ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2021年4月 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ

COMパーティー(1)
Maria(14)
Maria COMMUNITY(4)
POCKETS(6)
YAMASHITA(1)
アクションフィッシュ(2)
アジ(12)
アジフラッター(10)
アジング(29)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(4)
エンゼルキッス(12)
オフショア(15)
オフショアキャスティング(4)
オフショアゲーム(2)
オフショアジギング(2)
オフショアルアー(1)
オフショア青物(2)
カーボンバイブ(4)
カサゴ(7)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キジハタ(3)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
クジメ(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(3)
サーベリング(1)
サゴシ(4)
サブマリンヘッド(13)
サヨリパターン(1)
サワラ(9)
シーバス(100)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
シイラ(7)
ジギング(9)
ショアゲーム(2)
ショアトリッカー(5)
ショアプラッギング(2)
ショアブルー(2)
ショアブルーEX(4)
スカッシュ(9)
スピンシャイナー(1)
スライス(10)
スリーブ(1)
スリムクローラー(8)
スロージギング(1)
ゼロヘッド(1)
ソイ(1)
ダートスクイッド(2)
タイトスラローム(4)
タイラバ(5)
タチウオ(19)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
ダックダイブ(4)
タックル(1)
チヌ(6)
つりサミット(1)
ディープクランク(1)
デュプレックス(1)
トップウォーター(1)
ニュークロー(1)
ノット(1)
バイラバイラ(3)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドⅡ(3)
ヒラスズキ(7)
ヒラセイゴ(1)
ヒラマサ(18)
ヒラメ(1)
ファイターズスナップ(2)
ファイターズリング(1)
フィールドスタッフ(346)
フィールドモニター(24)
フィッシングショー(10)
フェイクベイツ(5)
フェイクベイツNL-1(2)
プラグ(1)
フラペン(18)
フラペン シャロー(7)
フラペン ブルーランナー(12)
ブリ(1)
ブルースコード(15)
ブルースコードⅡ(16)
プロトモデル(1)
ボアー(2)
ホウボウ(1)
ボートゲーム(1)
ボートシーバス(1)
ポケッツ(11)
ポップクイーン(23)
マール・アミーゴ(2)
マール・アミーゴⅡ(7)
マダイ(5)
ママワームソフト(61)
マリア(39)
マルチゲーム(1)
ムーチョ・ルチア(19)
ムラソイ(3)
メタフラ(9)
メタルフリッカー(18)
メッキ(3)
メバトロボール(3)
メバリング(4)
メバル(46)
メバルプラッギング(1)
ヤリイカ(2)
ライトエギング(1)
ライトゲーム(20)
ライトジギング(3)
ライトショア(1)
ライトショアジギング(8)
ライトショアプラッギング(4)
ライトルアー(2)
ライトロック(7)
ライン(1)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(32)
リトルビットAH(1)
リライズ(6)
ローデッド(5)
ロゴマーク(1)
ロックショア(5)
ロックショアプラッギング(1)
ロックフィッシュ(4)
ワカナ(1)
ワラサ(1)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(39)
沖磯キャンプ(1)
河川(1)
河野 浩二(23)
河野浩二(30)
郡山 善充(2)
玄界灘(1)
香西 宗正(11)
香西宗正(24)
根魚(1)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
春の青物祭り(1)
春磯シーバス(1)
庄三郎丸(1)
新潟フィッシングショー(6)
真鯛(2)
西田 学(17)
青物(70)
石井 栄治(5)
千葉県干潟(1)
相模湾(4)
太刀魚(1)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(25)
大森崇弘(29)
稚鮎(1)
中山 剛(18)
中山剛(21)
釣りいろは(1)
渡辺 俊夫(35)
渡辺俊夫(28)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(23)
福元和孝(40)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

マリア - フィールドスタッフブログ詳細

2020/08/14 12:15 真夏のランカーシーバス by渡辺俊夫

タグ: フィールドスタッフ  渡辺俊夫  スライス  シーバス  ライトロック  ムラソイ 


梅雨があけたと思ったら、連日の猛暑とコロナの感染拡大でお盆期間中は釣りを自粛しておりました。

今回のブログは自粛前の釣行での釣果になりますが、ナイスなシーバスが釣れてくれました。

梅雨の長雨の合間の僅かなタイミングを狙って地元の中流域へ向かいました。

流れ込みと本流にくっきりとした境目が出来ており、普段は流れが緩い本流側も流れが効いていて如何にも良い感じです。


暫らく観察していると、5cm位のマイクロベイトの群れが濁っている流れ込み側を嫌がり、本流側の表層をぐるぐると忙しなく泳いでいる。

・・・が、ボイルは起こらない。

シーバスが着いているのは、濁り側の中層~ボトムと予想して、ルアーはベイトのサイズに合わせてスライス55を選択して本流側にキャスト。

流れに乗せながら流れ込みの濁っているラインを舐めるようにゆっくりリフト&フォールさせると、中層でひったくる様な当たりがありヒットしました!

ヒットと同時に一気にボトムまで潜り、流れに乗って強烈なファイトをみせたのでフックの曲がりを考えて慎重にやり取り。

なかなか寄らないが、エラ洗い時にルアーが丸飲みだと分かったので少々強引なファイトに変えてランディング成功。


(画像は撮影の為にフックを外しています)

 

まさかの1投目でランカーシーバスをゲットすると言う出来すぎな結果でした。

綺麗に丸飲みされていましたが、リーダーがフロロの25lbを使っていたので表面がざらつく程度で済みました。

小型のルアーを使う際に太くて硬いリーダーだとアクションに影響を与えてしまいます。

今回は、流れがあったのでヒット後のファイトを想定してパワーのあるベイトタックルを使ったのも功を奏しました。

近年ベイトタックルが進化して軽量ルアーでも扱いやすくなりましたが、

それでもスライス55のような小型ルアーだとどうしても飛距離が落ちてしまいます。

ラインやタックルを適材適所で使い分けるのも魚を釣る上で必要だなと再認識した出来事でした。


シーバス以外では、恒例のダートスクイッドを使ったデイのライトロックが好調!

ムラソイが連発してくれましたが、体力的にデイゲームのライトロックが辛い時期になってきました。

もう歳なのかもしれません?


冗談はさておき、そんな時は無理をしないでゆったりとした釣りって感じで、

10年ぶり位にシロギスの餌釣りをしてみました。

一時間ちょいで夕飯分が釣れたので納竿して新鮮なキスの天ぷらで晩酌しましたが、
これぞ釣り人の特権!って感じです。



皆様も熱中症防止とコロナ対策を万全にして真夏を楽しんでみては如何でしょうか。

日記/一覧

 

前へ  |  次へ   | 一覧