ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2021年9月 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ

COMパーティー(1)
FGノット(1)
GoPro(1)
Maria(14)
Maria COMMUNITY(4)
PEライン(1)
POCKETS(6)
YAMASHITA(1)
アイナメ(1)
アクションフィッシュ(2)
アジ(12)
アジフラッター(10)
アジング(29)
アマダイ(1)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(4)
エンゼルキッス(12)
オフショア(15)
オフショアキャスティング(4)
オフショアゲーム(2)
オフショアジギング(2)
オフショアルアー(1)
オフショア青物(2)
カーボンバイブ(4)
カサゴ(9)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キジハタ(4)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
クジメ(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(3)
サーベリング(1)
サゴシ(4)
サバ(1)
サブマリンヘッド(13)
サヨリパターン(1)
サワラ(9)
シーバス(105)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
シイラ(7)
ジギング(9)
ショアゲーム(2)
ショアトリッカー(5)
ショアプラッギング(2)
ショアブルー(2)
ショアブルーEX(4)
スカッシュ(9)
スピンシャイナー(1)
スライス(11)
スリーブ(1)
スリムクローラー(8)
スロージギング(1)
ゼロヘッド(1)
ソイ(1)
ダートスクイッド(2)
タイトスラローム(4)
タイラバ(5)
タチウオ(19)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
ダックダイブ(4)
タックル(1)
チヌ(6)
つりサミット(1)
ディープクランク(1)
デュプレックス(1)
トップウォーター(1)
ニュークロー(1)
ノット(1)
バイラバイラ(3)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
パニックベイト(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドⅡ(3)
ヒラスズキ(7)
ヒラセイゴ(1)
ヒラマサ(18)
ヒラメ(2)
ファイターズスナップ(2)
ファイターズリング(1)
フィールドスタッフ(354)
フィールドモニター(24)
フィッシングショー(10)
フェイクベイツ(5)
フェイクベイツNL-1(2)
プラグ(1)
フラペン(18)
フラペン シャロー(7)
フラペン ブルーランナー(12)
ブリ(1)
ブルースコード(16)
ブルースコードⅡ(16)
プロトモデル(1)
ボアー(2)
ホウボウ(2)
ボートゲーム(1)
ボートシーバス(1)
ポケッツ(11)
ポップクイーン(23)
マール・アミーゴ(2)
マール・アミーゴⅡ(8)
マダイ(5)
ママワームソフト(62)
マリア(39)
マルチゲーム(1)
ムーチョ・ルチア(20)
ムラソイ(4)
メタフラ(9)
メタルフリッカー(18)
メッキ(3)
メバトロボール(3)
メバリング(4)
メバル(47)
メバルプラッギング(1)
ヤリイカ(2)
ライトエギング(1)
ライトゲーム(20)
ライトジギング(3)
ライトショア(1)
ライトショアジギング(8)
ライトショアプラッギング(4)
ライトルアー(2)
ライトロック(8)
ライン(1)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(32)
リーダーライン(1)
リトルビット(1)
リトルビットAH(1)
リライズ(6)
ローデッド(5)
ロゴマーク(1)
ロックショア(5)
ロックショアプラッギング(1)
ロックフィッシュ(4)
ワカナ(1)
ワラサ(1)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(39)
沖磯キャンプ(1)
河川(1)
河野 浩二(23)
河野浩二(30)
郡山 善充(2)
玄界灘(1)
五目ジギング(1)
香西 宗正(11)
香西宗正(24)
根魚(1)
撮影(1)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
春の青物祭り(1)
春磯シーバス(1)
庄三郎丸(1)
新潟フィッシングショー(6)
真鯛(2)
西田 学(17)
青物(70)
石井 栄治(5)
千葉県干潟(1)
相模湾(4)
太刀魚(1)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(26)
大森崇弘(29)
稚鮎(1)
中山 剛(18)
中山剛(21)
釣りいろは(1)
渡辺 俊夫(39)
渡辺俊夫(28)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(26)
福元和孝(40)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

マリア - フィールドスタッフブログ詳細

2020/08/12 15:24 リバーシ―バスのデイゲーム by福元和孝

タグ: マリア  フィールドスタッフ  福元和孝  シーバス  エンゼルキッス 

今年も暑い夏に突入しましたね。
私が住む山陰でも、南風が続き、フェーン現象の発生により、高温状態です。

さて、今回はリバーシ―バスのことを書いてみます。
通常、春先から河口にシーバスが集まりますが、梅雨時期から夏場は、
稚鮎等についたシーバスが川を遡上するため、この時期はリバーシ―バスが良く釣れます。
ところが、雨が降らず渇水状態になれば、一時的にシーバスが釣れなくなりますが、
適度な雨が降れば、急激に捕食スイッチが入ります。

 

リバーでは、雨が降れば、夜間でなくても、デイゲームが十分に成立します。
ただし、どこでも釣れるというわけではなく、瀬と淵の境界付近、合流等によりヨレがある場所、
川底で粒径変化、人工構造物の周辺等、特定な箇所に限定されます。
たとえば、膝下水深の浅瀬では流速が早く礫や玉石ですが、淵では流速が遅くなり砂が溜まりやすくなります。
そのような地形変化点は、流速も変わり川底の土質も変わり、シーバスのフィーデイングスポットとなりやすい地形といえます。
橋にできた明暗部にはアングラーが集結しますが、アングラーの密状態が苦手な方は、
リバーで地形の変化点を見つけておくと、自分だけのお気に入りの箇所を独占できたります。

これは、瀬と淵の間で釣れたフッコです。

 

これは、玉石エリアの浅瀬で釣れたフッコです。

いずれも、腹パンパンで、ベイトをたくさん吐き出しました。

 

リバーシーバスは捕食目的で遡上するためか、捕食スイッチが入った個体が多く、
フッコサイズでも、エンゼルキッスF140のような大型ルアーにバイトしてきます。
そして、真昼間でも、パールホワイトにもヒットします。

 

さて、最近の研究(日本魚類学会の講演発表)によりますと、川を遡上するシーバスはメスの個体が多いそうです。
これは、大分県下での研究の成果のようですが、生き物なので全国的にも当てはまる傾向だと思います。
だから、将来、大きくグラマラスなサイズにまで成長するポテンシャルの個体だそうです。
そのため、なるべくキープは避け、リリースしてあげましょうね。

 

<Rod>
AIMS ブラックアロー96MH
<Reel>
EXSENCE 3000BB
<PELine>
TORAY SEABASS POWERGAME 0.8号
 <Shock Leader>
TORAY POWERGAME LURE LEADER 20lb
<Joint>
FGノット

日記/一覧

 

前へ  |  次へ   | 一覧