ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2021年6月 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

タグ

COMパーティー(1)
FGノット(1)
GoPro(1)
Maria(14)
Maria COMMUNITY(4)
PEライン(1)
POCKETS(6)
YAMASHITA(1)
アイナメ(1)
アクションフィッシュ(2)
アジ(12)
アジフラッター(10)
アジング(29)
アマダイ(1)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(4)
エンゼルキッス(12)
オフショア(15)
オフショアキャスティング(4)
オフショアゲーム(2)
オフショアジギング(2)
オフショアルアー(1)
オフショア青物(2)
カーボンバイブ(4)
カサゴ(8)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キジハタ(3)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
クジメ(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(3)
サーベリング(1)
サゴシ(4)
サバ(1)
サブマリンヘッド(13)
サヨリパターン(1)
サワラ(9)
シーバス(103)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
シイラ(7)
ジギング(9)
ショアゲーム(2)
ショアトリッカー(5)
ショアプラッギング(2)
ショアブルー(2)
ショアブルーEX(4)
スカッシュ(9)
スピンシャイナー(1)
スライス(10)
スリーブ(1)
スリムクローラー(8)
スロージギング(1)
ゼロヘッド(1)
ソイ(1)
ダートスクイッド(2)
タイトスラローム(4)
タイラバ(5)
タチウオ(19)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
ダックダイブ(4)
タックル(1)
チヌ(6)
つりサミット(1)
ディープクランク(1)
デュプレックス(1)
トップウォーター(1)
ニュークロー(1)
ノット(1)
バイラバイラ(3)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
パニックベイト(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドⅡ(3)
ヒラスズキ(7)
ヒラセイゴ(1)
ヒラマサ(18)
ヒラメ(2)
ファイターズスナップ(2)
ファイターズリング(1)
フィールドスタッフ(352)
フィールドモニター(24)
フィッシングショー(10)
フェイクベイツ(5)
フェイクベイツNL-1(2)
プラグ(1)
フラペン(18)
フラペン シャロー(7)
フラペン ブルーランナー(12)
ブリ(1)
ブルースコード(15)
ブルースコードⅡ(16)
プロトモデル(1)
ボアー(2)
ホウボウ(2)
ボートゲーム(1)
ボートシーバス(1)
ポケッツ(11)
ポップクイーン(23)
マール・アミーゴ(2)
マール・アミーゴⅡ(7)
マダイ(5)
ママワームソフト(62)
マリア(39)
マルチゲーム(1)
ムーチョ・ルチア(20)
ムラソイ(4)
メタフラ(9)
メタルフリッカー(18)
メッキ(3)
メバトロボール(3)
メバリング(4)
メバル(47)
メバルプラッギング(1)
ヤリイカ(2)
ライトエギング(1)
ライトゲーム(20)
ライトジギング(3)
ライトショア(1)
ライトショアジギング(8)
ライトショアプラッギング(4)
ライトルアー(2)
ライトロック(8)
ライン(1)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(32)
リーダーライン(1)
リトルビット(1)
リトルビットAH(1)
リライズ(6)
ローデッド(5)
ロゴマーク(1)
ロックショア(5)
ロックショアプラッギング(1)
ロックフィッシュ(4)
ワカナ(1)
ワラサ(1)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(39)
沖磯キャンプ(1)
河川(1)
河野 浩二(23)
河野浩二(30)
郡山 善充(2)
玄界灘(1)
五目ジギング(1)
香西 宗正(11)
香西宗正(24)
根魚(1)
撮影(1)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
春の青物祭り(1)
春磯シーバス(1)
庄三郎丸(1)
新潟フィッシングショー(6)
真鯛(2)
西田 学(17)
青物(70)
石井 栄治(5)
千葉県干潟(1)
相模湾(4)
太刀魚(1)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(26)
大森崇弘(29)
稚鮎(1)
中山 剛(18)
中山剛(21)
釣りいろは(1)
渡辺 俊夫(38)
渡辺俊夫(28)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(25)
福元和孝(40)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

マリア - フィールドスタッフブログ詳細

2020/11/25 00:00 カジノアイランド「隠岐諸島」でヒラマサキャステイングゲーム by福元和孝

タグ: フィールドスタッフ  福元 和孝  ローデッド  ラピード  ヒラマサ  青物 

今年の秋は週末毎に時化が重なり、なかなか釣行のタイミングが合わない状況です。
日頃の行いが悪いのかな・・・?
平日なら凪の日もありますけど、仕事柄休めそうにないので、辛抱の日々です。
そんな中、シーズン中の土日は半年先まで予約が埋まっている人気船の
トラスト(SaltWater Fishing Guide TRUST)さんの日程表を眺めていると、
なんと数日先の土曜日に1名空きがあったので、リアクションバイトしてしまいました。
1時間半かけて向かう先は、一発が狙える別名カジノアイランドこと、隠岐諸島です。


ヒラマサキャスティングといえば、行けば誰でも必ず釣れると思われがちですが、実はそうでもありません。
日にもよりますが、活性が低い日であれば坊主もありえます。
私のざっくりとした感覚でいえば、一日のうちバイトが平均5回ぐらいでしょうか。
いや、もっとチャンスは多いかな。
そのうち、何本ランデイングにまで持ち込めるか?ということなります。
ヒラマサキャステイングは、ヒットさせるまでが釣りではなく、ランディングするまでが釣りです。
ヒラマサは想像以上に、フッキングやランデイングが簡単じゃない魚だと思います。
そこが魅力的です。

さて、この日使用したルアーは、ローデッドF180です。
使用するルアーは好みもありますが、朝一番は活性が高いので、まずはアピール力重視です。
自分の中での実績もあるので、まずは手堅くいこうということもあり、このルアーから開始してみました。


当日のメンバーは船首のデッキで4人、船尾で2名の合計6人です。
その6人が同時にキャストするので、誰にヒットするのかという競争意識もあります。
この日の朝一発目は、私のローデッドにド派手な水柱を立てたヒラマサが横から襲い掛かり、いきなりヒットです。
ヒットと同時に船に向かって走り出し、超高速で巻き上げるもラインテンションが甘く、急いでロッドを立てようとしてしまいフックオフ!
ばらしの原因は理解していますが、超久しぶりのヒラマサキャステイングで我を忘れていました。
その後、我慢の時間がずっと続き、ようやく昼前にヒット。


場所を移動し、ラピードF190に変えて、またヒット。


さて、私なりのヒラマサキャステイングゲームでの、留意点を整理してみます。


<リトリーブ>
複数人で平行してキャストすることになります。
ヒラマサ視線で考えますと、より目立つ動きのルアーに>ロックオンし、そのルアーに追尾します。
ここでヒラマサの側線を刺激するルアーの動きでいえば、音、泡、スピードといった要素が挙げられます。
おそらく、その他にサイズや明滅等もあると思います。
私の場合、ダイビングペンシル(ここではラピードやローデッド等)が着水してから10mぐらいは超高速で巻いてみたり、
時々水面から飛び出し水泡がでるぐらいまで高速に巻き上げ、徐々にホウキを履く要領で標準的に巻いたりと、
変化をつけたりすると効果的です。時にヒラマサは、回収時のような高速巻き上げにだけ反応することもあります。
とにかく、単調でゆっくりとしたリトリーブは、個人的にはNGです。


<フッキング>
ヒラマサがルアーに触った瞬間からフッキングするまでは、何度もアタックしてくることがあります。
最初に水柱等が立っても、ずっしりと重みを感じるまでは竿は立てずに、リールの巻き上げだけでルアーを操作し、
確実にフッキングし海底に潜りだしてから、落ち着いて竿を立てる。
フッキングが不十分なままロッドを立てようとするとバレやすいので、個人的にはNGです。
とにかく竿を早く立てようとせずに、ラインテンションを緩めないことだけに注意を払ってみてください。


<ランデイング>
ネットに収める時、水面から上に出るとヒラマサは大暴れするので、ここは特に落ち着いて。
基本的には水面直下で魚をコントロールしながらの、ネットインされる方(船長等)との共同作業です。
無理して浮かして、水面から魚が飛び出さないように心がける必要があります。
それと、ランデイング時にフックが外れた場合、ルアーが飛び出す進行方向に人が居ないようにしてください。
ネットインされる方に向かって飛んでいくと危ないです。

といった、ダイビングペンシルを使ったヒラマサキャスティングゲームのウンチクを述べてみましたので、ご参考にしてください。

これからがオオサマが釣れるシーズンです。
皆さんも、Mariaのトップウォータープラグをそろえて、ヒラマサキャステイングにいってみませんか。


ところで2020年9月1日(火)0:00~2020年11月30日(月)23:59の応募期間で、
マリア秋の青物祭りが開催されています。11月末まで残りわずかです。
キャンペーン内容は、↓をご覧ください。

http://www.yamaria.co.jp/maria/instagram-campaign_autumn

豪華なプレゼントが当たるかも!

日記/一覧

 

前へ  |  次へ   | 一覧