ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2020年12月 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

2020年11月(7)
2020年10月(13)
2020年09月(6)
2020年08月(16)
2020年07月(16)
2020年06月(9)
2020年03月(8)
2020年02月(12)
2020年01月(12)
2019年12月(17)
2019年11月(22)
2019年10月(16)
2019年09月(14)
2019年08月(16)
2019年07月(12)
2019年06月(6)
2019年05月(12)
2019年04月(5)
2019年03月(13)
2019年02月(8)
2019年01月(3)
2018年12月(4)
2018年11月(8)
2018年10月(13)
2018年09月(13)
2018年08月(7)
2018年07月(7)
2018年06月(7)
2018年05月(16)
2018年04月(5)
2018年03月(24)
2018年01月(3)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(4)
2017年09月(12)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(7)
2017年05月(11)
2017年04月(1)
2017年03月(5)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(6)
2016年06月(2)
2016年05月(1)
2016年04月(1)
2016年03月(1)
2016年02月(2)
2016年01月(2)
2015年12月(6)
2015年11月(2)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(10)
2015年07月(5)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年04月(7)
2015年03月(2)
2015年02月(2)
2015年01月(12)
2014年12月(5)
2014年11月(13)
2014年10月(23)
2014年09月(18)
2014年08月(13)
2014年07月(28)
2014年06月(28)
2014年05月(27)
2014年04月(23)
2014年03月(20)
2014年02月(9)
2014年01月(20)
2013年12月(28)
2013年11月(16)
2013年10月(18)
2013年09月(25)
2013年08月(27)
2013年07月(11)
2013年06月(17)
2013年05月(17)
2013年04月(13)
2013年03月(5)
2013年02月(8)
2013年01月(11)
2012年12月(16)
2012年11月(6)
2012年10月(14)
2012年09月(12)
2012年08月(18)
2012年07月(24)
2012年06月(17)
2012年05月(32)
2012年04月(12)
2012年03月(16)
2012年02月(17)
2012年01月(28)
2011年12月(36)
2011年11月(57)
2011年10月(57)
2011年09月(47)
2011年08月(60)
2011年07月(38)
2011年06月(29)
2011年05月(26)
2011年04月(14)
2011年03月(3)
2011年02月(12)
2011年01月(13)
2010年12月(13)
2010年11月(21)
2010年10月(26)
2010年09月(34)
2010年08月(20)
2010年07月(14)
2010年06月(4)
2010年05月(14)
2010年04月(4)
2010年01月(1)

タグ

LPタコ・オーロラ(1)
POCKETS(8)
アカハタ(4)
アジ(14)
アジフラッター(1)
アジング(1)
イサキ(2)
イナダ(21)
エソ(1)
エバ(1)
エンゼルキッス(4)
オオモンハタ(1)
オフショアルアー(60)
カサゴ(8)
ガシラ(2)
カツオ(7)
カッポレ(1)
カマス(3)
カンパチ(4)
キジハタ(3)
キハダ(1)
キメジ(4)
キントキダイ(4)
クエ(1)
クサフグ(1)
グレ(1)
クロダイ(7)
クロマグロ(1)
コサバ(1)
サーフ(2)
サゴシ(7)
サバ(3)
ザファースト90F(1)
サブマリンヘッド(9)
サワラ(3)
シーバス(620)
シーバスジギング(2)
シイラ(17)
ジギング(84)
ショアトリッカー(3)
ショアブルーEX(3)
ショアルアーゲーム(8)
ショゴ(2)
スカッシュ(23)
スジアラ(1)
スライス(5)
スリムクローラー(4)
セイゴ(3)
ソゲ(1)
その他(398)
タイトスラローム(9)
タチウオ(50)
ダツ(1)
ダックダイブ(17)
チヌ(3)
ツバス(2)
ツムブリ(1)
デュプレックス(3)
ドンコ(1)
ニジマス(12)
ニューカレドニア(1)
バイラバイラ(6)
ハマチ(2)
ビークヘッドⅡ(5)
ヒラスズキ(26)
ヒラフッコ(1)
ヒラマサ(38)
ヒラメ(8)
フェイクベイツ(4)
フェイクベイツNL1(1)
ブラウントラウト(1)
プラッギング(2)
ブラックバス(4)
フラットフィッシュ(4)
フラペン(22)
フラペン S85(11)
フラペンシャロー S85(2)
フラペンブルーランナー(22)
フラペンブルーランナーS85(5)
ブリ(5)
ブルースコード(19)
ブルースコードⅡ110(2)
ブルースコードC45(12)
ブルースコードC60(2)
ボアー(5)
ボアーSS195(1)
ポップクイーン(48)
ポップクイーンF130(1)
ポップクィーンF160(2)
ポップクイーンF160(1)
ポップクイーンF50(3)
ポップクイーンF80(1)
ボラ(1)
マールアミーゴ(2)
マゴチ(7)
マハゼ(1)
ママワーム(18)
ママワーム スリムクローラー(2)
ママワームソフト(4)
ママワームソフトアクションフィッシュ(3)
ママワームソフトアジフラッター(7)
ママワームソフトクリオネ(4)
ママワームソフトシュリンプ(3)
ママワームソフトスリムクローラー(15)
マルスズキ(1)
ムーチョルチア(30)
ムラソイ(1)
メジロ(2)
メタフラ(4)
メタルフリッカー(20)
メッキ(6)
メバリング(2)
メバル(72)
モンツキイサキ(1)
ヤズ(7)
ライトルアーゲーム(118)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(56)
ラピードF130(9)
ラピードF160(11)
ラピードF230(13)
リトルビット(5)
リライズ(13)
リライズS130(2)
ロウニンアジ(1)
ローデッド(15)
ローデッドF140(1)
ローデッドF180(1)
ロックショア(1)
ワカシ(15)
ワラサ(2)
愛媛県(2)
伊豆(1)
磯(4)
磯ヒラ(1)
沖縄県(1)
宮崎県(2)
宮城県(1)
熊本県(4)
群馬県(1)
広島県(8)
高知県(1)
佐賀県(10)
三浦半島(11)
三重県(5)
山形県(3)
山口県(15)
鹿児島県(2)
神奈川県(187)
西湘ゴロタ(2)
青物(6)
静岡県(12)
千葉県(3)
大阪府(5)
長崎県(35)
鳥取県(1)
島根県(4)
東京都(3)
東京湾(7)
福井県(3)
福岡県(29)
兵庫県(7)
房総半島(1)
和歌山県(3)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom
26件のページが該当しました。
2020/07/29 13:02 神奈川県シーバス情報
タグ: 神奈川県  ヒラスズキ  ポップクイーン 
釣行日

2020年7月23日(木)  

釣場
三浦半島南部
時間

4:30~5:30  

釣果

ヒラスズキ ×1 

使用タックル

ロッド:MC Works Black&Chrome 110STX
リール:SHIMANO TWIN POWER SW 5000HG
ライン:PE1.5号+フロロ30LB 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
菊地 将人 

久々の帰省が出来たので、最近釣果情報を耳にする青物狙いで三浦に行ってきました。

明るくなり始めた頃に入磯して海を見渡すと左から右に強い流れと、前方にはベイトの気配。

雰囲気はいいです。

ベイトのもじりが見えたのでその方向へシンキングペンシルを投げると早速バイトがありましたがフッキングしません。

手を変え品を変えやっているとその後もルアーを追尾する魚が居たり反応は貰えるのですがいまいち決め手に欠ける様子。

なんとなく海を見渡すと、時折いい位置にサラシが出来ているの事に気づいたので試しにヒラスズキを狙ってみる事に。

いいセットが入るのを待って、

2メーター四方ほどのサラシが広がったタイミングでポップクイーン80をその先へ投入。

ショートポップでサラシを通過させます。

すると、サラシのヨレが出来ているところをルアーが通過したタイミングでルアーに覆いかぶさるようなバイト。

重さを感じてからフッキングを入れ、激浅な根際から引き剥がします。

足元まで寄ってきた魚を確認するとリアフック1本の際どい掛かり方だったため足下で魚を泳がせフロントにも追加でフッキングし寄せ波を利用してランディング。

久々の再開になった三浦のヒラは60センチにやや届かずでしたが、小型主体のホームでは十分なサイズ。この時期の三浦らしい体高のある綺麗な魚でした。

狙いの青物こそ残念ながら出ませんでしたが、波間に翻る銀鱗に癒される釣行となりました。


コメント
2020/01/09 16:19 愛媛県ライトルアーゲーム情報
タグ: ライトルアーゲーム  ヒラスズキ  ママワームソフトスリムクローラー  愛媛県 
釣行日

2020年1月2日(木)  

釣場
愛媛県西南部
時間

23:00~2:00  

釣果

アジ
メバル
ヒラスズキ 

使用タックル

ロッド:Real Crescent 71 , PAGANISM 106Z-R/S
リール:STELLA 1000PGS , SALTIGA 3500H
ライン:フロロ3lb , PE1.5号+フロロ30lb 

使用アイテム

サブマリンヘッド

ママワームスリムクローラーほか

記入者

マリアスタッフ
豊田 駿 

 年始早々にアジを狙って、夜の海に足を運びました。

ベイトの溜まっているホットスポットを中々探すことができず、

所々でゼンゴサイズのアジとメバルの拾い釣りをしながら、

テンポよく場所を変えながら釣りを進めていきました。

時間的にも寒さ的にも辛くなってきたので、次が最後のエリア。

到着すると一面キビナゴ。

堤防の明暗にはヒラスズキが口を開いてキビナゴを捕食しています。

そして、そのヒラスズキに警戒しているのか他の魚はなにもおらず。

ヒラスズキも狙うも偏食しているので、アジング用のワームを通しても口を使いません。

さて困った。

でも目の前に泳いでいるからどうにかして喰わせたい。

最終手段でクーラーボックスにキープしていた20cm程のアジの背中にルアー用のトリプルフックを掛けて、

明暗部を横引きとリフト&フォールを繰り返しながら誘ってみました。

そして、その2投目、リフトしてヒラヒラと落ちるアジが視界から消えかけたあたりで、

ロッドに生命感が。

すぐさまラインを送って少し間を置いてフッキング。

深夜の寒さも忘れるファイトで上がってきたのは、5キロに迫るナイスコンディションのヒラスズキでした。

デッドベイトでのヒラスズキは初めてでした。

何事もやってみないと分からないものです。

また、グレ釣りの名手 山本八郎さんの「ひらめけばすぐ実行」という言葉を改めて身をもって感じた釣行となりました。

これからも海や魚の気持ちが分かるように勉強していきたいと思います。


コメント
2019/07/03 10:16 神奈川県シーバス情報
タグ: ヒラスズキ  神奈川県  タイトスラローム 
釣行日

2019年7月2日(月)  

釣場
三浦半島南部
時間

5:00~5:30  

釣果

ヒラスズキ 50cm 

使用タックル

ロッド:MC Works Black&Chrome 110stx
リール:DAIWA セルテート3012
ライン:PE1.5号+フロロリーダー25lb 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
菊地 將人 

朝方はウネリが残りそうだな、、、朝練行ってみるか。

と目覚ましを2時半に掛けて就寝。

そして目覚めたらもう4時。

完全に寝過ごしました...でも天気は曇り空、おまけに靄が掛かっていて時合いも長そうだったので 短時間勝負に行ってきました。

サラシを期待して現場に着いてみると、あれ...? 思った以上に波が落ち、殆ど凪ぎ状態。

それでも時折ストロークの長い波が数分ごとに押し寄せて、磯の際に小さなサラシが出来ています。

こんな時は無駄撃ち厳禁。

まずはポップクイーン80をセット。

今日のようにサラシが薄いときは水面下から極力ルアーを見せないようにするためトップウォータープラグを使うと有効です。

その1投目、ルアーがサラシを横切るとバシャッとバイト。

しかしフッキングしません。

違うシモリを通すとそちらでも反応。

しかしこちらもフッキングせず。

何かが合ってない感じがします。

ここで少しレンジを入れる為、ルアーをフラペンBR S85にチェンジ。

同じコースを通すと ルアーの後ろで反転したり、ルアーを吹き飛ばされたりとこれも今ひとつ。

魚の反応を見ても明らかにスレ始めた為、立ち位置をチェンジしてトレースコースを変えます。

先程反応のあった足元のシモリへタイトスラロームを入れ、

払い出すサラシの中でリトリーブを止めてルアーを泳がせるとヒット。

足元ヒットだったので一拍おいて魚を反転させてからフッキング。

いつも通りのサイズですが、綺麗な銀色の魚体はいつ見てもカッコイイ!

それからは場荒れ感もあったので終了としました。

サラシが足りない日でも細かくレンジを刻む事で一つのポイントから何回もチャンスが貰えるんだなと感じさせられた釣行でした。


コメント
2019/06/18 16:41 神奈川県シーバス情報
タグ: ヒラスズキ  神奈川県  フラペン S85 
釣行日

2019年6月17日(月)  

釣場
神奈川県
時間

4:00~5:30  

釣果

ヒラスズキ 50cm、48cm 

使用タックル

ロッド:MC Works Black&Chrome 110stx
リール:DAIWA セルテート3012
ライン:PE1.5号+フロロリーダー25lb 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
菊地 將人 

日曜日の大荒れの余韻が残る三浦磯へヒラスズキを求めて朝練してきました。

夜が明けるころに釣り場へエントリーすると波もほどほどに落ちてサラシの具合は良好です。

一先ず手前のシモリからスカッシュでチェックすると際でゴツンとバイト。

アベレージサイズの50センチをキャッチ。 その後はサラシの広がり具合が良いので、

沖の払い出しを狙うもルアーのサイズが大きいのかアタリが小さく掛かりません。

そこでルアーをフラペンブルーランナーS85にチェンジすると一撃でフックアップ!

先程度応用のサイズを追加して朝練終了となりました。


コメント
2019/05/07 13:22 長崎県シーバス情報
タグ: ヒラスズキ  長崎県  エンゼルキッス  ポップクイーンF130 
釣行日

2019年4月27日(土)~30日(火)  

釣場
五島列島
時間

6:00~18:00  

釣果

ヒラスズキ 3.8kg、6.3kg 

使用タックル

ロッド:ヤマガブランクス バリスティックHIRA11
リール:ダイワ ソルティガ3500H
ライン:PE 2号
リーダー :ナイロン30LB 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
豊田 駿 

今回は、五島列島の島に4日間ヒラマサを狙って足を運びました。

結果としては4日間を通して、ヒラマサの釣況は厳しくワンバイトのみでした。

ショアからのヒラマサはいつも難しさを感じます。

しかし、ヒラスズキは産卵からの回復個体が多いようで、

いかにもなポイントではグッドコンディションのヒラスズキに出会うことができました。

大きい方は、ポップクイーンに全身を出してバイトする迫力満点のバイトシーンでした。

多くのシモリがあり、ランディングに時間が掛かりましたが、最後はうまく波にのせてランディングすることに成功。

ウエイトのあるポップクイーンF130は、流れやサラシの中でも安定し、

ミスバイトが少なくヒラスズキのトップの釣りにもよく使用します。

標準のフックも太軸になっているので、大型ヒラスズキに対しても安心です。

トップのヒラスズキではドラグを緩めに設定し、

バイト後、反転するまで待って合わせをいれることがバラシを防ぐ1番のコツになるかと思います。

これからは、トップのヒラスズキがどのような状況で特に有効であるのかも検証していきたいと思います。


コメント
2019/02/26 09:13 神奈川県シーバス情報
タグ: シーバス  神奈川県  ポップクイーン  ヒラスズキ 
釣行日

2019年2月25日(月)  

釣場
神奈川県三浦 地磯
時間

5:50 ~6:30  

釣果

ヒラスズキ55cm×1 

使用タックル

ロッド:ヒラスズキロッド11ft
リール:ダイワ 3000番
ライン:PE 1.5号
リーダー:フロロ 25lb 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
菊地 將人 

風向きと波高が良さそうだったのでマヅメ30分限定で出勤前に様子を見てきました。

数分に1度入る大きなセットの向こうにルアーを投入し、サラシを流すも反応がないので、

ポップクイーン80で根の際をポッピングとショートステイ。

サラシの濃いところで一瞬アクションを止めると下からルアーを押さえ込むように出ました。

予想より強いトルクで走り根の向こうに行ってしまった為、

切れ目のほうへ誘導して一気にゴリ巻きして確保。

トルクの理由は太さでした。

測ればサイズは55センチでしたがとにかく太い!

ぱっと見60くらい余裕であるかと思いました。

この春発売のポップクイーンF80追加色、

サラシの中や遠投してもしっかり目立つカラーリングと一口サイズのシルエットは

ヒラスズキに抜群の使いやすさです。


コメント
2018/11/09 13:23 神奈川県シーバス情報
タグ: ヒラスズキ  神奈川県  フラペン S85  スカッシュ 
釣行日

2018年11月9日(金)  

釣場
三浦半島南部地磯
時間

5:15~6:30  

釣果

ヒラスズキ(45㎝) 1本 

使用タックル

ロッド:ロッド:ダイワ ラブラックス AGS 106M
リール:ダイワ キャタリナ 3500
ライン:シマノ ピットブル8 1.5号
クレハ シーガーエース 6号 

使用アイテム

フェイクベイツF90

スカッシュS125

フラペンシャローS85

記入者

マリアスタッフ
田中 優志 

シーバスを狙いに朝練に行ってきました。

凪の予報であった為日の出前の暗いタイミングからエントリーです。

ポイントに到着してみると、高い潮位と凪が重なりサラシはほぼ無し...

普段のサラシを打つ釣りではなく、暗い内に以前魚を掛けたことのある根周りをテンポ良く打って行く事に。

スカッシュS125からスタートしてフラペンシャローS85といつも通りレンジは浅めでアクションと

シルエットを変えながら探っていくもアタリなし...

しかし、魚がいそうな雰囲気があるなと思いもう少し同じポイントで粘ろうと考え、

フェイクベイツF90に変えて他のルアーを通した同様のコースを通してみると

バシュっと水面を割るバイト!

落ち着いてやり取りし、無事にキャッチ出来ました。

さらにもう1匹を狙い釣りを続けましたが、それ以降はバイトも無く終了となりました。

帰り際に岸近くで逃げて飛び跳ねているイワシの群れも発見でき、

青物の気配も感じたのでまた行って狙ってみたいと思います。


コメント
2018/06/21 13:41 神奈川県シーバス情報
タグ: ヒラスズキ  神奈川県  フラペンブルーランナー 
釣行日

2018年6月21日(木)  

釣場
三浦半島 地磯
時間

4:30~5:00  

釣果

ヒラスズキ×2本(50cm) 

使用タックル

ロッド:リップルフィッシャー clover103
リール:シマノ ツインパワーSW4000
ライン:サンライン キャストアウェイ1.5号
リーダー:サンライン システムショックリーダー30lb
 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
江畑 明宏 

良い感じで前日に時化てくれたので、平日ですが出勤前の朝練に行ってきました。

会社を遅刻する訳にもいかないので、携帯のアラームをセットし30分縛りでスタート!

雨の影響で磯際は濁っていましたが、沖のほうは水色も悪くなかったので遠投勝負です。

沖のシモリ狙いで、28gにウェイトアップした8月発売「フラペンブルーランナーS85」をフルキャスト。

着水後は水面直下をゆ~っくりタダ巻きするだけで、 ミノーのようなウェーブンロールアクションでアピールします。

すると教科書通りにシモリ上でHIT♪ 同じように1本追加し、フッコサイズですが本命2キャッチでした!


コメント
2018/06/19 09:10 神奈川県シーバス情報
タグ: ヒラスズキ  神奈川県  フラペン 
釣行日

2018年6月17日(日)  

釣場
神奈川県三浦 地磯
時間

3:30 ~6:00  

釣果

ヒラスズキ 50cm 

使用タックル

ロッド:リップルフィッシャー Avarice 116MH
リール:シマノ ステラ 4000XG
ライン:PE 1.5号
リーダー:フロロ 30lb

 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
中里 翔 

昨日と同様、まだウネリが残っていそうだったので、今度は地磯に出撃。

予想通り、ウネリが残り一面サラシ状態。

暗い内はルアーの位置も分かりづらいので、波やうねりの周期を観察しながら待機。

明るくなり始めたタイミングで釣りを開始し、まずはシャロー絡みの払い出しを中心にチェックしていくが反応がない。

粘ってもあまり良いことはないので、ランガンに切り替え小移動。

すると、沖に良い感じにサラシが出ているシモリを発見!

ミノーではどうしてもそこまで届かないので、8月発売予定のフラペンブルーランナーS85を投入!

100メートル近く沖合のシモリにもしっかり届き、波に合わせてスローリトリーブ。

すると、シモリの際で銀色の魚体が水面を割ってヒット!!!

かなり沖合でのヒットのため、何度かエラ洗いされましたがテンションを一定に保ち、ランディング成功。

サイズは小ぶりですが、狙って獲った価値ある1尾となりました。


コメント
2018/06/14 16:02 神奈川県シーバス情報
タグ: ヒラスズキ  神奈川県  ポップクイーン 
釣行日

2018年6月13日(水)  

釣場
三浦半島 地磯
時間

4:30~6:00  

釣果

ヒラスズキ×4本(50cm) 

使用タックル

ロッド:リップルフィッシャー clover103
リール:シマノ ツインパワーSW4000
ライン:サンライン キャストアウェイ1.5号
リーダー:サンライン システムショックリーダー30lb
 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
江畑 明宏 

台風一過のウネリと代休が重なったので、平日の磯ヒラ釣行へ行ってきました!

ポイント貸切?と期待していましたが、先行者もいらっしゃるようで週末と変わらぬ状況で...。

台風による底荒れで水は若干濁っていましたが、沖では鳥も固まっておりベイトも接岸している様子。

ウネリの規模・周期を把握しつつ、安全第一で釣りスタート!

風は弱かったので、こういう時はミノーではなくトップウォーターの出番です。

ウネリの裏へポップクイーン80を投げ込み、ポーズは取らずに細かい連続ポッピングで誘います。

シモリの上をトレースすると、銀色の魚がルアーを覆い被さるようにバイト!が乗らず。

そこからは怒涛の連続バイト!

トップだと水面で泡と音でルアーのシルエットを誤魔化しながらアピールできので魚がスレません。

バイト後はロッドでフッキングせずにリーリングでフッキング。

サイズは小振りでしたが、トップで4本キャッチだったので楽しかったです!


コメント