ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2014年9月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

アーカイブ

2019年05月(12)
2019年04月(5)
2019年03月(13)
2019年02月(8)
2019年01月(3)
2018年12月(4)
2018年11月(9)
2018年10月(13)
2018年09月(13)
2018年08月(7)
2018年07月(7)
2018年06月(8)
2018年05月(16)
2018年04月(5)
2018年03月(24)
2018年01月(3)
2017年12月(7)
2017年11月(11)
2017年10月(7)
2017年09月(15)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(7)
2017年05月(11)
2017年04月(1)
2017年03月(5)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(6)
2016年06月(2)
2016年05月(1)
2016年04月(1)
2016年03月(1)
2016年02月(2)
2016年01月(2)
2015年12月(6)
2015年11月(2)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(10)
2015年07月(5)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年04月(7)
2015年03月(2)
2015年02月(2)
2015年01月(12)
2014年12月(5)
2014年11月(13)
2014年10月(23)
2014年09月(18)
2014年08月(13)
2014年07月(28)
2014年06月(28)
2014年05月(27)
2014年04月(23)
2014年03月(20)
2014年02月(9)
2014年01月(20)
2013年12月(28)
2013年11月(16)
2013年10月(18)
2013年09月(25)
2013年08月(27)
2013年07月(11)
2013年06月(17)
2013年05月(17)
2013年04月(13)
2013年03月(5)
2013年02月(8)
2013年01月(11)
2012年12月(16)
2012年11月(6)
2012年10月(14)
2012年09月(12)
2012年08月(18)
2012年07月(24)
2012年06月(17)
2012年05月(32)
2012年04月(12)
2012年03月(16)
2012年02月(17)
2012年01月(28)
2011年12月(36)
2011年11月(57)
2011年10月(57)
2011年09月(47)
2011年08月(60)
2011年07月(38)
2011年06月(29)
2011年05月(26)
2011年04月(14)
2011年03月(3)
2011年02月(12)
2011年01月(13)
2010年12月(13)
2010年11月(21)
2010年10月(26)
2010年09月(34)
2010年08月(20)
2010年07月(14)
2010年06月(4)
2010年05月(14)
2010年04月(4)
2010年01月(1)

タグ

LPタコ・オーロラ(1)
Maria(1)
POCKETSミノー55SS(1)
アカハタ(4)
アジ(6)
アジフラッター(2)
アジング(1)
イナダ(16)
エソ(1)
エンゼルキッス(2)
エンゼルキッス140TG(1)
オオモンハタ(1)
オフショアルアー(61)
カサゴ(2)
ガシラ(2)
カツオ(5)
カマス(1)
カンパチ(4)
キジハタ(2)
キハダ(1)
キメジ(4)
クエ(1)
グレ(1)
コサバ(1)
サーフ(2)
サーベリングフックフォース(1)
サゴシ(3)
サバ(1)
ザファースト90F(1)
サブマリンヘッド(5)
サワラ(1)
シーバス(602)
シーバスジギング(2)
シイラ(4)
ジギング(84)
ショアトリッカー(2)
ショアブルーEX(3)
ショアルアーゲーム(8)
シリヤケイカ(1)
スカッシュ(13)
スカッシュ F125(1)
スカッシュ S95(1)
スカッシュF125(6)
スカッシュF125(1)
スライス(1)
スライス70(1)
スリムクローラー(2)
セイゴ(3)
ソゲ(1)
その他(398)
タイトスラローム(5)
タイトスラローム80(2)
タチウオ(56)
ダックダイブ(1)
チヌ(1)
ツムブリ(1)
デュプレックス(1)
ドンコ(1)
ニジマス(1)
バイラバイラ(5)
ハマチ(1)
ビークヘッド(3)
ビークヘッド2g&ママワームダートスクイッド(1)
ビークヘッドⅡ(1)
ヒラスズキ(22)
ヒラマサ(20)
ヒラメ(6)
フェイクベイツ F90(1)
フェイクベイツNL-1(2)
プラッキング(1)
プラッギング(1)
ブラックバス(2)
フラットフィッシュ(4)
フラペン(11)
フラペン85(1)
フラペン85ヘビー(プロト)(1)
フラペンS85(1)
フラペンS85(2)
フラペンS85(プロトモデル)(1)
フラペンシャロー(1)
フラペンシャロー S85(1)
フラペンシャローS85(1)
フラペンブルーランナー(12)
フラペンブルーランナーS85(プロト)(1)
フラペンブルランナー(1)
フラペンランナーS85(1)
ブリ(3)
ブルースコード(12)
ブルースコード45(2)
ブルースコードⅡ110(2)
ブルースコードC45(4)
ブルースコードC60(2)
ポケッツシリーズ(1)
ポップクイーン(16)
ポップクイーン F105(1)
ポップクイーンF105(2)
ポップクイーンF130(1)
ポップクイーンF160(1)
マールアミーゴ(2)
マゴチ(4)
ママワーム(10)
ママワームアジフラッター(1)
ママワームスリムクロウラー(1)
ママワームソフト(4)
マリア(1)
ムーチョ・ルチア(4)
ムーチョルチア(7)
ムラソイ(1)
メジロ(2)
メタフラ(4)
メタルフリッカー(15)
メタルフリッカー太刀魚SP(1)
メッキ(1)
メバリング(2)
メバル(29)
モンツキイサキ(1)
ヤズ(5)
ヤマワーム(1)
ライトルアー(11)
ライトルアーゲーム(28)
ラクラクスナップ(1)
ラピード(23)
ラピードF130(1)
ラピードF130(2)
ラピードF130(2)
ラピードF160(7)
ラピードF160(1)
ラピードF160(2)
ラピードF230(1)
ラピードF230(2)
ラピードF230(6)
ラピードF230(2)
リトルビット(3)
リライズ(8)
リライズS130(1)
リライズS130(1)
ロウニンアジ(1)
ローデッド(6)
ローデッドF140(1)
ローデッドF180(1)
ロックショア(1)
ワカシ(2)
ワラサ(2)
愛媛県(1)
伊豆(2)
磯(4)
磯ヒラ(1)
横須賀市サーフ(3)
沖縄県(1)
宮城県(1)
熊本県(1)
群馬県(1)
玄界灘(2)
広島県(6)
高知県(1)
三浦半島(11)
三重県(1)
山形県(3)
山口県(6)
鹿児島県(1)
尺メバル(1)
湘南サーフ(3)
神奈川県(59)
西湘ゴロタ(2)
青物(4)
静岡サーフ(1)
静岡県(3)
相模湾城ヶ島沖(1)
大阪府(1)
長崎県(16)
長崎県壱岐市(1)
島根県(3)
東京湾(7)
浮きスッテ(1)
福井県(3)
福岡県(5)
房総半島(1)
猛光タチウオテンヤ(1)
猛光タチウオテンヤ波止(2)
猛光太刀魚テンヤ波止(1)
猛光太刀魚テンヤ波止シングル S SS(7)
猛光太刀魚テンヤ波止ダブルS(1)
和歌山県(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom
3件のページが該当しました。
2014/09/18 11:35 青森県オフショアルアー情報
釣行日

2014年9月15日(月)  

釣場
青森県、十三湖沖~竜飛崎沖
時間

7時00分~17時00分  

釣果

ワラサ 

使用タックル

ロッド - SOULS Performance Studio XⅥ OCEAN'S Power Class PS-O80PCS
リール - ダイワ ソルティガ 6500EXP
ライン - サンライン キャストアウェイ モンスターバトルPE 8号
リーダー - ナノダックスキャスティングショックリーダー 170lb
ベアリングスイベル+スプリットリング#9
フック:インターフックGT-28+スプリットリング#9 

使用アイテム
記入者

マリア スタッフ
基諒輔 

青森遠征3日目、十三湖沖~権現崎沖を偵察しつつ大型が期待できる竜飛崎方面へ向かう。

この日は天候にも恵まれ、竜飛崎沖に到着すると数多くの他船がすでにナブラ待ちをしていた。
さらにそれ以上に数多くの漁師船も・・・。
地元である竜飛、三厩、小泊の漁師に加え、大間からも多くの船が集結し独特の緊張感が漂っている。
津軽海峡の流れは速く、ただ待っているだけでも相当な距離を流されるとになる。
流れては潮上に移動を数回繰り返していると遠方にわずかながら鳥が回っているのを確認、さっそく向かってみると目測30~100kgクラスの大型のナブラとなった。
自身としては久々の大型ナブラに興奮しつつキャストするが惜しくもヒットせず・・・やはり大型は警戒心が強くセレクティブなのか?
その後移動を繰り返し気づけば午前2時ごろ、チャンスはもう来ないのか?と思いながらジギングをしていると遠方に鳥山を発見、
鳥山の下では小規模ではあるが大型と思われる水柱が上がっていた。
即座にジグを回収しナブラに急行していると小規模だったナブラが見る間に大きくなっていく。
最終的にはサッカーコートの半分くらいの範囲が完全に白波立ち、中には軽く60kgオーバーの個体が全身を出して跳ねている。
まさにスーパーナブラである!
今まで経験したことのない場面に意を決してキャストするも1stキャストはヒットなし、2ndキャストにも魚は掛からずチャンスを逃してしまった。
周りを見てみると他に間に合った2船ではビッグファイトが始まっていた。
ナブラを確認して急行してきた他船が次々に近寄り声援を送っている。
うち1船では20分ほどで無事30kgクラスをランディング。
もう1船は50分弱のファイトの末水面まで残りわずかでフックオフしてしまった。
自身にヒットはなかったが目の前で繰り広げられたビックファイトが心に残った。
その後竜飛崎周辺を後にし、初日好釣であった権現崎~十三湖沖を流すも海の状況が変わったのか?湖のように静かな水面にナブラが立つことはなかった。
今回の遠征では初日から連続ヒットで幕開けし、最終日にはスーパーナブラに遭遇するもヒットはできずであったが、
雄大な自然と暖かい人々に癒され、大満足の遠征となった


コメント
2014/09/18 11:16 青森県オフショアルアー情報

釣行日

2014年9月14日(日)

釣場 青森県、十三湖沖~権現崎沖
時間

7時00分~17時00分

釣果 クロマグロ船中1匹(10kgクラス)、ワラサ
使用タックル

ロッド - メジャークラフト ジャイアントキリング GKC-74Buri
リール - ダイワ ソルティガ 4000H
ライン :ヨツアミ Gソウルスーパージグマン 3号

リーダー ナノダックスキャスティングショックリーダー 70lb


SOM オーシャンスナップ
フック:SJF-41 5/0 自作ショートアシスト                 

使用アイテム

プロトペンシル 150mm

記入者

マリア スタッフ
基諒輔

 

 
青森遠征2日目、この日はサイズUPを目指し十三湖沖を偵察しつつ大型が期待できる竜飛崎方面へ向かう計画であったが、
予報より天候が荒れたため、竜飛崎までは行けず権現崎付近で様子を見ることとなった
前日(9/13)好調の情報に、ナブラの多かった十三湖沖~権現崎沖には遊漁船、プレジャーボートともに船が集中!!
この日の同海域も小型主体ではあるが、多くのナブラが発生。しかし、初日とは打って変わって船が集中したため、海上ではナブラ争いのデッドヒートとなった。
頻繁にナブラが立つが、プレッシャーが高くすぐにナブラが沈んでしまう。
どこにナブラが立つか?鳥や潮目などを観察し、ナブラが起こるであろうポイントを予測して先回りできるかが2日目の勝負どころとなった。
いくつものナブラを追い苦戦していた午前9時30分前後、ようやく読みが当たり本船の射程圏内にナブラが立った。
すかさず皆で一斉にキャスト、隣でキャストしていた上田氏に見事ヒット!!
初日と同様10kgクラスの小型ではあるが見事2日連続のキャッチとなった。
しかし、その後も散発的にナブラが立つものの本命のヒットには至らなかった。
後半マグロのナブラが少ない中、船付近で青物ナブラ発生。本命ではないもののスリムタイプの実釣を兼ねキャスティングすると自分と隣の大祐に同時ヒット
しかも大祐はシングルフック仕様にもかかわらず前後のフックとも魚がついて1キャストダブルヒット(笑)
自分は強引にリフトした瞬間にバレてしまったが、大祐は1匹バラすも残る1匹はしっかりキャッチし、2日目の釣りを終えた。
余談ではあるが、権現崎沖にて水面の様子をうかがっているといくつもの船が近寄り、本線の初日の好釣果を賞賛してくれた。
今回で5度目の青森遠征だが遊漁、プレジャー、港毎の枠にとらわれず、船同士が固い仲間意識で結ばれ、互いに協力、賞賛しあう関係に毎回感動を覚える。


コメント
2014/09/18 11:00 青森県オフショアルアー情報

釣行日

2014年9月13日(土)

釣場 青森県、十三湖沖~権現崎沖
時間

11時00分~17時00分

釣果 クロマグロ船中6匹(10kg~15kgクラス)
使用タックル

ロッド - メジャークラフト ジャイアントキリング GKC-74Buri
リール - ダイワ ソルティガ 4000H
ライン :ヨツアミ Gソウルスーパージグマン 3号

リーダー ナノダックスキャスティングショックリーダー 70lb


SOM オーシャンスナップ
フック:SJF-41 5/0 自作ショートアシスト                 

使用アイテム

プロトペンシル 150mm

記入者

マリア スタッフ
基諒輔


 
青森遠征1日目、前日からの夜行バスの疲れが若干残る中、昼前に出船。
出船後30分もしない間にフライングデッキからクロマグロらしきナブラを確認。
「マジで?」
いきなりのナブラに現実味を帯びないままナブラに到達、どうやら~15kgクラスと小型主体のナブラだがチャンス到来である。
ターゲットが小さいこともありブリキャスト用に用意していたPE3号クラスのタックルに、青物には実績のあるスリムタイププロト150mmをセレクト。
ナブラの濃い部分を見極めキャストするとさっそくヒット!
ドラグがほとんど出ないのでやはり小型と判断できるが釣行初日からの本命ヒットに心が躍る。
ファーストラン(といってもドラグはほとんど出ていませんが)後マグロが落ち着いたところを見計らってリフトを開始するも、直後にまさかのフックアウト!!
手元の感触から想像するにおそらく口切れ・・・
その後、意外と繊細な小マグロの口元にドラグを4kgほどに弱め、再びナブラを捜索すると早々に発見♪
今度こそはとキャストも決まり再びヒット!隣でキャストをしていた上田氏も見事ヒットしダブルヒットでファイト開始
緩めたドラグが時折気持ちよく音色を奏で、口元を飛ばさないように慎重にリフトし無事ネットイン
同時ヒットしていた上田氏も無事にキャッチしひとまず安堵できた
その後同様のナブラが沖上がり前まで頻発し、同行の大祐、毎回お世話になっているフィールドスタッフの小野寺氏もキャッチし
見事船中6キャッチの好調スタートを切ることができた


コメント