• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2016年1月 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ

アオリイカ(12)
アオリエギング(1)
アカハタ(1)
アカムツ(4)
アコウ(1)
アジ(1)
エギーノぴょんぴょん(1)
エギング(8)
エギ王K(1)
エギ王KHF3.5S(1)
エギ王Q(2)
エギ王Q LIVE サーチ(2)
エギ王Q LIVEサーチ3.5(1)
エギ王QLIVE(1)
エギ王QLIVEサーチ(2)
エギ王Qライブ3.5(1)
エギ王Qライブサーチ3.5S(1)
おっぱいスッテ(14)
おっぱいスッテ3.8−1(2)
おっぱいスッテ布巻(1)
カツオ(3)
カワハギ(1)
きずなまりん(1)
キハダ(2)
ケンサキイカ(1)
ゴムヨリトリ(1)
サーベリング(1)
シイラ(3)
シャクリシンカー(1)
その他(2)
タイラバ(4)
タコ(1)
タコじゃらし(1)
タチウオ(13)
タチ魚針WF(1)
チビイカ(1)
チビエビ5(1)
チビトト(11)
チビトト4(2)
トトスッテ(2)
ととスッテ(2)
ナオリ−RH(1)
ナオリー(1)
ナオリーRH(1)
ニュークロー(1)
パニックベイト(4)
パニックベイトタチウオ(2)
ピッカピカ針(4)
ピッカピカ針5 8−1T(2)
ボートエギング(2)
マイカ(5)
マシュマロボール(2)
マダイ(5)
マダコ(1)
マルイカ(13)
ムギイカ(9)
メタルフリッカー(1)
ヤリイカ(2)
ライトアジ仕掛け(1)
ライトエギング(1)
ワカシ(1)
安浦港沖(1)
横須賀沖(1)
観音崎沖(1)
喜平治丸(1)
串本大島沖(1)
犬吠埼沖(2)
玄界灘(2)
紅アコウ(1)
佐円丸(1)
佐賀県伊万里湾(2)
佐賀県唐津市 鷹島沖8〜15m きずなまりん(1)
三崎港佐円丸(1)
春イカ(1)
初島沖(1)
深海魚(1)
神奈川県三浦半島(6)
須磨沖(2)
錘スッテ(6)
船イカ(5)
船テンビンK型(2)
相模湾(4)
鯛歌舞楽(2)
鯛乃玉(5)
大阪湾(1)
淡路沖(1)
長谷川丸(3)
東京湾(3)
熱海沖(1)
波動ベイト(3)
波動ベイトスリム(1)
飛龍(1)
兵庫県洲本〜由良沖(2)
本山 淳子(1)
明石沖(1)
猛光タチ魚(1)
猛光タチ魚テンヤ(1)
猛光太刀魚テンヤ(4)
猛光太刀魚テンヤ40号(1)
猛光太刀魚テンヤ船(3)
猛追太刀魚テンヤ40号プロト(1)
猛追太刀魚テンヤ船(1)
和歌山県(1)
和歌山県 湯浅沖(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ釣果情報BLOG

2016/01/26 10:57 静岡県船釣り情報
釣行日

2016年1月23日(土曜日)  

釣場
静岡県 熱海沖
時間

AM6:30 〜 PM12:30  

釣果

アカムツ    36p 1尾
スミヤキ    55p 1尾
ドンコ     35p 1尾
バラムツ 

使用タックル

ロッド アルファタックル  ショートアーム 100−180
リール SHIMANO ビーストマスター3000
ライン PE4号 

使用アイテム

マシュマロボール 船テンビンK型、20倍ビーズソフト    

記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 

前回の爆釣をもう一度…そんな淡い期待でアカムツ釣りへ行ってきました。
未明に熱海沖を震源とする地震があり、若干の心配要素…
朝一の流し。
いつものようにタナを取って待ちます…
が、いつもなら元気な小魚のアタリが全くない!
少し不安になったので、タナを低く構えると、沖ギス。
同船者には朝一からビックヒットでバラムツ。
その後も何かおかしく、アタリが全くありません。
タナを低く構えると沖ギスは喰ってきますがそれだけ。
アカムツいるであろうタナにはバラムツ。
ヒットするのは沖ギスかバラムツ。
少し本命らしいアタリをとらえると、良型のスミヤキ。
なんとかお土産は確保。
続いてはドンコが登場し、お土産2つ目。
ただ、肝心の本命が来ません。
本命のアタリの無いまま、沖上がりの12時に。
船長が気を使って30分延長。
そこでようやく!本命のアタリ!
いつも以上に慎重に巻き上げ、無事本命ゲット!
その後は、バラムツがヒットして終了。
外道はいつもとは違うし、バラムツが元気すぎて他の魚が怖がってしまったか??
すこし阻害要素が多すぎた状況でした。
こんな状況でしたが、何とか本命を1尾釣ることができ良かったです


コメント
2016/01/19 14:41 福岡県ナオリー釣果情報
釣行日

2016年1月10日(日)  

釣場
福岡県糸島市
時間

21:00〜24:00  

釣果

ササイカ(ヤリイカ) 

使用タックル

ロッド::プレミア PMRR−69tb/DAIKO 
リール:ストラディック C2000SHG/SHIMANO
ライン:フロロ2.5ポンド 

使用アイテム
記入者

ヤマシタ スタッフ
永田 涼士 

この時期になると糸島方面にササイカが回遊してくる為、
調査も含めて営業所の先輩とツツイカエギングに行って参りました。
釣場に到着すると、まわりではエサ巻テーラでササイカを
数杯釣り上げており、既にシーズン開幕!といった状況でした。
キャストしたエギはツツイカ専用設計のナオリーシリーズ。
その日のタナやアタリカラーを効率よく探れる為、エギの上部に
アシストリグとして1.5号のスッテが付いているダブルチャンス仕様!
キャストし底まで沈め、ゆっくりと表層まで探っていきます。
すると中層付近でいい感じの重みを感じ、巻き合わせ!
上がってきたのは胴長25センチ越えの良型ササイカ。
ライトタックルの為、ギリギリのやりとりで楽しめました。
この日は22時満潮で、21時半前後の上げ潮時にヒットが集中。
満潮後にアタリがなくなり、納竿しました。
暗闇の中で夜光ボディのエギを使う事で広範囲にアピールし、
回遊してくる数杯のイカ群れを確実に拾っていく事ができます!
これから数釣りが出来るシーズンなので、今後更に期待です!
今回使用したアイテムはこちら


コメント
2016/01/19 09:51 福岡県ナオリー釣果情報
釣行日

2016年1月16日(土)  

釣場
福岡県 離島
時間

18:30〜翌日7:30  

釣果

ササイカ 9杯、ケンサキ 6杯(2人の釣果) 

使用タックル

ロッド:ナオリーフィーリングシャフト 8ft 
リール:スピニングリール2000番
ライン:PE0.4号
リーダー:フロロカーボン2号 

使用アイテム

ナオリーRH 2.2B

エサ巻テーラセット

記入者

ヤマシタ スタッフ
加藤 孝幸 

糸島半島方面でも模様が見え始めたササイカ狙いに近場の離島に行ってきました。

釣り場について、テーラのウキを浮かべながらエギング開始。
するとすぐ夕暮れ後の時合に突入!
ササイカのメスの小型の群れがポロリポロリと遠投したエギやテーラに掛かって来て釣れます。
その後、あたりはケンサキに切り替わり、やがて時合い終了です。
満潮が来る夜中の3時付近までノーイカタイム。。。
辛い時間でしたが満潮前後で少量のオスの回遊が見られ、見事ゲット!
私はこの後力尽きましてテントで仮眠。
夜通しやってた相方にはノーヒットで夜が明けました。
今年はササイカの開始が遅れていると言われていましたがようやく上昇してきました。
水温が高いせいかケンサキイカが多いのも特徴です。
ケンサキイカは型は小さいですが食味が美味しくて例年にはない、いいターゲットです。


コメント
2016/01/14 13:40 静岡県船釣り情報
釣行日

2016年1月11日(月曜日)  

釣場
静岡県 熱海沖
時間

AM6:30 〜 AM11:30  

釣果

アカムツ    26〜52p(1.68s) 6尾
キンメダイ   22〜26p 2尾
スミヤキ    48cm 1尾
ギンメダイ 数尾 

使用タックル

ロッド アルファタックル  ショートアーム 100−180
リール SHIMANO ビーストマスター3000
ライン PE4号
 

使用アイテム

マシュマロボール 船テンビンK型、20倍ビーズソフト     

記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 

懲りずにアカムツ釣りへシーズン5回目の釣行。
そろそろ片手の釣果を超えたい、デカ物が欲しいとドンドン欲が出てきてしまいます(笑)。

いつものように熱海沖でのスタート。
前々日は朝の1投目から釣果が飛び出したとのことで、期待が高まります。
1投目。
タナを取って待っていると、餌盗りのアタリ。
しばらく待っても他の追い食いはないので、さっさと巻上げると、ギンメダイ。

すぐに2投目。
タナを取り直した直後、いきなりズドンッと本命のアタリ!
慎重に巻き上げると、キンメのオマケ付きで良型の本命。

さらに次の投入でもタナを合わせた直後に本命のアタリ!
1sに迫る良型。

さらにその次の投入でも本命のアタリで、なんと3投連続の本命をゲット。

その次の投入ではキンメダイと連チャンは3で止まったものの、幸先の良いスタート。
良型のスミヤキも上がり、土産は十分。

追加を狙いますが、この後、しばらく沈黙。
時折餌盗りのギンメダイが掛かる程度でしたが、少し深みにポイントを移動したところで、
本日4本目の本命。

その後はまたしばらくアタリが遠のき、さらに深いポイントへ。
「この流しで数投したら上がりましょう」とラストの流し。

その1投目。
アタリがこれまで少し遠かったので、タナを少し低めに設定。
しばらくして、サメのようなもたれるアタリ。
アワセをいれると案の定、サメのような引き。
ただ、大型のアカムツもサメのような引きをするという話を聞いていたので、
わずかな期待を込めて、慎重に巻き上げてきます。
途中にもかなり強烈な引き込みをするので、ほぼサメだろうと高をくくっていましたが、
上がってきてビックリ!
特大のアカムツでした。
少し痩せ気味ではあったものの長さはかなりあり、これまでのアカムツとは別の種類みたいです。

同じ流しで、再度投入。
タナあわせて5分位したら上がりましょうと船長からラストの投入の宣言。

タナを合わせて、しばらくすると…
本命のアタリ!重量感が今までよりもないですが、上がってきたのは大本命。
ただ、本日最小でした。


コメント
2016/01/06 16:20 愛媛県ボートエギング釣果情報
釣行日

2015年12月28日(月)  

釣場
愛媛県宇和島市
時間

8:00〜10:00  

釣果

アオリイカ1杯(船中5杯)
コウイカ1杯 

使用タックル

ロッド:SPECIMEN85deep
リール:ステラ C3000HG
PEライン:PE0.6号
リーダー:フロロ2号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタ スタッフ
市川 貴大 

友人に船をだしてもらい、初めてのティップランにいってきました。
普通のエギングロッドでも当たりが取れるだろうと思っていましたが、あまかったです。
エソの当たり以外とれませんでした。
テンションを掛けて横引きしている時に当たり、
その1回で釣り上げることができましたが、
気が付かないだけでもっと当たりがあったかもしれないと後悔しました。
アオリイカのサイズは200〜600g、コウイカは1kgでした。
宇和島のアオリイカは例年に比べて小型で数は少ないとの事、
しかし、岸から狙える範囲でキロアップの釣果が出ているとの事なのでチャンスはあるみたいです。

今回使用したアイテムはこちら


コメント
2016/01/06 15:31 静岡県船釣り情報
釣行日

2016年1月4日(月)  

釣場
静岡県 熱海沖
時間

6時00分〜11時30分  

釣果

アカムツ    28〜39p 2尾
クロムツ    35〜40p 3尾
アラ        48p 1尾
キンメダイ   27〜31p 2尾
スミヤキ    42〜46cm 4尾
シロムツ、ギンメダイ 

使用タックル

ロッド アルファタックル  ショートアーム 100−180
リール SHIMANO ビーストマスター3000
ライン PE4号 

使用アイテム

マシュマロボール 船テンビンK型、20倍ビーズソフト

記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 

初釣りは赤い魚で!ってことで、初釣りはアカムツ狙いへ。
天気も良く、日の出を眺めながらも出船。
ポイントに着き、1投目。
いきなり船中で2人お客様にアカムツが上がり、期待が高まります。
自分も1投目からアタリがあり、期待したものの赤い魚ではあるが、キンメダイ。

その流しはその後ギンメダイ、シロムツと外道が続きます。

2流し目に、本命らしきアタリがあるものの、確信が持てないまま慎重に巻き上げ。
水面に上がってくると、小さいながらも本命をゲット。
このエリアではアベレージよりも小さいサイズです。

ポイントを少し移動した場所ではクロムツが3連発。
サイズも比較的良く、嬉しいゲストです。

さらに良型のスミヤキも連発。
こちらも美味しいゲストです。

少し深いポイントへ移動し、反対舷のお客様にアラが上がりました。
その直後、自分には本命のアタリ。

慎重に巻き上げ、無事良型の本命をゲット!
これだけでは終わらず、次の投入。
サメらしい大きなアタリ。
引きがかなり強いので、サメだろうと思っていましたが、
残り50mを切ったあたりから急激に軽くなり、もしかすると…
と思って巻き上げてくると、アラが浮上。
サイズも1.6sと食べるにはちょうど良いサイズで、非常に嬉しいゲストの登場でした。

その後は良型のシロムツとスミヤキを追加し、風が少し吹いてきたので、少し早上がりとなりました。

初釣りから高級魚が大漁で良いスタートを切れました!

 

今回使用したアイテムはこちら


コメント
2016/01/06 13:35 神奈川県船釣り情報
釣行日

2015年12月30日(水)  

釣場
洲崎沖
時間

7時00分 〜 14時00分  

釣果

ヤリイカ  15〜45p 65杯 

使用タックル

ロッド DAIWA  先鋭剣崎 120−170
リール SHIMANO フォースマスター2000MK
ライン PE3号 

使用アイテム
カラフル針、ピッカピカ針11-1 キラッと針
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 


釣り納めは正月用の白いネタ、ってことでヤリイカ釣りに行ってきました。
ポイントは洲崎沖。予報ではベタ凪予報でしたが、ポイントに着いてみると
北東風でかなり海は悪かったです。
事前情報ではサバが多いとのことだったので、直結仕掛からスタート。
水深は200mほどと深め。
着底するとすぐにアタリ。
波がかなり高いので巻上スピードに注意しながら巻上を開始。
初っ端から3点掛けと幸先良いスタート。
その後も2点、3点掛けと続き、すぐにツ抜け。
しかし、ここで邪魔者が…
多点掛けを確信して巻き上げてくると残り50mで強烈な引きと共にイカ、錘、仕掛共に損失…。
サメが回ってきてしまったようです。
1点、2点掛けでは悪さはしてこないのですが、多点になった途端、いきなり奪われ仕掛ごと損失。
2セット直結仕掛をサメに奪われたところで、直結仕掛が無くなってしまったので、
ブランコ仕掛に変更。角数は少し欲張って10本。
サメの被害が多いので、船長も気を利かせてポイント移動。
少し浅めの170mラインで良い群れに当たり、チビヤリ中心ながら、いきなり9点掛け。
同じ流しで再投入すると今度は7点掛けと、絶好調。
ただ、やはり流しが長くなるとサメが回ってきてしまい、船中で被害が出始め、そうなるとポイントを移動。
サメとの追いかけっこ状態で、1流し3回ほど上げ下ろししたら移動、と言うような状況を繰り返します。
結局最後までサバではなくサメに邪魔されながら、沖上がりの時間に。
ヤリイカのサイズは極小〜パラソル級までバラバラで、今シーズンも数は多そうな気配でした。
水温が下がり、サメがいなくなれば、もう少し焦らずに釣りができそうです。

今回使用したアイテムはこちら


コメント

7件の記事