• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2014年4月 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

タグ

アオリイカ(12)
アオリエギング(1)
アカハタ(1)
アカムツ(4)
アコウ(1)
アジ(1)
エギーノぴょんぴょん(1)
エギング(8)
エギ王K(1)
エギ王KHF3.5S(1)
エギ王Q(2)
エギ王Q LIVE サーチ(2)
エギ王Q LIVEサーチ3.5(1)
エギ王QLIVE(1)
エギ王QLIVEサーチ(2)
エギ王Qライブ3.5(1)
エギ王Qライブサーチ3.5S(1)
おっぱいスッテ(14)
おっぱいスッテ3.8−1(2)
おっぱいスッテ布巻(1)
カツオ(3)
カワハギ(1)
きずなまりん(1)
キハダ(2)
ケンサキイカ(1)
ゴムヨリトリ(1)
サーベリング(1)
シイラ(3)
シャクリシンカー(1)
その他(2)
タイラバ(4)
タコ(1)
タコじゃらし(1)
タチウオ(13)
タチ魚針WF(1)
チビイカ(1)
チビエビ5(1)
チビトト(11)
チビトト4(2)
トトスッテ(2)
ととスッテ(2)
ナオリ−RH(1)
ナオリー(1)
ナオリーRH(1)
ニュークロー(1)
パニックベイト(4)
パニックベイトタチウオ(2)
ピッカピカ針(4)
ピッカピカ針5 8−1T(2)
ボートエギング(2)
マイカ(5)
マシュマロボール(2)
マダイ(5)
マダコ(1)
マルイカ(13)
ムギイカ(9)
メタルフリッカー(1)
ヤリイカ(2)
ライトアジ仕掛け(1)
ライトエギング(1)
ワカシ(1)
安浦港沖(1)
横須賀沖(1)
観音崎沖(1)
喜平治丸(1)
串本大島沖(1)
犬吠埼沖(2)
玄界灘(2)
紅アコウ(1)
佐円丸(1)
佐賀県伊万里湾(2)
佐賀県唐津市 鷹島沖8〜15m きずなまりん(1)
三崎港佐円丸(1)
春イカ(1)
初島沖(1)
深海魚(1)
神奈川県三浦半島(6)
須磨沖(2)
錘スッテ(6)
船イカ(5)
船テンビンK型(2)
相模湾(4)
鯛歌舞楽(2)
鯛乃玉(5)
大阪湾(1)
淡路沖(1)
長谷川丸(3)
東京湾(3)
熱海沖(1)
波動ベイト(3)
波動ベイトスリム(1)
飛龍(1)
兵庫県洲本〜由良沖(2)
本山 淳子(1)
明石沖(1)
猛光タチ魚(1)
猛光タチ魚テンヤ(1)
猛光太刀魚テンヤ(4)
猛光太刀魚テンヤ40号(1)
猛光太刀魚テンヤ船(3)
猛追太刀魚テンヤ40号プロト(1)
猛追太刀魚テンヤ船(1)
和歌山県(1)
和歌山県 湯浅沖(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ釣果情報BLOG

2014/04/30 18:48 静岡県船釣り情報

釣行日 2014年4月27日(日) 場所 静岡県 浩丸
時間 7時30分〜13時30分 釣果 シロムツ 6匹
ユメカサゴ 1匹
使用タックル ロッド - グラスロッド2m(6:4)
リール - シーボーグ300BD
ライン - PE3号
使用アイテム 船テンビンK型1.8mm35cm
マシュマロボールS 夜光 20倍ビーズ ソフト4号
記入者 ヤマシタスタッフ
戎宏章



久しぶりのアカムツ釣りに静岡に行って来ました。 

当日はベタ凪・無風・潮動かず・・・・ 。

このあたりの海は急深で、港から出てすぐに200mラインに到達、感動ものです!! 

したがって、ポイントまでの航程も近いです。 

ここで使用するのは、テンビン吹流し仕掛けで、針は2本(ムツ細)で全長3m。。 

餌のオキアミ+イカを付けて釣り開始。

1投目からアタリが・・・しかし、久しぶりすぎてどうしていいか分からず取り合えず放置。 

回収の合図であげたらシロムツ。 

その後もアタリは頻繁にあり楽しめます。シロムツが・・・ 

船長曰く本命のアカムツはシロムツの合間に混じるとのこと。 

船長の言葉を信じ続けましたが・・・。

その後もシロムツ貯金を貯め続けましたがユメカサゴで無駄使い・・・・ アカムツには出会えませんでした。

釣りの合間に、シロムツで干物を作ったり、富士山を眺めてみたり、ユメカサゴで干物を作ったり、干物紐を張ってみたりと、

船上は1日楽しく過ごせました。 
 


コメント
2014/04/30 18:33 東京都アオリイカ情報.3

釣行日 2014年4月23日(水) 場所 東京都 小笠原諸島 兄島
時間 17時30分〜19時00分 釣果 アオリイカ4杯 (500〜700g)
使用タックル ロッド - YAMASHITA WHIZZER'S JIVE 902M
リール - DAIWA EXIST2506
ライン - PE1号
リーダー - フロロ5号
使用アイテム エギ王LIVE 3.5号 B05 BOKP  
記入者 ヤマシタスタッフ
松本大祐         



最終日、今日はとにかく大型を捕りたい!!

この日渡船されたのは最も流れがある、西側の小さな島。

ポイントの外側の潮は速くエギ王Q速4.5号でやっと着底がわかる程度。

逆にその反対側はシャローの1〜3mの静かなワンド。

まずはこちらのシャローから攻める。

小笠原のアオリイカはオレンジが好きなんだろう・・・・そう思い始めた3日目

もちろんLIVE3.5号 B05で探る・・・と、1投目でヒット。

余所見していたら乗っていたというエギンガーとしては恥ずかしい1杯。

とりあえず、幸先よく600gをキャッチし、小さな島を1週ランガン。

またもや1杯追加。

もっと大型を狙おうと寄ってきた潮目を狙うもまたもや500g程度のサイズ。

周囲も暗くなり、またシャローをネチネチ攻めていると最後にやっぱり600gのアオリでした。

起伏にとんでいて、様々な攻め方を体で覚えられたのでかなり勉強になる釣りでした。

今回のようにイカの通り道やブレイクがわかっていない初めての場所は、広いエリアを探せるLIVEが使いやすい。

しかも活性の高いアオリイカが群れをなしているのでエギの取り合いも起きやすくなおさらアピール力が強いLIVEに軍配が

あがる。

小笠原の春エギング=秋エギング。

そんな印象を受けた釣行でした。


コメント
2014/04/30 18:07 東京都アオリイカ情報.2

釣行日 2014年4月22日(火) 場所 東京都 小笠原諸島兄島
時間 17時30分〜19時00分 釣果 アオリイカ×2 700g,300g
使用タックル 通常使用

ロッド - DAIWA エメラルダスEX98MH−HD
リール - DAIWA イグジスト3012H
ライン - PE 0.8号

モンスターエギ用

ロッド - ゼナック ミュートス100HH
リール - DAIWA トーナメントフォース3500
ライン - PE 2号
使用アイテム エギ王K HF 4号 黒潮SP月光シルバー、      試作品エギ王K HF 7号 (モンスターエギ)
記入者 ヤマシタスタッフ
齋藤正文



小笠原釣行2日目。今日も『フィッシングボート山ちゃん』のガイドで、磯に渡してもらい大型のアオリイカを狙います。

スーパーシャローの難しいポイントの磯に降ろされ、戦闘開始。

今日は、南海の離島の大型狙い専用に試作したモンスターエギを用意。エギの重量が90gもあるので、ショアジギングタック

ルで挑みます。

さてドキドキの1投目。

着水から5カウント程で着底。3回シャクって4カウント待つを繰り返し、3セット目のシャクリで竿が止まってヒット!!

グーングーンと竿が曲がり、間違いなくアオリイカ。上がって来たのは700g。

エギが大きすぎるので300gくらいの大きさに見えてしまう(笑)。

その後も2回ほどチェイス&抱かれるが、500g程のサイズで上手くフッキング出来ず。

エギのサイズを通常サイズに落とし、4号で釣りを再開。300gのアオリイカを追加し、2日目が終了となりました。

大型エギの集魚力を目の当たりに出来たので、とても素晴らしい釣行となりました。

胴長が同じくらいのサイズならば問題無く抱いてくるので、皆さんも4号や4.5号を持って春エギングに行ってみてはいかが

でしょうか? 


コメント
2014/04/30 14:27 東京都アオリイカ情報

釣行日4 2014年4月21日(月) 場所 小笠原諸島 釣り船 山ちゃん
時間 17時30〜19時00分 釣果 アオリイカ7杯 (500〜700g)
使用タックル ロッド - ウィザーズジャイブ 902ML
リール - セルテート2506
ライン - PE0.8号
リーダー - フロロ5号
使用アイテム エギ王LIVE シャロー 3.5号 BPNO 
記入者 ヤマシタスタッフ
松本大祐



大型アオリを求めて有給休暇をとり、東京都の南に位置する、小笠原諸島の父島へ行ってきました。 

到着が昼だったので、夕マズメ短時間勝負で釣り船山ちゃんを利用して巨大アオリに挑戦しました。 
 
場所は1m〜3mの透明度抜群のシャロー。 

根がきつく、リーダーもすぐにザラザラになってしまうため4〜5号を使ったほうがよいと判断し、エギングには少し太めの5号リーダー。 
 
日が沈むまでは、地形を把握するのが精一杯で、となりに浮かぶ海ガメを見ながらのエギングでした。 
 
日が沈むとアオリイカが沸いてきて、1投1杯のハイペース。 

サイズはでないものの足元でも乗ってくる高活性。 
 
広い、シャロー帯からアオリを呼び寄せるにはエギ王Q LIVEが一番。 

大きくダートさせて、イカを寄せる。 

春なのに、秋エギングのような印象を受けました。 
 
最終は7杯で終了。 

サイズは粒揃いですべて500〜600g 

民宿の親父さんにプレゼントして他の旅行者の方にも食べていただきました。 


コメント
2014/04/29 20:32 千葉県船イカ情報

釣行日 2014年4月27日(日) 場所 千葉県鴨川市小湊    鯛丸屋           小湊沖 60−95m
時間 5時30分〜11時30分 釣果 マルイカ  20〜35cm 3杯(船中0〜11杯)
ムギイカ1杯
使用タックル ロッド - ロッドDAIWA 極鋭ゲーム170 フィール
リール - DAIWA シーボーグ150DH−L
ライン - PE0.8号         
使用アイテム チビイカ6Lおっぱいスッテ7−1チビエビ5ナオリーRH2.2S
記入者 ヤマシタスタッフ
山中陽介



相模湾でも復調してきたマルイカですが、今回はあえて大型サイズ狙いで外房小湊へ。

数自体はそれほど出ていませんが、サイズは弁慶サイズ、アカイカサイズが多く混じっている模様。

朝5時半出船。

ベタ凪、無風、天気は晴れと釣りをするには絶好の日和。

今回は大型狙いということで、上2本直結、真ん中直ブラ、下2本ブランコという変則仕掛。

角も6cm、7cmをメインに使用。

まずは60mダチからスタートしますが、反応なし。

船中型見ずで、狙う水深はどんどん深くなっていきます。

70m、80m・・・と探りますが、ここも反応なし。

90mラインでようやく船中で型が見られ、ここで私も弁慶サイズをキャッチ。

しかしこの後は沈黙。

5cmを使用している方にはマルイカサイズはポツポツと釣れていますが、大きいスッテを使用しているせいか、どうも反応がありません。

殆どアタリがないまま2時間ほど経過。

ここでようやく大きなアタリ。

良型特有の強い引きを味わいながら慎重に上げてきます。

これも弁慶サイズ。

船中でもマルイカサイズを中心にポツポツと上がっているので、これからか!?と思いましたが、
その後の流しはまた沈黙・・・。

最後の流しでマルイカサイズを1杯追加したところで終了となりました。

サイズこそ良型が取れたので良かったですが、数のほうは・・・。

当日は青物の回遊が非常に多く、至るところで鳥山、ナブラが見られました。

マルイカ自体の反応も減っており、新しい群れが入らないと今後は厳しそうです。 


コメント
2014/04/29 20:23 千葉県アオリイカ情報

釣行日 2014年4月27日(日) 場所 千葉県 内房エリア
時間 13時00分〜14時10分 釣果 マダコ 500g 1杯
クエ 26cm、29cm 2尾
使用タックル ロッド - ロッドDAIWA ソルティスト エメラルダス832M
リール - DAIWA ルビアス 2506
ライン - PE0.6号
リーダー - フロロ1.75号
使用アイテム エギ王K HF 2.5号
記入者 ヤマシタスタッフ
山中陽介



外房の船釣りのついでに、内房のアオリ調査をしてきました。

前回釣果のあった場所で今回はしてみることに。

今回は岸寄りに小さなベイト(イワシ)が多く見られたのでマッチザベイトであえて小型の2.5号をチョイス。

底を中心にネチネチと探ります。

すると、ググッと魚信が!とりあえずあわせてみると掛かりました。

ヒラメかカサゴか?と思って寄せてくると、ハタっぽいフォルム。

よく見てみると釣れたのは小さなクエでした。

そのまま引き続き底中心をネチネチと探ると、今度はヌーっとした感触。

これは多分・・・ただただ重たいだけの感触。

予想通りタコでした。

まだ少し時間があったのでもう少し探ってみることに。

するとまたしても魚っぽいアタリ。

アワセるとやっぱり魚。

またしても小さなクエでした。

その後はアオリの釣果も出ず、終了としました。

今回は、アオリは不在でしたが、水温が上がって魚の活性も上がってきたのでまだまだこれからに期待できそうです。


コメント
2014/04/29 20:14 和歌山県アオリイカ情報

釣行日 2014年4月26日(土) 場所 和歌山県 南紀
時間 3時00分〜19時00分 釣果 アオリイカ 1杯 1100g
使用タックル ロッド - セフィアCI4+ S806L
リール - セルテート2004CH
ライン - PE0.8号
リーダー - フロロ2.5号
使用アイテム エギ王K 4号 京友禅(ピンク)
記入者 ヤマシタエギフィッシングマイスター
柘植学



久しぶりに南紀へ釣行してきました。

AM3:OOポイントに到着。朝マズメを期待しましたが、何も起こらず・・・。

日がでたものの干潮前後の時合を信じシャクリ続けましたが・・・。

AM11:00睡魔に負けてお昼寝。おやすみなさいzzz。

PM3:30起床。夕マズメを信じ別のポイントへ。

先行者のヤエンの方にあいさつをし、釣り開始。

夕マズメになり、そろそろだろうと思っていると待望のアタリ!

きた〜!!渾身のフッキングとともにブチッ・・・。

やってしまいました得意技のアワセ切れ・・・。

さらにショックなのは、切れたエギが国際フィッシングショーで展示していた全国有名

伝統布エギの京友禅(黒)バージョン・・・。

イカサン、ワタシノエギヲカエシテクダサイ。

気を取り直して今度は京友禅(ピンク)をキャスト!!

ボトム付近を丁寧に狙っていると、グイッときましたよ〜!

今度は慎重にやり取りをして無事取り込み。1100gのオスでした。

ヤエンの方もマズメ時に3ヒット、2キャッチ。

水温も上がってきたので今後に期待大です!!


コメント
2014/04/28 16:25 神奈川県アオリイカ情報

釣行日 2014年4月26日(土) 場所 神奈川県横須賀市 長井港 辰丸
時間 6時00分〜13時00分 釣果 アオリイカ 1杯(600g)
船中 1杯 
使用タックル ロッド - SHIMANO 早潮瀬戸内メバルSP 330
リール - DAIWA ジリオン100SH
ライン - PE2号
リーダー - フロロ 5号 4m
使用アイテム エギ王K HF 4 R05 RGシャクリシンカーU 10号
記入者 ヤマシタスタッフ
澤田正




5月の連休に予定していた辰丸さんでのアオリエギング。連休中は出船予定がないことがわかり、急遽挑戦してきました。

ここ最近は船中0の日もあるようで、出船前から船長も「苦戦してます」と渋い顔。

まずは、浅場から開始しますが、どのポイントに行っても反応がありません。

エギも、エギ王K、エギ王K黒潮SP、エギ王JP+を一流しごとに変えてみますが、周りの方も含めて釣果なし。

そんな中、エギ王K黒潮SP 3.5 スイッチンググリーンでシャクっているとグングンとアタリが!!・・・ 合わせましたが、見 

事にバレてしまいました。油断しているときに突然アタったので、あわててしまいました。

それから、沈黙の時間が続き、船長得意エリアである(勝手に私がそう思っているだけ??)30mラインで、再び私にヒット! 


今度はしっかり合わせて、慎重にヤリトリをして・・・、600グラムをゲット。

ヒットエギは、エギ王K HF 4 R05 RGでした。

「澤田くーん、何でそんなみんなが持ってないようなエギで釣るかな?」と常連で釣友のSさんから一言。

これが、船中で唯一の1杯となり、納竿となりました。

春の船アオリ、難しいから面白い。次回は、大型ゲットできるようにがんばります。 


コメント
2014/04/23 18:22 神奈川県船釣り情報

釣行日 2014年4月20日(日) 場所 神奈川県平塚市庄三郎丸 茅ヶ崎〜江ノ島沖15〜25m
時間 7時00分〜14時00分 釣果 カサゴ 20〜28p 8匹、
メバル 28p 1匹       ドンコ 
使用タックル ロッド - エバーグリーン スロージャーカー603−3
リール - シマノ オシアジガー1500
ライン - サンライン PEジガーライト 1.2号 
使用アイテム パニックベイト 根魚 S KFG/P、KFG/Gうみが好きサビキ UVS502 8号はずしっこV
記入者 ヤマシタスタッフ
内田悠介



カタクチイワシの回遊もコンスタントに聞かれる様になり、ヒラメ混じりで釣果も良くなってきているカサゴ船に乗船してきました。 

朝一は港前で餌のカタクチをサビキで狙います。群れが抜けるのが早く苦戦しましたが、1時間半程でイワシの確保に成功。 

サビキはピンクスキンが一番付きが良かった様に感じました。餌を確保し浅場の根回りへ向かいます。2本針の胴つき仕掛け

の上にカタクチイワシを、下針にサバの身餌で根を直撃します。当日は曇りに加えて濁りもあり、潮色は暗い感じがしたので 

下針の切り身に加え小さく切ったパニックベイト根魚をつけた所、食い込む様なアタリも増え、ぽつぽつ顔を見られる様になり

ました。 

イワシで狙う裏メインのヒラメは残念ながらアタリだけでしたが、船中ハタやヒラスズキ等、いい物もあがっているので近々リベ

ンジに行きたいと思います。  


コメント
2014/04/22 14:43 神奈川県船釣り情報

釣行日 2014年4月20日(日) 場所 神奈川県横浜市金沢八景 弁天屋
時間 12時30分〜17時00分 釣果 アジ15〜26cm 15匹(船中5〜24匹)
使用タックル ロッド - DAIWA リーディング73 M−200
リール - 小型両軸リール
ライン - PE1.5号
使用アイテム 船アジビシ仕掛ABN3本針
ゴムヨリトリSP アジイサキ
ライトテンビン 20cm
ライトビシ 30号
記入者 ヤマシタスタッフ
兵動太一




休日を利用し、新入社員同期3人組みで、金沢八景弁天屋へライトタックルアジ乗合へ行ってきました。

11時半頃港に着くと・・・寒い!!昼前だというのに、気候は完全に冬です。

ぽかぽか陽気はいったいどこへ・・・?そんな中、10名の寒さに強いお客様と、一人凍えている私の計11名の乗せて出船しました。

15分ほど走って、釣り場に到着。水深は14m。仕掛けを投入し着低後、底から2mまで巻き上げコマセを撒き、数秒待つと・・・ククククツと小気味よいアタリ!

30号のライトタックルなので、アジとは思えない良い引きを見せてくれます。口切れしないように慎重に巻き上げ、幸先よく船中第一号となる25cmのアジをGET!!

その後もポツポツと釣れ続きますが、トモの常連さんは1投1匹のペースで釣り上げています。最初に釣れたときはこっそり竿頭を狙おうと目論んでいた私ですが、

いきなり腕の差を見せ付けられた形となりました・・・。

この日は全体的に渋く、潮が流れず船中ほとんどアタリのない我慢の時間帯もありました。

潮が動き出したラスト30分に数を伸ばすことができ、最終的に食べるのにはちょうどいい15匹のアジを釣ることができました。

ライトタックルアジは、比較的手軽で初心者はもちろん、女性や子供でも気軽に楽しめる釣りです。

しかし一方で、本日は船中5〜24匹と、釣果に差の出る奥深さもあります。

通年出船しているので、今後も通って腕を上げ、次こそは竿頭を狙いたいと思います!


コメント

19件の記事