• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2014年1月 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ

アオリイカ(12)
アオリエギング(1)
アカハタ(1)
アカムツ(4)
アコウ(1)
アジ(1)
エギーノぴょんぴょん(1)
エギング(8)
エギ王K(1)
エギ王KHF3.5S(1)
エギ王Q(2)
エギ王Q LIVE サーチ(2)
エギ王Q LIVEサーチ3.5(1)
エギ王QLIVE(1)
エギ王QLIVEサーチ(2)
エギ王Qライブ3.5(1)
エギ王Qライブサーチ3.5S(1)
おっぱいスッテ(14)
おっぱいスッテ3.8−1(2)
おっぱいスッテ布巻(1)
カツオ(3)
カワハギ(1)
きずなまりん(1)
キハダ(2)
ケンサキイカ(1)
ゴムヨリトリ(1)
サーベリング(1)
シイラ(3)
シャクリシンカー(1)
その他(2)
タイラバ(4)
タコ(1)
タコじゃらし(1)
タチウオ(13)
タチ魚針WF(1)
チビイカ(1)
チビエビ5(1)
チビトト(11)
チビトト4(2)
トトスッテ(2)
ととスッテ(2)
ナオリ−RH(1)
ナオリー(1)
ナオリーRH(1)
ニュークロー(1)
パニックベイト(4)
パニックベイトタチウオ(2)
ピッカピカ針(4)
ピッカピカ針5 8−1T(2)
ボートエギング(2)
マイカ(5)
マシュマロボール(2)
マダイ(5)
マダコ(1)
マルイカ(13)
ムギイカ(9)
メタルフリッカー(1)
ヤリイカ(2)
ライトアジ仕掛け(1)
ライトエギング(1)
ワカシ(1)
安浦港沖(1)
横須賀沖(1)
観音崎沖(1)
喜平治丸(1)
串本大島沖(1)
犬吠埼沖(2)
玄界灘(2)
紅アコウ(1)
佐円丸(1)
佐賀県伊万里湾(2)
佐賀県唐津市 鷹島沖8〜15m きずなまりん(1)
三崎港佐円丸(1)
春イカ(1)
初島沖(1)
深海魚(1)
神奈川県三浦半島(6)
須磨沖(2)
錘スッテ(6)
船イカ(5)
船テンビンK型(2)
相模湾(4)
鯛歌舞楽(2)
鯛乃玉(5)
大阪湾(1)
淡路沖(1)
長谷川丸(3)
東京湾(3)
熱海沖(1)
波動ベイト(3)
波動ベイトスリム(1)
飛龍(1)
兵庫県洲本〜由良沖(2)
本山 淳子(1)
明石沖(1)
猛光タチ魚(1)
猛光タチ魚テンヤ(1)
猛光太刀魚テンヤ(4)
猛光太刀魚テンヤ40号(1)
猛光太刀魚テンヤ船(3)
猛追太刀魚テンヤ40号プロト(1)
猛追太刀魚テンヤ船(1)
和歌山県(1)
和歌山県 湯浅沖(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ釣果情報BLOG

2014/01/27 20:02 福岡県ライトエギング情報

釣行日 2014年1月24〜25日 場所 福岡県糸島市野北港
時間 23時30分〜7時00分 釣果 ササイカ(ヤリイカ)2杯
使用タックル ロッド - クロステージ8.6ft
リール -イグジスト2500
ライン - PE0.8号
使用アイテム ナオリーRH2.2号
記入者 ヤマシタスタッフ
加藤 孝幸



呼子で釣れているササイカが新宮町の離島相ノ島でも釣れ出したとのことでその間に位置し、福岡からのアクセスも便利な糸島半島へ行ってみました。

釣り場は閑散としており貸しきり状態で釣り開始。

エサ巻テーラのウキ釣りを1本流しながら傍らでエギングを行う二刀流で釣り開始。

開始数時間後、先ずはウキ釣りにアタリがあり合わせるとササイカがヒット!

糸島半島にもササイカは来てます!

そしてさらに粘る事数時間、ようやくナオリーRHのライトエギングにもヒット。

今回は様子見の釣りで、釣果も単発で2杯でしたが、今後良い潮周りを狙って行けば、大きな良い群れに遭遇し、爆釣も期待できます。

 


コメント
2014/01/27 18:46 神奈川県マルイカ情報

釣行日 2014年1月25日(土) 場所 神奈川県三浦市 棒面丸 亀城根〜城ケ島沖50〜150m
時間 7時00分〜14時00分 釣果 マルイカ 胴長7cm−20cm 6杯
ヤリイカ 胴長20cm 1杯
使用タックル ロッド - DAIWA メタリアマルイカ MH150
リール - DAIWA シーボーグ150JL
ライン - PE2号
 
使用アイテム イカ釣セット OMR5A
イカ釣プロサビキ K5 11−1 7本
記入者 ヤマシタスタッフ
澤田 正



ヤリイカも釣りたいしマルイカも釣りたいと欲張りな気持ちになり、どちらでも出船している棒面丸さんに行ってきました。

船宿で受付するときまで悩み、「マル行ってきなよ。」と千春社長の一言でマルイカ今季初挑戦となりました。

数日前より良い情報がでていましたが、初出船とのことで船長も場所を確認しながら、まずは城ケ島沖の

100−120mラインを攻めます。

反応はあるようですが、なかなか乗りません。

まわりをよくみてみると、長井のヤリイカ狙いの船が多くいましたので仕掛にカラフル針やたまご針を混ぜて、

ヤリイカもマルイカも狙えるようにしてみました。

色々な誘い方で狙ってみましたがまったくヒットしません。同船の方も同じような状況です。

たまに良い反応があったときにポツリと釣れるようで、私にもようやくヒット。

その後は全く音沙汰がなく、場所を点々として行きますが、どこもダメ。

最後に亀城根方面の(50−60m)で釣果があるとの情報をキャッチし移動。

これが功を奏し、投入するごとにマルイカがヒットする状況になり私にもポツリポツリとヒット。

この日は、初めて直ブラ仕掛や直結仕掛を使ってみましたが、誘い方や取り込みに慣れていなかったため、

アタリがキャッチできなかったり、途中でバラしたりと釣れた数以上に逃がしてしまい、悔しい思いをしました。

納竿までの約1時間だけが良い時間帯でしたが、トップは24杯と今後に期待できる状況でした。

私は、ヤリイカ1杯、マルイカ6杯 船中で最下位の成績でしたが、終わりよければ全て良しと言う事で楽しい釣行となりました。

なお、当日のベストヒットスッテはおっぱいスッテ 5−1 KC3でした。 


コメント
2014/01/27 18:21 神奈川県マルイカ情報

釣行日 2014年1月25日(土) 場所 神奈川県葉山町五エム丸 亀城根〜城ケ島沖60〜110m
時間 7時00分〜14時00分 釣果 マルイカ 15〜20cm 3杯、ヤリイカ 20〜25cm 3杯
使用タックル ロッド - DAIWA 極鋭ゲーム170 FEEL
リール -DAIWA TDジリオン PEスペシャル7.9L
ライン - PE0.8号
使用アイテム チビイカ5チビイカ6チビエビ5
記入者 ヤマシタスタッフ
山中 陽介



先々週から釣れ始めたマルイカ。

週頭は釣果が良かったですが、週半ばから釣果が急降下。

少し不安を感じながらも行ってきました。

朝集まったマルイカファンは14名。人気の高さが窺えます。

南西風が強いという予報でしたが、朝のうちは風も無く凪の中出船。

まずは亀城根周りを探索します。

しかし、反応が見つからないようで1時間ほぼ遊覧船状態。

亀城根を諦め、城ヶ島沖へ。

城ヶ島沖には既にマルイカ船の船団が出来ていました。

反応は直ぐに見つかるようで、ここでようやく1流し目。

水深は105m。

群れの移動が早いようで、この流しは空振り。

2流し目でアタリを捕らえ、まずは小型のヤリイカをゲット。

群れの移動は相変わらず早く、反応に当てても船中誰かがヤリイカかマルイカを取り込む程度で、苦戦を強いられます。

そんな渋い中、流し毎に何とかヤリイカ、ヤリイカ、マルイカとゲット。

しかし、その反応も長くは続かず、船団も散り散りに。

当船も反応を探して、ポイントを城ヶ島沖〜城ヶ島西沖〜三戸浜沖〜諸磯沖と転々とするも反応は見つからず。

ようやく反応が見つかったのは、亀城根周りの60mライン。

船団が出来ており、他船はマルイカを上げています。

船団から少し外れて反応を探し、仕掛を投入するも・・・アタリなし。

何度も反応に当てるもアタリがありません。

空振りの連続で時間だけが過ぎていき、最後の流し。

ここでなんとかうまく反応に当たり、アタリが出て2連発。

2杯とも新色ブルーボディのチビイカ5へ乗ってきたので、活性は低めだったようです。

これにて時間切れとなりました。

この日は貧果に終わってしまいましたが、最初に良い群れに当てた船は30杯以上の釣果も出ており、これから期待できそうです。 


コメント
2014/01/27 17:37 三重県アオリカ情報

釣行日 2014年1月25日 場所 三重県紀伊長島 勝美丸
時間 6時30分〜14時30分 釣果 アオリイカ3杯、カミナリイカ1杯
使用タックル ロッド - オーシャンソード71、59
リール -セルテート2500、 エクスセンスci4+ 4000S
ライン - PE EGI HG 0.4号
リーダー -ブラックストリーム2.5号
使用アイテム エギ王 K HF 3.5号エギ王DDシンカー
記入者 ヤマシタスタッフ
エギフィッシングマイスター柘植 学




仲間5人で三重県紀伊長島、勝美丸さんにティップランエギングに行ってきました。

この時期のティップランエギングは最盛期のような数釣りは楽しめないものの、竿先に出る

小さなアタリを見逃さずに掛けに行くゲーム性の高さと大型のアオリイカが釣れる可能性が高くなるのが魅力。

当日は、連日の冷え込みが嘘のような小春日和。絶好の釣り日和と言いたいところですが、ティップランエギングにとっては

船が流れない無風は最悪の状況。

AM6:30分出船。朝一は微風ながらも風が吹いており、釣りやすい状況。無風地獄になる前に釣っておきたいところです。

ファーストヒットはミヨシの池田氏。DDスパイダー30gのファイティングレッドでのうれしい1杯。

その後もポツポツとこの時期としては順調に釣れて行きます。

気が付くと船中で釣れていないのは私だけ・・・

そして風もやみ、無風地獄に突入。こうなると船中みんな苦戦!!

風が吹かず、船があまり動かないので風上側にキャストしてポイントを広く探る作戦に変更!!

それが良かったのか、待望のHIT!!

船長をはじめメンバー全員、自分のことのように喜んでくれました。皆に感謝。

その後は殺気が抜けたのか、カミナリイカを含む3杯を追加し、納竿となりました。

教訓・・・殺気があると釣れない?? 


コメント
2014/01/05 17:12 神奈川県 アオリイカ情報

釣行日 2014年1月4日 場所 神奈川県 平塚 庄三郎丸
時間 7時00分〜13時30分 釣果 アオリイカ 4杯、カミナリイカ 1杯
使用タックル ロッド スロージャーカー603-3
リール コンクエストtypeJ 
ライン サンライン PEジガーHGライト1.5号
リーダー フロロ4号 4m
使用アイテム エギ王K 3.5号
 R04 WB ワイルドベリー
 B07 ブルーベイトほか
エギ王Q LIVE 3.5号
 N09 NAJK
 S09 SON
エギ王エギングスナップ L
シャクリシンカーU10号 BK
記入者 ヤマシタスタッフ
内田悠介

■釣行レポート
今年の初釣りは船アオリへ行ってきました。
出船前、船長によると前日は本命0〜2杯にコウイカ混じりと厳しい様子でしたが、江ノ島沖へ出てみると澄潮ながら潮もながれ良い感じ。
一流し目でエギにデカメバルが乗るサプライズもありましたが、その後はぽつりぽつりと本命が乗り、型も800からキロクラスが揃いました。
乗った瞬間のズシリも十分に楽しめ、結果的に満足の釣果となりました。
エギの選択は、潮流がある時にはシャクリが軽くアピールの強いエギ王Q LIVEを、潮流が緩んだ時は潮噛みが良く立ち上がりの早いエギ王Kを使うとシャクリもしっくりときて、流れやアタリを取りやすくなりました。
 
 


コメント

5件の記事