• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2017年9月 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

釣果情報コーナー(マリア)一覧

2017/09/08 15:33 銭洲その他陸釣り情報
タグ: ヒラマサ  ラピードF160  ラピードF230 
釣行日

2017年8月14日(月)  

釣場

銭洲 大ダルマ、外ヒラッタイ(下田 賀寿丸

時間

6:00〜13:00  

釣果

ヒラマサ78cm 
ショゴ多数 

使用タックル

ロッド:MCWORKS RAGINGBULL 104XF−2 
リール:DAIWA SALTIGA Z 6000GT
ライン:SUNLINE CAST AWAY MONSTER BATTLE PE ♯6 リーダー  ナイロン40号
 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
櫻井亮太 

夏の連休最後も、銭洲にいきました。 

今日の太平洋はベッタベタの凪、今度こそダルマに乗れるかも!

渡船に乗り込みますが、利用したドリームチャレンジャーの船室は、一人一人区切りがあり、クーラーも聞いててめちゃ快適です。

釣り場まで快眠できるので、一瞬で着いたみたいに錯覚します笑

最初に船が着いたのはダルマ、そのうち小ダルマは波を被っています。

一見すると凪でも、ほんの少しでも波があると上がれない....これが一級瀬です。

大ダルマの方は上がれそうということで渡礁!ついに憧れの磯に上がることができました。

でもこの磯は、めちゃくちゃ狭く、畳2畳を縦に並べたくらいしかありません。

周りを眺めると、磯周りには鳥が飛び交い、マグロが跳ねています。流石はダルマです。

投げ始めますが、足場も悪く、潮も早く釣りにくい....しかも時折大きなウネリが来て怖いです。

案の定、20分程で船が向かいにきて瀬変わりで、ヒラッタイへ。

銭洲はダルマ、ネープルス、ヒラッタイの3つの集合体、今回の釣行で全部上がることができました。

ヒラッタイは、名前のとおり、だだっ広い平らな磯でとても釣りしやすいところです。

釣れるか不安でしたが、ショゴは相変わらず釣れます。

ラピードを投げてショゴを3匹くらい釣っていると、またなにか掛かりました。

あまり引かず、ショゴかなと思って手前に寄せてくるとなんとヒラマサ!こっちに向かって泳いで来てたのであまり引かなかったのか、そのままズリ上げてランディング成功!

友人には良型のハガツオが掛かりましたが、手前でフックオフ....

そのあとは、特に何もなく納竿。

また近いうちに銭洲にはいきたいです。


コメント
2017/06/13 14:41 石川県オフショアルア−情報
タグ: オフショアルアー  ヒラマサ  ローデッド  ラピード 
釣行日

2017年6月9日(金)  

釣場
石川県輪島沖 (諏訪丸
時間

4:00〜13:00  

釣果

ヒラマサ (3〜8キロ) 

使用タックル

ロッド:スローハンド815、エクスプロージョン836
リール:ステラSW18000HG、ステラ14000XG  
ライン:PE8号+ナイロン170lb など
 

使用アイテム

ローデッドF180,ラピード220プロト

記入者

マリアスタッフ
川上桂司 

お客さんに誘っていただき、輪島ヒラマサキャスティングに行ってきました。

玄海、山陰の春マサシーズンが終わり、

毎年5月後半から6月半ばにかけて、北陸の春マサシーズンに入るとのことでした。

軽く時化、波も1.5m程度ありいい状況でしたが、

前日の夜が満月で、産卵してしまったのか当日は食いが渋く、

何とかキャッチした2本の出方も地味でした。

大型のバイトもありましたがフッキングまで至らず。

秋もシーズンとのことなので、また行ってきます。


コメント
2017/05/18 10:12 山口県オフショアルア−情報
タグ: オフショアルアー  ヒラマサ  ブリ  ローデッド  ラピード 
釣行日

2017年5月2日(火)  

釣場
山口県角島沖 汐巻 (遊漁船 健洋丸
時間

6:00〜18:00  

釣果

ヒラマサ、ヤズ 多数 

使用タックル

ロッド:ソルティガエクスペディション80TUNA 
リール:ソルティガエクスペディション8000H  
ライン:PE8号+ナイロン150lb     
 

使用アイテム

ローデッドF180

ラピード220(プロト)

記入者

マリアスタッフ
佐伯 大輔 

GWは3回予約を入れたものの出船出来たのはこの日だけ・・・

それも本命の八里ヶ瀬ではなく近場の汐巻。

朝一はもちろん誘い出し!

朝マズメと言うこともありバイト多数でしたが、なかなかフックアップしないタフな状況。

それでもなんとか時合を逃さず良型を1本キャッチ!

日が昇るとジギングに切り替え縦の釣りにチェンジ。

前半は反応が悪くアタリすらない状況でしたが、午後の潮から魚の活性は上向き入れ食いモードと突入!

夕方までジギングを楽しんだあとはまたキャスティング。

5時半を過ぎたころからバイト連発するも結局1キャッチで終了。

今シーズン中にもう1回くらいリベンジに行ってきます。


コメント
2017/03/27 18:00 千葉県シーバス情報
タグ: ヒラスズキ  フェイクベイツNL−1  ヒラマサ  ポップクイーンF160 
釣行日

2017年3月26日(日)  

釣場
千葉県勝浦〜鴨川(地磯)
時間

5:00 〜10:00  

釣果

ヒラフッコ×1(50cm) 

使用タックル

ヒラマサ用
ロッド:ヤマガブランクス ブルースナイパー95MMH
リール:シマノ ツインパワーSW8000XG、
ライン:PE4.0号 + ナイロン80lb
ヒラスズキ用
ロッド:リップルフィッシャー clover103
リール:シマノ ツインパワーSW4000XG
ライン:PE1.5号 + ナイロン30lb 

使用アイテム

フェイクベイツ NL−T125

記入者

マリアスタッフ
江畑 明宏 

ショアマサを狙いに外房へ行ってきました!

安全面を考慮しウェットスタイルで入磯し、豪雨のなか夜明けを震えながら待ちます。

夜が明けると横風が強くなり、ダイビングペンシルではラインが流され水面を滑ってしまう悪天候だったので、

新製品ポップクイーンF160のカップに水を絡め、優しく連続ポッピングで誘います。

ですが反応なし…。

身体も良い感じにバキバキになり、潮位も下がってきたので磯ヒラ狙いへシフト。

三浦とは異なる外房独特の遠浅フィールド。

ヒジキ帯の浅場をウェットで渡り、沖のスリットをシャローランナーで狙う釣り方。

NL−Tでヒラフッコを1本キャッチ!

本命のヒラマサは釣れませんでしたが、イワシの接岸が増えると同時にショアラインへ寄る春マサシーズン。

チャンスはこれから!と言い聞かせて外房へ通ってみたいと思います。

例年この時期のヒラスズキはアフターの個体が増え、喰いが極端に落ちるツラい時期ですが、

今年は産卵が遅れているのか?まだまだ産卵絡みの荒食いが楽しめています。

ウネリが残りやすいシャローエリアに的を絞り、朝マズメの短時間勝負へ!

手堅いミノー(スカッシュ)から始めますが反応無し。

次にフォローのシンペン(ブルースコードU)へチェンジしますが、まさかの反応無し。。。

帰り支度をしようとタックルボックスを開けると、

存在を訴えかけるように、キラりと光るポップクイーン。

「これでダメなら帰ろう!」とシモリ上にキャストし、

ネチネチと移動距離を短くショートポッピングすると、ルアー上から被さるようにHIT!!

1発目は沖でエラ洗いしバレてしましたが、何とか2発目でキャッチ♪

三浦サイズのヒラフッコですが、トップは釣った感が増すので楽しかったです!


コメント
2017/03/17 17:00 山口県オフショアルア−情報
タグ: オフショアルアー  ヒラマサ  ブリ  ローデッド  ラピード 
釣行日

2017年3月11日(土)  

釣場
山口県萩沖 八里ヶ瀬
時間

6:00 〜18:00  

釣果

ブリ (〜12kg)、ヒラマサ (〜7kg)  多数 

使用タックル

ロッド:ソルティガエクスペディション80TUNA 
リール:ソルティガエクスペディション8000H  
ライン:PE8号+ナイロン150lb 

使用アイテム

ローデッドF180

ラピード220(プロト)

記入者

マリアスタッフ
佐伯大輔 

今季初の八里ヶ瀬に行って来ました。

朝はもちろんキャスティングから開始。

辺りはまだ薄暗く何とも言えない緊張感が漂います・・

その数投目!幸先よく元気なヒラマサがトップにドンっ!!

サイズは3キロ前後でしたが5連発ヒットで朝の部終了。

日が昇るとジギングに切り替え、またまた連続ヒット。

最近は、柔らかいロッドであまりジグを飛ばさないアクションが良く当たってます。

そして、夕マズメは再びキャスティング。

納竿真際、プロトのラピード220に突然のバイトが襲います!

ずっしりとした重量感でしたが正体はブリ・・・

この魚を最後に納竿となりました。


コメント

5件の記事