• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2012年4月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ

アオリイカ(12)
アオリエギング(1)
アカハタ(1)
アカムツ(4)
アコウ(1)
アジ(1)
エギーノぴょんぴょん(1)
エギング(8)
エギ王K(1)
エギ王KHF3.5S(1)
エギ王Q(2)
エギ王Q LIVE サーチ(2)
エギ王Q LIVEサーチ3.5(1)
エギ王QLIVE(1)
エギ王QLIVEサーチ(2)
エギ王Qライブ3.5(1)
エギ王Qライブサーチ3.5S(1)
おっぱいスッテ(14)
おっぱいスッテ3.8−1(2)
おっぱいスッテ布巻(1)
カツオ(3)
カワハギ(1)
きずなまりん(1)
キハダ(2)
ケンサキイカ(1)
ゴムヨリトリ(1)
サーベリング(1)
シイラ(3)
シャクリシンカー(1)
その他(2)
タイラバ(4)
タコ(1)
タコじゃらし(1)
タチウオ(13)
タチ魚針WF(1)
チビイカ(1)
チビエビ5(1)
チビトト(11)
チビトト4(2)
トトスッテ(2)
ととスッテ(2)
ナオリ−RH(1)
ナオリー(1)
ナオリーRH(1)
ニュークロー(1)
パニックベイト(4)
パニックベイトタチウオ(2)
ピッカピカ針(4)
ピッカピカ針5 8−1T(2)
ボートエギング(2)
マイカ(5)
マシュマロボール(2)
マダイ(5)
マダコ(1)
マルイカ(13)
ムギイカ(9)
メタルフリッカー(1)
ヤリイカ(2)
ライトアジ仕掛け(1)
ライトエギング(1)
ワカシ(1)
安浦港沖(1)
横須賀沖(1)
観音崎沖(1)
喜平治丸(1)
串本大島沖(1)
犬吠埼沖(2)
玄界灘(2)
紅アコウ(1)
佐円丸(1)
佐賀県伊万里湾(2)
佐賀県唐津市 鷹島沖8〜15m きずなまりん(1)
三崎港佐円丸(1)
春イカ(1)
初島沖(1)
深海魚(1)
神奈川県三浦半島(6)
須磨沖(2)
錘スッテ(6)
船イカ(5)
船テンビンK型(2)
相模湾(4)
鯛歌舞楽(2)
鯛乃玉(5)
大阪湾(1)
淡路沖(1)
長谷川丸(3)
東京湾(3)
熱海沖(1)
波動ベイト(3)
波動ベイトスリム(1)
飛龍(1)
兵庫県洲本〜由良沖(2)
本山 淳子(1)
明石沖(1)
猛光タチ魚(1)
猛光タチ魚テンヤ(1)
猛光太刀魚テンヤ(4)
猛光太刀魚テンヤ40号(1)
猛光太刀魚テンヤ船(3)
猛追太刀魚テンヤ40号プロト(1)
猛追太刀魚テンヤ船(1)
和歌山県(1)
和歌山県 湯浅沖(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ釣果情報BLOG

2012/04/26 17:41 神奈川県 マルイカ・ムギイカ情報

釣行日 2012年4月21日 場所 神奈川県 三崎 佐円丸 三戸輪沖〜三崎西口 35〜60m
時間 6:30〜13:30 釣果 マルイカ 10〜25p 27杯 ムギイカ 10〜15p 5杯 計32杯
使用タックル ロッド - ダイワ 極鋭ゲーム 170
リール - ダイワ エアドレッドチューン100L
ライン - よつあみウルトラダイニーマ 0.8号
使用アイテム チビイカ5 チビエビ5 Lおっぱいスッテ
記入者 ヤマシタスタッフ
山中 陽介

  
あまり今週は釣果が良くありませんでしたが、週末の日課になってきましたので、行ってきました。
天気は曇りで少々北東の風でマルイカには良さげですが、潮が大きいのが気になるところ。

朝6時半に出船。
乗船者は、我々当社スタッフいれて8人とゆったりめ。
今回の釣り座は胴の間です。

小網代沖からスタート。
船団にはなっていますが、探索状態が多い様子。
まずは朝一のチャンスタイム(?)
水深は60m。
着底しばらくでアタリ有り、ムギイカ…。
すぐ入れ直してマルイカ。
しかし、次の流しからはシブシブ…。
着底すぐにアタリはあれど、マルイカの触りが浅く、掛かるのはムギイカ…。
数杯マルイカは追加できたものの、激シブ時間は続きます。
状況は次第に悪くなり、アタリすらも出なくなってきました。
しかし、沖上がりまで1時間半をきったところで、ようやく潮の流れが変わりマルイカの活性がup!

アタリも大胆になり、簡単に掛かるように。
しかも、反応に合わせて、微速で船が前進するので、アワセがなくても勝手に掛かることも。
活性が大幅にupしたので、違和感さえ与えなければスッテを5秒近く抱いている場合もあり、
直結で思惑通りのダブル掛けもできました。
一流しで8杯、6杯取れた流しもあり、ようやく形になりました。
一瞬活性は上がったものの、また少し渋くなり、数杯追加して終了でした。


コメント
2012/04/26 17:31 神奈川県 マルイカ情報

釣行日 2012年4月21日 場所 神奈川県 佐円丸
三戸輪〜諸磯35〜50m
時間 6:30〜13:30 釣果 マルイカ 6杯
使用タックル ロッド - マルイカ専用竿
リール - 小型両軸リール
ライン - PE0.8号
使用アイテム チビイカ5、チビエビ5、おっぱいスッテ5-1他
記入者 ヤマシタスタッフ
池田 裕光


当日は終始マルイカの機嫌が悪いのか乗りが渋く、
少ないチャンスでの細かいアタリを取れず終いで、撃沈しました。

角の配色をあれこれと変えて見たり、釣り方もゼロテンや叩き下げなどあれこれと行い、
典型的な負のスパイラル状態でした(笑)

3月の釣行で新調した竿を海に落としてしまったり、
先週の釣果も大時化で数投しか出来ず撃沈し、そして今回の釣果。
モヤモヤがMAXに貯っています。 GWでリベンジしたいと思います。

夜は船宿で頂いた春キャベツを使い、マルイカと春キャベツのイカ墨パスタで一杯でした。


コメント
2012/04/26 17:26 神奈川県 シリヤケイカ情報

釣行日 2012年4月20日 場所 神奈川県 大黒海釣り施設
時間 15:30〜16:30 釣果 シリヤケイカ 1杯
使用タックル ロッド - ナオリーフィーリングシャフト802L
リール - セルテート2500R
ライン - PE0.8号
使用アイテム エギ王JP3号PKO タコエギサルカン♯6 エサ巻テーラ
記入者 ヤマシタスタッフ
山中 陽介

 
大黒海釣り施設でシリヤケイカが釣れ出したとの情報をキャッチし、早速巡回後に行ってきました。
先週の日曜日は場内100杯超をしたようですが、その後は釣果は下り坂…。
平日で小雨と言うこともあったのでしょう、お客はまばらでした。

仕掛はタコエギサルカンにエギ王JP、その50cm上にエサ巻テーラをつけた欲張り仕掛。

海釣り施設の先端近くの外側で開始。

ちょい投げで探るとなんと2投目で、足元でモソッとアタリ!
しっかりと抱かせて、アワセるとズシッと重み。
しっかり掛かっていたので、そのまま抜き上げ1杯目。
まだまだ釣れそうでしたが、その後は中村さんが1杯上げて、音沙汰なし。
雨風が強くなってきたので、早々に退散しました。
この日は全体で44杯上がったそうです。
昨年はゴールデンウイーク後に爆発したので、今後に期待です。


コメント
2012/04/18 10:28 神奈川県 マルイカ、ムギイカ情報

釣行日 2012年4月14日 場所 神奈川県 間口港 喜平治丸 城ヶ島沖 35〜55m
時間 6:30〜13:00(強風の為早上がり) 釣果 マルイカ 10〜30p 47杯 ムギイカ 1杯 計48杯
使用タックル ロッド - ダイワ 極鋭ゲーム 170
リール - ダイワ エアドレッドチューン100L
ライン - よつあみウルトラダイニーマ 0.8号
使用アイテム チビイカ5 チビエビ5
記入者 ヤマシタスタッフ
山中 陽介

    
天気予報は雨、北風が強く寒い1日になる模様。
今回はマルイカ初挑戦の淳さんも一緒だったので、
報の良い日曜日に変更しようかとも思いましたが、
釣れそうな予感がしたので、雨の寒い中行ってきました。

集まった釣り人は全員で5人。 船頭の息子さん2人も竿を出すようで、7人で出船。

大型船でこの人数はかなり楽です。
ポイントは城ヶ島沖。
港から10分ほどと、かなり楽です。
一通り淳さんに釣り方を教えて、2流し目から本格参戦。
開始早々からアタリも多く、反応も長く出ており、流しが長いのでポツポツとマルイカを追加。
型は小型中心で、掛け損ないも結構ありますが、マルイカの活性は高い様子。
朝のうちは船も少なく、比較的よく釣れました。
しかし、そのうち他船が集結。
他のポイントはあまり良くないようです。
船数はそこそこ多いですが、この天気では客はどの船も少なかったです。

船団が出来始めると、アタリは激減。
反応が抜けるのも早く、一流しに1、2回しかアタリがなくなり、一気にペースダウン。
何度か船団の中を流しましたが、あまり良くないので、船団から離れて、群れを捜索。
雨と北風の中のクルージングは結構堪えましたが、
良い反応を何度も見つけてくれたので、ポツポツとマルイカを追加。
サイズはやはり小型中心です。
その後、北風が強まり、13時に少し早上がり。
今回狙った水深は40〜50mとやや深めでしたが、
もう少し浅くなればもっと数は伸ばせそうでした。
直結5cmでしていたので、比較的小型中心の釣果になりましたが、、
隣で7cmのブランコでしていた淳さんは良型が結構混じっていたので、
良型もそこそこいそうでした。
ここ最近の釣果に良型のヤリイカが混じっていましたが、
この日はほぼマルイカオンリーの釣果でした。
この日は1日中雨も止まず、寒い1日でしたが、予想通り良い釣果に恵まれました。


コメント
2012/04/18 10:20 神奈川県 マルイカ情報

釣行日 2012年4月14日 場所 神奈川県 間口港 喜平治丸 城ヶ島沖 35〜55m
時間 6:30〜13:00(強風の為早上がり) 釣果 マルイカ 10〜30p 16杯
使用タックル ロッド - シマノ ライトゲームCI4 アレグロ73 160S
リール - ダイワ スマックレッドチューン
ライン - PE1.0号
使用アイテム チビイカ5 チビエビ5 マルイカ7
記入者 ヤマシタスタッフ
佐藤 淳

  
天気は朝から風と雨で、途中から強風と大雨になりました。
マルイカ初挑戦で山中先生に連れて行ってもらい、
天気も雨という状況でしたが、思い切って行ってきました。
集まった釣り人は全員で5人。 船頭の息子さん2人も竿を出すようで、7人で出船。

船はかなり大きくお客も少なかった為、広々した感じでした。
ポイントは城ヶ島沖。
港から10分でポイントに着き、山中先生にブランコでのやり方を教えてもらい、
開始早々アタリがあり、前半は反応も多く
初のマルイカにしては上出来と思いつつ、9杯までは順調に釣れた。
型は小型中心で、掛け損ないも結構ありますが、マルイカの活性は高い様子。
朝は船も少ない感じでしたが、気付くと船団の中に・・・
他のポイントはあまり良くないようです。
船数はそこそこ多いですが、この天気では客はどの船も少なかったです。
後半は風と雨のせいもあって伸び悩みましたが、山中先生のアドバイスが良いせいか気付けば、
16杯で終了!!。さすがは山中先生、47杯で竿頭でした。
最後の方に直結にチャレンジしてみたが、うねりと強風で無理でした。
段階を踏んで、ブランコ、直ブラ、直結と修行して行きたいと思います。
サイズは小型中心です。その後、北風が強まり、13時に少し早上がり。
水深は40〜50mとやや深めでした。
面白い釣だと思うので、また行ってこようと思います。


コメント
2012/04/18 10:19 神奈川県 アオリイカ情報

釣行日 2012年4月8日 場所 三浦半島西側
時間 8:00〜15:00 釣果 アオリイカ 500gクラス 1杯
使用タックル ロッド - ダイワ 極鋭MCゲーム 180
リール - ダイワ ルビアス 2506
ライン - PE0.6号
使用アイテム エギ王DDスパイダー 30g 07Kオリーブゴールド
記入者 ヤマシタスタッフ
松本 大祐


週末はここ1ヶ月以上連続で荒れ模様でした。
疲れた体にムチを打って久しぶりの出艇。
とりあえずアオリの様子を確認するためエギ王DDスパイダーをセット。
流しても流しても反応はなく、気がつけば14時。
南風がビャンビャン吹いてきましたが、帰ろうかな・・と思ったときにTEL。
「イカバラしました。しかも結構でかいの」
すぐにかけつけて、横を流させてもらうと2流しくらいでヒット!!
底にべったり貼り付いてるようで、底から数シャクリで乗ってきました。
全然引きませんでしたが500gのアオリイカ。
水温もまだ冷たいので、活性は低めですが
三浦半島のイカはいよいよこれからが本番って感じですね。


コメント
2012/04/09 13:56 和歌山県 カミナリイカ情報

釣行日 2012年4月1日 場所 和歌山県 串本
時間 AM5:00〜AM10:00 釣果 カミナリイカ 1杯
使用タックル ロッド - エギ王 ウィザーズジャイブ 832M
リール - 旧セルテート2500
ライン - サンライン PE−EGI HG 0.6号
リーダー - サンライン エギリーダーFC 2号
使用アイテム エギ王QLive3.5 DRDVMT
記入者 ヤマシタスタッフ
柘植 学


アオリイカを求めて串本まで行って来ました。
AM5:00到着。この時期は夜の方が実績があるのですが、暗闇が苦手なので朝マズ
メのチャンスにかけます。
まずはベーシックタイプ3.5号で潮に流しながら中層狙い&カラーローテーション。
反応なし。
続きまして3.5号DEEPタイプにチェンジ。ボトムを中心に狙っていると「来た
ー!!」
でも引きません・・・。上がってきたのはカミナリ様でした。
まだまだこれから!!とういうことで、今度はベイトの大きさに合わせてひそかに期待
をよせている2.5Dを投入!!
反応なし。
3.5号→3.5号DEEP→2.5号DEEPのローテーションをしながら堤防を探
るも無反応(T_T)
すっかり夜が明けてしまいました・・・。
9時前には予報通り風が吹き始め、気づけば爆風!!
心が折れ撤収しました。


コメント
2012/04/09 13:52 神奈川県 マルイカ情報

釣行日 2012年4月8日 場所 神奈川県 海楽園 
佐島沖〜亀城根〜城ヶ島沖〜長井沖 25〜60m
時間 7:00〜14:00 釣果 マルイカ 10〜30p 38杯
使用タックル ロッド - ダイワ 極鋭ゲーム 170
リール - ダイワ エアドレッドチューン100L
ライン - よつあみウルトラダイニーマ 0.8号
使用アイテム チビイカ5 チビエビ5
記入者 ヤマシタスタッフ
山中 陽介

     
天気予報は晴れ、風もなしの凪陽気。
満船覚悟でマルイカに行ってきました。
早めに船宿に着いて左舷舳を確保。
店主の鶴蒔さんと少し話してみると、前日は19人のお客が来たそうです。
肝心のマルイカの方はっていうと、船数が相当多いようで、船を怖がってあんまり良くないかも…とのことでした。

7時に出船。
まずは佐島沖40mからスタート。
佐島沖でも10隻近い船がいましたが、亀城根周りは相当数の船が…。
反応を見つけ、1投目。
予想通り、着ノリなし。
少しステイさせ、大きくシャクってまたステイ。
すると、微かなアタリ。
アワセると僅かな重さ。
とりあえず、超小型を1杯キャッチ。
直ぐに入れ直して同サイズを1杯。
その後は同サイズが釣れたり、釣れなかったりの流しの繰り返し。
ここで、船は船のひしめき合う亀城根へ移動。
水深は60m。
反応に当てると、先ほどよりは少しマシな小型サイズがアタってきます。
数杯追加したものの、活性は低く、なかなか続きません。
ここで船は城ヶ島沖へ。
しかし、城ヶ島沖にも大船団が…。
こちらも散々叩かれた後なのか活性は低かったです。
しかも、ハモノがいるようで、掛けたマルイカの5杯のうち、2杯も胴体だけかじられました。
今度は長井沖へ移動。
佐島沖と同じようなサイズをポツポツ追加。

そして残り時間1時間。
ここで、好活性の群れを発見!
しかも船は他に2隻。
ほぼ独占状態の爆ノリタイムがスタート!
入れてはアタリ、入れてはアタリの繰り返し。
水深も25mと浅いこともあり、他の船が集まりだす約20分間、1投必釣ペースで釣れ、この時間だけで15杯追加。
小型サイズが中心でしたが、良型も混じりました。
その後は散ってしまった、群れにあてて、数杯追加して終了でした。
超小型を拾えたので、竿頭でフィニッシュでした。

この日は、こんなに船がいたのかと思うほどの船数で西は平塚から東は東京湾奥までの船が見れました。
おそらく、仕立船も合わせて100隻以上がマルイカを狙っていたと思います。

城ヶ島沖はハモノ狙いも面白いかもしれません。


コメント

8件の記事