• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2017年11月 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

アーカイブ

2017年11月(8)
2017年10月(10)
2017年09月(20)
2017年08月(5)
2017年07月(7)
2017年06月(9)
2017年05月(16)
2017年04月(3)
2017年03月(9)
2017年02月(3)
2017年01月(8)
2016年12月(3)
2016年11月(8)
2016年10月(7)
2016年09月(6)
2016年08月(4)
2016年06月(4)
2016年05月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(6)
2016年02月(4)
2016年01月(7)
2015年12月(10)
2015年11月(10)
2015年10月(22)
2015年09月(10)
2015年08月(14)
2015年07月(10)
2015年06月(20)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(10)
2015年02月(8)
2015年01月(13)
2014年12月(5)
2014年11月(24)
2014年10月(24)
2014年09月(36)
2014年08月(15)
2014年07月(17)
2014年06月(17)
2014年05月(29)
2014年04月(19)
2014年03月(15)
2014年02月(7)
2014年01月(5)
2013年12月(9)
2013年11月(14)
2013年10月(19)
2013年09月(16)
2013年07月(13)
2013年06月(14)
2013年05月(14)
2013年04月(10)
2013年03月(2)
2013年02月(10)
2013年01月(2)
2012年12月(6)
2012年11月(6)
2012年10月(16)
2012年09月(5)
2012年08月(10)
2012年07月(22)
2012年06月(18)
2012年05月(39)
2012年04月(8)
2012年03月(10)
2012年02月(21)
2012年01月(4)
2011年12月(12)
2011年11月(39)
2011年10月(31)
2011年09月(16)
2011年08月(30)
2011年07月(20)
2011年06月(29)
2011年05月(37)
2011年04月(10)
2011年03月(2)
2011年02月(14)
2011年01月(15)
2010年12月(32)
2010年11月(50)
2010年10月(78)
2010年09月(55)
2010年08月(35)
2010年07月(12)
2010年06月(13)
2010年05月(30)
2010年04月(28)
2010年03月(1)

タグ

YHビーズ(1)
アオリイカ(18)
アオリエギング(1)
アカハタ(1)
アカムツ(5)
アコウ(1)
アジ(1)
イナダ(1)
エギーノぴょんぴょん(1)
エギーノぴょんぴょんサーチ(1)
エギーノぴょんぴょんサーチ(1)
エギング(14)
エギ王K(2)
エギ王KHF(2)
エギ王KHF3.5S(1)
エギ王Q(2)
エギ王Q LIVE サーチ(2)
エギ王Q LIVEサーチ3.5(1)
エギ王QLIVE(3)
エギ王QLIVE(1)
エギ王QLIVEサーチ(5)
エギ王QLIVEサーチ(2)
エギ王Qライブ3.5(1)
エギ王Qライブサーチ3.5S(1)
エギ王TR(3)
エギ王TR 3.5(1)
エギ王TRシンカー(3)
エギ王TRシンカー(1)
おっぱいスッテ(14)
おっぱいスッテ3.8−1(2)
おっぱいスッテ布巻(1)
カツオ(4)
カワハギ(4)
カワハギ仕掛けKHNB(1)
カワハギ集寄DX(1)
カワハギ替針KHNS(1)
きずなまりん(1)
キハダ(3)
ケンサキイカ(1)
ゴムヨリトリ(1)
サーベリング(1)
シイラ(4)
シャクリシンカー(1)
その他(2)
タイラバ(4)
タコ(1)
タコじゃらし(1)
タチウオ(22)
タチ魚針WF(2)
チビイカ(1)
チビエビ5(1)
チビトト(11)
チビトト4(2)
トトスッテ(2)
ととスッテ(2)
ナオリ−RH(1)
ナオリー(1)
ナオリーRH(1)
ニュークロー(2)
パニックベイト(4)
パニックベイトタチウオ(2)
パニックベイト根魚(1)
ピッカピカ針(4)
ピッカピカ針5 8−1T(2)
ボートエギング(2)
ボートエギング(3)
マイカ(5)
マシュマロボール(3)
マダイ(5)
マダコ(1)
マルイカ(13)
ムギイカ(9)
メタルフリッカー(2)
ヤリイカ(2)
ライトアジ仕掛け(1)
ライトエギング(1)
ワカシ(1)
ワラサ(1)
安浦港沖(1)
横須賀沖(1)
観音崎沖(1)
喜平治丸(1)
串本大島沖(1)
剣崎沖(1)
犬吠埼沖(2)
厳選ゴムヨリトリ真鯛(1)
玄界灘(2)
広島湾(2)
紅アコウ(1)
佐円丸(1)
佐賀県伊万里湾(2)
佐賀県唐津市 鷹島沖8〜15m きずなまりん(1)
三崎港佐円丸(1)
洲本沖(1)
春イカ(1)
初島沖(1)
深海魚(1)
神奈川県三浦半島(11)
須磨沖(4)
錘スッテ(6)
千葉県(1)
船イカ(5)
船テンビンK型(5)
相模湾(5)
走水沖(1)
鯛歌舞楽(2)
鯛乃玉(5)
大阪湾(1)
淡路沖(1)
竹岡沖(1)
長谷川丸(3)
東京湾(6)
熱海沖(1)
波動ベイト(3)
波動ベイトスリム(1)
飛龍(1)
福浦沖(1)
兵庫県洲本〜由良沖(2)
本山 淳子(1)
明石沖(1)
猛光タチ魚(1)
猛光タチ魚テンヤ(1)
猛光太刀魚テンヤ(4)
猛光太刀魚テンヤ40号(1)
猛光太刀魚テンヤ船(9)
猛光太刀魚テンヤ船 30号(2)
猛光太刀魚テンヤ波止(1)
猛光太刀魚テンヤ波止シングルLL(1)
猛追太刀魚テンヤ40号プロト(1)
猛追太刀魚テンヤ船(6)
猛追太刀魚テンヤ船 40号 プロトタイプ(1)
目玉シンカー(2)
和歌山県(2)
和歌山県 湯浅沖(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ釣果情報BLOG

2017/07/05 10:08 兵庫県その他船釣り情報
タグ: 淡路沖  マダコ  タコじゃらし  シャクリシンカー  パニックベイト 
釣行日

2017年6月17日(土)  

釣場
淡路沖
時間

6:00〜13:00  

釣果

マダコ 4杯 (400〜700g) ※100g以下リリース含まず 

使用タックル

ロッド:スロージャーカー3oz
リール:リョウガ2025PESH
ライン:サンライン スーパーブレイド5 #2.0
 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
櫻井 亮太 

翌日にタコ釣り講習会を控え、当社フィールドスタッフの本山さんと前日練習に行ってきました。

朝は思ったより冷え、寒い位の気温。ポイントの淡路沖はこの時期にしては少ないの船数でした。

今回は、タコじゃらし2個付けにイカ用のパニックベイトを被せたシャクリシンカー25号を2個付けしたものを使用しました。

シャクリシンカーは細長い形状でフォールも早く、何より起こしたり寝かしたりするときに

良くエギが動くので誘いが大きくなります。

幸先よく一流し目で500g程のタコをゲットし、その後もポツポツ周りでヒットしていました。

タコのマンションがあるのか、一人当たると周りでもヒットすることも多くありました。


コメント
2017/05/25 15:59 千葉県その他船釣り情報
タグ: 犬吠埼沖  アカムツ  マシュマロボール  パニックベイト 
釣行日

2017年5月21日(日曜日)  

釣場
千葉県銚子市 犬吠埼沖
時間

2:00〜10:30  

釣果

アカムツ:25〜44p 9尾
スミヤキ、メダイ、ユメカサゴ、ドンコ
 

使用タックル

ロッド:Alpha Tackle HBアカムツ180
リール:DAIWA  シーボーグ500J IKA TUNE
ライン:PE4号
 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 

遠路遥々ということで。。。

2日目も乗船。前日が朝イチ良かったので、早めにポイントに着きたいとのことで、

なんと出船は2時過ぎ!

航程2時間かけてポイントに着いた頃にはまだ空は明るくなり始めたばかりでした。

前日も朝イチから調子が良かったので、期待して投入しましたが…

着底するとすぐにアタリは出たものの、上がってきたのはツノサメとスミヤキ。

その後もツノザメがうるさい状況が続きます。

開始1時間はツノザメ地獄…

投入するとすぐにアタリますがツノザメばかりです。

タナを上げても上まで追いかけてきて、ツノザメが掛かる始末…

結局アカムツ1本目を釣り上げたのは前日と同じ時間になってからでした。

その後もこの日はツノザメが元気で、タナを底に設定するとツノザメがエンドレス…

少しタナを切って餌もホタルイカはツボ抜きせずで、なんとか避けられる状況。

油断するとすぐサメの餌食なので、なるべく仕掛を動かしてサメを避けます。

なんとかこの日も釣り上げたところで、一際鋭く強いアタリ!

これは…???

サメにしては引き方やアタリ方に鋭さがあったので、もしかするとデカもの?

と慎重に上げてくると、一際大きなメタリックレッドの魚体。

ようやくキロオーバーの魚に出会えました。

しかもこれまでのアカムツの中でも見たことの無いような太さ。

長さはさほどないのに1.7sというとんでもないメタボ体型のアカムツでした。

その後もポツポツとアカムツを追加できたものの、日が完全に昇りきった頃から、

表層付近でアカムツを横盗りする輩が…

残り30mほどの最後の抵抗を見せた直後に、強烈に引き込みでハリスごとプッツン。

横盗りされること3回…

ようやくその横盗りする輩の姿を確認。

水面下に上がってきたアカムツの頭だけの状態。。。

それを目前で一気に喰ったのは2mほどのヨシキリザメ。

結局その後も1度盗られ、本命は取り込むことは出来ず…

外道のドンコやツノザメには、ちょっかいすらかけないものの

本命のアカムツにはアタックしてくるキレモノ。。

後半は掛けても取り込めないヤキモキするままに沖上がりの時間となりました…

これから水温が上がってくると、外洋エリアはこのサメに悩まされそうです。


コメント
2017/05/25 15:38 千葉県その他船釣り情報
タグ: 犬吠埼沖  アカムツ  マシュマロボール  パニックベイト 
釣行日

2017年5月20日(土曜日)  

釣場
千葉県銚子市 犬吠埼沖
時間

3:00〜11:00  

釣果

アカムツ:25〜38p 11尾
ムツ:42p 1尾
ユメカサゴ、ドンコ、沖メバル
 

使用タックル

ロッド:Alpha Tackle HBアカムツ180
リール:DAIWA  シーボーグ500J IKA TUNE
ライン:PE4号
 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 

GWから突如として始まった犬吠埼沖のアカムツ。

新場所の発見とあって、開幕当初はキロオーバーのアカムツが1人で20尾以上という圧巻の釣果を出していました。

その爆発から2週間…

好調だったアカムツにも少し陰りが見え始めてきましたが…

まだいくらかは釣れている様子。

今後こんなチャンスはないかもしれない…そんな考えから行かずにはいられず、遠路遥々行ってきました。

出船はなんと3時前!

ポイントまでは航程およそ2時間、港から約30マイルほど走ったはるか沖です。

ポイントに着く頃には真っ暗だった空も、すっかり明るくなっていました。

ポイントに着いて1投目。

サバもおらず、すんなりと海底へ。

前情報ではあまり誘わない方が良いとのことだったので、まずはしっかりと仕掛を止めて待ってみます。

すると…

1投目から本命のアタリ!

久々のアカムツなので、少し慎重に巻き上げてきます。

海面下に見えたのはメタリックレッドの本命。

サイズはやはり開幕当初とは程遠い、500g程度の魚でした。

その後もアカムツが連発!

投入の度にアカムツがアタってきます。

アカムツ祭りは終焉とは言われていましたが、魚影の濃さに驚くばかり。

朝の1時間ほどの時合で5尾のアカムツをゲット。

その後はユメカサゴや沖メバル、ドンコなどの外道がうるさくなり始めましたが、

時たまアカムツも当たってくる状況。

投入すればすぐに何かしらが当たってくるので、全く飽きません。

中盤はアタリが外道ばかりになったものの、

終盤にはまたアカムツの喰いが立ち、一荷で上がってくることも…

終わってみればツ抜けの釣果。

サイズは小さくなってしまったもののまだまだ魚影の濃いポイントで、

ただただ驚くばかりでした。


コメント
2017/05/15 18:01 神奈川県その他船釣り情報
タグ: 相模湾  紅アコウ  パニックベイト  深海魚  佐円丸 
釣行日

2017年5月14日(日)  

釣場
相模湾 (三崎港 佐円丸)
時間

6:00〜15:00  

釣果

紅アコウ3匹(5.8・3.3・2.8kg)
他、深海魚多数 

使用タックル

ロッド: アルファタックル deep masuter 
リール: オリムピック HUKABA6/0
ライン: PE10号 1800m リーダー: ニュークロー24・40号・60号
 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
上嶋 一人 

佐円丸でスポット船・紅アコウ船が出船しており、釣果も出ているようなので行ってきました。

当日は6名で出船。

今季、何回か来ている人がほとんどでした。

朝一のポイントは水深1100m。

東京タワーとスカイツリーをたしても、すっぽり入ってしまうほどの水深です。

釣座の左舷ミヨシから緊張の一投目は無事にこなし、水深1170m程で着底。

船長から1流しは30〜40分とのことなので根掛かりに注意して誘い続けます。

程なくして上げての合図。

10分ほど前に小さなアタリはあったものの、どんな魚かは判らないまま巻き上げ開始。

底を離れる位糸が張ってくると途端に大きく引きはじめ、思わずドラグを少し緩めて対応します。

途中、500m付近でも激しい引きがありましたが、何とか凌いで残り20mまで到達。

巻き上げ開始から約30分も経ってました。

仕掛けを手繰り始めると反対舷で『浮いたぞ〜』の声。

潮が反対向きだったので、目の前に浮く光景は見れませんでしたが、右舷の沖に2つの赤い魚を確認。

手繰る途中で下針にも、もう1匹いたようで計3匹キャッチ。

1日1匹捕れればいい魚なので、出来過ぎの感がありましたがとりあえず一安心。

その後、800〜1200mタチを4投しましたが、本命は朝の1投のみ。

後はソコダラ・トウジン等の黒い魚が多数で終了。

シーズンや釣り場が限られたマニアックな釣り物ですが、面白かったのでまた機会があれば行きたいと思います。


コメント

4件の記事