ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2021年5月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ

COMパーティー(1)
FGノット(1)
Maria(14)
Maria COMMUNITY(4)
PEライン(1)
POCKETS(6)
YAMASHITA(1)
アイナメ(1)
アクションフィッシュ(2)
アジ(12)
アジフラッター(10)
アジング(29)
アマダイ(1)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(4)
エンゼルキッス(12)
オフショア(15)
オフショアキャスティング(4)
オフショアゲーム(2)
オフショアジギング(2)
オフショアルアー(1)
オフショア青物(2)
カーボンバイブ(4)
カサゴ(7)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キジハタ(3)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
クジメ(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(3)
サーベリング(1)
サゴシ(4)
サバ(1)
サブマリンヘッド(13)
サヨリパターン(1)
サワラ(9)
シーバス(101)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
シイラ(7)
ジギング(9)
ショアゲーム(2)
ショアトリッカー(5)
ショアプラッギング(2)
ショアブルー(2)
ショアブルーEX(4)
スカッシュ(9)
スピンシャイナー(1)
スライス(10)
スリーブ(1)
スリムクローラー(8)
スロージギング(1)
ゼロヘッド(1)
ソイ(1)
ダートスクイッド(2)
タイトスラローム(4)
タイラバ(5)
タチウオ(19)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
ダックダイブ(4)
タックル(1)
チヌ(6)
つりサミット(1)
ディープクランク(1)
デュプレックス(1)
トップウォーター(1)
ニュークロー(1)
ノット(1)
バイラバイラ(3)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
パニックベイト(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドⅡ(3)
ヒラスズキ(7)
ヒラセイゴ(1)
ヒラマサ(18)
ヒラメ(2)
ファイターズスナップ(2)
ファイターズリング(1)
フィールドスタッフ(350)
フィールドモニター(24)
フィッシングショー(10)
フェイクベイツ(5)
フェイクベイツNL-1(2)
プラグ(1)
フラペン(18)
フラペン シャロー(7)
フラペン ブルーランナー(12)
ブリ(1)
ブルースコード(15)
ブルースコードⅡ(16)
プロトモデル(1)
ボアー(2)
ホウボウ(2)
ボートゲーム(1)
ボートシーバス(1)
ポケッツ(11)
ポップクイーン(23)
マール・アミーゴ(2)
マール・アミーゴⅡ(7)
マダイ(5)
ママワームソフト(61)
マリア(39)
マルチゲーム(1)
ムーチョ・ルチア(20)
ムラソイ(4)
メタフラ(9)
メタルフリッカー(18)
メッキ(3)
メバトロボール(3)
メバリング(4)
メバル(46)
メバルプラッギング(1)
ヤリイカ(2)
ライトエギング(1)
ライトゲーム(20)
ライトジギング(3)
ライトショア(1)
ライトショアジギング(8)
ライトショアプラッギング(4)
ライトルアー(2)
ライトロック(8)
ライン(1)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(32)
リーダーライン(1)
リトルビット(1)
リトルビットAH(1)
リライズ(6)
ローデッド(5)
ロゴマーク(1)
ロックショア(5)
ロックショアプラッギング(1)
ロックフィッシュ(4)
ワカナ(1)
ワラサ(1)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(39)
沖磯キャンプ(1)
河川(1)
河野 浩二(23)
河野浩二(30)
郡山 善充(2)
玄界灘(1)
五目ジギング(1)
香西 宗正(11)
香西宗正(24)
根魚(1)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
春の青物祭り(1)
春磯シーバス(1)
庄三郎丸(1)
新潟フィッシングショー(6)
真鯛(2)
西田 学(17)
青物(70)
石井 栄治(5)
千葉県干潟(1)
相模湾(4)
太刀魚(1)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(26)
大森崇弘(29)
稚鮎(1)
中山 剛(18)
中山剛(21)
釣りいろは(1)
渡辺 俊夫(37)
渡辺俊夫(28)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(24)
福元和孝(40)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

マリア - フィールドスタッフブログ詳細

2021/04/23 16:48 春の五目ジギング by大森崇弘

タグ: フィールドスタッフ  大森 崇弘  五目ジギング  アマダイ  ヒラメ  ホウボウ 

ベイトの種類が豊富な春シーズンは、五目ジギングが楽しくなります。
この釣りにおいては、何が釣れるかわからないので、
上がってくるまで のドキドキ感がたまらない楽しみの一つです。

釣り方は、
青物狙いの様なワンピッチのジャークでは無く
ジグの着底後に、ロッドで高く持ち上げて、ゆっくりフォールさせて誘い続けるフォールジギングです。
この釣り方で青物も来ますが、メインは「底物中心の色の付いた魚」です。

 

そして、最も釣りたい魚の一つが、アマダイです。
泥底を好むこの魚も、もちろんフィッシュイーター。
最近では少し話題になっていますが、言わずと知れた高級魚で、食べて良し!
釣り味も最高!の全てにおいて満足できるターゲットです。

次に、ヒラメ
この魚は、砂地生息のイメージが強いのですが、
意外と岩礁帯交じりにポイントで高確率にヒットします。

 

さて、これらの釣り方に理想的なジグは、「センター重心でヒラヒラとフォールする」もの。
Mariaではメタルフリッカーが大活躍します。
重さは底物中心なので、もちろん何度も底が取れる重さが絶対条件で、その上でより軽いものがベスト。
春は潮がよく動いたり、動かなかったりと変化が激しいので、その時々で調整して下さい。
ゆっくり落ちるものがベストか?と言えばそうでは無く、その時々でアタリの多いフォールスピードが存在します。
ゲットが不特定だけに、こればかりは仕方がありませんが、アピール時間を意識するならば、出来る限りゆっくりの方が良いので、ジグのウェイトは軽くしていく方が良いです。

逆にシャクッた後のフォールし始めで、リアクションバイト的なヒットが多い時は、
重くしてやると良いような気がします。


シーズンオフとされるタチウオだって、船からの釣りならばまだまだチャンスがあります。

 

ホウボウも最近では、狙って釣れるジギングのターゲットです。

その他、ハタ類・カサゴ類をメインに、青物・サワラ等多魚種が釣れるので、
この春は是非、五目ジギングに注目してくださいね。

日記/一覧

 

前へ  |  次へ   | 一覧