ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2021年12月 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ

COMパーティー(1)
FGノット(1)
GoPro(1)
Maria(14)
Maria COMMUNITY(4)
PEライン(1)
POCKETS(6)
YAMASHITA(1)
アイナメ(1)
アクションフィッシュ(2)
アジ(12)
アジフラッター(10)
アジング(29)
アマダイ(1)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(4)
エンゼルキッス(12)
オフショア(16)
オフショアキャスティング(4)
オフショアゲーム(2)
オフショアジギング(2)
オフショアルアー(1)
オフショア青物(2)
カーボンバイブ(4)
カサゴ(9)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キジハタ(4)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
クジメ(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(3)
サーベリング(1)
サゴシ(4)
サバ(1)
サブマリンヘッド(13)
サヨリパターン(1)
サワラ(9)
シーバス(105)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
シイラ(8)
ジギング(9)
ショアゲーム(2)
ショアトリッカー(5)
ショアプラッギング(2)
ショアブルー(2)
ショアブルーEX(4)
スカッシュ(9)
スピンシャイナー(1)
スライス(11)
スリーブ(1)
スリムクローラー(8)
スロージギング(1)
ゼロヘッド(1)
ソイ(1)
ダートスクイッド(2)
タイトスラローム(4)
タイラバ(5)
タチウオ(19)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
ダックダイブ(4)
タックル(1)
チヌ(6)
つりサミット(1)
ディープクランク(1)
デュプレックス(1)
トップウォーター(1)
ニュークロー(1)
ノット(1)
バイラバイラ(3)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
パニックベイト(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドⅡ(3)
ヒラアジ(1)
ヒラスズキ(7)
ヒラセイゴ(1)
ヒラマサ(18)
ヒラメ(2)
ファイターズスナップ(2)
ファイターズリング(1)
フィールドスタッフ(357)
フィールドモニター(24)
フィッシングショー(10)
フェイクベイツ(5)
フェイクベイツNL-1(2)
プラグ(1)
フラペン(18)
フラペン シャロー(7)
フラペン ブルーランナー(12)
ブリ(2)
ブルースコード(16)
ブルースコードⅡ(16)
プロトモデル(1)
ボアー(2)
ホウボウ(2)
ボートゲーム(1)
ボートシーバス(1)
ポケッツ(11)
ポップクイーン(23)
マール・アミーゴ(2)
マール・アミーゴⅡ(8)
マダイ(5)
ママワームソフト(62)
マリア(39)
マルチゲーム(1)
ムーチョ・ルチア(20)
ムラソイ(4)
メタフラ(9)
メタルフリッカー(19)
メッキ(3)
メバトロボール(3)
メバリング(4)
メバル(47)
メバルプラッギング(1)
ヤリイカ(2)
ライトエギング(1)
ライトゲーム(20)
ライトジギング(3)
ライトショア(1)
ライトショアジギング(8)
ライトショアプラッギング(4)
ライトルアー(2)
ライトロック(8)
ライン(1)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(32)
リーダーライン(1)
リトルビット(1)
リトルビットAH(1)
リライズ(7)
レガート(1)
ローデッド(5)
ロゴマーク(1)
ロックショア(5)
ロックショアプラッギング(2)
ロックフィッシュ(4)
ワカナ(1)
ワラサ(1)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(39)
沖磯キャンプ(1)
河川(1)
河野 浩二(23)
河野浩二(30)
郡山 善充(2)
玄界灘(1)
五目ジギング(1)
香西 宗正(11)
香西宗正(24)
根魚(1)
撮影(1)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
秋の青物祭り(3)
春の青物祭り(1)
春磯シーバス(1)
庄三郎丸(1)
新潟フィッシングショー(6)
真鯛(2)
西田 学(17)
青物(70)
石井 栄治(5)
千葉県干潟(1)
相模湾(4)
太刀魚(1)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(27)
大森崇弘(29)
稚鮎(1)
中山 剛(18)
中山剛(21)
釣りいろは(1)
渡辺 俊夫(39)
渡辺俊夫(28)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(27)
福元和孝(40)
友寄 勝実(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

マリア - フィールドスタッフブログ詳細

2020/08/26 14:06 「ホウボウジギング」 by大森崇弘

タグ: フィールドスタッフ  大森崇弘  スロージギング  メタルフリッカー  ホウボウ 

最近、世間では、スロージギングや、SLJ(スーパーライトジギング)のブームが来ているようです。
しんどいイメージが無くなり、釣れるもの全てがターゲットと言われるように他魚種を相手にしている所が、
人気の秘訣だろうと思います。

そんな中、私が特に注目しているのが、ホウボウ狙いである。
ホウボウは、真鯛や、甘鯛狙いの外道的な存在でしたが、ここ最近は、その数を増やしている為か、
狙って釣れる魚にまで成長した。

潮的な条件が悪い時にも、数匹は釣れる位、確率も上がってきています。
また、ホウボウという名前だけあって、砂地や泥底、または、磯場や岩礁帯など分布域も広く、
また、食べて美味しい高級魚で、見た目も綺麗。

もはや、外道から本命魚に格上げしても良いと思います。


 
さて、釣り方は、私の場合は、メタルフリッカー120gを多用しています。


 
拘るのは、センター重心であり、フォールでのヒラヒラアクションがポイント。
速い動きには、反応するけれど、どうしても付いてきにくいので、速い動きを見せた後、
ヒラヒラとフォールををさせて食う間を作ってやることがベストだと思います。


 
そして、重さの基準は、底取りが何度も出来る重さの一番軽いものが良い。
ヒラヒラとフォールさすうえでは、軽い方がベストであるが、生息域は底なので、ボトム攻略が最大の鍵。
最近流行っているスロージギングは、ホウボウ釣りと言っても良い位、マッチした釣り方だと思います。


 
カラーについては、何でも良いとは言いきれませんが、何でも良い時が多い。
と言うのは、雑食傾向の強いフィッシュイーターであり、動くものエサと認識しているようです。
胃の中を毎回意識していますが、実に統一性が無い。

内容物は、イワシ類が一番多いものの、エビカニ類、エソ、メゴチ、ガシラ等。

ジグで言うと、赤系もよいし、シルバー系も良いし、やっぱり何でも良いと言ってしまうかな。
今まで、外道的な魚で釣れたイメージが強かったと思いますが、専門的に意識して狙ってみてください。
そうすることで、またまた新たなゲームフィッシュとして確立し、満足度は増すと思います。
さらに、釣り上げたこの綺麗な魚を、持ち帰って子供に見せると、最初は必ず感動してくれますよ。
私の所は、もう飽きたみたいですが。(汗)

日記/一覧

 

前へ  |  次へ   | 一覧