• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2014年8月 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

釣果情報コーナー(マリア)一覧

2014/08/26 10:16 神奈川県オフショアルアー情報

釣行日

2014年8月23日(土)

釣場 神奈川県横須賀市長井新宿港 鈴清丸 
時間 5時00分〜11時00分 釣果 キハダ 19.8s(ワタ抜) 1本
使用タックル

ロッド - カーペンター BC73ML−R
リール - ダイワ ソルティガZ4500H
ライン - PE4号                          リーダー ナイロン60lb

使用アイテム

ローデッドF140 SMBA(サンマブラック・アルミ)

記入者

マリアスタッフ
山中陽介


今季3度目のキハダ狙い。TEAM鈴清丸メンバーで行ってきました。
朝、家を出る頃に予報外れの雷雨。
「出船は大丈夫か?」と思いながら、港に向かうと港に着く頃には雨は小降りになっていました。
東の空には稲光が見えるものの、西側の相模湾側は晴れており天候は大丈夫そうな気配。
今回は、なんでも対応できるようにコマセからルアーまで各々準備しています。
プランとしてはパヤオでシイラ・ショゴ狙い→ルアー&コマセでキハダ狙い→コマセでカツオ狙い→パヤオを撃って戻ってくるという、迷走プラン。
一路船はマグロポイントの西へ向けて走ります。
港を出ると、南西風が強く波も高めで滝行。雨は降らずともずぶ濡れ状態です。
まずはファーストプラン、パヤオのシイラ狙い。
波が高く、船長ですらパヤオを見つけられないような状況。
なんとか浮き相模4号を見つけ、誰もまだ撃っていないであろう初心なシイラを狙います。
まずは竿を出さずに様子見。
すると、早速大型のシイラ(140pクラス)を筆頭に数尾がルアーをチェイス。
ローデッドをキャストしていた上田君に早々のヒット!
続けて艫で投げていた外山さんにも大型シイラ(130p級)がヒット!
大型の方は約15分ほどかかったもののヒットした2本は無事キャッチ。
このサイズのシイラを見ては、少しシイラをやってみたくなり、シイラタックルをセッティング。
大型のシイラのファイトで随分と船が流されたので、パヤオに戻って再度シイラ狙いをすると思いきや、
パヤオを通り過ぎます…

(あれ、シイラ狙いは??)と思っていると、鳥が数羽飛んでいるところへ。
鳥の動きが早く、シイラではなさそうな感じ…。
鳥の動きを少し先回りしたところで、船長が「投げてみな。」と声をかけます。
マグロなのかシイラなのかわかりませんが、とりあえず持っていたシイラタックルをそのまま使用し、キャスト。
とりあえずスローな動きで「誘い出し」を試してみます。

(ま、どうせ出ないだろうな…)と思っていました。
すると、黒い尻尾を見せてほぼ同時に2つの水柱が目の前で上がりました!
その水柱直後、久々にドラグの快音と共にラインが勢いよく出ていきます。
2つの水柱の一方は私。そしてもう一方は隣でキャストしていた川上君。
誘い出しでまさかのWヒット!
船上に2つのドラグ音が鳴り響きます。
暫くして川上君の方は針外れ。

自分の方はマグロ特有の鋭角的な首振りも伝わり、口にしっかりと掛かっているようです。
(タックルはシイラ用だし、あんまり無理はできないけど、とりあえず、できるところまでやってみよう)
風上舷でヒットしたので、船が風で流されて船底にPEが擦れる前に風下舷へ移動しなければなりません。
海が悪く船での旋回は危険なようで、自身で舳を回り移動。
周りのサポートもあり無事移動でき、風下舷でファイト再開。
サイズもそこまで大きくなさそうで、既に船下で魚が回り始め、弱ってそうだったので一気にリフトアップ。
魚の姿も確認でき、弱っているのも確認できたので一気に水面まで上げて無事ネットイン。
20sあるかないかの小振りながら久々にキハダをキャッチできました。
既に満足感に浸っていましたが、ここでカツオ・キメジ・キハダの混合ナブラが発生。
餌はシラスのようですが、魚が飛び出してボイルしているのでそのままフローティングのローデッドを使用。
ナブラのど真ん中の魚が最も濃い部分に放置。
鳥がラインに当たって鬱陶しいですが我慢していると、魚がヒット!
しっかりフッキングを入れましたが、異様なくらいの振動が伝わっています。
ヒットしたのはおそらくカツオでしかもスレ掛かりっぽい感じ。
(強引にするのはヤバイかな…)なんて思っていた矢先にバレました。
その後もそのナブラをしつこく攻めましたが、他船も含めヒットは無し。
そのナブラを撃っているうちに真っ黒な雨雲が西側から近づいてきました。
雨を避けつつサードプランのコマセカツオ狙いで船を東に走らせますが、船団は見えるものの釣れている模様は無さそう。
パヤオ回りでコマセを撒いたもののいるのはウスバハギだけ…。
雨雲がどんどん近づいてきたのでさらに東側へ移動します。
ほぼ長井沖まで戻ってきました。
そこで鳥山を発見。最後はペンペンシイラが遊んでくれました。
雨雲は稲光を伴いながらついに追いついてきました。
雨も酷くなり、雷が危険と判断し、若干早めに沖上がりとなりました。


コメント
2014/08/26 09:51 静岡県ライトルアー情報

釣行日

2014年8月23日(土)

釣場 静岡県 沼津市 堤防 
時間 0時00分〜8時00分 釣果 豆アジ×10匹 カサゴ×20匹以上 オオモンハタ×10匹以上 オニオコゼ、ヤガラ、小サバ・アナハゼ・ネンブツダイ×∞ 
使用タックル

ロッド - XESTA ブラックスターソリッド エクストラチューン 610S
リール - DAIWA セルテート1003
ライン - PE0.4号                          リーダー フロロ1号(根魚)

ロッド - エバーグリーン ソルティーセンセーション610S リンバーティップ
リール - SHIMANO ステラC2000S
ライン - VARIVAS アジングマスター0.3号                          リーダー ナノダックス0.6号(アジ)

使用アイテム

ママワームソフト スリムクローラー 1.8インチダートスクイッド1.5インチシーモンキー1.8インチ
 ビークヘッドU2.0g #8

記入者

マリアスタッフ
繁定祐樹

 
 
またしても沼津方面へライトゲームへ。夜はアジング、朝は根魚プランです。

現地着が0時頃。偶然にも現地釣り仲間がいたので情報を聞くとポツポツという状況。

前日は1時頃からハイパーライズで仲間内で100匹近く釣れたとの事。

ここは豆アジがほとんどなので小さめのスリムクローラー1.8をチョイス!
堤防の外側と内側を行ったり来たりしながら探っているとヒット!仲間にもヒット!
そんな感じで群れのスイッチが入るとまとまってアジが釣れ、

スイッチオフの時はサバやらネンブツダイやらが遊んでくれました。
この日は大した盛り上がりもなく、ポツポツと釣れ続き終了。

明るくなってからは根魚モード。サイズこそ小さいのが多いですがこの日もカサゴに

ハタにいい感じに釣れてくれます。
あるポイントでアジらしきアタリが連発、仲間が一匹釣ったのでアジ狙いにシフトしてみました。
するとボトム付近で何かがヒット!しかし、ただ重いだけでゴミ袋を引っ張ってるかのように           あがってきたのは尺クラスのオニオコゼ!

この後、別のポイントに移動しオオモンハタが連発しましたが急に猛烈な雨が降ってきたので終了しました。

この日釣れた根魚はすべてリリースしました。根魚は楽しませてくれるいい奴ですが、              成長が遅いので小さいものは逃がしてあげましょう。
夜〜朝の涼しい時間を狙って、納涼ライトゲーム楽しいですよ。


コメント
2014/08/22 16:48 神奈川県オフショアルアー情報

釣行日

2014年8月15日(金)

釣場 神奈川県横浜市 太田屋 
時間 7時30分〜14時30分 釣果 タチウオ 指3〜5本 18本
使用タックル

ロッド - ティルウォーク・ソルティシェイプC63/80
リール - シマノ・メタニウムr7 RH
ライン - PE0.8号                          リーダー フロロ20lb(先糸に同35lb)

使用アイテム

メタルフリッカーサーベリングSP             120g 、160g AVH, BPH2, APH, BKGH
  サーベリングフック フォース #2

記入者

マリア ルアーフィッシングマイスター
永島規史


台風後の好調さもやや落ち着き、『危うさ』を感じながらの釣行。
案の定?ポイント着も船はバラけた状態で、余りの渋さに水深47mながら160gを使い、【見せたもん勝ち!】作戦でポツポツと拾っていく。
後半は水深も78mほどの深場へ。「サイズは望めても数は…」といった感じでしたが、「昼間の潮変わりから活性が上がった」と前日の情報もあったように、

指5本サイズ含め(船内では7本サイズも!)、あちらこちらでヒット。
浅場のタチも楽ですが、深場の釣りも楽しいものです!


コメント
2014/08/21 14:45 高知県ショアジグ情報

釣行日

2014年8月14日(木)

釣場 高知県宿毛 鵜来島 家本渡船
時間 5時00分〜13時00分 釣果 シイラ、アオヤガラ
使用タックル

ロッド - アングラーズリパブリック パームス・エルア ブルービジョン BVKS−110H
リール - DAIWA ソルティガ4500番
ライン -PE4号                          リーダー ナイロン70lb

使用アイテム

ブルースコードスリムフラペンS85、

ショアブルーEX 60g 

記入者

マリア スタッフ
櫻井亮太


 お盆休みを使って大学時代の友人と高知県の鵜来島でショアジギングをしてきました。

 4時半に宿毛港を出船。船内で寝て、エンジンがスローになったので外を見ると鵜来島が見えていました。
鵜来島は高知県の沖合20q位に浮かぶ人口20人ほどの小さな島で、島の大半が岩礁地帯となっています。
島を回りながら他のお客さんをそれぞれ瀬に降ろしていき、最後に私たちが瀬に渡りました。
ドタバタとタックルの準備をして、最初は瀬周りのわずかなサラシをブルース・コードスリムで打ちます、が反応なし。
気を取り直し、ローデッドF140で回遊魚を狙います!アクションさせながら手前まで引いてくると、細長い棒が何本も追っかけてきているではありませんか…
偏光サングラスを装着し、もう一度海を覗き込むとそこには大量の黄色やら青色のヤガラがいました。本命の青物ではありませんが、見えている魚はなぜか無性に釣りたくなります。
口の小さいヤガラを考慮して、持ってきている中で一番小さいサイズのフラペンS85をチョイス。超スローで沈めながら引くと簡単にヒット!人生で一番長い魚を釣ることができました(笑)
手前のヤガラたちに遊んでもらった後は、ジギング!流れが速いのかショアブルーEX 60gでは30秒待っても着底しません…完全に持ってくるジグのウエイトを間違えました(泣)
しばらく、ロングジャークとジャカジャカ巻きを交互に誘っていると待望のヒット!ジリジリとドラグを出して、沖でジャンプする奴はシイラです!
友人に手伝ってもらいランディング、やはりシイラはファイトが楽しい!!
その後、弁当船で瀬替わりするも友人がオキアジというレアな魚を釣っただけで1日目は終了。

 


コメント
2014/08/20 08:17 神奈川県オフショアルアー情報

釣行日

2014年8月13日(水)

釣場 神奈川県三浦市 ニューフィッシャーマリン
時間 6時00分〜11時00分 釣果 キハダマグロ 25kg 1本、キメジ 5kg級 1本
使用タックル

ロッド - リップルフィッシャー aquilla 76
リール - ダイワ ソルティガ4500H
ライン -  PE3号
リーダー - ナイロン60lb

使用アイテム ローデッド F140 PKMH(ピンククマノミ・ホロ)
記入者

マリアスタッフ
川上桂司

普段は遊漁船で相模湾のマグロを狙っていますが、この日は仲間と4人でレンタルボートを借りて挑戦してみました。 
始めはシイラを狙ってクルージングしていましたが、なぜかシイラは見当たらず。 
そのうちに鳥山が見え、向かっていくとあたり一面キメジのスーパーボイルが発生! 
皆でキャストするとダブルヒット、トリプルヒットの連発! 
5〜7kg程のキメジを合計7匹ゲット! 
それからすぐにより大規模な鳥山が見え、舵を向けて走るとそこは20〜30kg程のキハダが何十匹も跳ねていて、 ハイパーボイル発生!! 
ローデッド140をすかさずキャストし、アクションするとドカーン!! 
同船者のだいすけさんのルアーにもドカァーン!!! 
キハダのダブルヒットでファイト開始でしたが、ファイト中にラインが交差してしまい一方はラインブレイク、、、 
その後すぐに魚があがってきてもう一方は無事ランディング。 
人生3匹目のマグロでした。 
先輩を踏み台にして、マグロを釣り上げるという僕らしい釣り方で大変申し訳ありませんでした。 
 


コメント
2014/08/19 16:41 神奈川県オフショアルアー情報2

釣行日

2014年8月13日(水)

釣場 神奈川県三浦市 ニューフィッシャーマリン
時間 6時00分〜11時00分 釣果 キメジ 5〜7s 2本
使用タックル

マグロ用
ロッド:Shooting star Valkyrja VK762FRM
リール:スピニングリール4500番
ライン:PE4号
リーダー:ナイロン100lb

カツオ・シイラ用
ロッド:ゼナック FC63−2 Twitch
リール:スピニングリール4000番
ライン:PE2号
リーダー:ナイロン50lb

使用アイテム ローデッド F140ほか
記入者

マリアスタッフ
松本大祐


今回は、三浦市三崎港にあるニューフィッシャーマリンのレンタル船でのシイラ狙いに行って来ました。
今回初めてのレンタルということで、初回講習を受けてから6時過ぎごろ出船。
城ケ島パヤオのシイラを捕獲しようとゆっくり向いました。
しかし、シイラの「シ」の字も確認できず、相模湾1号、2号の浮き漁礁を目指し北上。
すると、鳥が遠くでざわざわしてるのを発見。
視線は低いですが遊漁船よりも、鳥が見つけやすい。
すぐにぶっ飛ばす!!
この辺は小型船の強さで、船体が軽く、馬力があるため
グングン進み、自分のさじ加減で出力を緩めて静かに近づく。
カツオとキメジの混在の細かいナブラに遭遇。
すぐに群れの進行方向へキャスト!!
水面をスキッピングさせるとボコ、ボコっと何匹もバイトして3バイト目でヒット!!
同船の仲間もヒット!!
トリプルヒット!!
小さい船なのでダブルヒット以上はちょっと厳しいが
お互い交差しないように気をつけながら船をクルクル回りながらのファイト。
サイズは5kg程度のキメジだったので安心してファイトを楽しむ。
手前まできてランディング。
お土産ゲット!!
しばらく、その群れで遊び5〜7kgくらいのキメジを7本ゲット!!
本命のシイラを狙うためさらに北上すると。
なかなかいい群れを発見。
全速力で向うと、20〜30kgくらいのマグロがフィーバー状態。
自分たちの船しかいない状態で目の前は真っ白の洗濯機ボイル。
となりの同船者、川上のローデッドF140に先にヒット!!
すかさず、自分もキャストして糸フケを取り、誘い出しで4回ほどジャークしたときにヒット!!
先月の100kgクラスのシャーク戦でファイトは慣れているため
ファーストランが止まるまでロッドは脇に挟み走らせながら船のトモへ移動。
止まった瞬間にフッキングを1発入れる。
ドラグをきつめにいれていため早めに止まったので寄せに入ると3分くらいで手前まで寄せることができた。
最後ランした方向が悪く、船首でファイト中の川上のラインと交差し、
自分はリーダーからぶっちぎれる。。。。
あっ。。。やってもうた(^_^;)

とりあえず、川上のファイトを見守ること2分、
25kgオーバーのキハダマグロゲット!
おめでと〜!!
自分はまたもやチャンスを逃し、運のなさを痛感。
ルアーでの相模湾マグロキャッチはいつになるやら。。
もう生涯3回もヒットさせているのに、まだ獲れない。。。
相模湾ルアーマグロまでの道のりは遠いです。


コメント
2014/08/19 16:28 静岡県オフショアルアー情報

釣行日

2014年8月16日(土)

釣場 静岡県 戸田港 福将丸
時間 5時00分〜13時00分 釣果 シイラ 船中20本程度 沖サワラ3本
使用タックル

ロッド - オフショアロッド6ft
リール - SHIMANO ステラ4000
ライン -PE1号                          リーダー ナイロン30lb

使用アイテム ローデッド F140ポップクィ−ン130
記入者

マリア ルアーフィッシングマイスター
上嶋一人


職場の後輩、安藤君の友人がシイラを釣りたいとの事で、比較的空いている駿河湾に行ってきました。
当日はヤマリア社員5名+友人1名 一般のお客さん2名の計8名で出船。
南風が多少強かったが、前日良かった三保沖まで行き、鳥山を中心に狙っていきました。
ついて早々から活発な群れに当たり、友人の方も人生初シイラをゲット!
その後も着々とヒットさせて楽しんでいるようでした。
その後は、焼津沖〜石花海経由で戸田までもどってくるまでに潮目や流木などをやって帰ってきました。
狙っている船が少ないせいもあり、トップオンリーで十分楽しめました。


コメント
2014/08/19 16:15 神奈川県オフショアルアー情報

釣行日

2014年8月13日(水)

釣場 神奈川県 横須賀市長井港 貴雅丸
時間 5時00分〜15時00分 釣果  無し、キハダのバラシ 1、船中 6kg級 キメジ 2本
使用タックル

ロッド -  TAILWALK MANBIKA 100XH
リール - DAIWAソルティガ4500H
ライン -PE3号                          リーダー ナイロン80lb

使用アイテム ローデッド F180 PHH(ピンクヘッドホロ)
記入者

マリア ルアーシニアフィッシングマイスター
中川陽介


台風11号の通過で、10日ぶりの出船となったこの日、シケ後の荒食いに期待しつつAM5:00出船。          
 この日最初のチャンスはAM8:00過ぎ、ミヨシの釣り座からローテーションで大ドモに移動した直後にベイトボールに付いたナブラに遭遇。          
 すぐに同船者が6kg級のキメジをキャッチ。          
 ベイトボールの周りでは、キメジ、巨大なサメに混じり、大型のキハダの姿も確認できる。          
 他船も4〜5船が集まり一斉にキャストを開始する中、他のアングラーのラインを注視しつつ、大ドモから          
 ロングロッドでベイトボールの向こう側にキャストし、小さくアクションさせてポーズさせていると、大きな波紋を残して、ピンクヘッドが消えた。          
 ヒット!!!          
 2回・3回とアワセを入れ、ファイトの体制に入ろうとした時、「ブッ!」と嫌な感触と共にロッドのテンションが抜ける。          
 「しまった!外れた!・・・。」          
 ルアーをピックアップしようと、リールを巻くと再びロッドが引き込まれる。          
 「また食った〜???」          
 浮上中のルアーを別の魚が食ったようだ。          
 今度はバラさない様にしっかりとアワセを入れ、巻いては出されを繰り返す。          
 その間もベイトボールの周りでは魚が出っ放しのため、周りに気を使いながら非常に狭いスペースでのファイトを強いられる。          
 こんな中では、他にヒットしているアングラーのラインとの接触、オマツリなど多くのリスクを負うことになる。          
 そんな事はお構いなしに魚は、ベイトボールのある方向へと走る。          
 嫌な予感が的中し、「ゴソッ!」という感触と共にメインラインがブレイク。          
 キハダか?サメか?がぶつかってのラインブレイクだった。          
 そうこうするうちにナブラは沈み、その後も数回ベイトボールに遭遇するも、船中キメジを1本追加し、トリは釣友がサメとの          
 ビッグファイトを繰り広げ、終了した。          
           
 再戦は風で出船を中止した16日の翌17日、海上は凪であったが、丸一日キハダの跳ねにもトリヤマにも遭遇せずに終わった。          


コメント
2014/08/11 19:04 静岡県ライトルアー情報

釣行日

2014年8月8日(金)〜9日(土)

釣場 静岡県 沼津市 堤防  
時間 23時00分〜13時00分 釣果 アジ×4 カサゴ×20匹以上 オオモンハタ×5匹以上 アナハゼ・ネンブツダイ×∞ 
使用タックル

ロッド - XESTA ブラックスターソリッド エクストラチューン 610S
リール - DAIWA セルテート1003
ライン - VARIVAS アジングマスター0.3号       リーダー -ナノダックス0.6号

使用アイテム ママワームソフト スリムクローラー 1.8インチ、ダートスクイッド1.5インチ、シーモンキー1.8インチ
 ビークヘッドU2.0g #8
記入者

マリアスタッフ
繁定祐樹


台風前に滑りこもうと金曜仕事後に沼津エリアへ直行!

23時に到着するも時合は過ぎたようでポツ・・・ポツ・・・といった感じで忘れたころに誰かにヒットしてました。
ネンブツダイ10匹にアジ1匹の割合なので集中力も切れて仮眠。結局朝まで時合は来ず・・。

こうなったらカサゴ狙いにシフト!どこの港もゴロタが入っていてそこは根魚パラダイス!
チョンチョンと動かしてフォールさせるとトンッ!といった感じで気持ち良く連発しました。

時折、強い引きで楽しませてくれるのはオオモンハタ。
温暖化の影響なのでしょうか?ハタ類が非常に身近なターゲットになってきたように思います。

夏のライトゲーム暑いですが、熱いです!


コメント
2014/08/05 11:12 神奈川県オフショアルアー情報

釣行日

2014年8月3日(日)

釣場 神奈川県三浦市三崎 海外港 隠居丸
時間 5時00分〜14時00分 釣果 無し
使用タックル

ロッド - DAIWAソルティガドラド77
リール - DAIWAソルティガ4500H
ライン -PE4号     リーダー ナイロン80lb

(すべて借り物)

使用アイテム ローデッド F140F180ムーチョルチアAHほか
記入者

マリアスタッフ
兵動太一


三崎海外港隠居丸から出船、オフショアキャスティングデビュー戦です。
右も左もわからないオフショア。出船前、会社の先輩よりタックル一式をお借りし、「オフショアとはなんぞや」をご指導頂きます。
そしてまずは実釣!ということで、朝一はオフショアの基本といわれるシイラを狙いに城ケ島沖パヤオへ。
「シイラなら釣れる。」先にオフショアデビューした同期からそんな話をよく聞いており、期待は高まるばかり!しかし、この日はシイラさんまさかのお留守…。
早々に切り上げ、気を取り直して沖のマグロポイントへ向かいます。
ひたすらクルージングを繰り返しますが、この日はなかなか良い鳥山に出会えず…。時折出没する小さな鳥山にローデッドを通すも、反応はありません。
後半、マグロの跳ねも確認できたこの日最大のチャンスとなる鳥山も、残念ながら不発。
最後、帰りの道中に現れたカツオ船団の中でジグを投げますが、こちらもヒットなし。
結局シイラ、マグロ、カツオいずれも姿を見ることが出来ず、空振り三振ゲームセット。
今回は残念な結果に終わってしまいましたが、今まで知らなかった釣りの世界に触れることが出来て、とても良い経験になりました!マグロは男のロマン。
そう簡単ではないことは実感しましたが、いつかは絶対(まずはシイラから…)この手で仕留めたいと思います!


コメント

13件の記事