ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2022年6月 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ

COMパーティー(1)
FGノット(1)
GoPro(1)
Maria(14)
Maria COMMUNITY(4)
PEライン(1)
POCKETS(6)
YAMASHITA(1)
アイナメ(1)
アクションフィッシュ(2)
アジ(12)
アジフラッター(10)
アジング(29)
アマダイ(1)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(4)
エンゼルキッス(12)
オフショア(16)
オフショアキャスティング(4)
オフショアゲーム(2)
オフショアジギング(2)
オフショアルアー(1)
オフショア青物(2)
カーボンバイブ(4)
カサゴ(9)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キジハタ(4)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
クジメ(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(3)
サーベリング(1)
サゴシ(4)
サバ(1)
サブマリンヘッド(13)
サヨリパターン(1)
サワラ(9)
シーバス(105)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
シイラ(8)
ジギング(9)
ショアゲーム(2)
ショアトリッカー(5)
ショアプラッギング(2)
ショアブルー(2)
ショアブルーEX(4)
スカッシュ(9)
スピンシャイナー(1)
スライス(11)
スリーブ(1)
スリムクローラー(8)
スロージギング(1)
ゼロヘッド(1)
ソイ(1)
ダートスクイッド(2)
タイトスラローム(4)
タイラバ(5)
タチウオ(19)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
ダックダイブ(4)
タックル(1)
チヌ(6)
つりサミット(1)
ディープクランク(1)
デュプレックス(1)
トップウォーター(1)
ニュークロー(1)
ノット(1)
バイラバイラ(3)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
パニックベイト(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドⅡ(3)
ヒラアジ(1)
ヒラスズキ(7)
ヒラセイゴ(1)
ヒラマサ(18)
ヒラメ(2)
ファイターズスナップ(2)
ファイターズリング(1)
フィールドスタッフ(357)
フィールドモニター(24)
フィッシングショー(10)
フェイクベイツ(5)
フェイクベイツNL-1(2)
プラグ(1)
フラペン(18)
フラペン シャロー(7)
フラペン ブルーランナー(12)
ブリ(2)
ブルースコード(16)
ブルースコードⅡ(16)
プロトモデル(1)
ボアー(2)
ホウボウ(2)
ボートゲーム(1)
ボートシーバス(1)
ポケッツ(11)
ポップクイーン(23)
マール・アミーゴ(2)
マール・アミーゴⅡ(8)
マダイ(5)
ママワームソフト(62)
マリア(39)
マルチゲーム(1)
ムーチョ・ルチア(20)
ムラソイ(4)
メタフラ(9)
メタルフリッカー(19)
メッキ(3)
メバトロボール(3)
メバリング(4)
メバル(47)
メバルプラッギング(1)
ヤリイカ(2)
ライトエギング(1)
ライトゲーム(20)
ライトジギング(3)
ライトショア(1)
ライトショアジギング(8)
ライトショアプラッギング(4)
ライトルアー(2)
ライトロック(8)
ライン(1)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(32)
リーダーライン(1)
リトルビット(1)
リトルビットAH(1)
リライズ(7)
レガート(1)
ローデッド(5)
ロゴマーク(1)
ロックショア(5)
ロックショアプラッギング(2)
ロックフィッシュ(4)
ワカナ(1)
ワラサ(1)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(39)
沖磯キャンプ(1)
河川(1)
河野 浩二(23)
河野浩二(30)
郡山 善充(2)
玄界灘(1)
五目ジギング(1)
香西 宗正(11)
香西宗正(24)
根魚(1)
撮影(1)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
秋の青物祭り(3)
春の青物祭り(1)
春磯シーバス(1)
庄三郎丸(1)
新潟フィッシングショー(6)
真鯛(2)
西田 学(17)
青物(70)
石井 栄治(5)
千葉県干潟(1)
相模湾(4)
太刀魚(1)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(27)
大森崇弘(29)
稚鮎(1)
中山 剛(18)
中山剛(21)
釣りいろは(1)
渡辺 俊夫(39)
渡辺俊夫(28)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(27)
福元和孝(40)
友寄 勝実(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

マリア - フィールドスタッフブログ詳細

2019/09/18 17:01 メッキシーズン到来 by大森崇弘

タグ: フィールドスタッフ  大森崇弘  チヌ  メッキ  ポケッツ 

今年は、メッキが当たり年です。
メッキとは、南方系のロウニンアジ、ギンガメアジ、カスミアジの幼魚の総称で、黒潮に乗って回遊してきます。
したがって、黒潮の接岸状況により、年によるムラが激しいのですが、今年は、大当たりの年となりました。
主なポイントは、河口域ですが、幼少期は色んな場所で生息する為、漁港や、サーフ、磯場等のシャローエリアで手軽に釣ることが出来ます。
釣り方は、小型ルアーのトゥッチングがメイン。
活発で食欲旺盛な魚なので、激しい動きを見せて興奮さすのがポイント。
こんな釣り方だから、数を狙うとなると、ルアーローテーションをこまめに行い、アクションを次々と変えていく必要があり
そこが、ゲームフィッシュとして、一番楽しい所ですね。
そして、そんなローテーションとして一発目に投げるのが、トップ系ルアー。

ポップクィーンF50はこの釣りの定番。
また、チェイスなどは、波紋という形で示してくれるので、居場所を探る段階の釣りにも最適。
もう少し、移動スピードを押さえて、細かいダートアクションで食わせたいと思うならば、ポケッツ・ペンシルがお勧め。
これは、軽い力で簡単にドッグウォーキングを繰り返すので、初心者にも扱いやすいルアーになります。

チェイスの多い場所を見つけたのにも関わらず、水面への出が悪いとか、ミスバイトばかりという時には、ポケッツ・ダート。
スローなトゥイッチを入れることで、左右のダートとフォールが入るので、比較的、食わせやすいルアーになります。

そして、定番となるのが、ミノー系。
日が高く上がった真昼間等で、どの魚の活性も低くなるタイミングは、水面下のイレギュラーアクションで
広範囲を探る為に、ポケッツ・ミノーの小刻みトゥイッチングがベスト。

 


このアクションに於いて、反射さすか、させないか、は、透明度と、追い方で判断してもらいたい。
水色が底まで見える程、透明度が高い時は、クリア系の方が釣れる様な気がします。
そして、何をやっても気配が無い時間帯は、リトルビット3gのリフト&フォール。
ジグは、追尾があった時に、シンペン的な使い方も出来るので、順応性が高いのも特徴です。
一つは持っておいて欲しいルアーになります。

メッキは、このようにゲーム性が高く、短時間でも結果を出せる所が、おススメ。
私は、仕事上がりの2時間程度の遊びとして、楽しんでおります。
そして、20cm前後の小型魚を釣るライトゲームですが、生息域が同じフィッシュイーターの外道も多いのが
さらに、この釣りを面白くさせる所。
小型の青物や、シーバス、チヌなどの魚影も多く、よくヒットするので、この秋シーズン、是非、楽しんでみてくださいね。
徐々に数は減ってくると思いますが、年内一杯は、狙えると思います。


日記/一覧

 

前へ  |  次へ   | 一覧