• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2014年12月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ

アオリイカ(12)
アオリエギング(1)
アカハタ(1)
アカムツ(4)
アコウ(1)
アジ(1)
エギーノぴょんぴょん(1)
エギング(8)
エギ王K(1)
エギ王KHF3.5S(1)
エギ王Q(2)
エギ王Q LIVE サーチ(2)
エギ王Q LIVEサーチ3.5(1)
エギ王QLIVE(1)
エギ王QLIVEサーチ(2)
エギ王Qライブ3.5(1)
エギ王Qライブサーチ3.5S(1)
おっぱいスッテ(14)
おっぱいスッテ3.8−1(2)
おっぱいスッテ布巻(1)
カツオ(3)
カワハギ(1)
きずなまりん(1)
キハダ(2)
ケンサキイカ(1)
ゴムヨリトリ(1)
サーベリング(1)
シイラ(3)
シャクリシンカー(1)
その他(2)
タイラバ(4)
タコ(1)
タコじゃらし(1)
タチウオ(13)
タチ魚針WF(1)
チビイカ(1)
チビエビ5(1)
チビトト(11)
チビトト4(2)
トトスッテ(2)
ととスッテ(2)
ナオリ−RH(1)
ナオリー(1)
ナオリーRH(1)
ニュークロー(1)
パニックベイト(4)
パニックベイトタチウオ(2)
ピッカピカ針(4)
ピッカピカ針5 8−1T(2)
ボートエギング(2)
マイカ(5)
マシュマロボール(2)
マダイ(5)
マダコ(1)
マルイカ(13)
ムギイカ(9)
メタルフリッカー(1)
ヤリイカ(2)
ライトアジ仕掛け(1)
ライトエギング(1)
ワカシ(1)
安浦港沖(1)
横須賀沖(1)
観音崎沖(1)
喜平治丸(1)
串本大島沖(1)
犬吠埼沖(2)
玄界灘(2)
紅アコウ(1)
佐円丸(1)
佐賀県伊万里湾(2)
佐賀県唐津市 鷹島沖8〜15m きずなまりん(1)
三崎港佐円丸(1)
春イカ(1)
初島沖(1)
深海魚(1)
神奈川県三浦半島(6)
須磨沖(2)
錘スッテ(6)
船イカ(5)
船テンビンK型(2)
相模湾(4)
鯛歌舞楽(2)
鯛乃玉(5)
大阪湾(1)
淡路沖(1)
長谷川丸(3)
東京湾(3)
熱海沖(1)
波動ベイト(3)
波動ベイトスリム(1)
飛龍(1)
兵庫県洲本〜由良沖(2)
本山 淳子(1)
明石沖(1)
猛光タチ魚(1)
猛光タチ魚テンヤ(1)
猛光太刀魚テンヤ(4)
猛光太刀魚テンヤ40号(1)
猛光太刀魚テンヤ船(3)
猛追太刀魚テンヤ40号プロト(1)
猛追太刀魚テンヤ船(1)
和歌山県(1)
和歌山県 湯浅沖(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ釣果情報BLOG

2014/12/23 18:00 神奈川県船イカ情報
釣行日

2014年12月21日(日)  

釣場
神奈川県横須賀市長井新宿港 小見山丸
時間

6時45分〜13時45分  

釣果

スルメイカ 35〜45p  62杯
ヤリイカ  25p     1杯 

使用タックル

ロッド - DAIWA リーディングXVイカタン 165
リール - SHIMANO ビーストマスター 3000
ライン - PE4号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中陽介 

ここの所好調な城ケ島沖のスルメイカ。
特に南西〜西風が吹いた翌日は釣果が良いと言われているのもあり、そのタイミングを狙っての釣行。
前日の風で大きなウネリはあるものの、風はほぼ凪。
航程30分の城ケ島沖へ。
既に何隻かの船で船団になっており、期待ができそうです。
まずは水深200mで1流し目。
最初は14pのピッカピカ針とキラッと針の混合直結仕掛でスタート。
中層での触りは無く、着底させ少し仕掛を寝かせるイメージで誘うと、すぐに反応有り。
単発のようですが、1杯目なので丁寧に取込みます。
サイズは大きくビール瓶サイズ。
その後も単発、たまに2、3点掛けで上がってきます。
水深が深いので手返しが悪く、潮も若干早いので1流し1投の流しが続きます。
しばらくこの状態が続きましたが、日が高くなるにつれてスルメの活性が上昇。
多点掛けが増えてきました。
角も14pよりも18pのほうが反応が良いようなので18pに変更。
水深が240mとかなり深いですが、落とし込みから触りがあり、止めるとズドンというような乗り。
最高は9点掛け。サイズも特大、水深も深いということもあり、負荷はかなりのもの。
電動リールが悲鳴を上げるような状態もあり、常連客が大型の電動リールを持ってきている理由がよくわかりました。
その後も5点、6点掛けもあり、昼前からは一気に数が伸び、沖干しもたくさんでき、満足の釣行となりました。
この日は誘い上げに対して反応が悪く、殆どが誘い落としで乗ってくるような活性でした。


コメント
2014/12/17 19:29 神奈川県船釣り情報
釣行日

2014年12月13日(土)  

釣場
神奈川県横須賀市久里浜港 大正丸
時間

7時15分〜13時30分  

釣果

タチウオ 70〜110p  38本 

使用タックル

ロッド - DAIWA 極鋭GEAR M−210 
リール - DAIWA シーボーグ150J−L
ライン - PE1号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中陽介 


週半ばから急激に釣果が伸び始めたタチウオへ行ってきました。事前情報では殆どが指4本サイズで冬タチ開幕!といった状況。
天気予報が風陽気で少し悪そうでしたが、観音崎沖は風裏になるのでおそらく大丈夫だろうとの判断で7時15分に出船。
航程15分ほどで観音崎沖へ到着。船団はできておらず数隻がポツポツといる程度。

少し北側の走水沖に船団ができていましたが、まずは観音崎沖からスタート。
開始早々は潮止まりのタイミングでアタリもなく、どうなることかと思いましたが、開始から30分、潮が動き始めて、ようやくアタリ!
しかし、最初のアタリ以降続かないので仕掛を回収してみると、ハリス切れ…
すぐに仕掛を結び直してアタッたタナを攻めるとすぐにアタリ!
しかし、これまたハリス切れ…。さらに同じタナでハリス切れと朝から3連発のハリス切れ。
タチウオのサイズが良いと判断し、針サイズを2/0→3/0に変更。
すると本日4回目のアタリをようやく掛けることができました。
掛けた瞬間から強烈な締め込み!巻上途中も何度も強い引きをみせながら上がってきたのは指5本サイズのメーター級。
その後は入れ食い状態。落としてタナを合わせて誘えばすぐにアタってきます。
しかも掛かるのは殆どが指4〜5本の大サイズ。
潮の動きが速くなるについてタチウオの活性も急上昇。
落とせばアタるという状況です。喰い方もどんどん激しくなり、3/0の針でもハリス切れを頻発。
そこで保護パイプを付けてハリス切れを防ぐように細工。
特に喰い方も変わらず、まさに入れ食い状態が続きます。
午後からは走水沖へ移動。ここでもタチウオの活性は高く、入れ食い状態。
観音崎沖よりも活性が高く、保護パイプを長めに付けないと針を飲んでハリス切れを起こすような状況です。
結局最後まで終始入れ食い状態が続き、風が少し強く吹き始めたので、1時間早く沖上がりとなりました。
この日の釣果38本のうち、24本がメーター級、それ以外も90p級で70cm級の指3本クラスはわずか2本しか混じりませんでした。
ハリス切れも頻発。タチウオ針WF3/0を3袋使い切りました…


コメント
2014/12/11 16:10 神奈川県船釣り情報
釣行日

2014年12月7日(日)  

釣場
神奈川横浜市金沢八景 黒川丸
時間

8時00分〜13時30分  

釣果

イシモチ 14匹 

使用タックル

ロッド - 1.9m 6:4調子 ライトゲームロッド
リール - 小型両軸リール
ライン - PE1号
オモリ - 30号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
栃木雅史 


黒川丸イシモチ釣り大会に参戦してきました。
今年で12回目となる大会で65名が参加。
12月に入り水温が下がり始め、前日では半日で50匹以上の釣果もあり好調なイシモチ。
大会は3匹重量で競う為、型狙いで猿島沖40m前後を狙います。
序盤は、アジやキスといった嬉しい外道に悩まされ、私は小さ目のイシモチがポツポツ釣れる状況。
終盤に近づき潮変わりしたタイミングで、上針にイシモチが掛るようになり棚を少しだけ(30cmほど)上げて待つと3匹連続で良型をキャッチ。
結局、終盤に釣れた3匹を検量に持ち込み878gで3位入賞する事ができました!


コメント
2014/12/03 17:53 神奈川県船釣り情報
釣行日

2014年11月30日(日)  

釣場
神奈川県平塚市平塚港 浅八丸
時間

7時00分〜14時00分  

釣果

アマダイ 25〜30cm 3匹 

使用タックル

ロッド - DAIWA リーディング73 M−200
リール - DAIWA ジェネシー150HL 
ライン - PE1.5号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
兵動太一 


旬の高級魚を手軽に狙える、平塚浅八丸のライトアマダイ船へ行ってきました。前日の悪天候からは一転。
晴天ベタ凪釣り日和の中、湖のような平塚沖へ出船!15分程の航行で釣り場に到着。
水深は60mと深いですが、美しいアマダイの為なら手巻きも苦になりません!開始早々、小型主体ながら船内でポツポツとアタリ!
外道が多いものの中にはアマダイの姿もちらほら見えます!しかし、私のファーストヒットはアマダイではなく、定番外道のトラギス。
その後もヒメコダイ、カナガシラ、ベラ、ガンゾウビラメと、外道のオンパレードで五目達成…。なかなか本命に出会うことができません。
次第に底潮がほとんど動かなくなり、外道のアタリすらもなくなる厳しい状況に…。結局午前中は本命ボウズ。潮が変わる午後に勝負をかけます。
昼過ぎから下げ潮が効き始め、ようやく底潮が動き出しましたが、残された時間は1時間ちょっと。ボウズの匂いがプンプンする中、
焦る気持ちを抑え、船縁で仕掛けの動きを今一度確認。餌のオキアミに命を吹き込み、海底で乱舞しているイメージを膨らませます。
大きく誘い上げてアピールしたあと、一気に底へ落とし、そして海底から1m上でストップ。そこからゆっくり聞き上げると…ついに待望のヒット!
90mからゆっくり慎重に巻き上げ、上がってきたのは本命アマダイ!苦労してようやく釣れた安堵の一匹でした。
その後も同じパターンですぐさま二匹目をゲット!終了間際にももう一匹追加し、なんとか夕飯分は確保することができました!
今が旬の湘南ライトアマダイ!ライトタックルのならではの操作性を生かしたイマジネーションが鍵を握る、奥深く楽しい釣りでした。
また、釣りたてアマダイは超絶品!食べるためだけにでも釣りに行く価値のある魚です!ワンランク下のタックルでワンランク上の魚が狙えるこの釣り。
船宿の方も丁寧に優しく教えてくれますので、是非挑戦されてみてはいかがでしょうか?!


コメント
2014/12/03 17:40 福岡県ツツイカエギング情報
釣行日

2014年11月30日(日)  

釣場
福岡県北九州市 小倉周辺
時間

2時00分〜3時00分  

釣果

ヒイカ 8杯 

使用タックル

ロッド - YAMASHITAナオリーフィーリングシャフトタイプ2 802L
リール - シマノ ソアレBB C2000PGSS ライン - PE0.4号
リーダー - 1.5lb 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
加藤孝幸 

関門地区のヒイカ釣りは毎年12月初旬に開幕し、

すぐに爆裂モードに入る傾向があるため、様子を探りに調査に向かいました。

水温が落ちてくるとコウイカからヒイカに切り替わる傾向がある中、

先日まで好調に釣れていたコウイカも徐々に活性が落ちてきているとの話もあるので

走りのヒイカを捉えることが今回のミッション!

満潮付近に現場に入り。常夜灯が明るく、浅めの水深の釣り場で探りやすい場所。

エギ単体で沖合の明暗部を引いてくると

水面のエギをチェイスするヒイカの姿が!

慎重にサイトフィッシングに持込み、まず1杯!

その後立て続けに同じパターンで2人で合計8杯釣ることが出来ました!

関門ヒイカ!開幕宣言です!


コメント

5件の記事