ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2021年1月 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アーカイブ

2021年01月(2)
2020年12月(8)
2020年11月(7)
2020年10月(13)
2020年09月(6)
2020年08月(16)
2020年07月(16)
2020年06月(9)
2020年03月(8)
2020年02月(12)
2020年01月(12)
2019年12月(17)
2019年11月(22)
2019年10月(16)
2019年09月(14)
2019年08月(16)
2019年07月(12)
2019年06月(6)
2019年05月(12)
2019年04月(5)
2019年03月(13)
2019年02月(8)
2019年01月(3)
2018年12月(4)
2018年11月(8)
2018年10月(13)
2018年09月(13)
2018年08月(7)
2018年07月(7)
2018年06月(7)
2018年05月(16)
2018年04月(5)
2018年03月(24)
2018年01月(3)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(4)
2017年09月(12)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(7)
2017年05月(11)
2017年04月(1)
2017年03月(5)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(6)
2016年06月(2)
2016年05月(1)
2016年04月(1)
2016年03月(1)
2016年02月(2)
2016年01月(2)
2015年12月(6)
2015年11月(2)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(10)
2015年07月(5)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年04月(7)
2015年03月(2)
2015年02月(2)
2015年01月(12)
2014年12月(5)
2014年11月(13)
2014年10月(23)
2014年09月(18)
2014年08月(13)
2014年07月(28)
2014年06月(28)
2014年05月(27)
2014年04月(23)
2014年03月(20)
2014年02月(9)
2014年01月(20)
2013年12月(28)
2013年11月(16)
2013年10月(18)
2013年09月(25)
2013年08月(27)
2013年07月(11)
2013年06月(17)
2013年05月(17)
2013年04月(13)
2013年03月(5)
2013年02月(8)
2013年01月(11)
2012年12月(16)
2012年11月(6)
2012年10月(14)
2012年09月(12)
2012年08月(18)
2012年07月(24)
2012年06月(17)
2012年05月(32)
2012年04月(12)
2012年03月(16)
2012年02月(17)
2012年01月(28)
2011年12月(36)
2011年11月(57)
2011年10月(57)
2011年09月(47)
2011年08月(60)
2011年07月(38)
2011年06月(29)
2011年05月(26)
2011年04月(14)
2011年03月(3)
2011年02月(12)
2011年01月(13)
2010年12月(13)
2010年11月(21)
2010年10月(26)
2010年09月(34)
2010年08月(20)
2010年07月(14)
2010年06月(4)
2010年05月(14)
2010年04月(4)
2010年01月(1)

タグ

LPタコ・オーロラ(1)
POCKETS(3)
アカハタ(4)
アジ(18)
アジフラッター(1)
アジング(1)
イサキ(2)
イナダ(21)
エソ(1)
エバ(1)
エンゼルキッス(4)
オオモンハタ(1)
オフショアルアー(60)
カサゴ(9)
ガシラ(2)
カツオ(7)
カッポレ(1)
カマス(3)
カンパチ(4)
キジハタ(3)
キハダ(1)
キメジ(4)
キントキダイ(4)
クエ(1)
クサフグ(1)
グレ(1)
クロダイ(7)
クロマグロ(1)
コサバ(1)
サーフ(2)
サゴシ(7)
サバ(3)
ザファースト90F(1)
サブマリンヘッド(9)
サワラ(4)
シーバス(620)
シーバスジギング(2)
シイラ(17)
ジギング(84)
ショアトリッカー(3)
ショアブルーEX(3)
ショアルアーゲーム(8)
ショゴ(2)
スカッシュ(23)
スジアラ(1)
スライス(5)
スリムクローラー(7)
セイゴ(3)
ソゲ(1)
その他(398)
タイトスラローム(9)
タチウオ(50)
ダツ(1)
ダックダイブ(17)
チヌ(3)
ツバス(2)
ツムブリ(1)
デュプレックス(3)
ドンコ(1)
ニジマス(13)
ニューカレドニア(1)
バイラバイラ(6)
ハマチ(2)
ビークヘッドⅡ(5)
ヒラスズキ(26)
ヒラフッコ(1)
ヒラマサ(40)
ヒラメ(8)
フェイクベイツ(4)
フェイクベイツNL1(1)
ブラウントラウト(1)
プラッギング(2)
ブラックバス(4)
フラットフィッシュ(4)
フラペン(22)
フラペン S85(10)
フラペンシャロー S85(2)
フラペンブルーランナー(22)
フラペンブルーランナーS85(7)
ブリ(5)
ブルースコード(19)
ブルースコードⅡ110(2)
ブルースコードC45(13)
ブルースコードC60(3)
ボアー(5)
ボアーSS195(1)
ポップクイーン(50)
ポップクイーンF130(1)
ポップクィーンF160(2)
ポップクイーンF160(1)
ポップクイーンF50(3)
ポップクイーンF80(1)
ボラ(1)
マールアミーゴ(2)
マゴチ(7)
マハゼ(1)
ママワーム(20)
ママワーム スリムクローラー(2)
ママワームソフト(4)
ママワームソフトアクションフィッシュ(3)
ママワームソフトアジフラッター(7)
ママワームソフトクリオネ(4)
ママワームソフトシュリンプ(3)
ママワームソフトスリムクローラー(16)
マルスズキ(1)
ムーチョルチア(31)
ムラソイ(1)
メジロ(2)
メタフラ(4)
メタルフリッカー(20)
メッキ(7)
メバリング(2)
メバル(73)
モンツキイサキ(1)
ヤズ(7)
ライトルアーゲーム(118)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(56)
ラピードF130(9)
ラピードF160(11)
ラピードF230(13)
リトルビット(5)
リライズ(13)
リライズS130(2)
ロウニンアジ(1)
ローデッド(15)
ローデッドF140(1)
ローデッドF180(1)
ロックショア(1)
ワカシ(15)
ワラサ(2)
愛媛県(2)
伊豆(1)
磯(4)
磯ヒラ(1)
沖縄県(1)
宮崎県(2)
宮城県(1)
熊本県(4)
群馬県(1)
広島県(8)
高知県(1)
佐賀県(10)
三浦半島(11)
三重県(5)
山形県(3)
山口県(17)
鹿児島県(2)
神奈川県(193)
西湘ゴロタ(2)
青物(6)
静岡県(13)
千葉県(4)
大阪府(5)
長崎県(35)
鳥取県(1)
島根県(4)
東京都(3)
東京湾(7)
福井県(3)
福岡県(29)
兵庫県(7)
房総半島(1)
和歌山県(3)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

マリア - 釣果情報詳細

2020/06/25 16:48 福岡県シーバス情報

タグ: 福岡県  シーバス 
釣行日

2020年6月20日(土)  

釣場
御笠川
時間

23:00~25:00  

釣果

シーバス 

使用タックル

ロッド:Gクラフト セブンセンスPE892
リール:シマノ ツインパワーXD 3000XG
ライン:よつあみアップグレードX8 1号 + フロロ6号 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
戸田 篤 

緊急事態宣言の影響を受け、大きな移動を自粛するということをキッカケに営業所で火が付いた御笠川シーバス。

人口密集地に隣接した河川でプレッシャーが高く、御笠川は川幅全てにルアーが通せるため、魚のスレにより一筋縄では攻略できないのも魅力です。

九州営業所のメンバー達もあの手この手を使って見事釣り上げており、

そのせいでさらにスレるのですが、 毎日皆積極的に釣りへ赴き、

最新の商品知識向上や釣りの基本である潮位の変化を勉強するとても良い機会になっています。

最近は、下げの一番流れが効くタイミングで、明暗の絡んだ橋脚の際にアップクロスに投げ、

橋脚を添わせるようにI字形の水平移動のアクションで魚を拾えています。

バイトするレンジはボトムから少し浮かせた状態が一番多く、この方法ではルアーがブレるとバイトがなくなります。

ルアーの基本動作であるただ巻きのウォブリングやローリングのアクションにスレているためこの方法が有効なようです。

普段はアクションをしない浮上しにくいシンペンを使用しているのですが、

今回フラペンシャローS85が効くのではないかと思い、試してみることに。

通常のアクションでは波動や動きが大きすぎるため、アップクロスで投げ、フラペンシャローをボトム付近まで沈め、

水をできるだけ噛ませず、フラップは水に引っかけるだけのイメージで泳がないよう巻きますそうするとフラップにより、

下半身が持ち上がり、ボトム付近を水平に近い安定した姿勢でI字形のアクションでトレースすることができました。

アクションのイメージが掴めたので、流れの効き、

シーバスの活性が上がるタイミングを待ってコースを通すと待望のヒット。

取り込みで抵抗されるも、フラップの姿勢安定効果からか、

いつもよりバイトが深く無事にキャッチ。

流れの中でパワフルな突っこみを見せて上がってきたのは、

シッポが曲がり尾鰭も半分以上ない個体で引きとのギャップに驚きましたが、

近所の生活排水の中でたくましく生きている立派な魚でした。

綺麗な水辺ではないし、食べるわけでもないけれど、

数えきれないほどのルアーを様々な使い方ができるのが、

シーバス釣りの醍醐味であると感じられた充実感のある釣りになりました。

これからもシーバスを釣るために、

色々なことを悩みながらシーバスの魅力に惑わされていたいです。

 

前へ  |  次へ   | 一覧