• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2014年2月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

タグ

アオリイカ(12)
アオリエギング(1)
アカハタ(1)
アカムツ(4)
アコウ(1)
アジ(1)
エギーノぴょんぴょん(1)
エギング(8)
エギ王K(1)
エギ王KHF3.5S(1)
エギ王Q(2)
エギ王Q LIVE サーチ(2)
エギ王Q LIVEサーチ3.5(1)
エギ王QLIVE(1)
エギ王QLIVEサーチ(2)
エギ王Qライブ3.5(1)
エギ王Qライブサーチ3.5S(1)
おっぱいスッテ(14)
おっぱいスッテ3.8−1(2)
おっぱいスッテ布巻(1)
カツオ(3)
カワハギ(1)
きずなまりん(1)
キハダ(2)
ケンサキイカ(1)
ゴムヨリトリ(1)
サーベリング(1)
シイラ(3)
シャクリシンカー(1)
その他(2)
タイラバ(4)
タコ(1)
タコじゃらし(1)
タチウオ(13)
タチ魚針WF(1)
チビイカ(1)
チビエビ5(1)
チビトト(11)
チビトト4(2)
トトスッテ(2)
ととスッテ(2)
ナオリ−RH(1)
ナオリー(1)
ナオリーRH(1)
ニュークロー(1)
パニックベイト(4)
パニックベイトタチウオ(2)
ピッカピカ針(4)
ピッカピカ針5 8−1T(2)
ボートエギング(2)
マイカ(5)
マシュマロボール(2)
マダイ(5)
マダコ(1)
マルイカ(13)
ムギイカ(9)
メタルフリッカー(1)
ヤリイカ(2)
ライトアジ仕掛け(1)
ライトエギング(1)
ワカシ(1)
安浦港沖(1)
横須賀沖(1)
観音崎沖(1)
喜平治丸(1)
串本大島沖(1)
犬吠埼沖(2)
玄界灘(2)
紅アコウ(1)
佐円丸(1)
佐賀県伊万里湾(2)
佐賀県唐津市 鷹島沖8〜15m きずなまりん(1)
三崎港佐円丸(1)
春イカ(1)
初島沖(1)
深海魚(1)
神奈川県三浦半島(6)
須磨沖(2)
錘スッテ(6)
船イカ(5)
船テンビンK型(2)
相模湾(4)
鯛歌舞楽(2)
鯛乃玉(5)
大阪湾(1)
淡路沖(1)
長谷川丸(3)
東京湾(3)
熱海沖(1)
波動ベイト(3)
波動ベイトスリム(1)
飛龍(1)
兵庫県洲本〜由良沖(2)
本山 淳子(1)
明石沖(1)
猛光タチ魚(1)
猛光タチ魚テンヤ(1)
猛光太刀魚テンヤ(4)
猛光太刀魚テンヤ40号(1)
猛光太刀魚テンヤ船(3)
猛追太刀魚テンヤ40号プロト(1)
猛追太刀魚テンヤ船(1)
和歌山県(1)
和歌山県 湯浅沖(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ釣果情報BLOG

2014/02/25 18:22 和歌山県アオリイカ情報

釣行日 2014年2月22日(土) 場所 和歌山県 南紀
時間 3時00分〜8時00分、15時00分〜22時00分 釣果 アオリイカ 300g 1杯
使用タックル ロッド - SHIMANOセフィアCI4+ S806L
リール - DAIWA セルテート2004CH
ライン - スーパーブレイド 0.8号
リーダー - フロロ2.5号
使用アイテム エギ王QLive 3.5S R12 RPPTO
記入者 ヤマシタスタッフ
柘植 学



黒潮接岸により水温が上昇してきたため一発大物を求めて、金曜日夜から南紀へ釣行。

AM3:00に現地到着。風も予報どおり微風。期待をこめて磯に入りましたが、思いのほか

潮が流れず・・・・。何事も無く朝マズメが終了しました。

車の中でふて寝して夕マズメに備えます。

午後ポイントを移動しますが、2ヶ所は既に人でイッパイ!!3ヶ所目に漸くエントリー。

夕マヅメ、エギ王K、エギ王GX、エギ王QLiveシャローをローテーションしながら狙っていると、中層でグイッと持っていくようなアタリ。

久しぶりのアタリにびっくりしてアワセましたが、無事フッキング!!狙っていたサイズとはいきませんでしたが、嬉しい1杯です。

その後も連発を狙うものの徐々に風が強くなり心が折れて終了としました。 


コメント
2014/02/25 18:07 神奈川県船イカ情報

釣行日 2014年2月22日(土) 場所 神奈川県長井新宿港 小見山丸
時間 7時00分〜14時00分 釣果 マルイカ 10杯、ムギイカ 3杯
使用タックル ロッド - DAIWA 極鋭
リール - DAIWA イッツ
ライン - PE0.8号
使用アイテム チビイカ5(Bシリーズ・Kシリーズ)、チビエビ5(BSB・KPG・GSB)  
記入者 ヤマシタスタッフ
戎 宏章



2年ぶりのマルイカ釣りに、長井新宿港の小見山丸に行って来ました。

今回は師匠の山中さんの技を盗む為に同伴して頂きました。

当日のお客さんは5名。ゆったりとしたスペースでスタート。

ポイントは工程40分程の長井西沖。

最初のポイントは水深80m。1投目から隣の席の師匠はイカを乗せています。

私も何とか着いていく感じで掛けることに成功。

朝一青系(BSB)に抱いたので活性が低いかもと山中さん・・・

その後は流しを変える度に当たりはあるが爆ノリは無くポロポロと拾っていくように釣っていきました。

1度100mラインを流したときには大型(弁慶ではない)サイズが良く乗る場面もありました。

山中さんはその後平均的に掛けて数を伸ばしましたが私はそんなに釣れず・・・勉強になりました。


コメント
2014/02/25 17:31 京都府ヤリイカ情報

釣行日 2014年2月22日(土) 場所 京都府 丹後半島
時間 16時30分〜20時00分 釣果 ヤリイカ1杯
使用タックル ロッド - グローブライド STX−EG 832MH
リール - 10ステラC3000
ライン - アバニ エギングPE Tip Run 0.6号
リーダー - 1.75号
使用アイテム エギ王K HF 3.5号 R07 レッドグレープ   
記入者 ヤマシタスタッフ
橋本和也



雪の舞う頃に釣れ出すヤリイカを狙って丹後半島へ行って来ました。

釣り上げた時の美しさも素晴らしいですが、食味もよいヤリイカ。

日本海で陸っぱりエギングをするのは今回が初めて。

当日は無風・ベタ凪・曇り。

釣り場には先行者が15人ほど。殆どがウキ釣り。2〜3本置き竿にしてアタリを待ちつつ、偶にエ
ギングしている様子。

エギングオンリーで狙っている方は1人。タックルを準備しながら状況をうかがっていましたが、エサ
釣り師のアジもかじられていない様子...。

ナオリーRHでライトエギングするつもりでしたが、足場の高さと風が吹いてきた状況を想定し、飛
距離が出せて、レンジキープ・ポイントトレースもし易い、通常の陸っぱりエギングスタイルで釣ることに
しました。

波止の沖向きにフルキャスト。足場が高い程、ラインスラッグの量は多くなり、それが抵抗を受けると
エギが手前へ寄って来易くなります。

エギが着水後も、出来るだけエギにテンションを掛けず、フリーで落としてやります。

シャクリもスラッグジャークで短い移動距離で。偶にパンパンッとシャクリ上げてエギの高さだけつくって
やります。

開始2投目、フォール中にヒット。胴長40cm程の雄のヤリイカ。

エギ王Kは今日も良い仕事をしてくれました。

明るい時間帯に釣れた1杯で、この後がどうなるかと期待が膨らみましたが、最初で最後
の一杯でした。


コメント
2014/02/14 13:42 和歌山県アオリイカ情報

釣行日 2014年2月10日(月) 場所 和歌山県 串本町  安指港「日正丸
時間 7時00分〜12時30分 釣果 アオリイカ1杯(700g)船中2杯
使用タックル ロッド - オーシャンソード 65ML
リール - 10ステラ2500HGS
ライン - アバニエギングPE Tip Run 0.6号
リーダー - アバニ エギングショックリーダー 2.5号
使用アイテム エギ王K HF 4号 黒潮SP KS05 STG スイッチンググリーンエギ王DDシンカー 
記入者 ヤマシタスタッフ
橋本和也



今回の舞台は和歌山県串本。

この時期の串本といえば、黒潮に乗って接岸する大型のアカイカを狙って、寒い夜にもかかわらずアングラ−達が磯へ足繁く通う季節。良い年は一晩で2kg〜3kgが1エリアで2ケタというから堪りません。

そんな大型のアカイカをデイゲームで釣ろうというのがティップランの面白さ。

目で見て・手で感じて、掛け合わせる、掛かったときの重量感は病みつきになります。

これが、速い潮流に乗った3kgオーバーの引きを想像するだけでドキドキしますね。

間もなく発売となるエギ王K HF 黒潮SP 4号を主軸に、タックルも普段より太目のセッティング。

あわよくば4kgオーバーを...と淡い期待を抱いておりましたが、現実はそんなに甘くありません。

水温は港内で13.3度、港沖30mラインで15.4度と、1度以上の水温低下。

黒潮も接岸していない状況でした。

ただ今回は黒潮SPを持っています。

エギ王Kの安定性能は昨年から検証済で、ティップランにおいても自信を持っておりますが、今回は更に手が込んだ作りに仕上がっております。

今まで見たこともないエギにアオリイカがどう反応するのか。

今回の釣りは黒潮SP4号縛りと決めていたので、カラーとシンカーのローテのみで攻めます。

低水温時、三重で実績のあったR06 FB フラッシュベイトに近い、KS06 月光シルバーからスタートしま
すが反応なし。

黒潮は接岸していなくても、三重とは潮色が異なり、青く、同じ様なカラーを使っていても海底からの見え方と
釣り人からの見え方が違うのがよく分かります。                                   

更に濁り潮・澄み潮、晴れ・曇りとエギの見え方(見せ方)に影響を与える条件はめまぐるしく変化し続け
ます。

アオリイカが下から見たときと上から見たときにどう見えるか?どう見せるか?

そんなところまで拘って、対応できるようにしたのが黒潮SP。

KS05 STG スイッチンググリーンまでカラーローテしてきたところで、ようやく船中1杯目がヒット。

この背中のグリーン色は、普段ベーシックカラーしか使用されない方からすれば、抵抗があるかもしれませんが、暗い潮、群青色の潮では綺麗に、ハッキリとしたコントラストでアピール出来ます。

結局、この後、同行者に1杯ヒットして納竿となりました。

 


コメント
2014/02/14 13:16 千葉県船イカ情報

釣行日 2014年2月1日(土) 場所 千葉県金谷港 半十郎丸
時間 6時30分〜12時30分 釣果 モウゴウイカ・スミイカ 3杯(940〜380g)
使用タックル ロッド - TICA ウェイブレットアオリロング255
リール - DAIWA ミリオネアベイエリアSP 100
ライン - PE0.8号
リーダー - フロロ 4号 1.5m     
使用アイテム エギ王K 3.5、4号      エギ王GX 4、4.5号シャクリシンカーU 10号
記入者 ヤマシタスタッフ
工藤雄介



ヤマシタフィールドスタッフの山口さんのお誘いで、モンゴウイカ(カミナリイカ)を狙いに千葉県金谷港の半十郎丸に行ってきました。

ポイントに着いて釣り開始、すぐに同船者にヒット。竿を大きくしならせて上がってきたのはいきなりkg超えのモンゴウイカ。

船内にわかにテンションが上り、山口さんと私にもヒット!

山口さんは良型のモンゴウイカをゲット、・・・も私のはなぜか300g級の可愛いサイズ(泣)。

良型をキャッチしている人のエギを観察していると、皆さん4号から4.5号の大きいサイズのエギを使っている事を発見!

早速私も、1本しか持って来なかった、エギ王 GX 4.5号のエギに替えると・・・、ズシリとした重みで竿が大きくしなってヒット!

巻くのも一苦労なほどの重量感、なんとか逃すまいとゆっくり慎重に巻き上げ、ようやく満足のkgサイズをゲットしました。

やっぱり大きなエギには大きなイカが乗るんです。

エギ王GX4.5号は、この日最強のエギでした。

山口さんによると、3キロを超えるようなBigサイズも掛るそうです。ズッシリとした重量感を味わえる釣りとしてこれからも楽しめそうです。

その晩食べたモンゴウイカのフライは絶品の味わいでした、是非お試しください。


コメント
2014/02/05 17:45 神奈川県船イカ情報

釣行日 2014年2月2日(日) 場所 神奈川県三浦市三崎港 佐円丸 
洲崎沖150〜220m
時間 7時00分〜14時00分 釣果 ヤリイカ 12杯、スルメイカ 7杯
使用タックル ロッド - 150号−1.5m
リール - シマノ電動丸3000XH 
ライン - PE4号
使用アイテム キラッと針14−1T(各色)、キラット針11−1T(各色)、ピッカピカ針5 11−1(LV)、チビエビ5(SBK・BSB・KVC)    
記入者 ヤマシタスタッフ
戎 宏章


今シーズンは直結釣りをマスターしようと思い、三崎港の佐円丸に行ってきました。

当日は予報が悪かったせいか、人も少なくゆったりと楽しめました。

まずは手始めに12本立てのスルメ狙いで、新商品のキラッと針14cmの組合せの仕掛だけでスタート。

水深は200mで着底後1シャクリ目で早速乗りました!

追いノリを狙いましたが、群れが抜けたのか1杯掛け・・・しかも抜き上げ時にポロリ。

気を取り直して次の流し。落下中にサバに触られている感じがビンビンきます。着底すぐに乗りました。追いノリ

も完了し、かなりの数が付きました。

しかし、残り100mぐらいで竿に不穏な動きビックンビックンしています。多分サバです。ツノにちょっかいだして

スレ掛かりしたのだと思います・・・案の定イカは殆ど落ち2杯だけ・・・しかもサバは目前でポロリ・・・(泣)

直結仕掛でもサバが掛かることもある事を学びました。

その後、ポツリポツリとスルメが釣りあがり、ヤリイカの場所に移動。

12本立ての仕掛のまま、下から4本をキラッと針11cmにチェンジ。

ヤリイカも1投目から幸先良く多点掛け、14cm・11cmのどちらにもに乗っていました。

その後はイカも小さくなり乗りも悪くなってきたので、チビエビ5を仕掛に混て、数を稼ぐ事が出来、そのまま終了

となりました。

当日はあと少しのところで竿頭を逃しました。

次回は竿頭になれるように頑張ります。


コメント
2014/02/03 17:06 福岡県ライトエギング情報

釣行日 2014年2月1日〜2日 場所 福岡県新宮町相ノ島
時間 18時30分〜翌6時00分 釣果 ササイカ(ヤリイカ)17杯
使用タックル ロッド - メジャークラフト クロステージ8.6ft
リール - DAIWA イグジスト2500
ライン - PE0.8号
使用アイテム ナオリーRH2.2gエサ巻テーラセットBM3
記入者 ヤマシタスタッフ
加藤孝幸



先週末、ササイカ情報が出てた相ノ島に渡り夜通しササイカ(ヤリイカ)を狙ってきました。

渡ってすぐの時間帯が丁度夕方の時合いにあたっていたため、急いでナオリーRH2.2号をセッティングし、キャスト開始。

やはり開始直後からアタリがあり、ササイカをGET!

幸先よく数杯をキャッチしたところで、徐々にアタリが遠退いたため、ここでエサ巻きテーラセットの仕掛を準備し

ウキで流しながら、エギングとの「二刀流」で時合いを待っていると、ウキが大きく消し込まれて50cm級の良型がHIT!

さらに、2本針のエサ巻きテーラ仕掛にダブルHIT!

ナオリーRHでは、「見えイカ」をサイトフィッシングでHITさせたり・・・と、終わってみれば、4回のササイカの群れの回遊があり、合計17杯を釣る事が出来ました。


コメント

7件の記事