ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2020年10月 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

2020年10月(11)
2020年09月(6)
2020年08月(16)
2020年07月(16)
2020年06月(9)
2020年03月(8)
2020年02月(12)
2020年01月(12)
2019年12月(17)
2019年11月(22)
2019年10月(16)
2019年09月(14)
2019年08月(16)
2019年07月(12)
2019年06月(6)
2019年05月(12)
2019年04月(5)
2019年03月(13)
2019年02月(8)
2019年01月(3)
2018年12月(4)
2018年11月(9)
2018年10月(13)
2018年09月(13)
2018年08月(7)
2018年07月(7)
2018年06月(7)
2018年05月(16)
2018年04月(5)
2018年03月(24)
2018年01月(3)
2017年12月(7)
2017年11月(7)
2017年10月(4)
2017年09月(12)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(7)
2017年05月(11)
2017年04月(1)
2017年03月(5)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(6)
2016年06月(2)
2016年05月(1)
2016年04月(1)
2016年03月(1)
2016年02月(2)
2016年01月(2)
2015年12月(6)
2015年11月(2)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(10)
2015年07月(5)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年04月(7)
2015年03月(2)
2015年02月(2)
2015年01月(12)
2014年12月(5)
2014年11月(13)
2014年10月(23)
2014年09月(18)
2014年08月(13)
2014年07月(28)
2014年06月(28)
2014年05月(27)
2014年04月(23)
2014年03月(20)
2014年02月(9)
2014年01月(20)
2013年12月(28)
2013年11月(16)
2013年10月(18)
2013年09月(25)
2013年08月(27)
2013年07月(11)
2013年06月(17)
2013年05月(17)
2013年04月(13)
2013年03月(5)
2013年02月(8)
2013年01月(11)
2012年12月(16)
2012年11月(6)
2012年10月(14)
2012年09月(12)
2012年08月(18)
2012年07月(24)
2012年06月(17)
2012年05月(32)
2012年04月(12)
2012年03月(16)
2012年02月(17)
2012年01月(28)
2011年12月(36)
2011年11月(57)
2011年10月(57)
2011年09月(47)
2011年08月(60)
2011年07月(38)
2011年06月(29)
2011年05月(26)
2011年04月(14)
2011年03月(3)
2011年02月(12)
2011年01月(13)
2010年12月(13)
2010年11月(21)
2010年10月(26)
2010年09月(34)
2010年08月(20)
2010年07月(14)
2010年06月(4)
2010年05月(14)
2010年04月(4)
2010年01月(1)

タグ

LPタコ・オーロラ(1)
Maria(2)
POCKETS(8)
アカハタ(4)
アジ(10)
アジング(1)
イサキ(2)
イナダ(21)
エソ(1)
エバ(1)
エンゼルキッス(4)
オオモンハタ(1)
オフショアルアー(61)
カサゴ(8)
ガシラ(2)
カツオ(8)
カッポレ(1)
カマス(3)
カンパチ(5)
キジハタ(3)
キハダ(1)
キメジ(4)
キントキダイ(4)
クエ(1)
クサフグ(1)
グレ(1)
クロダイ(7)
クロマグロ(1)
コサバ(1)
サーフ(2)
サーベリングフックフォース(1)
サゴシ(6)
サバ(2)
ザファースト90F(1)
サブマリンヘッド(9)
サワラ(3)
シーバス(619)
シーバスジギング(2)
シイラ(17)
ジギング(84)
ショアトリッカー(3)
ショアブルーEX(3)
ショアルアーゲーム(8)
ショゴ(1)
スカッシュ(23)
スジアラ(1)
スライス(5)
セイゴ(3)
ソゲ(1)
その他(398)
タイトスラローム(9)
タチウオ(50)
ダツ(1)
ダックダイブ(17)
チヌ(3)
ツバス(2)
ツムブリ(1)
デュプレックス(3)
ドンコ(1)
ニジマス(11)
ニューカレドニア(1)
バイラバイラ(6)
ハマチ(2)
ビークヘッドⅡ(5)
ヒラスズキ(26)
ヒラフッコ(1)
ヒラマサ(37)
ヒラメ(8)
フェイクベイツ(4)
ブラウントラウト(1)
プラッギング(2)
ブラックバス(4)
フラットフィッシュ(4)
フラペン(22)
フラペン S85(11)
フラペンシャロー S85(2)
フラペンブルーランナ-(1)
フラペンブルーランナー(22)
フラペンブルーランナーS85(4)
フラペンブルーランナーS85・S115(1)
ブリ(5)
ブルースコード(19)
ブルースコードⅡ110(2)
ブルースコードC45(11)
ブルースコードC60(2)
ボアー(5)
ボアーSS195(1)
ポップクイーン(48)
ポップクイーンF130(1)
ポップクィーンF160(2)
ポップクイーンF160(1)
ポップクイーンF50(3)
ポップクイーンF80(1)
ボラ(1)
マールアミーゴ(2)
マゴチ(7)
マハゼ(1)
ママワーム(18)
ママワーム スリムクローラー(2)
ママワームソフト(4)
ママワームソフトアクションフィッシュ(3)
ママワームソフトアジフラッター(7)
ママワームソフトクリオネ(4)
ママワームソフトシュリンプ(3)
ママワームソフトスリムクローラー(15)
マルスズキ(1)
ムーチョルチア(29)
ムラソイ(1)
メジロ(2)
メタフラ(4)
メタルフリッカー(20)
メッキ(6)
メバリング(2)
メバル(72)
モンツキイサキ(1)
ヤズ(6)
ヤマワーム(1)
ライトルアーゲーム(118)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(55)
ラピードF130(9)
ラピードF160(11)
ラピードF230(11)
リトルビット(5)
リライズ(13)
リライズS130(2)
ロウニンアジ(1)
ローデッド(15)
ローデッドF140(1)
ローデッドF180(1)
ロックショア(1)
ワカシ(15)
ワラサ(2)
愛媛県(2)
伊豆(1)
磯(4)
磯ヒラ(1)
沖縄県(1)
宮崎県(2)
宮城県(1)
熊本県(4)
群馬県(1)
広島県(8)
高知県(1)
佐賀県(9)
三浦半島(11)
三重県(5)
山形県(3)
山口県(15)
鹿児島県(2)
尺メバル(1)
神奈川県(183)
西湘ゴロタ(2)
青物(6)
静岡県(12)
千葉県(3)
大阪府(5)
長崎県(35)
鳥取県(1)
島根県(5)
東京都(3)
東京湾(7)
浮きスッテ(1)
福井県(3)
福岡県(26)
兵庫県(6)
房総半島(1)
和歌山県(2)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom
1件のページが該当しました。
2017/03/27 18:00 千葉県シーバス情報
タグ: ヒラスズキ  フェイクベイツ  ヒラマサ  ポップクイーンF160 
釣行日

2017年3月26日(日)  

釣場
千葉県勝浦~鴨川(地磯)
時間

5:00~10:00  

釣果

ヒラフッコ×1(50cm) 

使用タックル

ヒラマサ用
ロッド:ヤマガブランクス ブルースナイパー95MMH
リール:シマノ ツインパワーSW8000XG、
ライン:PE4.0号 + ナイロン80lb
ヒラスズキ用
ロッド:リップルフィッシャー clover103
リール:シマノ ツインパワーSW4000XG
ライン:PE1.5号 + ナイロン30lb 

使用アイテム

フェイクベイツ NL-Ⅰ125

記入者

マリアスタッフ
江畑 明宏 

ショアマサを狙いに外房へ行ってきました!

安全面を考慮しウェットスタイルで入磯し、豪雨のなか夜明けを震えながら待ちます。

夜が明けると横風が強くなり、ダイビングペンシルではラインが流され水面を滑ってしまう悪天候だったので、

新製品ポップクイーンF160のカップに水を絡め、優しく連続ポッピングで誘います。

ですが反応なし…。

身体も良い感じにバキバキになり、潮位も下がってきたので磯ヒラ狙いへシフト。

三浦とは異なる外房独特の遠浅フィールド。

ヒジキ帯の浅場をウェットで渡り、沖のスリットをシャローランナーで狙う釣り方。

NL-Ⅰでヒラフッコを1本キャッチ!

本命のヒラマサは釣れませんでしたが、イワシの接岸が増えると同時にショアラインへ寄る春マサシーズン。

チャンスはこれから!と言い聞かせて外房へ通ってみたいと思います。

例年この時期のヒラスズキはアフターの個体が増え、喰いが極端に落ちるツラい時期ですが、

今年は産卵が遅れているのか?まだまだ産卵絡みの荒食いが楽しめています。

ウネリが残りやすいシャローエリアに的を絞り、朝マズメの短時間勝負へ!

手堅いミノー(スカッシュ)から始めますが反応無し。

次にフォローのシンペン(ブルースコードⅡ)へチェンジしますが、まさかの反応無し。。。

帰り支度をしようとタックルボックスを開けると、

存在を訴えかけるように、キラりと光るポップクイーン。

「これでダメなら帰ろう!」とシモリ上にキャストし、

ネチネチと移動距離を短くショートポッピングすると、ルアー上から被さるようにHIT!!

1発目は沖でエラ洗いしバレてしましたが、何とか2発目でキャッチ♪

三浦サイズのヒラフッコですが、トップは釣った感が増すので楽しかったです!


コメント