• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2012年2月 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

タグ

アオリイカ(12)
アオリエギング(1)
アカハタ(1)
アカムツ(4)
アコウ(1)
アジ(1)
エギーノぴょんぴょん(1)
エギング(8)
エギ王K(1)
エギ王KHF3.5S(1)
エギ王Q(2)
エギ王Q LIVE サーチ(2)
エギ王Q LIVEサーチ3.5(1)
エギ王QLIVE(1)
エギ王QLIVEサーチ(2)
エギ王Qライブ3.5(1)
エギ王Qライブサーチ3.5S(1)
おっぱいスッテ(14)
おっぱいスッテ3.8−1(2)
おっぱいスッテ布巻(1)
カツオ(3)
カワハギ(1)
きずなまりん(1)
キハダ(2)
ケンサキイカ(1)
ゴムヨリトリ(1)
サーベリング(1)
シイラ(3)
シャクリシンカー(1)
その他(2)
タイラバ(4)
タコ(1)
タコじゃらし(1)
タチウオ(13)
タチ魚針WF(1)
チビイカ(1)
チビエビ5(1)
チビトト(11)
チビトト4(2)
トトスッテ(2)
ととスッテ(2)
ナオリ−RH(1)
ナオリー(1)
ナオリーRH(1)
ニュークロー(1)
パニックベイト(4)
パニックベイトタチウオ(2)
ピッカピカ針(4)
ピッカピカ針5 8−1T(2)
ボートエギング(2)
マイカ(5)
マシュマロボール(2)
マダイ(5)
マダコ(1)
マルイカ(13)
ムギイカ(9)
メタルフリッカー(1)
ヤリイカ(2)
ライトアジ仕掛け(1)
ライトエギング(1)
ワカシ(1)
安浦港沖(1)
横須賀沖(1)
観音崎沖(1)
喜平治丸(1)
串本大島沖(1)
犬吠埼沖(2)
玄界灘(2)
紅アコウ(1)
佐円丸(1)
佐賀県伊万里湾(2)
佐賀県唐津市 鷹島沖8〜15m きずなまりん(1)
三崎港佐円丸(1)
春イカ(1)
初島沖(1)
深海魚(1)
神奈川県三浦半島(6)
須磨沖(2)
錘スッテ(6)
船イカ(5)
船テンビンK型(2)
相模湾(4)
鯛歌舞楽(2)
鯛乃玉(5)
大阪湾(1)
淡路沖(1)
長谷川丸(3)
東京湾(3)
熱海沖(1)
波動ベイト(3)
波動ベイトスリム(1)
飛龍(1)
兵庫県洲本〜由良沖(2)
本山 淳子(1)
明石沖(1)
猛光タチ魚(1)
猛光タチ魚テンヤ(1)
猛光太刀魚テンヤ(4)
猛光太刀魚テンヤ40号(1)
猛光太刀魚テンヤ船(3)
猛追太刀魚テンヤ40号プロト(1)
猛追太刀魚テンヤ船(1)
和歌山県(1)
和歌山県 湯浅沖(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ釣果情報BLOG

2012/02/29 11:24 神奈川県 アオリイカ、マルイカ他情報

釣行日 2012年2月26日 時間 8時30分〜14時
場所 神奈川県 葉山沖/名島周り 使用アイテム エギ王DDスパイダー 30g 04FN(ファンタスティックオレンジ)
釣果 アオリイカ 1kg,600g他、マルイカ、ヤリイカ 計4杯 記入者 ヤマシタスタッフ
永島 規史

 

  
池田船長のお誘いを受け、葉山マリーナからレンタルボードで【ティップラン】出撃!
開始早々アタリがあるも、まんまと掛けきれず…。
が!その後に、「モソォ〜」というアタリを掛けて1杯目。
まずまず引きます。久し振りのイカの引きを楽しみながら、上げてくると、いきなり良型1kgゲット!
見ると初挑戦の佐藤君の竿も曲がってます。
これはマルイカでしたが、時合か〜?…どうやら、違ったようです。その後が続きません。
潮止前に別のストレッチで、1杯追加。
ついでに、マルイカ、ヤリイカと【ティップラン】で3種目達成。
お決まりの?コウイカは逃れましたが、まんまと墨はかけられました…。
数は釣れませんでしたが、久し振りの違う釣りで楽しめました。


コメント
2012/02/29 11:22 神奈川県 マルイカ、コウイカ情報

釣行日 2012年2月26日 時間 8時30分〜14時30分
場所 神奈川県立葉山港 使用アイテム エギ王DDスパイダー
釣果 マルイカ1杯(弁慶)、コウイカ1杯 記入者 ヤマシタスタッフ
佐藤 淳

 

 
葉山港沖の水深10〜30mで、人生初のティップランして来ました。
開始、1時間ぐらいでエギ王DDスパイダー ファィティングレッド40gで着低後、
ティップがランして良型のマルイカヒット!
その後、昼ぐらいまで当りもなく、なんか来ないかなぁと思いつつしばらく待っていると、
今度はファンタスティックオレンジでコウイカの良型サイズがヒット!
本命のアオリが釣れなかったが、次回リベンジしたいとおもいます。


コメント
2012/02/29 11:20 神奈川県 マルイカ、コウイカ情報

釣行日 2012年2月26日 時間 8時30分〜14時30分
場所 神奈川県立葉山港 使用アイテム エギ王DDシンカースパイダー
釣果 マルイカ1杯(弁慶)、コウイカ1杯 記入者 ヤマシタスタッフ
池田 裕光

 


県立葉山港さんからヤマハシースタイルを利用して、
プレジャーボートをチャーターし、今年5回目のティップランエギング。

ポイントは葉山沖15〜30m。
最初の流しで、永島さんがアオリを2杯キャッチし、幸先良い!と思いきや
、後が続かずこの日はこの2杯のアオリのみ釣果。

その後はマルイカ、ヤリイカ、コウイカのゲストが出現し楽しませてくれ、
初挑戦の淳ちゃんは永島さんから研修を受けながら、
竿が2度曲がり巨大コウイカと弁慶マルイカをキャッチ出来ました。

淳ちゃんが釣ったコウイカの墨を直撃された永島さんは、
ティップランで見事4種類のイカの捕獲に成功!

自分はマルイカ、コウイカ各1で惨敗。

これからは少し濁りが入りだす3月が狙い目ですね。


コメント
2012/02/29 11:15 神奈川県 マルイカ、スミイカ情報

釣行日 2012年2月25日 時間 -
場所 神奈川県 佐島 鶴丸
佐島沖〜三戸輪沖 40〜50m
使用アイテム チビイカ5、チビイカ6、おっぱいスッテ各サイズ チビエビ5
釣果 マルイカ 10〜30p 25杯
スミイカ 5p 1杯
記入者 ヤマシタスタッフ
山中 陽介

 

  
この日は朝から雨で寒い1日でした。
朝7時に出船。
ポイントは出船から10分ほどの近場です。
まずは直ブラからスタート。
探索開始早々船は急停止。
投入の開始の合図で一斉に投入。
水深は50mほどと前回に比べればかなり浅いです。
着ノリはありませんでしたが、少し誘いをいれて止めてやると、アタリ!
すかさずアワセをいれるとズシッと重さが伝わります。
引きもなかなか強く、上がってくると、なかなかの良型。
一流しで1、2杯ですが順調に釣れました。
型も殆どが良型で、引きも楽しめます。
しかし、そのうちイカもスレてきたのかアタリが細かくなり
スッテを抱くようなアタリがなくなってきたので、直結に変更。
それからはアタリが取れるようになりましたが型は中・小型が中心に。
うまく群れに当たれば一流しで3、4杯釣れた流しもありました。
中弛みの時間帯もあり、数はあまり伸ばせませんでしたが、
水深も浅くなりかなり釣りやすくなってきました。

良型の群れと小型の群れがあるようで、日によってもしくは時間帯によって
スッテのサイズを替えないとうまく数は伸ばせない気がしました。 


コメント
2012/02/24 10:48 神奈川県 アオリイカ、コウイカ情報

釣行日 2012年2月22日 時間 9時〜14時30分
場所 神奈川県 葉山沖 使用アイテム エギ王Q Live 3.5 Deep RDOLMT
釣果 アオリイカ × 1 340g
コウイカ×1 1.33kg
タコ×1
記入者 ヤマシタスタッフ
川上 英佑

 

  
潮色は悪くは無いですが、水温14度と葉山沖の春のポイント10m前後のエリアは厳しいと判断。
強風なので、沖の根もテンポ良く探れず、
シーアンカーを入れては長距離流していきますが、やはりアタリは遠いです。
沖磯の根絡みの17-35mまでのエリアを重点的に流し、単発のアタリを拾っていきます。
しかし2ハイ目へ続かず、かなり厳しい。
釣れるイカの体色自体は悪くは無いのですが、状況は思わしくありません。
風の弱まるタイミングがあり、17mラインでキャスティングスタイルに変更し1パイ。
その後風が再度強まり、ティップランに変更するも、またも単発で終了。
船中4杯と外道で終了。

沖であったマイボートの釣り人は、テンポ良くシャローに残るイカを拾っていき、
4つ獲っていましたが、どれも型は400g以下。
さらに深いエリアできっちりと船を立てて船アオリスタイルで望めばkgは出ていますが、
ティップランでは苦戦してます。
あと少し経てば状況は上向くと思うのですが…。 


コメント
2012/02/24 10:46 神奈川県 アオリイカ情報

釣行日 2012年2月22日 時間 8時30分〜14時30分
場所 神奈川県 葉山港からチャーターボート 使用アイテム エギ王DDスバイダー、エギ王DDシンカー3.5g+エギ王Qライブ
釣果 アオリイカ2杯300〜400g 記入者 ヤマシタスタッフ
池田 裕光

 

  
2月22日に県立葉山港さんからヤマハシースタイルを利用して、
プレジャーボートをチャーターし、ティップランエギングでアオリイカを狙い。

ポイントは葉山沖10〜35m。
風が強くパラシュートアンカーで流しを調整も、思うよな流しが出来ず苦戦。

10m〜35mを広範囲に探り拾い釣りをするも300〜400gの小型中心。

潮が流れない時は「DDスバイダー30g」から「DDシンカー3.5g+エギ王Qライブ」チェンジ、
逆は「DDスパイダー50g」にチェンジするなどして状況によって使い分けをし、
何とか2杯キャッチ出来ました。


コメント
2012/02/24 10:46 神奈川県 ヤリイカ、スルメイカ情報

釣行日 2012年2月19日 時間 7時〜14時
場所 神奈川県 佐円丸
洲崎沖 180〜220m程度
使用アイテム カラフル針5全色、さかな針KA SCR、RLKR、PKR、チビイカ6 K1(赤白)
釣果 ヤリイカ 16杯、スルメ 10杯 記入者 ヤマシタスタッフ
齊藤 高志

 

今年の冬は例年に無く寒い気がします・・・
こんな日に早朝から起きるのはなかなか厳しいですが、
それでも釣りに行きたくなり、性懲りも無く2週連続でヤリイカ釣行となりました。

まぁまぁ北風の吹きすさぶ中、一路沖の瀬かと思いながらも針路は洲崎方面へ。
スルメの気配が濃厚でしたが、ヤリイカが釣りたかったのでブランコを選択。
しかし、これが大ハズレ・・・
サバの猛攻に合ってしまい、ほぼ釣りにならず(しかもガリサバ)
直結の方はスルメをポツポツ釣っていました。

その後、サバが大人しくなりスルメ交じりでヤリイカがポツポツ。
三点掛けが最高だったものの、釣れつづけました。
正午付近になるとヤリイカが消えてしまいスルメがたまーに拾える程度、
ここでもサバに苦しめられました。

最近の状況としては釣れる場所、時間が定まっていないようです。
基本的には沖の瀬で朝スルメ、昼ヤリイカですが日ムラがあるようです。
サバもその日によって居たり居なかったりと読みにくい状況です。
という訳で仕掛けは本当に色々持って行かないと対応できません。
今回も直結を持っていかなかったのでえらい目にあいました。
ただ直結にするとバレが多くなり、スルメ率もあがるので難しいところです。

目標のヤリイカだけで20杯まであと少しなので、まだ頑張ってみます。


コメント
2012/02/24 10:45 神奈川県 アオリイカ情報

釣行日 2012年2月22日 時間 8時30分〜14時30分
場所 神奈川県立葉山港 使用アイテム エギ王DDスパイダー
釣果 アオリイカ1杯 記入者 ヤマシタスタッフ
末次 伸臣

 

 
競争率の低いであろう平日のティップランエギングへ出撃!

朝、ポイントへ到着すると前回のときに比べれば波も低く釣りやすい状況♪
前回の良い記憶があるので一投目に期待するも何も当たらず終了・・・
その後、異常なく時間が過ぎるな中、待望のアタリが!!!
引きから推測するにアオリイカ!これは貴重な一杯だから慎重にいかねば!
ということで慎重にやり取りした結果、バラシ・・・最悪の結果でした。

その後、池田船長が念願の本命ゲットし、
潮が動かなくなったので川上さんオススメのコウイカポイントへ移動しコウイカ狙いへ変更。
「きたよっ!」と毎度おなじみの川上先輩の声がきこえ振り返ると
見事アオリイカを釣りげたマイスター!さすがです!!!

負けじとしゃくるも僕にはうんともすんとも異常が無くただただ時間が過ぎていく。。。
潮が動き出したのでアオリイカポイントへ再度移動し、
川上先輩から【イカの生態について】ご教授いただいているまさにそのとき川上先輩にまたまたヒット!
今回は特大のモンゴウイカでしたが、まるで雑誌の中の出来事のような瞬間を味わえました。

終了5分前にようやく僕の竿にもアタリがきて本命アオリイカゲット!
なんとかボウズだけは免れました。


コメント
2012/02/17 14:37 神奈川県 ヤリイカ、スルメイカ情報

釣行日 2012年2月12日 時間 7時〜14時
場所 神奈川県 沖の瀬 180〜220m程度 佐円丸 使用アイテム カラフル針5全色、さかな針KA SCR、RLKR、PKR、チビイカ6 K1(赤白)
釣果 ヤリイカ 8杯、スルメ 2杯 記入者 ヤマシタスタッフ
齊藤 高志

 

先にも述べたように次の日も行ってきました。
この日はそこそこ空いていて、凪だったので、
昨日とは打って変わって普通に釣りができました。

しかし肝心のイカはあまり当たらず・・・
サバの活性は高かったようで最高6点掛けをやってしまいました・・・
ポツリポツリと当たっても水深が深く、二枚潮でオマツリが多くマツリバレ多発・・・
結果total10杯という貧果に終わってしまいました。
自分のいた左舷側ミヨシとは全く逆の方向ですが、竿頭の方は31杯釣ったそうです。

水深深く、澄んでいたためかカラフル針5のBB濃ブルー/薄ブルーに良く乗りました。
釣れないのでさかな針も混ぜてみるとこちらも調子が良かったです。

何をやっても最近絶不調の自分ですが、ヤリイカだけで20杯越えれるまで続けます。


コメント
2012/02/17 14:34 和歌山県 アオリイカ情報

釣行日 2012年2月10日 時間 10時〜22時
場所 和歌山県 串本大島 使用アイテム エギ王Q Live 3.5 RDRA SDBRK
釣果 アオリイカ × 1 1kg
ヤリイカ×1
記入者 ヤマシタスタッフ
川上 英佑

 

 
ロケ2日目、昼から時合集中で開始。
昼の時合に大森さんが200g位のアオリイカをキャッチ。
その後磯へ移動し、3時くらいから延々とシャクるも、全く何もなし。
夕マヅメのチャンスタイムも過ぎ、満月に近い月なのに雲が厚く、闇夜。
回遊の通りイカに出会うチャンスを増やすため、延々と中層の釣り。
底まで落とすと時間がもったいないため、潮が効いてるレンジ分だけカウントで沈め
とにかく投げる回数を増やします。

フォール中のラインテンションの強さを1投、1投確認し
エギが吹き上がるのか、ゆっくり沈むのか、エギの潮への噛み方を確認しながらの作業です。
トロい潮がいきなり不安定に変化。
1投単位の時間でいきなり変化が出るから危険です。
中層で押さえ込むアタリにフッキング。
寒いからか全然引かないアオリイカキャッチ。
次のキャストでは全く潮が効いてない状態。こういう変化のあった時に
エギがそのレンジに居ないと釣れない厳しい冬のエギング。
冬季のショアエギングはやっぱり難しいです。
その後潮が一番動く時間帯ではヤリイカのみ。
何とか獲れましたが、やはり厳しいです。

ちなみにエギンガーは全然居ませんでした。


コメント

21件の記事