• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2014年9月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

タグ

アオリイカ(12)
アオリエギング(1)
アカハタ(1)
アカムツ(4)
アコウ(1)
アジ(1)
エギーノぴょんぴょん(1)
エギング(8)
エギ王K(1)
エギ王KHF3.5S(1)
エギ王Q(2)
エギ王Q LIVE サーチ(2)
エギ王Q LIVEサーチ3.5(1)
エギ王QLIVE(1)
エギ王QLIVEサーチ(2)
エギ王Qライブ3.5(1)
エギ王Qライブサーチ3.5S(1)
おっぱいスッテ(14)
おっぱいスッテ3.8−1(2)
おっぱいスッテ布巻(1)
カツオ(3)
カワハギ(1)
きずなまりん(1)
キハダ(2)
ケンサキイカ(1)
ゴムヨリトリ(1)
サーベリング(1)
シイラ(3)
シャクリシンカー(1)
その他(2)
タイラバ(4)
タコ(1)
タコじゃらし(1)
タチウオ(13)
タチ魚針WF(1)
チビイカ(1)
チビエビ5(1)
チビトト(11)
チビトト4(2)
トトスッテ(2)
ととスッテ(2)
ナオリ−RH(1)
ナオリー(1)
ナオリーRH(1)
ニュークロー(1)
パニックベイト(4)
パニックベイトタチウオ(2)
ピッカピカ針(4)
ピッカピカ針5 8−1T(2)
ボートエギング(2)
マイカ(5)
マシュマロボール(2)
マダイ(5)
マダコ(1)
マルイカ(13)
ムギイカ(9)
メタルフリッカー(1)
ヤリイカ(2)
ライトアジ仕掛け(1)
ライトエギング(1)
ワカシ(1)
安浦港沖(1)
横須賀沖(1)
観音崎沖(1)
喜平治丸(1)
串本大島沖(1)
犬吠埼沖(2)
玄界灘(2)
紅アコウ(1)
佐円丸(1)
佐賀県伊万里湾(2)
佐賀県唐津市 鷹島沖8〜15m きずなまりん(1)
三崎港佐円丸(1)
春イカ(1)
初島沖(1)
深海魚(1)
神奈川県三浦半島(6)
須磨沖(2)
錘スッテ(6)
船イカ(5)
船テンビンK型(2)
相模湾(4)
鯛歌舞楽(2)
鯛乃玉(5)
大阪湾(1)
淡路沖(1)
長谷川丸(3)
東京湾(3)
熱海沖(1)
波動ベイト(3)
波動ベイトスリム(1)
飛龍(1)
兵庫県洲本〜由良沖(2)
本山 淳子(1)
明石沖(1)
猛光タチ魚(1)
猛光タチ魚テンヤ(1)
猛光太刀魚テンヤ(4)
猛光太刀魚テンヤ40号(1)
猛光太刀魚テンヤ船(3)
猛追太刀魚テンヤ40号プロト(1)
猛追太刀魚テンヤ船(1)
和歌山県(1)
和歌山県 湯浅沖(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ釣果情報BLOG

2014/09/29 20:11 神奈川県船釣り情報
釣行日

2014年9月28日(日)  

釣場
神奈川県横須賀市佐島港 海楽園
時間

6時00分〜13時00分  

釣果

カワハギ 15〜23cm 20枚 

使用タックル

ロッド:DAIWA メタリアカワハギMMH−175
リール:DAIWA スマック100HL  
ライン:PE1号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
兵動太一 


秋を迎え、シーズンが本格化してきたカワハギ釣りへ行ってきました。
台風の影響が心配されましたが、15人の乗客を乗せ、多少の波風も難なく出船!
最初のポイントは港からすぐの水深5m。かなり根が荒いポイントですが、根掛かりを恐れずボトムをアグレッシブに攻めていきます。案の定仕掛けをいくつも失いますが、上手く入れば食いは活発。根掛かり外しの最中にヒットすることもしばしばあり、やはりパターンはベタ底でした。短い移動を繰り返しポツポツと拾ったところで、続いては水深25mへ移動。ここは砂地のようで、ボトムを攻めるとトラギスの猛攻に遭います。ここではボトム狙いは封印。仕掛けに捨て糸を追加し、海底から1メートル上のレンジを攻めると、良型のカワハギが姿を見せてくれました!
しかし、この日はどのポイントでも次々とやってくる外道に調子を狂わされ、思うように本命の数が伸びません。また、終盤にかけて潮が緩くなってしまい、時間の経過とともに釣果は下降の一途…。なんとか20枚を釣り上げるものの、結局前回の枚数を超えることが出来ず、課題と悔しさの残る釣行となりました。
それにしても、奥が深すぎて一底が見えないカワハギ釣り。まだまだ未熟ですが、これからも腕を上げられるよう、頑張っていきたいと思います!


コメント
2014/09/25 10:30 神奈川県船釣り情報3
釣行日

2014年9月14日(日)  

釣場
神奈川県横須賀市新安浦港 長谷川丸横須賀沖30m〜観音崎沖80m
時間

7時30分 〜 11時45分  

釣果

タチウオ 70〜95p  21本 

使用タックル

浅場用   
ロッド DAIWA 極鋭73 200−U
リール SHIMANO オシアカルカッタ 201HG
ライン PE1号
深場用
ロッド DAIWA 極鋭GEAR M−210      リール DAIWA シーボーグ150J−L
ライン PE1号 

使用アイテム
記入者

 


約1か月ぶりに東京湾のタチウオ釣りへ。
釣行前日、船宿のHPを確認すると、なんと港前の浅場で釣れているとの情報。
浅場用タックルと深場用タックルを持ち込んでの出船となりました。
まずは航程5分の猿島前からスタート。
水深は30m、指示ダナは10m〜20m。錘30号のライトタックルでパターンを探ります。
色々とシャクリのパターンを変えてみますが、なかなかアタリは出ず。
周りもそんな状況です。
ようやくアタリがでて、何とか1本目。
そのままもう1本追加し、パターンも見つかったかな?と思ったのですが、その後はまたアタらず。
港前のポイントを転々としますが、アタリも少なく拾い釣り状態で、さらに2本追加したところで、観音崎沖へ移動。
観音崎沖へ着くと既に船団ができており、すれ違う船もポツポツと釣っています。
水深はさっきとは打って変わって80m。指示ダナ70m〜50m。
潮も早く、ラインはほぼ真横に出ていきます。
水深もあるので少し強めにシャクリを入れていくと、すぐにアタリ!
ポイント移動してすぐに1本目。
そのまま続けざまに3連荘。パターンもバッチリ合ったようで、次々にアタってきます。
サイズも比較的良く、掛かりも良い感じです。
水深が深いのが手返しが悪くなりネックですが、次々に数を伸ばします。
この食いは殆ど終了まで途切れず、移動してからの2時間半で17本を追加して終了となりました。
この日はドラゴンサイズは出ませんでしたが、釣行日の前週には観音崎沖で指8本クラスの

特大サイズも他船で上がったようで、これからはサイズ狙いで通ってみようと思います。


コメント
2014/09/25 10:20 神奈川県船釣り情報2
釣行日

2014年9月13日(土)  

釣場
神奈川県三浦市佐円丸               剣崎沖 40−50m、 城ケ島沖 50m
時間

6時00分 〜 13時00分  

釣果

ワラサ 2.8s〜3.5s  4尾 

使用タックル

ロッド DAIWA リーディングXゴウイン 265H 
リール SHIMANO フォースマスター2000MK
ライン PE3号 

使用アイテム
記入者

 

ワラサの釣果が安定してきたので、毎年恒例のワラサ釣りへ。
船も満船での出船です。
ポイントは剣崎沖。朝6時の合図とともに一斉に松輪の船がポイントに走り出します。
少し遅れながら、ポイントに到着。
既に、100隻近い船が船団となっていました。
その船団に入り込み、まずは1流し目。
周りの船も既にワラサが続々と上がっています。
期待して、せっせとコマセを詰替えて打ち返します。
すると船中でもあちらこちらでヒット!
しかし、なかなか波に乗れずアタリが全然来ません…。
誘いをかけますが、なかなか反応せず。
周りでは続々と釣れているのに、なぜか蚊帳の外状態…。
1時間ほどアタリがないまま船団からも徐々に外れ1流し目が終了する間際にようやくヒット!
1本目なので慎重にやり取りし、無事にキャッチ。
丸々とした3sほどのワラサでした。
期待して2流し目。
しかし、船中誰もヒットなし。
その次も、その次の流しもアタリはなく、ようやくその次の流しで同船者にヒットしましたが、それっきり。
その後はまたしても沈黙状態…
ここで、ポイントを大きく移動し、城ケ島沖へ。
10隻のほどの船団ができており、ポツポツとは上がっている様子。
しかし、ここでもしばらくはアタリなし。
10時過ぎまではアタリもない状態でしたが、ここでようやくヒット!
しかもなぜかこのヒットを皮切りに3投連続で自分だけがヒットするという珍事。
船中では上がったのはそれだけで時間までしっかりとコマセを撒き続けましたが、
ワラサは応えてはくれませんでした。
この日のトップは9本。これでも渋いと船長は言っていたので、今年のワラサの釣れっぷりがどれほどのものなのかが想像つくと思います。
しかもこのワラサ、どれも脂がしっかりとのっていて、食べても非常に美味でした。


コメント
2014/09/25 10:06 神奈川県船釣り情報
釣行日

2014年9月22日(月)  

釣場
神奈川県横浜市金沢漁港 忠彦丸  午前タチウオ 観音崎沖 70−80m午後ライトアジ 港沖 15−20m
時間

7時20分〜16時:00分  

釣果

タチウオ4本、アジ15匹 

使用タックル

ロッド ダイワ 極鋭ライトヒラメ M−215
リール ダイワ シーボーグ150JL
ライン  PE2号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタ 船釣りシニアフィッジングマイスター
澤田正 

今回は、日本釣振興会神奈川県支部長の山口充さんから、お誘いいただいた
ロケの縁で、LoVendoЯの岡田万里奈さん、フリーアナウンサーの石澤倫子さんと
釣りに行ってきました。もちろん、山口さんも一緒です。

当日は、天気が悪くなるかなと心配していましたが、好天に恵まれました。
自称雨女と岡田さんはお話されてましたが、違ったようです。

さて、釣行です。岡田さんも石澤さんも船は2回目です。
結果から先に言えば、午前のタチウオも午後のアジもご機嫌がよく、
お二人とも大満足の釣行となりました。

まずは、タチウオ。メンバーが一生懸命通っていますが、私は何だか苦手意識が
ある魚の一つでしたので、しばらくぶりの釣行です。
そう、アタリをとってあわせる釣りは、苦手なのです。
それでも、この日はタチウオのご機嫌が良く、ルアーで1本、エサで4本ゲット。

午後のアジも、浅場で好調でした。手返しよく釣りをしている方は、50匹以上と
爆釣。私も15匹ほど釣りました。

岡田さん、石澤さんとも、本当に釣りを楽しんでいました。


コメント
2014/09/23 18:49 和歌山県アオリイカ情報
釣行日

2014年9月20日(土)  

釣場
和歌山県 紀北
時間

5時30分〜13時:00分  

釣果

アオリイカ 11杯 100g〜200g 

使用タックル

レガーメ X−ARMATURA斬 XAZ−83CA
リール  セルテート 2004CH
ライン  PE EGI ULT 0.6号
リーダー エギリーダーBS 2.5号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタ エギングマイスター
柘植学 

磯をランガン!和歌山へエギング調査!!
1箇所目は活性高く、小型ながらサーチに飛びついてきます。
サイトも楽しめましたが、サイズが上がらないので移動。
次の場所もサイズ、型共にあがりません。
2週間前と変わらない様な・・・。
三箇所目も反応いまひとつ。
ライブサーチ→ライブ→Kとローテーションを駆使しながら拾い釣り。
1日ポツポツと拾いながら、なんとか2桁釣果。
昨年よりも成長が遅いような気がします・・・。
10月になったらエリアを変えてみようかな〜


コメント
2014/09/23 09:13 石川県ボートエギング情報
釣行日

2014年9月8日(月)  

釣場
石川県能登半島 羽咋沖
時間

7時00分〜16時00分  

釣果

アオリイカ 7杯 

使用タックル

シャロ−を攻めるとき・潮が動いていないとき用
ロッド:オーシャンソード 70ML
リール:10ステラC3000
ライン:アバニ エギングPE Tip Run 0.4号
リーダー: ブラックストリーム 2号
            
ディープを攻めるとき・潮が速いとき・アオリが速いアクションに反応するとき用
ロッド:オーシャンソード 70ML
リール:10ステラ2500HGS
ライン:PEエギULT 0.3号
リーダー: ブラックストリーム 1.75号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
橋本和也 


Mariaフィールドモニターの河内さんのマイボートで北陸のティップランを初体験してきました。
今回はエギ王Q LIVEサーチ3.5をメインに使用。
というのも、「イカが喜ぶラトル音」を搭載したエギだからこそ、船をどてら流しする=常に新しいポイントを攻め続ける釣り
の方が、広範囲からイカを寄せる効果があると考えたからです。
朝一の第1投目からヒット。イカも先週より成長しているとのことで、3.5号を抱いてきました。
4杯釣ったところで、ボートの回りはシーバスのボイル。ボイル。。。ボイル。。。。
その後は、一日中シーバスの活性が高く、イカの反応は無くなってしまいました。
午後から風が出て、船が流れるようになってきた為、底ベッタリをキープしながら流してヒット。
3杯追加して終了となりました。


コメント
2014/09/22 15:58 山口県アオリイカ情報
釣行日

2014年9月17日(水)  

釣場
山口県萩市
時間

23時30分〜24時:00分  

釣果

アオリイカ
 

使用タックル

ロッド:クロステージ CRK−862EL(メジャークラフト)
リール:エアリティ 2500
ライン:PE 0.8号
リーダー 2号

 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
小田島裕 

アジングに熱中してしまった後、クールダウンのひと時としてエギング開始。 夜なので、少し大型に期待し、3号をチョイス。 風もそよそよしていたので、安定フォールを意識してのエギ王Kを投入。 3回目のしゃくりの後のフォール中に、ムムムな感じ。 合わせをいれて、ぐぅーん!! 手のひらサイズをゲットです。 日付変更も近かったので、その後は、熱中せずに、宿に戻りましたとさ・・・ ネムイ、ネムイ


コメント
2014/09/22 15:46 新潟県アオリイカ情報
釣行日

2014年9月14日(日)  

釣場
新潟県村上市
時間

5:30 〜 10:30  

釣果

アオリイカ 15杯(キープ10杯) 

使用タックル

ロッド:セフィアBB S806M
リール:11カルディア2506H
ライン:ラパラPE 0.6号・シーガー2号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
國分駿 


サイトエギングを経験したことがない!

というわけで連休帰省ついでに新潟へ!

地図で探した堤防周りの磯に行くと、ものすごい人です。
スミ跡はたくさんあるのですが釣れていない様子。。磯の先端が空いたのでそちらに移動。
サーチを投入するとワラワラ湧いてきます!…が、叩かれた後だからか乗りません。

すぐエギKにチェンジ!するとすぐ乗りました!
タイミングなのか、そこから活性が上がってサーチで3連発。
その後はサーチで釣って、反応が鈍くなったらK、LIVEに変えるパターンで2時間で10杯ほど追加しました。
見えイカがいなくなった段階でのサーチの信頼感はいいですね!がしがし寄ってきます。

そのうち日が昇るとエギをなかなか抱いてくれなくなり、うねりも出てきたので終了としました。

最終的に、見えたイカの数に比べるとあまり釣れなかった印象でしたが、
サイトエギング初挑戦で2ケタ釣果ならまあよしかなぁという満足な釣行でした。
景色もよかったので10月くらいにまた挑戦してきたいです。


コメント
2014/09/18 13:10 千葉県その他陸釣り情報
釣行日

2014年9月14日(日)  

釣場
千葉県南房総市 富浦海王
時間

13時00分〜16時30分  

釣果

マダイ2匹 ワラサ1匹 

使用タックル

レンタルタックル 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
兵動太一 


先月オープンした海上釣堀、富浦海王へ行ってきました。
ここはマダイ、ヒラメ、青物といった高級魚を釣り放題という夢のような釣堀!
抑えきれない欲望を胸にいざ渡船へ!筏に上がり、スタッフの合図で一斉にスタート!開始早々、周りでは次々とマダイが上がっています。
しばらくして、私にも待望のアタリが!明らかにマダイのアタリではなく、ドラグがガンガン出されます。

これはいきなり青物だと期待するも、もう少しで姿を拝める!という所で痛恨のバラシ…。
バラすとその後釣れなくなるという忠告を受けていたにも関わらず、やってしまいました…。
その後、潮止まりも重なり、筏の雰囲気は一変。アタリが完全に止まってしまいます。

周囲の「釣れないねー」の声が重くのしかかる中、ようやくやってきたチャンスタイム!放流の時間です。
お腹を空かせたマダイが何匹も投入され、すぐさまヒット!周りも息を吹き返したように釣れ続きます。
マダイ放流後の時合が落ち着き、しばらくすると今度はワラサの放流!
是が非でも釣ってやろうと何度も仕掛けを入れ直していると、ピックアップ中にヒット!セカンドチャンスもしっかりキープできました。
楽しい時間はあっという間に過ぎ、最終結果はマダイ2、ワラサ1。
この日もそうでしたが、欲深き大人達よりも、女性や子供の方が好釣果を上げることが多いとか…?
童心に返って楽しむことが、釣果を上げる1番のコツかもしれません。
家族みんなで楽しめる海上釣堀。ロケーションも最高で、家に帰れば豪華な夕飯!

ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか?最高の一日を過ごすことができますよ!


コメント
2014/09/18 13:04 京都府アオリイカ情報

釣行日

2014年9月14日(日)

釣場

京都府 丹後半島

時間

7時00分〜13時00分

釣果

アオリイカ×2杯

 1使用タックル

ロッド - OLYMPIC Calamaretti PROTOTYPE GOCPS−882ML−SJ                       リール - DAIWA CERTATE 2004

ライン - PE 0.1号

リーダー - ブラックストリーム 1.5号

使用アイテム

エギ王Q LIVEサーチ2.5号 

記入者

ヤマシタスタッフ
谷花由樹

三連休のド真ん中でアオリエギングにいってきました!!

結果から言うと大撃沈・・・

さすがに連休ど真ん中ということもあり、釣り場はどこに行っても釣り人であふれており、
空いているところを見つけながらランガンしてきましたが、
潮回りなのか、濁りのせいなのか、強風のせいなのか・・・
どこに行ってもカラ振りばかり・・・

それでも釣果を絞り出したのはやっぱりLIVEサーチ。

今回は細ライン&ロングロッドによる大遠投後の完全ブラインドでの釣りで
なんとかヒットに結び付けることができましたが、サーチは今のところ必ず結果が出ています。

高活性なイカはもちろん低活性なイカにもきっとスイッチを入れてくれるのでしょう。

さすがにこのままでは終われないのでまたリベンジエギングにいってきます!!!


コメント

36件の記事