• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2017年9月 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ

アオリイカ(12)
アオリエギング(1)
アカハタ(1)
アカムツ(4)
アコウ(1)
アジ(1)
エギーノぴょんぴょん(1)
エギング(8)
エギ王K(1)
エギ王KHF3.5S(1)
エギ王Q(2)
エギ王Q LIVE サーチ(2)
エギ王Q LIVEサーチ3.5(1)
エギ王QLIVE(1)
エギ王QLIVEサーチ(2)
エギ王Qライブ3.5(1)
エギ王Qライブサーチ3.5S(1)
おっぱいスッテ(14)
おっぱいスッテ3.8−1(2)
おっぱいスッテ布巻(1)
カツオ(3)
カワハギ(1)
きずなまりん(1)
キハダ(2)
ケンサキイカ(1)
ゴムヨリトリ(1)
サーベリング(1)
シイラ(3)
シャクリシンカー(1)
その他(2)
タイラバ(4)
タコ(1)
タコじゃらし(1)
タチウオ(13)
タチ魚針WF(1)
チビイカ(1)
チビエビ5(1)
チビトト(11)
チビトト4(2)
トトスッテ(2)
ととスッテ(2)
ナオリ−RH(1)
ナオリー(1)
ナオリーRH(1)
ニュークロー(1)
パニックベイト(4)
パニックベイトタチウオ(2)
ピッカピカ針(4)
ピッカピカ針5 8−1T(2)
ボートエギング(2)
マイカ(5)
マシュマロボール(2)
マダイ(5)
マダコ(1)
マルイカ(13)
ムギイカ(9)
メタルフリッカー(1)
ヤリイカ(2)
ライトアジ仕掛け(1)
ライトエギング(1)
ワカシ(1)
安浦港沖(1)
横須賀沖(1)
観音崎沖(1)
喜平治丸(1)
串本大島沖(1)
犬吠埼沖(2)
玄界灘(2)
紅アコウ(1)
佐円丸(1)
佐賀県伊万里湾(2)
佐賀県唐津市 鷹島沖8〜15m きずなまりん(1)
三崎港佐円丸(1)
春イカ(1)
初島沖(1)
深海魚(1)
神奈川県三浦半島(6)
須磨沖(2)
錘スッテ(6)
船イカ(5)
船テンビンK型(2)
相模湾(4)
鯛歌舞楽(2)
鯛乃玉(5)
大阪湾(1)
淡路沖(1)
長谷川丸(3)
東京湾(3)
熱海沖(1)
波動ベイト(3)
波動ベイトスリム(1)
飛龍(1)
兵庫県洲本〜由良沖(2)
本山 淳子(1)
明石沖(1)
猛光タチ魚(1)
猛光タチ魚テンヤ(1)
猛光太刀魚テンヤ(4)
猛光太刀魚テンヤ40号(1)
猛光太刀魚テンヤ船(3)
猛追太刀魚テンヤ40号プロト(1)
猛追太刀魚テンヤ船(1)
和歌山県(1)
和歌山県 湯浅沖(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ釣果情報BLOG

2016/11/08 17:22 山口県船釣り情報
釣行日

2016年11月5日(土)  

釣場
 山口県下関市室津下漁港
時間

AM6:30 〜 PM14:00  

釣果

マダイ 4枚(12cm、30cm、41cm、59cm)、他 キジハタ、メバル、エソ 

使用タックル

ロッド ヤマガブランクス シーウォーク68L
リール ダイワ ミリオネアバサラ 100HL
ライン PE0.8号
リーダー フロロ3号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
兵動 太一 

学生時代の友人と船を貸し切りタイラバへ行ってきました。
今回は全員初心者ということで、まずは港からすぐの浅場でウォーミングアップ。
するとタイラバ初体験の友人が1投目からマダイを上げる好スタートを切ります。
一方で私は、エソの猛攻に苦戦。そんな中ようやく来た本命は、10cmちょっとのチャリコ。
何故タイラバを食おうと思ったのか…波止からのちょい投げ釣りで来るようなサイズ。
いきなり自己最小を更新するチャリコに不穏な空気が漂います。その後もアタリがありサイズアップ…しましたが、ギリギリキープの30センチ。
まだまだこの秋のチャリコ地獄から抜け出せません。少し風が止んだところで、沖へポイント移動。
ここは底付近にベイトの反応が濃厚!ということで、個人的に好きなカラーであるリアルコウナゴをセレクト。
軽くキャストし角度を付けて巻いていると…底から8メートルほど巻き上げたところでヒット!
力強く叩く引きはさほどありませんでしたが、この日一番の重量感!上がってきたのは美しい59センチ。
ようやくマダイと呼べるサイズが釣れました!その後は1キロ級の食べごろサイズを追加し終了。
この日は終始潮が流れず、その上強風で釣りにくい厳しいコンディションでしたが、
食べるには十分なお土産確保ができ、豪華な夕飯を楽しめました!


コメント
2016/11/04 16:47 大阪府その他 船釣り釣果情報
釣行日

2016年10月28日(金)  

釣場
小島沖
時間

AM6:00 〜 PM12:00  

釣果

タチウオ 80〜100cm 20本 

使用タックル

ロッド ダイワ 極鋭タチウオ テンヤSP 197AGS
リール ダイワ リョウガ C2025PE−SHL
ライン サンライン スーパーブレイド5 8本組 #2.0
リーダー  ヤマシタ タチウオテンヤリーダーFC 10号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
櫻井 亮太 

 今日も増田丸さんから出船。
平日と言うこともあり、お客さんは自分を合わせて2人のみ。
港を出て10分程の所、水深30mの浅場でスタートフィッシングです!
開始早々、お客様がHIT! 水深を聞くと底付近の様で、探ると私にもHIT!
朝一は浮くという考えがありましたが、浅場では底付近にもいるんですね・・・
その後も底から5mという浅場で連続HIT!
8時ごろから10時ごろまでは釣れない時間が続き、後半からまた食い気が上がり始めたのか
アタリが頻発しました。
今回は特に下顎に掛かるタチウオが多いように感じたので、口を大きく広げるように
イワシに喰いついているのかなと予想。活性はかなり高めの様です。


コメント
2016/11/04 16:40 神奈川県その他船釣り情報
釣行日

2016年10月22日(土)  

釣場
神奈川県横須賀市久里浜港
時間

AM6:00 〜 PM12:30  

釣果

ワラサ  3.7〜5.3s  10本 

使用タックル

ロッド DAIWA  リーディングXゴウイン265H
リール SHIMANO ビーストマスター3000
ライン PE4号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 

前回のリベンジを果たすべく、Xdayの訪れたワラサへ再度チャレンジ!
前々日に剣崎の釣船へ予約を入れるも、既に満船で予約取れず。
自宅近くの久里浜から出船することにしました。
さすがにXdayが訪れた初めての週末。
港はワラサ狙いの釣人でごった返しています。
どの船を見ても所有する船殆どをワラサに当て、2隻出し、3隻出しは当たり前の状況。
お客さんもどの船も大型船は片舷8名以上は乗っています。
久里浜船は剣崎船よりもこの時期早い出船ですが、剣崎での釣りを始める場合は6時40分からの規定があり、
港を出てゆっくりと剣崎沖へ向かいます。
剣崎沖に着くとそこには既にワラサ狙いの船団が…
その数ざっと大小合わせて100隻以上。
遠くから見ると、水平線の上に一直線に黒い線が浮かんでいるように見えるくらい。
他船を見ていると既にタモを持って船上を駆け回る姿が見られ、期待が持てそうです。
船団に入り込み、釣り開始。
既に潮下となっている舳側では1投目からヒット!
しばらくコマセを打ち返すと、程なくヒット!
サイズが大きいと聞いていたので、初めからハリスは12号を使用。
ハリス切れを恐れず一気に巻き上げます。
強烈な引きを交わし、無事1本目をキャッチ。
サイズは話通りの良型4sクラスです。
その後もすぐにもう1本をキャッチしたところで、朝のモーニングサービスは終了。
パタッとアタリが遠のきました。
その後2時間船中アタリなし。
アタリが全く出ないので、船長が機転を利かせ、潮代りのタイミングで前日模様があった久里浜沖へ移動。
久里浜沖は湾奥の釣船数隻がマダイ・ワラサ狙いで小規模な船団を形成。
久里浜沖へ移動し、再開してすぐに、船長から「良い反応入ってきたよ〜」とアナウンス。
その直後から、あちらこちらで竿が曲がります。
自分もヒット連発。
太ハリスで強引に寄せ、手返しよく投入を繰り返します。
あまりモタモタしていると、サメがいるようで、細ハリスのお客さんはサメ被害続出。
コマセを撒けばすぐにアタリがあるようなまさに入れ食い状態でハリスの太さはほぼ関係なし。
時合に太ハリスで8発掛けて8本取れました。
だいたいのお客さんが型を見れクーラーにも入らない人も出てきたので、少し早目に沖上がりとしました。
剣崎沖はこの日はその後フィーバーなく終了したようで、久里浜沖に入った船に好釣果が纏まっていました。
今年のワラサはサイズがよく、4sクラスがアベレージ、5sクラスも普通に混じるような状況なので、
太ハリスで攻める方がよさそうです。


コメント
2016/11/04 16:34 神奈川県その他船釣り情報
釣行日

2016年10月23日(日)  

釣場
神奈川県 真鶴沖
時間

PM12:30 〜 PM17:00  

釣果

アカムツ 33〜42p 4尾
クロムツ 30〜45p 5尾
シロムツ 20〜25p 4尾
ユメカサゴ18〜25p  5尾 

使用タックル

ロッド DAIWA  リーディングネライ H−200
リール SHIMANO ビーストマスター3000
ライン PE4号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 

アカムツを求めて、神奈川西部エリアへ釣行。
このエリアは特大こそ殆ど出ませんが、釣果は非常に安定しています。
また、急深エリアなので、港からわずか5分程度でポイントに着くという釣り時間の長さも魅力です。
ポイントへ着いて一投目。
早速本命らしいアタリがあり、いきなりの本命ゲット!
サイズは35pほどですが、太っており良い個体です。
さらに続けて2本目がヒット。
これまた本命。少し小さめながら幸先の良いスタート。
その後しばらくサメの猛攻でアタリが遠のきましたが、15:00を過ぎたあたりから
また魚の活性が上がり始めました。
アカムツのアタリと紛らわしいクロムツが連荘でヒットする中、本命アカムツも確保。
沖上がり直前には一際大きなアタリがあり、慎重に上げてくると40pオーバーの良型。
その後ムツ、シロムツを釣り上げて沖上がりとなりました。
特大こそ混じりませんが、比較的良型中心に釣れ、満足いく釣行となりました。


コメント
2016/11/04 16:01 和歌山県アオリエギング釣り情報
釣行日

2016年10月30日(日)  

釣場
和歌山県有田郡湯浅町地磯
時間

07:00〜10:30  

釣果

アオリイカ 6杯 

使用タックル

ロッド・・・スキッドロウスムーズダンサー81M
リール・・・ルビアス2506H
ライン・・・PE 0.7号、リーダー フロロ1.75号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタ フィールドモニター
藤原 信行 

そろそろ私の住む和歌山県では、ナイトエギングでキロアップの釣果情報も少しづつですが聞かれる様になってきました。
季節は進み、デイエギングよりナイトエギングでの釣果が多くなってくるのもこの時期の特徴ですね。
さて、今回ですが、デイエギングでシャローのゴロタエリアを中心に釣行。
デイエギングのメリットである視覚による情報は、狙い目となるシモリの位置や攻めるべき場所が分かるのも良いですね。
釣行当日は、シモリに潮がぶつかる潮流の中をシャローのエギでテンポよくチェックしていくと弛んだラインが勢いよく直線状になりました!
最初の1投目からヒットです。
それからもエギのローテーションをしながらポツポツとアオリイカを追加し、最後はトルクのあるジェット噴射でキロアップのアオリをキャッチ!
これからはアオリイカもディープエリアへと移行して数も少なくなってきますが、型狙いが楽しくなってきますね。
詳しくは 
藤原 信行 氏  個人ブログ
★和歌山スーパーズルむけラッシュえっ!?★


コメント
2016/10/27 11:26 山口県アオリエギング釣果情報
釣行日

2016年10月22、23日  

釣場
山口県下関市山陰方面
時間

11:00〜17:00、 6:00〜8:00  

釣果

アオリイカ×8 100〜500g 

使用タックル

ロッド:エギングロッド 83ML
リール: スピニングリール2500番
ライン:PE0.6号
リーダー:フロロ2号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
兵動 太一 

好調の山陰方面へエギングへ行ってきました。
二日酔いを考慮し、ゆったりめの時間でエントリー。当日は雨が降っており、ライバルが少なく期待十分!
まずは前回釣った場所にエントリー。幸先良く1杯拾うも、サイズは前回釣行よりダウン。
人気の釣り場なだけに、抜かれたかもしれません。
その後アタリなく磯へ場所を移動すると、今度はベイトの気配が濃厚♪
ルアーが届かない距離でしたが多くの青物が跳ねています。
さすがに青物が元気すぎてイカの反応は皆無でしたが、
ナブラが接近したタイミングでジグに付け替えサゴシとキジハタをゲット。
一時浮気をしましたが、その後落ち着き再びエギングへ注力。
青物が落ち着くと、ようやくイカの時合が到来!300〜400gのアオリが立て続けにヒットし、満足の釣果♪
雰囲気が良かったので、一時休戦し翌朝に延長決定。
しかし翌朝はベイトの回遊が一気に減ってしまい、青物は不発。
青物不在が功を奏し?イカは狙い通り!最大500g級の成長したイカたちと遊ぶことが出来ました。
山陰方面、各所ベイトの入りが良いようなので、今後も期待十分♪
また行きたいと思います!


コメント
2016/10/20 14:33 大阪府その他 船釣り釣果情報
釣行日

2016年10月15日(土)  

釣場
洲本沖 、小島沖
時間

AM6:00 〜 PM12:00、 PM12:30 〜 PM18:00  

釣果

午前便 タチウオ 70〜95cm 9本
午後便 タチウオ 80〜100cm 8本 

使用タックル

ロッド ダイワ 極鋭タチウオ テンヤSP 197AGS
リール ダイワ リョウガ C2025PE−SHL
ライン サンライン スーパーブレイド5 8本組 #2.0
リーダー  ヤマシタ タチウオテンヤリーダーFC 14号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
櫻井 亮太 

 今日はいつもお世話になっている増田丸さんでのタチウオ釣りでした。
港を出て直ぐの30mポイント、しかしアタリなくすぐに移動。
洲本までの途中のポイントでも1流し有り、そこでは3本程get。
素直に食い込んでくれるアタリで掛けるのが楽しいです♪
そして、本命ポイント淡路島洲本沖!
ここ最近の洲本は爆発することはなく、渋め・・・
案の定、この日もアタリが少なく、後半は厳しい釣りとなりました。
午後船も続けて乗船。
今度は夜まで小島沖の25〜40mポイントを攻めました。
これまでになく、浅場でのテンヤ釣りでしたがおもったより高活性!
しかもサイズも大きい物が多く、力強い引きを味わえました。
一度、タチウオが針掛かりせず、エサ巻ステンに歯が引っ掛かったまま
釣れてきたのが衝撃でした・・・!


コメント
2016/10/20 14:25 愛知県アオリエギング釣果情報
釣行日

2016年10月16日(日)  

釣場
愛知県 南知多 篠島
時間

14:00 〜 16:00  

釣果

アオリイカ×1 

使用タックル

ロッド:YAMASHITA/ナオリーフィーリングシャフト762ML
リール:ダイワ/TOURNAMENT AIRITY 2506
ライン:PE0.4号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
谷花 由樹 

久しぶりに篠島にエギングに行ってきました。
シーズンも深まりサイズアップを期待しての釣行でしたが、
期待とはうらはらに『うねり』『にごり』がひどく
おまけに強めの南風まで吹いてきて
釣りができる場所が限られてしまいました。
結果は1パイ・・・
ライブサーチやサーチ490グロー、ライブ490グローをローテしながらかろうじて拾うことが
できました。
持ってて良かったエギの種類!
状況が悪かったとしても、その状況に合わせてチョイスできる豊富な
ラインナップは頼りになります。
サイズアップは次の楽しみにしておきます!!
また行ってきます!!


コメント
2016/10/14 16:46 三重県ボートエギング釣果情報
釣行日

2016年10月8日(土)  

釣場
三重県 紀北町道瀬
時間

6:00 〜 15:00  

釣果

アオリイカ × 14 

使用タックル

ロッド:バレーヒル/Retromatic RMS−76M
リール:ダイワ/TOURNAMENT AIRITY 2500
ライン:PE0.4号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタ スタッフ
谷花 由樹 

今シーズン初三重県ティップランに行ってきました!
当日は台風18号の影響が残っており、海上は風こそ微風なものの
大きなうねり&午前中はほぼ大雨でコンディションとしてはBAD!!
しかしそこは流石の久勝丸さんです。
うねりや潮色などの状況を的確に読みながらポイントを次々と変えていき、
釣果を引き出してくれます。
当日はうねりが残っていたため、エギの水中での安定姿勢を意識して、
エギ王K+TRシンカー or エギ王TRを中心としてローテーションを組み立てました。
TRシンカーはエギのカラーローテに加え、サイズローテも可能なため、ローテーションの幅
が一気に広がりますね。
結果、近シーズン初としてはまずまずの釣果に恵まれました。
いよいよティップランシーズン本格化!!
また行ってきます!


コメント
2016/10/14 16:35 神奈川県その他船釣り情報
釣行日

2016年10月8日(土)  

釣場
神奈川県三浦市間口港
時間

AM6:30 〜 AM11:30  

釣果

マダイ  1.2s  1枚
ヒラソウダ 2本 

使用タックル

ロッド DAIWA  リーディングXマダイ265
リール SHIMANO フォースマスター2000MK
ライン PE3号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 

剣崎のワラサが開幕したとのことで早速出撃してきました。
前日の釣果は最悪、玉砕覚悟での釣行です。
予報は雨予報ながら、10名のお客様が乗船。
6時半の時報と共に一斉ポイントに向けて船を走らせます。
出船直前の話では一斉に喰うことはなくポツリポツリの喰いなので、ハリスは5号前後で
ドラグを効かせれば大丈夫との話でしたが、朝一は8号ハリスでスタート。
ポイントは剣崎沖。
30隻ほどの船団となってワラサ釣りがスタート!
が…、船中アタリなし…。
周りの船も全く上がっていません。
たまにアタるのはヒラソウダのみ。
結局朝一は、ワラサは上がらず。
朝一の一番良い時間帯が不発に終わったので、タックルを真鯛用に変更、
ハリスも5号まで落として再開。
コマセを撒けどもアタリは全くなく、船中でポツ、ポツとヒラソウダが上がる程度。
11時を回ったあたりで、ようやく船中1本目のワラサがアタり、その後自分にはマダイがヒット。
船中でもマダイ、本メジ、サワラが上がりようやく魚の活性が上がってきたところでしたが、
ここで別船にトラブルがあり、早上がりを余儀なくされ強制終了となりました。
船中で上がったワラサはどれも4sクラスでサイズは良かったですが、
今年のワラサ、数は今のところ少なそうです。


コメント

1365件の記事