ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2021年4月 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ

COMパーティー(1)
Maria(14)
Maria COMMUNITY(4)
POCKETS(6)
YAMASHITA(1)
アクションフィッシュ(2)
アジ(12)
アジフラッター(10)
アジング(29)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(4)
エンゼルキッス(12)
オフショア(15)
オフショアキャスティング(4)
オフショアゲーム(2)
オフショアジギング(2)
オフショアルアー(1)
オフショア青物(2)
カーボンバイブ(4)
カサゴ(7)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キジハタ(3)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
クジメ(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(3)
サーベリング(1)
サゴシ(4)
サブマリンヘッド(13)
サヨリパターン(1)
サワラ(9)
シーバス(100)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
シイラ(7)
ジギング(9)
ショアゲーム(2)
ショアトリッカー(5)
ショアプラッギング(2)
ショアブルー(2)
ショアブルーEX(4)
スカッシュ(9)
スピンシャイナー(1)
スライス(10)
スリーブ(1)
スリムクローラー(8)
スロージギング(1)
ゼロヘッド(1)
ソイ(1)
ダートスクイッド(2)
タイトスラローム(4)
タイラバ(5)
タチウオ(19)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
ダックダイブ(4)
タックル(1)
チヌ(6)
つりサミット(1)
ディープクランク(1)
デュプレックス(1)
トップウォーター(1)
ニュークロー(1)
ノット(1)
バイラバイラ(3)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドⅡ(3)
ヒラスズキ(7)
ヒラセイゴ(1)
ヒラマサ(18)
ヒラメ(1)
ファイターズスナップ(2)
ファイターズリング(1)
フィールドスタッフ(346)
フィールドモニター(24)
フィッシングショー(10)
フェイクベイツ(5)
フェイクベイツNL-1(2)
プラグ(1)
フラペン(18)
フラペン シャロー(7)
フラペン ブルーランナー(12)
ブリ(1)
ブルースコード(15)
ブルースコードⅡ(16)
プロトモデル(1)
ボアー(2)
ホウボウ(1)
ボートゲーム(1)
ボートシーバス(1)
ポケッツ(11)
ポップクイーン(23)
マール・アミーゴ(2)
マール・アミーゴⅡ(7)
マダイ(5)
ママワームソフト(61)
マリア(39)
マルチゲーム(1)
ムーチョ・ルチア(19)
ムラソイ(3)
メタフラ(9)
メタルフリッカー(18)
メッキ(3)
メバトロボール(3)
メバリング(4)
メバル(46)
メバルプラッギング(1)
ヤリイカ(2)
ライトエギング(1)
ライトゲーム(20)
ライトジギング(3)
ライトショア(1)
ライトショアジギング(8)
ライトショアプラッギング(4)
ライトルアー(2)
ライトロック(7)
ライン(1)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(32)
リトルビットAH(1)
リライズ(6)
ローデッド(5)
ロゴマーク(1)
ロックショア(5)
ロックショアプラッギング(1)
ロックフィッシュ(4)
ワカナ(1)
ワラサ(1)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(39)
沖磯キャンプ(1)
河川(1)
河野 浩二(23)
河野浩二(30)
郡山 善充(2)
玄界灘(1)
香西 宗正(11)
香西宗正(24)
根魚(1)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
春の青物祭り(1)
春磯シーバス(1)
庄三郎丸(1)
新潟フィッシングショー(6)
真鯛(2)
西田 学(17)
青物(70)
石井 栄治(5)
千葉県干潟(1)
相模湾(4)
太刀魚(1)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(25)
大森崇弘(29)
稚鮎(1)
中山 剛(18)
中山剛(21)
釣りいろは(1)
渡辺 俊夫(35)
渡辺俊夫(28)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(23)
福元和孝(40)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

マリア - フィールドスタッフブログ詳細

2020/09/01 13:12 アジング!ボトムを探るのは・・! by河野浩二

タグ: フィールドスタッフ  河野浩二  アジング  ママワームソフト  サブマリンヘッド 

もう夏も終わりなのですが、残暑厳しいですね。
皆さん釣行には十分お気をつけください。

 

実は海水の温度は8月末が一番高くなるのです。
今回久しぶりにアジングに行ってきました。

 

夏の魚は活性が良い!と思っていたのです。
だから表層近くにアジが居る!
これは大きな間違いでした。
水温が高いので逆に水温の低いボトムにアジが居ました。
まだこの時期は川がらみのアジングが良いのかもしれませんね。

 

ポイントに到着し、海を見てみるとベタなぎ、ベイトは居るような、居ないような・・・。
風も無く釣りやすい!これでアジが居れば最高!

 

本日の仕掛けは
☆ジグヘッド0.75g(Mariaサブマリンヘッド)

 

☆ワーム2.3インチ(Mariaママワームソフト スリムクローラー)

この組み合わせてキャスト!
まずは定番のカウント5から始めます。しかし反応は無し。

レンジを下げながらチェックしていきますがなかなかアジの反応はありません!
結局ボトムまで下げました。

ボトムまでそれほど深くは無いのですが・・・。
カウント15くらいです。ボトムならもう少しジグヘッド(Mariaサブマリンヘッド)を 重くして早く落とすという作戦!

1gに交換!

しかしこれも反応無し!

ジグヘッド0.75g(Mariaサブマリンヘッド)に戻します。
ボトムに着いて微妙に誘うと、違和感!
本来アジングの楽しさはあの「コン」という「金属アタリ」が楽しいのですが
このアタリの無いアタリもまた楽しいんです。


今回ボトムを探る時、まずゆっくりと落としながらボトムまで持っていきます。
この間に食ってくるときもあります。

軽いジグヘッドで任意のレンジを探るのは簡単ではありません。
そこでサブマリンヘッドは鉛やタングステンに比べ比重の軽い「スズ合金」を採用。
そうすることで水流の当たる面積を増やし、
高い操作感を生み出す適度な巻き抵抗を持たせること (MariaHPより)
これがサブマリンヘッドの特徴の中一つです。

ボトムに着いて若干の誘いとリフト&ホールをしながらアタリを取ります。
そのフォール中のジグヘッドの動きで釣果が変わってくる事もあるかもしれません。

今回、数は出ませんでしたがむつかしくでも楽しいアジングでした。
ぜひ一度使ってみてください。

 

PS.九月一日から十一月末まで「Maria秋の青物祭り」
皆様ふるってご参加ください。



 

アジングの詳細は
https://www.youtube.com/watch?v=JwfHWZSRNUU&t=8s

秋の青物祭りの詳細は
https://www.youtube.com/watch?v=1MuTIyJc0Kw&t=53s


じゃまた次回!

日記/一覧

 

前へ  |  次へ   | 一覧