANO フォースマスター3000
ライン:PE4号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
上嶋 一人 

自分へのクリスマス&誕生プレゼントは、毎年アカムツと決めているので行ってきました。
今年は、釣果の波が大きいのでボウズ覚悟の釣りになりそうです。

朝、船長の話では、ここ数日は顔は見れているとの事でしたが朝一だけだったり
最後の一投だったりと、喰う時間はその日によって違うとの事。
お客さんは、自分だけだったので、船長と世間話をしながらの1投目
明確なアタリではなかったものの、合わせるとそれなりの引きと重量感アリ。
最後の20m付近で独特のタタキがあり本命確定。
幸先よく700g級をキャッチ。
この1本で船長も自分も随分と気が楽になりました。

2投目を入れると、すぐに本命と分かるようなアタリがあり、少し小さいながらも2匹目をキャッチ。
ここで船長も竿を出し始めました。
3投目は、船長に当り本命キャッチ。
今日は出来過ぎだね〜なんて話をしながらの4投目は自分に本命が当たり
朝から4連荘の好発進。
しかし、ここからパタリとアタリが止まり、時々当たってもアブラザメとカゴカマスのみで終了となりました。


コメント
2018年01月05日 静岡県その他船釣り情報
タグ: 網代沖  パニックベイト根魚  マシュマロボール  船テンビンK型  アカムツ 
釣行日

2017年12月23日(土曜日)  

釣場
静岡県 網代沖
時間

AM6:30 〜 AM11:30  

釣果

アカムツ 33p 1尾 

使用タックル

ロッド:Alpha Tackle ハイパーブレイドHBアカムツ180
リール:DAIWA シーボーグ500J IKA TUNE
ライン:PE4号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 

11月、12月はアカムツ強化月間ということで、今回もアカムツ釣行へ。
今回は、不調続く東伊豆から出船。
11月末に一度ピークが来たものの、その後はまたしても不調が続いています。
この日は、朝からアタリが遠く、シロムツやキンメなどの小魚のアタリもなく
静かな時間が続いていきます…
1発目のアタリはアブラザメ、2発目のアタリはツノザメ
そして、3発目のアタリは最後の流しでようやく本命のアタリ!
これでもかというくらい慎重にやり取りをしました。
なんせアタリが極端になく、しかもラスト。

途中の激しい暴れには、かなりドキドキしながらの巻き上げです。
上がってきたのは小振りながらの本命のメタリックレッドの個体。
タモに収まり一安心。
この日はこれ1本のみ、船中もこの1本のみで終了となりました。


コメント
2017年12月19日 千葉県その他船釣り情報
タグ: 鴨川沖  パニックベイト根魚  マシュマロボール  イカ用中オモリ  アカムツ 
釣行日

2017年12月16日(土曜日)  

釣場
千葉県 鴨川沖
時間

6:00 〜 11:00  

釣果

アカムツ 25〜46p 12尾
キンメ  28〜33p  3尾
ムツ   25p      1尾 

使用タックル

ロッド:Alpha Tackle ハイパーブレイドHBアカムツ180
リール:DAIWA シーボーグ500J IKA TUNE
ライン:PE4号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 

水曜日に爆裂な釣果が出た、南房のアカムツ。

その釣果を期待して、南房まで遠征してきました。

前日、船長から連絡があり、船中ゼロだったとの凶報が…

やや不安を抱えながらの出船となりました。

しかし…その不安は1投目で払拭されました。

1投目から本命のアタリ。

惜しくも、水面でバラすという失態を起こしましたが、本命がいることを確認。

この流しで同船者は1尾本命をキャッチ。

2流し目もすぐにアタリ!

先ほどよりも、強い引き込みで上がってきたのはキロオーバーの特大サイズ。

このアカムツから、連発!

着底とほぼ同時にアタリが出るという、まさに入れ食い状態!

落とせば本命のアタリが出るというような、これまでに経験がないほどの釣れっぷりです。

潮が速いので1流し1投という制限はありますが、落とす度にアタリが出る状況です。

結局、半日で16流ししたうち、本命は13回当たり、うち2回バラシ…

あとは、キンメやムツの外道に邪魔されたくらいで、稀に見るアカムツの入れ食いを堪能しました。


コメント
2017年12月19日 静岡県その他船釣り情報
タグ: 網代沖  パニックベイト根魚  マシュマロボール  船テンビンK型  アカムツ 
釣行日

2017年12月13日(水曜日)  

釣場
静岡県 網代沖
時間

6:30 〜 11:30  

釣果

アカムツ 33p 1尾
スミヤキ 30〜33p 2尾 

使用タックル

ロッド:Alpha Tackle ハイパーブレイドHBアカムツ180
リール:DAIWA シーボーグ500J IKA TUNE
ライン:PE4号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 

一時期の好調からやや下降気味ながら東伊豆エリアへ。

朝イチ、やや潮の具合が??って状況で仕掛がなかなか安定しません…

そんな仕掛が安定しない中、いきなりの本命らしきアタリ!

強烈な2枚潮なので、ややゆっくりめに巻上開始。

途中、ガクガクと竿を叩く引きは、本命確信の引き。

上がってきたのは、やや小ぶりながら、よく肥えたアカムツでした。

その後は、なかなかアタリが続かず…

時折スミヤキのアタリは有るものの、その後は本命のアタリは訪れず…

結局、本命のアタリなく終了となりました。

かなり魚が少ない感は有りますが、かろうじて型は見れている状況です。


コメント
2017年12月14日 静岡県その他船釣り情報
タグ: 網代沖  パニックベイト根魚  マシュマロボール  船テンビンK型  アカムツ 
釣行日

2017年12月2日(土曜日)  

釣場
静岡県 網代沖
時間

AM6:30 〜 AM11:30  

釣果

アカムツ 35p 1尾
アラ  30〜51p 2尾 

使用タックル

ロッド:Alpha Tackle ハイパーブレイドHBアカムツ180
リール:DAIWA シーボーグ500J IKA TUNE
ライン:PE4号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 

やや復調気味の東伊豆アカムツへ。

朝一は、やや浅めからスタート。

アラも釣れるかも…との思惑から、やや低めのタナから狙ってみます。

すると1投目からシャープなアタリ!

これはもしや!?と慎重にやり取り。

100mをきった辺りで竿先がフワフワとなりだしたので、狙い通りの魚の可能性がUP。

リールのカウンターがゼロになったところでボコッと魚が浮き上がりました。

1投目から、思惑通りのアラが釣れました。

その後も小アラを1本追加。

裏本命が釣れたところで、やや深みへポイント移動。

潮がやや緩い感じだったので、頻繁に誘いをかけていると

鋭いアタリ!

掛けた瞬間に本命と確信ができたので、慎重に巻き上げ。

上がってきたのは、やや小ぶりながらも本命のアカムツ。

その後は、特に本命のらしきアタリもなく、この日はこの1本で終了となりました。

潮があまり動かないとやはり少し難しいですね。


コメント
2017年10月18日 神奈川県その他船釣り情報
タグ: 福浦沖  アカムツ  パニックベイト根魚  船テンビンK型  マシュマロボール 
釣行日

2017年10月2日(月曜日)  

釣場

神奈川県 福浦沖

時間

5:00 ~ 11:30  

釣果

アカムツ 32~42㎝  2尾
キンメダイ、シロムツ、ユメカサゴ 

使用タックル

ロッド: Alpha Tackle ハイパーブレイドHBアカムツ180
リール: DAIWA シーボーグ500J IKATUNE
ライン: PE4号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 

前回のアカムツのリベンジ釣行。

前回のように、フグが来ないことを祈っての釣行です。

朝は、前回同様浅めのエリアから流し始めます。

前回うるさかったジャリキンメは、この日は釣れたのは僅か3尾のみとかなり釣りやすい状況。

ただし、全体的に魚の気配は薄い状態が続きました。

明るくなって、深いエリアを攻め始めても、危惧していたフグの邪魔は一切なし。

ゆったりと釣りはできますが、いかんせんアタリが遠い状況が続きます。

タナを少し下ろせばユメカサゴやシロムツはアタる状況なので、

魚の活性や潮の状況はさほど悪くはなさそうです。

そんな我慢が続いた11時過ぎ。

ようやく本命らしきアタリ!

掛かった瞬間の引きや重量感から本命はほぼ確定。

巻上途中の鋭い引き込みが本命らしさを助長します。

上がってきたのは良型の本命。非常にプロポーションの良い個体でした。

群れでいる可能性が高いのですぐに仕掛を投入すると、

すぐさまアタリ!

これも本命らしき引き。

丁寧に巻き上げると先ほどよりは2回りほど小さいものの本命でした。

3尾を狙うとすぐにアタリがあり、重量感は本命らしかったものの、

引きが少し緩慢だと思ったら残念ながら良型のシロムツの一荷でした。

時間を少し延長して狙ってもらいましたが、その後はアタリなく終了となりました。


コメント
2017年05月25日 千葉県その他船釣り情報
タグ: 犬吠埼沖  アカムツ  マシュマロボール  パニックベイト 
釣行日

2017年5月21日(日曜日)  

釣場

千葉県銚子市 犬吠埼沖

時間

2:00~10:30  

釣果

アカムツ:25~44㎝ 9尾
スミヤキ、メダイ、ユメカサゴ、ドンコ 

使用タックル

ロッド:Alpha Tackle HBアカムツ180
リール:DAIWA  シーボーグ500J IKA TUNE
ライン:PE4号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 

遠路遥々ということで。。。

2日目も乗船。前日が朝イチ良かったので、早めにポイントに着きたいとのことで、

なんと出船は2時過ぎ!

航程2時間かけてポイントに着いた頃にはまだ空は明るくなり始めたばかりでした。

前日も朝イチから調子が良かったので、期待して投入しましたが…

着底するとすぐにアタリは出たものの、上がってきたのはツノサメとスミヤキ。

その後もツノザメがうるさい状況が続きます。

開始1時間はツノザメ地獄…

投入するとすぐにアタリますがツノザメばかりです。

タナを上げても上まで追いかけてきて、ツノザメが掛かる始末…

結局アカムツ1本目を釣り上げたのは前日と同じ時間になってからでした。

その後もこの日はツノザメが元気で、タナを底に設定するとツノザメがエンドレス…

少しタナを切って餌もホタルイカはツボ抜きせずで、なんとか避けられる状況。

油断するとすぐサメの餌食なので、なるべく仕掛を動かしてサメを避けます。

なんとかこの日も釣り上げたところで、一際鋭く強いアタリ!

これは…???

サメにしては引き方やアタリ方に鋭さがあったので、もしかするとデカもの?

と慎重に上げてくると、一際大きなメタリックレッドの魚体。

ようやくキロオーバーの魚に出会えました。

しかもこれまでのアカムツの中でも見たことの無いような太さ。

長さはさほどないのに1.7㎏というとんでもないメタボ体型のアカムツでした。

その後もポツポツとアカムツを追加できたものの、日が完全に昇りきった頃から、

表層付近でアカムツを横盗りする輩が…

残り30mほどの最後の抵抗を見せた直後に、強烈に引き込みでハリスごとプッツン。

横盗りされること3回…

ようやくその横盗りする輩の姿を確認。

水面下に上がってきたアカムツの頭だけの状態。。。

それを目前で一気に喰ったのは2mほどのヨシキリザメ。

結局その後も1度盗られ、本命は取り込むことは出来ず…

外道のドンコやツノザメには、ちょっかいすらかけないものの

本命のアカムツにはアタックしてくるキレモノ。。

後半は掛けても取り込めないヤキモキするままに沖上がりの時間となりました…

これから水温が上がってくると、外洋エリアはこのサメに悩まされそうです。


コメント
2017年05月25日 千葉県その他船釣り情報
タグ: 犬吠埼沖  アカムツ  マシュマロボール  パニックベイト 
釣行日

2017年5月20日(土曜日)  

釣場

千葉県銚子市 犬吠埼沖

時間

3:00~11:00  

釣果

アカムツ:25~38㎝ 11尾
ムツ:42㎝ 1尾
ユメカサゴ、ドンコ、沖メバル 

使用タックル

ロッド:Alpha Tackle HBアカムツ180
リール:DAIWA  シーボーグ500J IKA TUNE
ライン:PE4号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 

GWから突如として始まった犬吠埼沖のアカムツ。

新場所の発見とあって、開幕当初はキロオーバーのアカムツが1人で20尾以上という圧巻の釣果を出していました。

その爆発から2週間…

好調だったアカムツにも少し陰りが見え始めてきましたが…

まだいくらかは釣れている様子。

今後こんなチャンスはないかもしれない…そんな考えから行かずにはいられず、遠路遥々行ってきました。

出船はなんと3時前!

ポイントまでは航程およそ2時間、港から約30マイルほど走ったはるか沖です。

ポイントに着く頃には真っ暗だった空も、すっかり明るくなっていました。

ポイントに着いて1投目。

サバもおらず、すんなりと海底へ。

前情報ではあまり誘わない方が良いとのことだったので、まずはしっかりと仕掛を止めて待ってみます。

すると…

1投目から本命のアタリ!

久々のアカムツなので、少し慎重に巻き上げてきます。

海面下に見えたのはメタリックレッドの本命。

サイズはやはり開幕当初とは程遠い、500g程度の魚でした。

その後もアカムツが連発!

投入の度にアカムツがアタってきます。

アカムツ祭りは終焉とは言われていましたが、魚影の濃さに驚くばかり。

朝の1時間ほどの時合で5尾のアカムツをゲット。

その後はユメカサゴや沖メバル、ドンコなどの外道がうるさくなり始めましたが、

時たまアカムツも当たってくる状況。

投入すればすぐに何かしらが当たってくるので、全く飽きません。

中盤はアタリが外道ばかりになったものの、

終盤にはまたアカムツの喰いが立ち、一荷で上がってくることも…

終わってみればツ抜けの釣果。

サイズは小さくなってしまったもののまだまだ魚影の濃いポイントで、

ただただ驚くばかりでした。


コメント