ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2020年11月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

アーカイブ

2020年11月(6)
2020年10月(13)
2020年09月(6)
2020年08月(16)
2020年07月(16)
2020年06月(9)
2020年03月(8)
2020年02月(12)
2020年01月(12)
2019年12月(17)
2019年11月(22)
2019年10月(16)
2019年09月(14)
2019年08月(16)
2019年07月(12)
2019年06月(6)
2019年05月(12)
2019年04月(5)
2019年03月(13)
2019年02月(8)
2019年01月(3)
2018年12月(4)
2018年11月(8)
2018年10月(13)
2018年09月(13)
2018年08月(7)
2018年07月(7)
2018年06月(7)
2018年05月(16)
2018年04月(5)
2018年03月(24)
2018年01月(3)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(4)
2017年09月(12)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(7)
2017年05月(11)
2017年04月(1)
2017年03月(5)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(6)
2016年06月(2)
2016年05月(1)
2016年04月(1)
2016年03月(1)
2016年02月(2)
2016年01月(2)
2015年12月(6)
2015年11月(2)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(10)
2015年07月(5)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年04月(7)
2015年03月(2)
2015年02月(2)
2015年01月(12)
2014年12月(5)
2014年11月(13)
2014年10月(23)
2014年09月(18)
2014年08月(13)
2014年07月(28)
2014年06月(28)
2014年05月(27)
2014年04月(23)
2014年03月(20)
2014年02月(9)
2014年01月(20)
2013年12月(28)
2013年11月(16)
2013年10月(18)
2013年09月(25)
2013年08月(27)
2013年07月(11)
2013年06月(17)
2013年05月(17)
2013年04月(13)
2013年03月(5)
2013年02月(8)
2013年01月(11)
2012年12月(16)
2012年11月(6)
2012年10月(14)
2012年09月(12)
2012年08月(18)
2012年07月(24)
2012年06月(17)
2012年05月(32)
2012年04月(12)
2012年03月(16)
2012年02月(17)
2012年01月(28)
2011年12月(36)
2011年11月(57)
2011年10月(57)
2011年09月(47)
2011年08月(60)
2011年07月(38)
2011年06月(29)
2011年05月(26)
2011年04月(14)
2011年03月(3)
2011年02月(12)
2011年01月(13)
2010年12月(13)
2010年11月(21)
2010年10月(26)
2010年09月(34)
2010年08月(20)
2010年07月(14)
2010年06月(4)
2010年05月(14)
2010年04月(4)
2010年01月(1)

タグ

LPタコ・オーロラ(1)
Maria(2)
POCKETS(8)
アカハタ(4)
アジ(13)
アジング(1)
イサキ(2)
イナダ(21)
エソ(1)
エバ(1)
エンゼルキッス(4)
オオモンハタ(1)
オフショアルアー(60)
カサゴ(8)
ガシラ(2)
カツオ(7)
カッポレ(1)
カマス(3)
カンパチ(4)
キジハタ(3)
キハダ(1)
キメジ(4)
キントキダイ(4)
クエ(1)
クサフグ(1)
グレ(1)
クロダイ(7)
クロマグロ(1)
コサバ(1)
サーフ(2)
サーベリングフックフォース(1)
サゴシ(7)
サバ(3)
ザファースト90F(1)
サブマリンヘッド(9)
サワラ(3)
シーバス(620)
シーバスジギング(2)
シイラ(17)
ジギング(84)
ショアトリッカー(3)
ショアブルーEX(3)
ショアルアーゲーム(8)
ショゴ(2)
スカッシュ(23)
スジアラ(1)
スライス(5)
スリムクローラー(3)
セイゴ(3)
ソゲ(1)
その他(398)
タイトスラローム(9)
タチウオ(50)
ダツ(1)
ダックダイブ(17)
チヌ(3)
ツバス(2)
ツムブリ(1)
デュプレックス(3)
ドンコ(1)
ニジマス(12)
ニューカレドニア(1)
バイラバイラ(6)
ハマチ(2)
ビークヘッドⅡ(5)
ヒラスズキ(26)
ヒラフッコ(1)
ヒラマサ(38)
ヒラメ(8)
フェイクベイツ(4)
フェイクベイツNL1(1)
ブラウントラウト(1)
プラッギング(2)
ブラックバス(4)
フラットフィッシュ(4)
フラペン(22)
フラペン S85(11)
フラペンシャロー S85(2)
フラペンブルーランナ-(1)
フラペンブルーランナー(21)
フラペンブルーランナーS85(4)
フラペンブルーランナーS85・S115(1)
ブリ(5)
ブルースコード(19)
ブルースコードⅡ110(2)
ブルースコードC45(12)
ブルースコードC60(2)
ボアー(5)
ボアーSS195(1)
ポップクイーン(48)
ポップクイーンF130(1)
ポップクィーンF160(2)
ポップクイーンF160(1)
ポップクイーンF50(3)
ポップクイーンF80(1)
ボラ(1)
マールアミーゴ(2)
マゴチ(7)
マハゼ(1)
ママワーム(18)
ママワーム スリムクローラー(2)
ママワームソフト(4)
ママワームソフトアクションフィッシュ(3)
ママワームソフトアジフラッター(7)
ママワームソフトクリオネ(4)
ママワームソフトシュリンプ(3)
ママワームソフトスリムクローラー(15)
マルスズキ(1)
ムーチョルチア(30)
ムラソイ(1)
メジロ(2)
メタフラ(4)
メタルフリッカー(20)
メッキ(6)
メバリング(2)
メバル(72)
モンツキイサキ(1)
ヤズ(7)
ヤマワーム(1)
ライトルアーゲーム(118)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(56)
ラピードF130(9)
ラピードF160(11)
ラピードF230(13)
リトルビット(5)
リライズ(13)
リライズS130(2)
ロウニンアジ(1)
ローデッド(15)
ローデッドF140(1)
ローデッドF180(1)
ロックショア(1)
ワカシ(15)
ワラサ(2)
愛媛県(2)
伊豆(1)
磯(4)
磯ヒラ(1)
沖縄県(1)
宮崎県(2)
宮城県(1)
熊本県(4)
群馬県(1)
広島県(8)
高知県(1)
佐賀県(10)
三浦半島(11)
三重県(5)
山形県(3)
山口県(15)
鹿児島県(2)
尺メバル(1)
神奈川県(186)
西湘ゴロタ(2)
青物(6)
静岡県(12)
千葉県(3)
大阪府(5)
長崎県(35)
鳥取県(1)
島根県(4)
東京都(3)
東京湾(7)
浮きスッテ(1)
福井県(3)
福岡県(29)
兵庫県(7)
房総半島(1)
和歌山県(2)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom
13件のページが該当しました。
2020/11/18 13:24 福岡県 オフショア青物釣果情報
タグ: 福岡県  ラピードF230  ヒラマサ 
釣行日

2020年11月13日(金)  

釣場

玄界灘(遊漁船優)

時間

8:00~15:00  

釣果

ヒラマサ1本(11kg) 

使用タックル

ロッド:MCworks’ SLOWHAND 806PD
リール:DAIWA 20SALTIGA 14000XH
ライン:PE8号300m+ナイロンリーダー180lb 

使用アイテム

ラピードF230 ピンクイワシ

記入者

マリアスタッフ
宮崎 哲 

今回は博多船溜まりより出船しております遊漁船優さんにお世話になり、

玄界灘オフショアキャスティングに行ってきました!

ポイントに到着するやいなや、船の目の前でサンマが跳ね出しチャンス到来!

マッチザベイトのラピードF230を投げますが口を使ってくれません。

朝一のポイントは見切りをつけて30分程走り、2ヶ所目のポイントへ。

ここではベイトがシイラになっており、目視で50cm程もあるシイラが

必死にフィッシュイーターから逃げているのが確認できました。

状況は非常に良いと船長から仰っており、程なくすると船から少し離れた所で、

推定20~30kgぐらいありそうな、ヒラマサのド派手ボイルが始まりました。

あんな光景は見たことがなかったので、あっけに取られました(笑)。

ボイルに届かせようと必死に投げましたが届かず...

そのまま誘い出ししていると急に水しぶきが上がりルアーをひったくられました!

根に持っていかれないよう必死に抵抗します。

ヒラマサも釣られまいと、必死に抵抗してラインを出されますが、観念して浮いてきました!

上がってきたのはベイトをたっぷりと食べてて、コンデションの良い11kgのヒラマサでした!

今年3本目の10kgオーバーを取ることができました。

その後はチェイスはあるもののキャッチまで至らず終了。

同行者も15、12kgのヒラマサをキャッチする事ができ満足度の高い釣行になりました。

今年はいけるだけヒラマサキャスティングに行きたいと思います。

ラピードの関連動画はコチラ⇒https://www.youtube.com/watch?v=QyMa4YPTh-M&feature=emb_logo


コメント
2020/11/10 09:43 佐賀県 ショア青物釣果情報
タグ: 佐賀県  ヤズ  ラピードF230  ラピード 
釣行日

2020年11月7日(土)  

釣場

佐賀県馬渡島(金盛丸)

時間

6:00~14:00  

釣果

ヤズ(3kg) 

使用タックル

ロッド:YAMAGA Blanks BLUE SNIPER 106H Plug Special
リール:DAIWA SALTIGA Z 6000GT
ライン:よつあみ ULTRACASTMAN FULLDRAG 6号
リーダー :ナイロン 140lb 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
田中優志 

営業所メンバーと二人で金盛丸さんにお世話になり、馬渡島へ釣行してしました。

馬渡島に向かう道中、ダツやカマスなどのベイトが確認でき期待感が膨らみます。

瀬に到着後、ゆったりと準備し空が白んできたタイミングから釣りをスタート!

まずはかなり薄暗い時間帯のため、

ボアーSS170を使用して暗い中微かに沖に見える潮目を狙っていきます。

釣り場のロケーションも

良く釣れそうな雰囲気が漂いますが全く持って魚からの反応が得られないまま夜明け...

気を取り直してラピードF190に付け替え誘い出します。

反応が出ることを信じて誘っていると、ボイルがぽつぽつと出始め雰囲気UP!

しかしどうやらとても小さいベイトを追っているようで、

ルアーへの反応は薄くチャンスに魚をヒットさせることはできませんでした。

その後も単発のボイルはたまに起きるものの追っているのはマイクロベイト...

きびしいねと話しつつ、

何とかヒットへ持ち込もうと色々ルアーや違うアクションを試しますがやはり反応は得られませんでした。

万策尽きとりあえずキープキャストを心掛け誘います。

しばらく誘っていると突然バイト!

突然のバイトに驚きつつもここは落ち着いて一呼吸置きフッキングします。

貴重な一匹の為、丁寧にランディングし上がってきたのは3kg程のヤズでした。

ボウズ覚悟していた中でのキャッチとなりとてもうれしかったです。

今回の釣行はこの1本を最後に私には反応がなくそのまま納竿となりました。

今度はヒラマサキャッチを目指してまた行ってきたいと思います。


コメント
2018/03/28 17:24 福岡県オフショアルア−情報
タグ: オフショアルアー  ラピードF230  ヒラマサ 
釣行日

2018年3月24日(土)  

釣場

福岡県 沖ノ島(オクトパス

時間

6:00~16:30  

釣果

ヒラマサ、ヤズ 

使用タックル

ロッド:ソルティガエクスペディション80TUNA       リール:ソルティガエクスペディション8000H  
ライン:PE8号+ナイロン150lb 
ジギング
ロッド:ソルティガ61LS
リール:ソルティガ4000
ライン:PE2.5号+フロロ40lb 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
佐伯大輔 

        

今年初の玄界灘に行ってきました!

釣行の前日は、20キロオーバーが複数上がっており春マサ?の気配がムンムン...

しかしながら毎度のごとく前日あるあるで、お昼過ぎまでキャストでもジグでも反応は全くなし。

周りの僚船も撃沈で、船長も思わず「今まで来た中で一番渋いかもよ」、と弱音を吐く中、徐々に潮が動き始め

後輩に待望のヒット!

これを皮切りに、次々とロッドが曲がり今までが嘘のように連発‼

終盤にはキャスティングでも魚をキャッチすることが出来、

最後のひと流しではオフショア初挑戦の関口さんに待望のアタリが‼

長いファイトの末、上がってきたのはこの日最大の8.7キロで船上はこの日一番の盛り上がりを見せました! 

始めはどうなるかと思いましたが、劇的なエンディングで幕を閉じた釣行となりました。

これから水温も徐々に上がりいよいよ春マサ本番です。

また来週行ってきます!


コメント
2018/03/06 18:52 山口県オフショアルア−情報
タグ: オフショアルアー  ラピードF230  ヒラマサ 
釣行日

2018年2月24日(土)  

釣場

山口県 八里ヶ瀬 (寛漁丸

時間

7:00~18:30  

釣果

ヒラマサ 

使用タックル

ロッド:ソルティガエクスペディション80TUNA     リール:ソルティガエクスペディション8000H  
ライン:PE8号+ナイロン150lb 
ジギング
ロッド:ソルティガ61LS
リール:ソルティガ4000
ライン:PE2.5号+フロロ40lb 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
佐伯大輔 

連日でヒラマサキャスティングに行ってきました。

この日は、久しぶりの見島沖(八里ヶ瀬)。

朝一はルアーを見失うほどの波・風でしたが、開始早々8キロクラスをキャッチ!

しかし、潮が動いたのは朝一のみで、昨日同様に厳しい展開が待っていました・・

正午からはジギングをするも反応はなく、夕方から動き出すであろう潮待ちの展開。

15時を過ぎると潮が徐々に動き始めジギングでもポツポツと魚が反応してくれました。

そして夕マズメは再びキャスティング。

高活性の魚が一発だけ激しいバイトを見せてくれましたが、チャンスをものにできず納竿となりました。

次回は3月後半に行く予定です。


コメント
2018/03/06 18:44 山口県オフショアルア−情報
タグ: オフショアルアー  ラピードF230  ヒラマサ 
釣行日

2018年2月23日(金)  

釣場

山口県 汐巻 (寛漁丸

時間

7:00~18:00  

釣果

ヒラマサ、ヤズ 

使用タックル

ロッド:MCワークス エクスプロージョン836CTR 
リール:ステラ 18000HG  
ライン:PE8号+ナイロン170lb 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
川上桂司 

まだサンマパターンが続いているとのことで、期待して行ってきました。

が、潮も動かず、中でも朝一と夕マズメに若干潮が動くタイミングにかけました。

チェイスも少なく、サンマボイルも見当たらず一日中投げ倒し、

夕方前のチャンスタイムでラピード230に出た、ヤズと小ぶりなヒラマサで終了。

そのまま居残りし翌日に期待しました。


コメント
2018/03/06 18:36 山口県オフショアルア−情報
タグ: オフショアルアー  ラピードF230  ヒラマサ 
釣行日

2018年2月10日(土)  

釣場

山口県 汐巻 (健洋丸

時間

6:00~18:00  

釣果

ヒラマサ、ヤズ 

使用タックル

ロッド:ソルティガエクスペディション80TUNA 
リール:ソルティガエクスペディション8000H
ライン:PE8号+ナイロン150lb 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
佐伯大輔 

時化が続いていますが、タイミングよく出船することが出来ました。

連続した寒波の影響で水温は13℃まで下がっていました。

さすがの船長も厳しい釣りになることを覚悟していましたが、日が昇るに連れて魚の活性は急上昇。

流す度、誰かしらにバイトがある状況で、ダブルヒットも何度かありました。

途中、ジギングも少ししましたがこちらは当たりすらなし。

結局最後までキャスティングを続け船中全員安打達成で納竿となりました。


コメント
2018/03/06 18:27 山口県オフショアルア−情報
タグ: オフショアルアー  ラピードF230  ヒラマサ 
釣行日

2018年1月27日(土)  

釣場

山口県 汐巻 (寛漁丸

時間

7:00~18:00  

釣果

ヒラマサ、ヤズ 

使用タックル

ロッド:MCワークス エクスプロージョン836CTR 
リール:ステラ 18000HG                ライン:PE8号+ナイロン170lb
 

使用アイテム

ラピード230

ラピード190(プロト)

記入者

マリアスタッフ
川上桂司 

大寒波の後の爆釣に期待して行ってきました。

当日は水温15℃を切り、潮も悪くタフコンディション。

前の週までサンマが多かったとのことだが当日は見当たらず。

昼前後に、水面に出ない渋めのバイトでヤズ1匹、

その後同じような出方でヒラマサ1匹。

夕方は単発ボイルも発生しチャンス到来かと思いましたが、

潮も動かず納竿。また行ってきます。


コメント
2018/03/06 18:13 山口県オフショアルア−情報
タグ: オフショアルアー  ラピードF230  ヒラマサ 
釣行日

2018年1月6日(土)  

釣場

山口県 汐巻 (海優丸

時間

6:00~17:30  

釣果

ヒラマサ、ヤズ 

使用タックル

キャスティング
ロッド:ソルティガエクスペディション80TUNA 
リール:ソルティガエクスペディション8000H  
ライン:PE8号+ナイロン150lb        
ジギング
ロッド:ソルティガ61LS
リール:ソルティガ4000
ライン:PE2.5号+フロロ40lb 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
佐伯大輔 

今年初のオフショアに行ってきました。

朝は予報以上に風が吹いており、予定より30分ほど遅れて出船。

朝一はもちろんキャスティングから開始。

しかしながら魚の反応は悪く、チェイスは単発かつ小型ばかりでした。

15時ごろまでキャスティングを続けましたが、状況は変わらず船長の判断でしばしジギングにシフト。

ジギングでは開始早々から連続ヒットでヤズ・ヒラを立て続けにキャッチでお土産確保。

夕方は再びキャスティングに切り替え、ヒラマサを1キャッチで終了となりました。


コメント
2017/12/12 12:58 福岡県オフショアルア−情報
タグ: オフショアルアー  ラピードF230  ヒラマサ 
釣行日

2017年12月9日(土)  

釣場

玄海灘 (優フィッシング

時間

7:30〜16:00  

釣果

ヒラマサ 12.6kg 

使用タックル

ロッド:ヤマガブランクス ブルースナイパー82/6
リール:ツインパワーSW 14000XG(シマノ)
ライン:PE8号 + リーダー ナイロン170lb) 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
竹本 翔太 

連日好調の『玄海灘』へヒラマサキャスティング&ジギングへ行って参りました。

お世話になったのは遊漁船 優 様。

前日はfacebookで22kgの釣果も上がっており期待が持てます。

出船して1時間あまり、まずは壱岐まわりのキャスティングにてヒラマサを狙います。

前日が荒れ模様だった為、操作感に優れたラピードを選択。

練度の低い私でも、アクションエラーなく泳いでくれます。

波間に自分のルアーを眺めていると隣で炸裂音が!

一流し目の僅か2投で、同行していた黒田さんにヒット!!

強烈にロッドを絞り込みながら上がって来たのは良く肥えた

コンディション抜群のヒラマサ13.7kg。

この1尾をきっかけに、皆のボルテージも上がります。

しかし、流しを変えるも反応は無く時間が流れます。

次の流しで反応無ければ、ジギングのポイントへ向かいますと船長からアナウンス。

出てくれ〜!と祈りながら投げ続けること数分。

波間にルアーが、見えなくなった時”バコン!!”と大きな音がなり、ティップが絞り込まれます。

何とかアワセを入れ、強烈な引きに耐えながらミヨシへダッシュ。

ロッドが立たず、少し角度を付けながら耐えると魚がトモへと走り始めたので合わせて移動。

最後は船長のフォローもありながら魚を浮かせ、何とか12.6kgをキャッチ出来ました。
今回釣れたヒラマサがトップゲームでの初ヒラマサだったため釣った後の記憶は

嬉しさであまりありませんが、『ヒラマサやべぇ!ちょー楽しい』と連呼していたそうです(笑)

次回は、さらなるサイズUPを狙って春の玄海灘へ繰り出そうと思います。


コメント
2017/12/12 11:54 福岡県オフショアルア−情報
タグ: オフショアルアー  ラピードF230  ヒラマサ 
釣行日

2017年12月9日(土)  

釣場

玄海灘 (優フィッシング

時間

7:30〜16:00  

釣果

ヒラマサ 13.77kg 

使用タックル

ロッド:ゼロシキ ワイルドシーク82MH(ゼニス)
リール:ツインパワーSW 14000XG(シマノ)
ライン:SMP8号(バリバス)
リーダー:ナノダックス キャスティング 170lb(プロセレ) 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
黒田 真 

連日良い状況が続いている玄海灘へ、博多港出船の「優フィッシング」様にて

ヒラマサキャスティングへ行って参りました。

移動中は、ウネリがキツくややしんどい状況でした。

ポイントに到着しキャスティングスタート。

始めは「ラピードF230 血みどろイワシ」に「ファイターズリングダエン」

フックは「TUNED管ムロ40号」のセッティングで挑みます。
ウネリを考慮に入れながらキャストするタイミングを定め、開始2投目の誘い出しでチェイス!

きた!と思った瞬間に

水面バコォン!ワンテンポ置いて魚が引っ張った瞬間にフッキングを大きく2発かまして

ファイトスタート。

今までに味わった事の無いような強烈な引きで、10キロは越えてるかも!?と

思いながら必死にファイト。

水深もある程度あった為、ドラグも使いながらヘボヘボなファイトで何とか寄せ、

水面付近まで揚げてくるとなかなか良いサイズ♪

船長にランディングして頂き、魚をキャッチ。

10キロオーバーのヒラマサなんて釣った事が無かったので

いまいちサイズ感がわかりませんでしたが、長さと大きさに驚きました。

計測すると13.77キロの良型ヒラマサでした。

今まで釣った中で一番大きな魚ですし、引きも強烈だったので感動しました。

それと同時に、20キロクラスのヒラマサはどれだけ引くんだろう・・・

と恐怖心もこみあげてきました(笑)

なにはともあれ、目標としていた10キロオーバーが釣れて嬉しかったです♪

次は15キロアップを目指します!
今回は、ウネリが大きく残る状況でもアクションエラーが少なく思い通りに動かせる

ラピードF230の強みが出たと感じました。

また、8号タックルでも抜群の飛距離が出せることも良い武器になりました。
その後はジギングでお土産のブリヤズを確保し、夕方のキャストでは僕には

反応がなく納竿となりました。

後輩のクッキングマイスター竹本もラピードF230にて初ヒラマサ12.6キロの良型を

キャッチでき、良い1日となりました。


コメント