ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2020年11月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

アーカイブ

2020年11月(7)
2020年10月(13)
2020年09月(6)
2020年08月(16)
2020年07月(16)
2020年06月(9)
2020年03月(8)
2020年02月(12)
2020年01月(12)
2019年12月(17)
2019年11月(22)
2019年10月(16)
2019年09月(14)
2019年08月(16)
2019年07月(12)
2019年06月(6)
2019年05月(12)
2019年04月(5)
2019年03月(13)
2019年02月(8)
2019年01月(3)
2018年12月(4)
2018年11月(8)
2018年10月(13)
2018年09月(13)
2018年08月(7)
2018年07月(7)
2018年06月(7)
2018年05月(16)
2018年04月(5)
2018年03月(24)
2018年01月(3)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(4)
2017年09月(12)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(7)
2017年05月(11)
2017年04月(1)
2017年03月(5)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(6)
2016年06月(2)
2016年05月(1)
2016年04月(1)
2016年03月(1)
2016年02月(2)
2016年01月(2)
2015年12月(6)
2015年11月(2)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(10)
2015年07月(5)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年04月(7)
2015年03月(2)
2015年02月(2)
2015年01月(12)
2014年12月(5)
2014年11月(13)
2014年10月(23)
2014年09月(18)
2014年08月(13)
2014年07月(28)
2014年06月(28)
2014年05月(27)
2014年04月(23)
2014年03月(20)
2014年02月(9)
2014年01月(20)
2013年12月(28)
2013年11月(16)
2013年10月(18)
2013年09月(25)
2013年08月(27)
2013年07月(11)
2013年06月(17)
2013年05月(17)
2013年04月(13)
2013年03月(5)
2013年02月(8)
2013年01月(11)
2012年12月(16)
2012年11月(6)
2012年10月(14)
2012年09月(12)
2012年08月(18)
2012年07月(24)
2012年06月(17)
2012年05月(32)
2012年04月(12)
2012年03月(16)
2012年02月(17)
2012年01月(28)
2011年12月(36)
2011年11月(57)
2011年10月(57)
2011年09月(47)
2011年08月(60)
2011年07月(38)
2011年06月(29)
2011年05月(26)
2011年04月(14)
2011年03月(3)
2011年02月(12)
2011年01月(13)
2010年12月(13)
2010年11月(21)
2010年10月(26)
2010年09月(34)
2010年08月(20)
2010年07月(14)
2010年06月(4)
2010年05月(14)
2010年04月(4)
2010年01月(1)

タグ

LPタコ・オーロラ(1)
Maria(2)
POCKETS(8)
アカハタ(4)
アジ(14)
アジフラッター(1)
アジング(1)
イサキ(2)
イナダ(21)
エソ(1)
エバ(1)
エンゼルキッス(4)
オオモンハタ(1)
オフショアルアー(60)
カサゴ(8)
ガシラ(2)
カツオ(7)
カッポレ(1)
カマス(3)
カンパチ(4)
キジハタ(3)
キハダ(1)
キメジ(4)
キントキダイ(4)
クエ(1)
クサフグ(1)
グレ(1)
クロダイ(7)
クロマグロ(1)
コサバ(1)
サーフ(2)
サーベリングフックフォース(1)
サゴシ(7)
サバ(3)
ザファースト90F(1)
サブマリンヘッド(9)
サワラ(3)
シーバス(620)
シーバスジギング(2)
シイラ(17)
ジギング(84)
ショアトリッカー(3)
ショアブルーEX(3)
ショアルアーゲーム(8)
ショゴ(2)
スカッシュ(23)
スジアラ(1)
スライス(5)
スリムクローラー(4)
セイゴ(3)
ソゲ(1)
その他(398)
タイトスラローム(9)
タチウオ(50)
ダツ(1)
ダックダイブ(17)
チヌ(3)
ツバス(2)
ツムブリ(1)
デュプレックス(3)
ドンコ(1)
ニジマス(12)
ニューカレドニア(1)
バイラバイラ(6)
ハマチ(2)
ビークヘッドⅡ(5)
ヒラスズキ(26)
ヒラフッコ(1)
ヒラマサ(38)
ヒラメ(8)
フェイクベイツ(4)
フェイクベイツNL1(1)
ブラウントラウト(1)
プラッギング(2)
ブラックバス(4)
フラットフィッシュ(4)
フラペン(22)
フラペン S85(11)
フラペンシャロー S85(2)
フラペンブルーランナ-(1)
フラペンブルーランナー(21)
フラペンブルーランナーS85(4)
フラペンブルーランナーS85・S115(1)
ブリ(5)
ブルースコード(19)
ブルースコードⅡ110(2)
ブルースコードC45(12)
ブルースコードC60(2)
ボアー(5)
ボアーSS195(1)
ポップクイーン(48)
ポップクイーンF130(1)
ポップクィーンF160(2)
ポップクイーンF160(1)
ポップクイーンF50(3)
ポップクイーンF80(1)
ボラ(1)
マールアミーゴ(2)
マゴチ(7)
マハゼ(1)
ママワーム(18)
ママワーム スリムクローラー(2)
ママワームソフト(4)
ママワームソフトアクションフィッシュ(3)
ママワームソフトアジフラッター(7)
ママワームソフトクリオネ(4)
ママワームソフトシュリンプ(3)
ママワームソフトスリムクローラー(15)
マルスズキ(1)
ムーチョルチア(30)
ムラソイ(1)
メジロ(2)
メタフラ(4)
メタルフリッカー(20)
メッキ(6)
メバリング(2)
メバル(72)
モンツキイサキ(1)
ヤズ(7)
ヤマワーム(1)
ライトルアーゲーム(118)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(56)
ラピードF130(9)
ラピードF160(11)
ラピードF230(13)
リトルビット(5)
リライズ(13)
リライズS130(2)
ロウニンアジ(1)
ローデッド(15)
ローデッドF140(1)
ローデッドF180(1)
ロックショア(1)
ワカシ(15)
ワラサ(2)
愛媛県(2)
伊豆(1)
磯(4)
磯ヒラ(1)
沖縄県(1)
宮崎県(2)
宮城県(1)
熊本県(4)
群馬県(1)
広島県(8)
高知県(1)
佐賀県(10)
三浦半島(11)
三重県(5)
山形県(3)
山口県(15)
鹿児島県(2)
尺メバル(1)
神奈川県(187)
西湘ゴロタ(2)
青物(6)
静岡県(12)
千葉県(3)
大阪府(5)
長崎県(35)
鳥取県(1)
島根県(4)
東京都(3)
東京湾(7)
浮きスッテ(1)
福井県(3)
福岡県(29)
兵庫県(7)
房総半島(1)
和歌山県(2)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom
3件のページが該当しました。
2019/07/11 09:28 東京都 その他陸釣り釣果情報
タグ: 東京都  カッポレ  ダックダイブ  スジアラ 
釣行日

2019年7月4~5日  

釣場

東京都小笠原母島 沖磯

時間

4:30~16:00  

釣果

GT(15kg)
スジアラ(15kg)
バラフエダイ(10kg)
アオチビキ(10kg)
ギンガメアジ(8kg)
バラハタ(3kg×5本)
カッポレ(2kg×3本) 

使用タックル

ロッド:ZENAQ ミュートスアキュラ100HH
リール:シマノ ツインパワーSW14000
ライン:PE6号+PE15号+フロロ30号+フロロ60号 

使用アイテム

ボアーSS195

ダックダイブF230

記入者

マリアスタッフ
江畑 明宏 

ロックショア青物アングラーの聖地であり、ユネスコ世界自然遺産である小笠原諸島(母島)へ遠征してきました!

東京竹芝からフェリーで約1000km、父島での乗り継ぎ含め26時間の船旅と、日本一アクセスに時間とお金が掛かるフィールドです。

また移動含め6日間の行程ですが、1日フルで釣りできるのは2日間だけで、島に着いても天気次第で沖磯に渡れないリスクある遠征です。

今回は運良く天気にも恵まれ、2日間沖磯に渡ることができました!

【1日目】 漁船をチャーターし、初日は母島南側の離れの磯へ渡ります。

狙うは20㎏クラスの大型回遊魚ですが、普段の磯ヒラマサのスタイルで挑みます。

ルアーは今秋発売予定の新型ミノー「ボアーSS195」。

先発はトップといきたいところですが、潮がぶっ飛んでいるフィールドでは必然とミノーが選ばれます。

沖磯の激流下で手首への負担を抑える“巻き心地”、

重心移動システムと空気抵抗を抑えたリップ形状による、

向かい風を切り裂く“飛び”で幅広く探ります。

それでも闇雲に投げて巻くの繰り返しではなく、

潮のヨレや水中の地形を意識しリーリングし、

ここぞというタイミングでショートジャーク後のダートで喰わせるイメージで狙ってみました。

期待に胸を膨らませてキャスト開始!

夜明け後のタイミングだったので、1本目は磯際付近でHIT!

力強い走りでしたが落ち着いてファイトし、10kgのアオチビキをGET。

続いて激流の水道を横切る形でボアーをトレースすると、ルアーにカッポレがチェイスしていましたが、その後ろには更に巨大な赤い魚もチェイス!

足元の磯際でロッド先端で8の字を描くようにトレースすると、水面が「ゴボっ!」と割れます。

根に潜られたら即終わりだったので、ドラグ設定10kgにハンドドラグも加え、強引にリフト。

15kgの高級魚スジアラGET!

幸先良いスタートですが、日が昇るにつれ反応は渋くなります。

ボアーのフロントフックをトリプルからシングルフックに換え、激ダート仕様で誘うと3本目HIT!

ドラグは激しく唸り、往生際悪く瀬際を横に走り回りましたが、想定したリーダーシステムだったので落ち着いてファイトでき、15kgのGTを釣りあげました! その後は潮が緩んだので、トップで狙え!です。

スリムポッパー「ダックダイブF230」を、タックルの重さのみで振り下ろす“スローポッピング”でネチネチとシモリ上で誘い出します。

1発誤爆もありましたが、2発目の水面炸裂でHITした4本目の魚は、8kgのギンガメアジ!

その後、ボアーでカッポレが3本釣れ、ルアーは十分満足したので、デッドベイトを使った餌釣りにシフトし初日終了。

【2日目】 朝イチ、ボアーで3kg程のチギ(バラハタ)が連続HIT!

最後に一発キハダやイソンボを狙いましたがルアーの反応悪く、早々と餌釣りにシフト。

死んだメアジやムロアジを餌に、ナイロンライン20号を巻いたベイトタックルでブっこみます。

バラフエダイの10kgやチギやハタ等の根魚で遊びつつ、60号のフロロが耐え切れずにラインブレイクするなど餌釣りを楽しめました♪

目標の20kg級の魚は釣り上げれませんでしたが、小笠原らしい迫力のある釣りが味わえて満足することができました!


コメント
2014/10/28 18:47 東京都シーバス情報
タグ: 東京都 
釣行日

2014年10月25日(土)  

釣場

東京都・湾奥河川

時間

22時00分~24時00分  

釣果

シーバス 1本(64cm) 

使用タックル

ロッド - APIA Fooji'n AD エンゼルシューター93MLX
リール - イクジスト2508
ライン - GOSEN 剛戦X SW PE 1.2号
リーダー - ナイロン5号 

使用アイテム
記入者

マリアルアーフィッシングマイスター
永島規史 


たまには軽く遠征と湾奥へ。前回の大潮周りで入った仲間の好調さから期待がもたれます!
が…、雨後で調子が良かったらしい数日前と比べても、比較にならない渋さ?
ボイルもなく、先行者もなんとか1本という状態の中、1本キャッチ出来ました。
「ブルースコードⅡ」の飛距離が物をいった感じでした!
フィールドスタッフの石井氏も50cmクラスをキャッチしましたが、下げ止まりで終了しました。


コメント
2014/10/14 10:02 東京都シーバス情報
タグ: 東京都 
釣行日

2014年10月10日(金)  

釣場
東京都・湾奥河川
時間

18時00分~00時00分  

釣果

シーバス 12本(45、49、50、52×7、57×2) 

使用タックル

ロッド - メガバス インディペンデンス 90M
リール - セルテート3000
ライン - PE1.2号 リーダー - フロロ20ld 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
菊地將人 

今日は若い頃よく行ったポイントへ遊びにいってきました。
この日は大潮の下げ、最大潮位も高く期待度かなり高めです。
上げ止まりを狙い、ブルースコードⅡをド遠投するも反応なし。

どうやら今日はこのタイミングでの時合いは無さそう。

いや、こうゆう時は下げで爆るんだ!と勝手に思い込んで一休みしていると、下げ始めると同時にライズが出たした。
急いでブルースコードⅡを投げるとさっそくヒット!サイズは50ちょいくらいでも川の流れでよく引きます^_^
その後はあちこちでライズが出ており何でも釣れる状態突入!暫く楽しんでいると、だんだんと魚がセレクティブになってきた。
ブルースコードⅡではショートバイトが連発するが、フラペンではガッツリ食ってくる。
ということはレンジなのかと思い、旧ブルースコードを流し1本取るものの後が続かない。
これはもしかしたら動きの問題か?という事でルアーをフェイクベイツF110に変更。

上流部から魚にルアーを見せ、動き出しのリアクションバイトを狙うイメージで、

ライズが頻繁している位置の上流に投げ、トゥイッチとストップを繰り返し、ここぞというポイントでルアーに軽く入力。
「チョンチョン、ぷかー、チョン、ゴゴンッ!」思い通りきましたー^_^
このパターンとフラペン棒引きをローテーションがどハマりで連発。
潮位が下がり、流れも緩くなるとアタリは遠のきましたが、同様の釣り方でダメ押し2本を引きずり出し終了!

サイズこそ出ませんでしたが数釣りを満喫しました!秋の湾奥はアツいですよー^ ^


コメント