• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2013年3月 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ

アオリイカ(12)
アオリエギング(1)
アカハタ(1)
アカムツ(4)
アコウ(1)
アジ(1)
エギーノぴょんぴょん(1)
エギング(8)
エギ王K(1)
エギ王KHF3.5S(1)
エギ王Q(2)
エギ王Q LIVE サーチ(2)
エギ王Q LIVEサーチ3.5(1)
エギ王QLIVE(1)
エギ王QLIVEサーチ(2)
エギ王Qライブ3.5(1)
エギ王Qライブサーチ3.5S(1)
おっぱいスッテ(14)
おっぱいスッテ3.8−1(2)
おっぱいスッテ布巻(1)
カツオ(3)
カワハギ(1)
きずなまりん(1)
キハダ(2)
ケンサキイカ(1)
ゴムヨリトリ(1)
サーベリング(1)
シイラ(3)
シャクリシンカー(1)
その他(2)
タイラバ(4)
タコ(1)
タコじゃらし(1)
タチウオ(13)
タチ魚針WF(1)
チビイカ(1)
チビエビ5(1)
チビトト(11)
チビトト4(2)
トトスッテ(2)
ととスッテ(2)
ナオリ−RH(1)
ナオリー(1)
ナオリーRH(1)
ニュークロー(1)
パニックベイト(4)
パニックベイトタチウオ(2)
ピッカピカ針(4)
ピッカピカ針5 8−1T(2)
ボートエギング(2)
マイカ(5)
マシュマロボール(2)
マダイ(5)
マダコ(1)
マルイカ(13)
ムギイカ(9)
メタルフリッカー(1)
ヤリイカ(2)
ライトアジ仕掛け(1)
ライトエギング(1)
ワカシ(1)
安浦港沖(1)
横須賀沖(1)
観音崎沖(1)
喜平治丸(1)
串本大島沖(1)
犬吠埼沖(2)
玄界灘(2)
紅アコウ(1)
佐円丸(1)
佐賀県伊万里湾(2)
佐賀県唐津市 鷹島沖8〜15m きずなまりん(1)
三崎港佐円丸(1)
春イカ(1)
初島沖(1)
深海魚(1)
神奈川県三浦半島(6)
須磨沖(2)
錘スッテ(6)
船イカ(5)
船テンビンK型(2)
相模湾(4)
鯛歌舞楽(2)
鯛乃玉(5)
大阪湾(1)
淡路沖(1)
長谷川丸(3)
東京湾(3)
熱海沖(1)
波動ベイト(3)
波動ベイトスリム(1)
飛龍(1)
兵庫県洲本〜由良沖(2)
本山 淳子(1)
明石沖(1)
猛光タチ魚(1)
猛光タチ魚テンヤ(1)
猛光太刀魚テンヤ(4)
猛光太刀魚テンヤ40号(1)
猛光太刀魚テンヤ船(3)
猛追太刀魚テンヤ40号プロト(1)
猛追太刀魚テンヤ船(1)
和歌山県(1)
和歌山県 湯浅沖(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ釣果情報BLOG

2013/03/13 17:40 和歌山県 アオリイカ情報

釣行日 2013年2月24日 場所 和歌山県 串本 地磯
時間 17時00分〜20時00分 釣果 アオリイカ 400〜800g 3杯
使用タックル ロッド ヤマシタ エギ王ウィザーズジャイブ862M 
リール ・ダイワ ルビアス2506H 
ライン PE 0.6号
リーダー リーダー2号 
使用アイテム エギ王Q LIVE3.5 R15 RBKMT、B19 BPFO 
記入者 ヤマシタフィールドモニター
藤原 信行


和歌山県在住のヤマシタ フィールドモニター・藤原 信行さんから、アオリイカ釣行のレポートが届きました。

月夜まわりのナイトエギングを楽しみに南紀方面へ釣行してきました。
滞在初日は爆風に悩まされ、アオリの姿を見ることなくギブアップ!
そして、翌日の夕マズメも風が少し残っていましたが、次第に風も収まり、月が顔を覗かせた頃から、アオリの回遊をとらえる事ができ、ポロポロッとアオリを3杯キャッチ!
取りあえずアオリの顔を拝む事ができました。

詳しくは
藤原 信行氏個人ブログ
★和歌山スーパーズルむけラッシュえっ!?★


コメント
2013/03/13 09:10 千葉県 マルイカ情報

釣行日 2013年3月9日 場所 千葉県 太海 聡丸
時間 6時00分〜17時00分 釣果 マルイカ 10〜35cm 64杯
ヤリイカ 20cm    1杯
使用タックル ロッド 極鋭 MH-147
リール 極鋭マルイカレッドチューン MH-147
ライン PE1号
使用アイテム チビイカ5チビイカ6チビエビ5YSスナップ
記入者 ヤマシタスタッフ
山中陽介


マルイカが釣りたい、でも近くで釣れてない、なら釣れてる所に行けば良い、とのことでまたまた南房まで行ってきました。

今回出船する港からポイントまでは若干遠いので、朝5時半に出船。
6時にポイントへ到着。
ポイントには小湊の船が10隻ほど集まっていました。

船はすぐに反応に当て1流し目。
水深は約100m。
いきなり着ノリ〜。
朝1投目で幸先良く2点掛け。
直ぐに入れ直すものの、アタリなし。
群れの移動が早いようです。
しかし少し移動すればすぐに反応は見つかり、落とせば、すぐにアタリ!
マルイカ自体の活性は良さそうですが、
群れの移動が早く、良くて2、3回、
殆どが移動直後の1回だけの投入しかアタらない状態が続きます。
前半はアタリを取ってすぐに上げていましたが、
後半はなるべく多点掛け狙いで数を稼ぐ作戦に。
昼前にはマルイカの活性も上がり、最高4点掛けまで出来て、午前は35杯(ヤリイカ1杯含む)。

一度港に戻り、そのまま午後船へ。
少し南東の風が吹いてきて、海況悪くなったものの、マルイカの活性は変わらず前半は多点掛けで数稼ぎ。

しかし中盤辺りから、マルイカの群れが散在してしまったようで、探索時間が少し長くなってきました。
しかし、群れに当てればマルイカの活性は高く、相変わらずよくノリました。
午後は少し釣り時間が短くなってしまったものの、30杯で終了。

この日の当たり角はチビイカ5のK11、P14、K3、チビエビ5のKPGでした。
この4色でおよそ釣果の8割ほどはゲットできました。

水深は終始100m前後で手返しは悪い状況でしたが、多点掛けを狙う練習になりました。

早く相模湾、東京湾で釣れて欲しいですが、釣れないようならまた、小湊に行ってみます。

 


コメント

2件の記事