ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2020年12月 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

2020年11月(7)
2020年10月(13)
2020年09月(6)
2020年08月(16)
2020年07月(16)
2020年06月(9)
2020年03月(8)
2020年02月(12)
2020年01月(12)
2019年12月(17)
2019年11月(22)
2019年10月(16)
2019年09月(14)
2019年08月(16)
2019年07月(12)
2019年06月(6)
2019年05月(12)
2019年04月(5)
2019年03月(13)
2019年02月(8)
2019年01月(3)
2018年12月(4)
2018年11月(8)
2018年10月(13)
2018年09月(13)
2018年08月(7)
2018年07月(7)
2018年06月(7)
2018年05月(16)
2018年04月(5)
2018年03月(24)
2018年01月(3)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(4)
2017年09月(12)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(7)
2017年05月(11)
2017年04月(1)
2017年03月(5)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(6)
2016年06月(2)
2016年05月(1)
2016年04月(1)
2016年03月(1)
2016年02月(2)
2016年01月(2)
2015年12月(6)
2015年11月(2)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(10)
2015年07月(5)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年04月(7)
2015年03月(2)
2015年02月(2)
2015年01月(12)
2014年12月(5)
2014年11月(13)
2014年10月(23)
2014年09月(18)
2014年08月(13)
2014年07月(28)
2014年06月(28)
2014年05月(27)
2014年04月(23)
2014年03月(20)
2014年02月(9)
2014年01月(20)
2013年12月(28)
2013年11月(16)
2013年10月(18)
2013年09月(25)
2013年08月(27)
2013年07月(11)
2013年06月(17)
2013年05月(17)
2013年04月(13)
2013年03月(5)
2013年02月(8)
2013年01月(11)
2012年12月(16)
2012年11月(6)
2012年10月(14)
2012年09月(12)
2012年08月(18)
2012年07月(24)
2012年06月(17)
2012年05月(32)
2012年04月(12)
2012年03月(16)
2012年02月(17)
2012年01月(28)
2011年12月(36)
2011年11月(57)
2011年10月(57)
2011年09月(47)
2011年08月(60)
2011年07月(38)
2011年06月(29)
2011年05月(26)
2011年04月(14)
2011年03月(3)
2011年02月(12)
2011年01月(13)
2010年12月(13)
2010年11月(21)
2010年10月(26)
2010年09月(34)
2010年08月(20)
2010年07月(14)
2010年06月(4)
2010年05月(14)
2010年04月(4)
2010年01月(1)

タグ

LPタコ・オーロラ(1)
POCKETS(8)
アカハタ(4)
アジ(14)
アジフラッター(1)
アジング(1)
イサキ(2)
イナダ(21)
エソ(1)
エバ(1)
エンゼルキッス(4)
オオモンハタ(1)
オフショアルアー(60)
カサゴ(8)
ガシラ(2)
カツオ(7)
カッポレ(1)
カマス(3)
カンパチ(4)
キジハタ(3)
キハダ(1)
キメジ(4)
キントキダイ(4)
クエ(1)
クサフグ(1)
グレ(1)
クロダイ(7)
クロマグロ(1)
コサバ(1)
サーフ(2)
サゴシ(7)
サバ(3)
ザファースト90F(1)
サブマリンヘッド(9)
サワラ(3)
シーバス(620)
シーバスジギング(2)
シイラ(17)
ジギング(84)
ショアトリッカー(3)
ショアブルーEX(3)
ショアルアーゲーム(8)
ショゴ(2)
スカッシュ(23)
スジアラ(1)
スライス(5)
スリムクローラー(4)
セイゴ(3)
ソゲ(1)
その他(398)
タイトスラローム(9)
タチウオ(50)
ダツ(1)
ダックダイブ(17)
チヌ(3)
ツバス(2)
ツムブリ(1)
デュプレックス(3)
ドンコ(1)
ニジマス(12)
ニューカレドニア(1)
バイラバイラ(6)
ハマチ(2)
ビークヘッドⅡ(5)
ヒラスズキ(26)
ヒラフッコ(1)
ヒラマサ(38)
ヒラメ(8)
フェイクベイツ(4)
フェイクベイツNL1(1)
ブラウントラウト(1)
プラッギング(2)
ブラックバス(4)
フラットフィッシュ(4)
フラペン(22)
フラペン S85(11)
フラペンシャロー S85(2)
フラペンブルーランナー(22)
フラペンブルーランナーS85(5)
ブリ(5)
ブルースコード(19)
ブルースコードⅡ110(2)
ブルースコードC45(12)
ブルースコードC60(2)
ボアー(5)
ボアーSS195(1)
ポップクイーン(48)
ポップクイーンF130(1)
ポップクィーンF160(2)
ポップクイーンF160(1)
ポップクイーンF50(3)
ポップクイーンF80(1)
ボラ(1)
マールアミーゴ(2)
マゴチ(7)
マハゼ(1)
ママワーム(18)
ママワーム スリムクローラー(2)
ママワームソフト(4)
ママワームソフトアクションフィッシュ(3)
ママワームソフトアジフラッター(7)
ママワームソフトクリオネ(4)
ママワームソフトシュリンプ(3)
ママワームソフトスリムクローラー(15)
マルスズキ(1)
ムーチョルチア(30)
ムラソイ(1)
メジロ(2)
メタフラ(4)
メタルフリッカー(20)
メッキ(6)
メバリング(2)
メバル(72)
モンツキイサキ(1)
ヤズ(7)
ライトルアーゲーム(118)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(56)
ラピードF130(9)
ラピードF160(11)
ラピードF230(13)
リトルビット(5)
リライズ(13)
リライズS130(2)
ロウニンアジ(1)
ローデッド(15)
ローデッドF140(1)
ローデッドF180(1)
ロックショア(1)
ワカシ(15)
ワラサ(2)
愛媛県(2)
伊豆(1)
磯(4)
磯ヒラ(1)
沖縄県(1)
宮崎県(2)
宮城県(1)
熊本県(4)
群馬県(1)
広島県(8)
高知県(1)
佐賀県(10)
三浦半島(11)
三重県(5)
山形県(3)
山口県(15)
鹿児島県(2)
神奈川県(187)
西湘ゴロタ(2)
青物(6)
静岡県(12)
千葉県(3)
大阪府(5)
長崎県(35)
鳥取県(1)
島根県(4)
東京都(3)
東京湾(7)
福井県(3)
福岡県(29)
兵庫県(7)
房総半島(1)
和歌山県(3)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom
5件のページが該当しました。
2020/02/10 10:43 ニューカレドニア オフショアルア−情報
タグ: ニューカレドニア  ローデッド  ラピード  ボアー 
釣行日

2020年1月28日~2月1日  

釣場

ニューカレドニア

時間

7:00~16:00  

釣果

GT
アオチビキ
アカマス
スパニッシュマッカレル 

使用タックル

ロッド:カーペンター ブルーチェイサー80/40 SC
リール:シマノ ステラSW18000HG
ライン:PE8号+ナイロン 170lb+ナイロン300lb(先糸) 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
藤倉 育聡 

福井のジギング魂会長よりニューカレドニアGTツアーのお誘いをいただき1週間行ってきました。

初の海外遠征ということもあり、期待と不安が入り混じりながら出発しました。

日本から直行便がでており、8時間ほどで首都ヌメアに到着し現地ガイドさんと合流し釣りの拠点となるホテルまで

車で5時間移動しホテルに到着し準備をして、ホテルに併設しているマリーナより出船しました。

30分ほどでポイントに到着し釣り開始。

リーフ沿いを流しながらスリットやコーナー、沈み根周りを攻めていく釣りで開始数投で同船者にGTがヒットさせ、

見事ゲット。

続けてもう一本上がりニューカレドニアのポテンシャルの高さに驚かされました。

沈み根付近をラピードで速めの誘いで誘っていると下から水柱をあげ

ド派手なバイトの直後強烈な引き込みがあり止めようとするも船したで首を振られフックアウト...

その後は南国の魚のアカマスやアオチビキがヒットし楽しませてくれました。

根魚も他国に比べコンディションがよく引き専門で狙っても面白そうですね。

ダックダイブに変え水面を滑らすように速めのアクションでようやくGTがバイト!

10キロ未満のサイズですがドラグを出すトルクフルなファイトで楽しませてくれ人生初GTをゲットできました。

キャッチ後はキャプテンとガイドのベンさんがマットに魚を乗せ弱らないようにフックを外し素早くリリースしており、

他の国に比べ魚の扱いが特に丁寧でそのためGTを含め魚の個体数が保てているのだと感じました。

2日目はGTがかかるもキャチまで至らず、不甲斐ない感じで終了。

3日目はポイントまで1時間ほど走ったポイントで釣りスタート。

ダックダイブで水面に泡を乗せるようにポコポコ誘ってリーフが張り出して岬状になったところに差し掛かったところで水面が盛り上がり

5、6匹のGTがルアーを取り合うようにバイトしてきて怒涛のファイトが始まり、

キャプテンが深場に船を誘導してくれでベンさんがサポートに入ってくれ、

リール1巻、半巻と巻けるタイミングで距離を詰めようやくリーダーが見え銀ピカに輝く魚体が姿をみせてくれました。

初日釣れたサイズより大きく顔には貫禄がでた素晴らしい個体でした。

4日目もリーフエリアをダックダイブで誘っていると今までよりも一段と大きな水柱とともに強烈な引きがきて、

ガチガチに締めたはずのドラグがいとも簡単にだされ、ひたすら耐えることしかできませんでした。

次第にダッシュも弱まり少しづつ距離をつめてはまた出されを繰り返しよせてきて、

歓喜の瞬間が訪れました。

20キロを超える立派なGTが姿を現し、疲れが吹き飛ぶほどの喜びと感動でした。

小さな頃からテレビで見てまさか自分がこの手に収めることができるとは夢にも思っておらず、感無量でした。

中々機会がないといけないフィールですが、また今回のような感動を味わいにニューカレドニアに訪れたいなとおもいました。


コメント
2019/12/06 11:16 長崎県 その他陸釣り釣果情報
タグ: 長崎県  ヒラマサ  ラピード  ボアー  ダックダイブ 
釣行日

2019年11月29日~12月1日(日)  

釣場

長崎県 男女群島

時間

5:00~14:00  

釣果

ヒラマサ(4~5㎏) 

使用タックル

ロッド:ブルースナイパー106H PS、RAGING BULL 105XF-1
リール:SHIMANO TWIN POWER 8000HG、SALTIGA Z6000GT
ライン:PE6号+ナイロン130lb(ニュークロー)+LPビニール管
PE8号+ナイロン160lb+LPビニール管 

使用アイテム
記入者

松本 紳吾 

かねてより憧れだった男女群島へ、営業メンバー4人でビッグフィッシュを求めて行ってきました。

今回は中原釣具さん主催の男女群島ツアーで、

佐賀県呼子港出船の日之出丸お世話になりました。

22時に呼子を出港し、約5時間で男女群島に到着。

十分な睡眠が取れたため体力は満タン!

磯に上がってからはまだ真っ暗だったので先輩がクエ釣りをしている横でエギングをしながら明るくなるのを待ち、

朝マズメ突入! 薄暗い時間はボアーでサーチ。

しかし反応はなくダックダイブにチェンジ。

すると1投目からルアーにチェイス!

しかし乗り切らず、そのまま朝マズメ終了。

日が昇りきってからショアブルーにチェンジしてボトムから探っていると10シャクり目でヒット!

全身に伝わる強烈な引きで一気にドラグが出されて根に回られラインブレイク。

大胆に尻もちをつき放心状態。

正体は分かりませんでしたが、とりあえず勝てませんでした...

昼前に瀬替わりをして、潮が激流で2人乗るのが限界のとても小さな瀬に乗りました。

潮が早く、潮上でも潮下でもルアーの操作がとても難しい場所でしたが雰囲気はバツグン!

潮止まりに少し仮眠を取り、目が覚めるとちょうど潮が動き始めたタイミング!

チャンスタイムだと思、ルアーを投げようとしたときに目の前でキハダマグロらしき個体がベイトをド派手に捕食!

アドレナリン出まくりでフルキャストし、ラピドF190を引いてくると大きなしぶきを上げてヒット!

キハダかと思いましたが根に向かって走って行き始め、

全力で阻止して巻いてくると見えてきたのはヒラマサ!

その後には複数のヒラマサが付いてきており、ランディング直前まで付いてきた個体は余裕のメーターオバーでした。

先輩にランディングしていただき無事にキャッチ。

運よくタイミングが合ってキャッチできたうれしい1本でした。

夜は船で釣りをしながら過ごし、40㎝ほどのシマアジとゴマサバ、

50㎝ほどのロウニンアジを存分楽しんでから就寝。

翌朝乗った瀬は目の前でキハダマグロがうろうろしていましたが反応してくれず残念ながらタイムリミット。

不完全燃焼ではありますが、とても貴重な経験ができ、移動から何まで終始楽しかった遠征となりました!

また機会があればチャレンジしてきます!


コメント
2019/12/03 15:20 長崎県 その他陸釣り釣果情報
タグ: 長崎県  ブリ  ラピード  ボアー  ダックダイブ 
釣行日

2019年12月1日(土)  

釣場

上五島 野崎

時間

5:00~14:00  

釣果

ブリ 

使用タックル

ロッド: RippleFisher RunnerExceed 104H Nano PlugModel
リール:SHIMANO 13 STELLA 8000HG
ライン:PE6号+ナイロン140lb 

使用アイテム
記入者

吉田 佳之 

先日は同期と青物狙いで、丸宮釣センターさんから渡船で上五島の野崎へロックショアに行って参りました。

朝マズメは活性が高いヒラマサを狙いましたが不発。

徐々に潮が上げてきて、上げ6分くらいのタイミングでラピードF160キビナゴにヒラマサがバイト!

手前でのヒットだったので、浮かせきれず真下に突っ込まれラインブレイク。

気を取り直して、投げ続けていると鳥が水面に突っ込んでいる!!

チャンスと思いラピードF190サイトピンキーをキャスト。

後ろでモアっと出ましたが乗らず、ショートピッチに切り替えるとドンと乗ってくれたのは良い型のブリでした。

久しぶりの青物の良いファイトを体感でき良かったです。

釣果も上向いてきているのでヒラマサを狙って、また宮ノ浦に釣行したいと思っております。


コメント
2019/11/29 10:28 山口県 その他陸釣り釣果情報
タグ: 山口県  キジハタ  リライズ  ボアー 
釣行日

2019年11月23日(土)  

釣場

蓋井島

時間

6:00~15:00  

釣果

キジハタ 

使用タックル

ロッド:パワーマスターヘビーコア 100HH
リール:ステラ 1400XG
ライン:PE6号+ナイロン140lb 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
佐野 聡 

同営業所の先輩方と山口県の蓋井島にロックショアに行ってきました。

今回利用させていただいたのは下関吉見港から出船している黒潮丸様。

前月に蓋井島で14㎏のヒラマサの釣果もあり、期待感に包まれいざポイントへ。

ポイントにつき海の状況を確認、びっくりするぐらいの凪の海況。

はじめは、ラピードF230でシルエットを大きく、アピール重視でバイトを誘うも苦戦。

その後ボアー、ダックダイブ等ローテーションするも反応なし。

釣行中、足元で単発のボイルがあるもプラグには反応しない状況が続いた。

ベイトになっているのは1㎝程度の小魚。

最後にリライズで誘い上げでアクションを変え誘っていると竿に重みが。

巻き上げてくると35㎝ほどのキジハタをGET。

本命のヒラマサを釣る事は出来なかったがアクションやレンジに変化を加えると釣果に繋がる事が体験できた。


コメント
2019/11/20 09:49 神奈川県 オフショアルア−情報
タグ: エンゼルキッス  ボアー  シーバス  ラピード  神奈川県 
釣行日

2019年11月17日(日)  

釣場

東京湾奥港湾部

時間

6:30~11:30  

釣果

シーバス ×3 

使用タックル

ロッド:ダイワ ラテオボートシーバス 63M テンリュウ スパイクボニート722
リール:ダイワ カルディア LT3000-CXH          ダイワ キャタリナ3500
ライン:シマノ ピットブル8 1号、シーガー グランドマックス 4号
よつあみ スーパージグマンx8 2.5号、ナイロンリーダー50lb 

使用アイテム

チカボッカ140

エンゼルキッス140TGW

ザ・ファーストF140

ラピードF190

ボアーSS195

記入者

マリアスタッフ
田中 優志 

先輩スタッフに誘っていただきボートシーバスゲームに行ってきました。

現地に集合して船長からお話を聞いててみると、大きいサイズが連日出ておりベイトのサイズも大きい事から大きいルアーしか投げなくていいよとのお話を貰い、

同船者一同やる気十分で出船です。

大きいサイズのトップウォータープラグにも高反応とのことで、

強気にラピードF190をセットし釣りをスタート!

朝マズメのタイミングはラピートF190とボアーSS195をローテーションしながらめぼしいポイントを打ちますが、

ラピートF190のダイビングアクションにワンバイトがあったのみでヒットまで持ち込むことは出来ませんでした。

中々特大プラグで反応を得られなかった為、

ポイントを大きく移動するタイミングでタックルごと持ちかえて、

ルアーをチカボッカ140に変更します。

大きめのストラクチャーで出来るシェードの奥にキャストして、

激しめに首振りアクションをさせてやるとバコッ!

と水面を割るバイトが出てヒット!

ようやく1本目をキャッチすることが出来ました。

1本目をキャッチして安心したのも束の間、すかさずもう一度キャストをして同様の誘いをすると連続でヒットしてもう1本シーバスをキャッチ。

ここから釣れ続くことを期待しましたが、その後壁打ち等ストラクチャー打ちが続きましたが、

チェイスが数回あったのみでした。

最後に沖のオープンエリアへ移動し、コノシロの群れを探して、

群れの反応が濃いところを流しながらの釣りに変更。

エンゼルキッス140TGWとザ ・ファーストF140をローテーションしながら反応を見ると、

船の近くでルアーが浮上してくるタイミングにバイトがポツポツと出て、

エンゼルキッス140TGWにてシーバスを1本キャッチしました。

ランカーサイズを狙い集中してキャストを続けましたが、バイトも少しずつ減ってき始めたところで時間となり納竿となりました。

狙いのビッグサイズこそキャッチ出来ませんでしたが、

デイゲームということもあり迫力のあるバイトシーン見ることができ、

とても楽しい釣行でした。


コメント