ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2020年12月 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ

ショアブルーEX(2)
COMパーティー(1)
Maria(11)
Maria COMMUNITY(4)
POCKETS(2)
POCKETSミノーSS55メバルSP(4)
YAMASHITA(1)
アクションフィッシュ(2)
アジ(11)
アジフラッター(10)
アジング(27)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(4)
エンゼルキッス(12)
オフショア(15)
オフショアキャスティング(4)
オフショアゲーム(2)
オフショアジギング(2)
オフショアルアー(1)
オフショア青物(2)
カーボンバイブ(4)
カサゴ(6)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キジハタ(3)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(3)
サーベリング(1)
サゴシ(4)
サブマリンヘッド(13)
サヨリパターン(1)
サワラ(9)
シーバス(99)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
シイラ(7)
ジギング(9)
ショアゲーム(2)
ショアトリッカー(5)
ショアプラッギング(2)
ショアブルー(2)
ショアブルーEX(2)
スカッシュ(9)
スピンシャイナー(1)
スライス(10)
スリムクローラー(8)
スロージギング(1)
ゼロヘッド(1)
ソイ(1)
ダートスクイッド(2)
タイトスラローム(4)
タイラバ(5)
タチウオ(18)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
ダックダイブ(4)
タックル(1)
チヌ(4)
つりサミット(1)
ディープクランク(1)
デュプレックス(1)
トップウォーター(1)
ニュークロー(1)
バイラバイラ(3)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドⅡ(3)
ヒラスズキ(7)
ヒラセイゴ(1)
ヒラマサ(16)
ヒラメ(1)
ファイターズスナップ(1)
ファイターズリング(1)
フィールドスタッフ(332)
フィールドモニター(24)
フィッシングショー(10)
フェイクベイツ(5)
フェイクベイツNL1(1)
フェイクベイツNL-1(1)
プラグ(1)
フラペン(18)
フラペン シャロー(7)
フラペン ブルーランナー(1)
フラペンブルーランナー(10)
フラペンブルーランナーS85(1)
ブリ(1)
ブルースコード(9)
ブルースコード45CメバルSP(4)
ブルースコードⅡ(12)
ブルースコードC45(2)
ブルースコ-ド(1)
ブルースコ-ドⅡ(3)
プロトモデル(1)
ボアー(2)
ホウボウ(1)
ボートゲーム(1)
ボートシーバス(1)
ポケッツ(10)
ポケッツミノー(1)
ポップクィーン(2)
ポップクイーン(18)
ポップクイーンF160(1)
ポップクイ-ン(1)
マール・アミーゴⅡ(4)
マールアミーゴ(2)
マールアミーゴⅡ(3)
マダイ(5)
ママワーム(43)
ママワームソフト(10)
ママワームダートスクイッド(6)
マリア(37)
マルチゲーム(1)
ムーチョ・ルチア(10)
ムーチョ・ルチアAHマダイSP(1)
ムーチョルチア(5)
ムラソイ(3)
メタフラ(7)
メタフラ32(1)
メタフラ32g(1)
メタルフリッカー(18)
メッキ(3)
メバトロボール(3)
メバリング(2)
メバル(41)
メバルプラッギング(1)
ヤリイカ(1)
ライトエギング(1)
ライトゲーム(19)
ライトジギング(3)
ライトショア(1)
ライトショアジギング(7)
ライトショアプラッギング(4)
ライトルアー(2)
ライトロック(5)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(27)
ラピード F160(2)
ラピードF130(1)
ラピードF160(1)
ラピードF230(1)
リトルビットAH(1)
リライズ(6)
ローデッド(3)
ローデッドF180玄海SP(1)
ローデッドLS140(1)
ロゴマーク(1)
ロックショア(5)
ロックフィッシュ(4)
ワカナ(1)
ワラサ(1)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(27)
岡公一郎(11)
河川(1)
河野 浩二(3)
河野浩二(48)
郡山 善充(2)
玄界灘(1)
香西 宗正(4)
香西宗正(31)
根魚(1)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
春磯シーバス(1)
庄三郎丸(1)
新潟フィッシングショー(6)
真鯛(2)
西田 学(3)
西田学(14)
青物(68)
石井 栄治(5)
千葉県干潟(1)
相模湾(4)
太刀魚(1)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(8)
大森崇弘(43)
稚鮎(1)
中山 剛(14)
中山剛(25)
釣りいろは(1)
渡辺 俊夫(6)
渡辺俊夫(54)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(3)
福元和孝(55)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

マリア - フィールドスタッフブログ詳細

2020/09/04 12:53 真夏のワカナ by福元和孝

タグ: フィールドスタッフ  福元和孝  ロックショア  ラピード  ワカナ  青物 

今年の夏は暑いですよね。
例年なら盆明けから夜の気温が下がってくる頃ですが、
今年は夜になっても暑く、睡眠不足の日々が続いています。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。


さて、そんな残暑厳しい中、灼熱の沖磯で青物を探しに行ってきました。

 

狙いは、ライトタックルでの小型青物です。
この時期なら、アカビラ(カンパチの子)やワカナ(ブリ族)がメインターゲットですから、
最初はシーバスロッドを使うかどうか迷いましたが、豆ヒラ(スズキ)が回っているという
事前情報があったので、念のためPE3号のタックルを持ち込んでみました。

夜が明けてAM6時でも既に蒸し暑く気温が30度を超え、
この日は湿度も80%オーバーになってきました。
渡船の迎え時間は正午12時なので、早く1本釣ってから早めに切り上げようかと思っていました。


そんな中、急に冷たい風が吹き出し沖合で稲妻が走りました。少し時間をおいてからゴロゴロ。
雷が近づいているなと思ったところ、ラピードF130にワカナがヒット。
シーバスロッドなら十分楽しめるサイズでしょうが、PE3号なのでゴリ巻きすると、水面を滑ってランディング。

 

次に、プロトの新型ペンシルの動きをチェック。
まだプロトの段階なので最終形と変わっているかもしれませんが、
静止時の姿勢といい、早巻きした時の動きといい、
ラピードやローデッドとは異なるタイプの新型ペンシルに仕上がっていますので、乞うご期待。



 

さて、気になっていた雷ですが、スマホの雨雲レーダーを見ると、
ゲリラ豪雨で真っ赤な表示(時間雨量50㎜/h以上)が近づいているし、
雷情報を見ると注意報が警報に変わっています。

沖磯なので基本的には隠れる場所が無く、渡船の迎えが間に合うわけでもなく、
同行者と相談し、オーバーハングした岩影で潜んでいたら、ポツポツと雨が降り出しました。
その雨は、徐々にバケツをひっくり返したようなゲリラ豪雨に発達し、
稲光と雷音とのタイムラグが短くなってきました。
磯でゲリラ豪雨に遭遇してみて初めて分かったのですが、
雨水は岩盤の隙間に沿って渓流のように流れる川になるんですね。
岩場に置いていたタックルごと流水に流されるところでした。
みるみるうちに海は時化て、渡船屋さんも迎えに来れないとのこと。
最悪の事態を想像してしまいましたが、雷雨はそのまま通過し、ギリギリ助かりました。

結局、予定時間よりも1時間だけ早く、AM11に迎えに来てもらえました。

それで教訓ですが、この季節の変わり目は天気予報が急激に変わることはあります。
陸続きの地磯なら戻れますが、沖磯は迎えの船がこれなければ、自分自身で身を守る必要があります。
そのため、少しでも気象の異変を察知したら、早めに戻れるようなリスク管理が、つくづく必要だなと思います。
電波が届かない場合は、天気予報も確認できないし、船長にも連絡が繋がらないし、特に注意です。
最悪のことを想定して、自己責任の範囲で楽しむようにしましょうね。

お前が言うなと突っ込まれそうですが。



<Rod>
パームス ショアガンエボルブ SFGS-96XH
<Reel>
シマノTWINPOWER SW6000
<PELine>
PE3号
<Shock Leader>
ナイロン60LB
<Joint>
FGノット

日記/一覧

 

前へ  |  次へ   | 一覧