ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2022年1月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ

COMパーティー(1)
FGノット(1)
GoPro(1)
Maria(14)
Maria COMMUNITY(4)
PEライン(1)
POCKETS(6)
YAMASHITA(1)
アイナメ(1)
アクションフィッシュ(2)
アジ(12)
アジフラッター(10)
アジング(29)
アマダイ(1)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(4)
エンゼルキッス(12)
オフショア(16)
オフショアキャスティング(4)
オフショアゲーム(2)
オフショアジギング(2)
オフショアルアー(1)
オフショア青物(2)
カーボンバイブ(4)
カサゴ(9)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キジハタ(4)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
クジメ(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(3)
サーベリング(1)
サゴシ(4)
サバ(1)
サブマリンヘッド(13)
サヨリパターン(1)
サワラ(9)
シーバス(105)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
シイラ(8)
ジギング(9)
ショアゲーム(2)
ショアトリッカー(5)
ショアプラッギング(2)
ショアブルー(2)
ショアブルーEX(4)
スカッシュ(9)
スピンシャイナー(1)
スライス(11)
スリーブ(1)
スリムクローラー(8)
スロージギング(1)
ゼロヘッド(1)
ソイ(1)
ダートスクイッド(2)
タイトスラローム(4)
タイラバ(5)
タチウオ(19)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
ダックダイブ(4)
タックル(1)
チヌ(6)
つりサミット(1)
ディープクランク(1)
デュプレックス(1)
トップウォーター(1)
ニュークロー(1)
ノット(1)
バイラバイラ(3)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
パニックベイト(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドⅡ(3)
ヒラアジ(1)
ヒラスズキ(7)
ヒラセイゴ(1)
ヒラマサ(18)
ヒラメ(2)
ファイターズスナップ(2)
ファイターズリング(1)
フィールドスタッフ(357)
フィールドモニター(24)
フィッシングショー(10)
フェイクベイツ(5)
フェイクベイツNL-1(2)
プラグ(1)
フラペン(18)
フラペン シャロー(7)
フラペン ブルーランナー(12)
ブリ(2)
ブルースコード(16)
ブルースコードⅡ(16)
プロトモデル(1)
ボアー(2)
ホウボウ(2)
ボートゲーム(1)
ボートシーバス(1)
ポケッツ(11)
ポップクイーン(23)
マール・アミーゴ(2)
マール・アミーゴⅡ(8)
マダイ(5)
ママワームソフト(62)
マリア(39)
マルチゲーム(1)
ムーチョ・ルチア(20)
ムラソイ(4)
メタフラ(9)
メタルフリッカー(19)
メッキ(3)
メバトロボール(3)
メバリング(4)
メバル(47)
メバルプラッギング(1)
ヤリイカ(2)
ライトエギング(1)
ライトゲーム(20)
ライトジギング(3)
ライトショア(1)
ライトショアジギング(8)
ライトショアプラッギング(4)
ライトルアー(2)
ライトロック(8)
ライン(1)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(32)
リーダーライン(1)
リトルビット(1)
リトルビットAH(1)
リライズ(7)
レガート(1)
ローデッド(5)
ロゴマーク(1)
ロックショア(5)
ロックショアプラッギング(2)
ロックフィッシュ(4)
ワカナ(1)
ワラサ(1)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(39)
沖磯キャンプ(1)
河川(1)
河野 浩二(23)
河野浩二(30)
郡山 善充(2)
玄界灘(1)
五目ジギング(1)
香西 宗正(11)
香西宗正(24)
根魚(1)
撮影(1)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
秋の青物祭り(3)
春の青物祭り(1)
春磯シーバス(1)
庄三郎丸(1)
新潟フィッシングショー(6)
真鯛(2)
西田 学(17)
青物(70)
石井 栄治(5)
千葉県干潟(1)
相模湾(4)
太刀魚(1)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(27)
大森崇弘(29)
稚鮎(1)
中山 剛(18)
中山剛(21)
釣りいろは(1)
渡辺 俊夫(39)
渡辺俊夫(28)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(27)
福元和孝(40)
友寄 勝実(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

マリア - フィールドスタッフブログ詳細

2019/08/27 09:11 やってきました太刀魚シーズン by大森崇弘

タグ: フィールドスタッフ  大森 崇弘  タチウオ  マール・アミーゴ  フラペン 

近年、関西で猛烈な人気の出ている釣りが、波止からの太刀魚釣りである。
潮具合や天候などに関係なく、朝夕のマズメ時に時合が訪れるので、土日の休日に拘ることなく釣りが出来る上
テンヤ、ウキ釣り、ワインド、ルアーと釣り方も様々なので、老若男女問わず楽しめる所も魅力の一つですね。
さて、ここではルアー釣りについて紹介したいと思います。
太刀魚は、時合にシビアながら、高活性時なら、動くものなら何でも襲う程、獰猛な魚である。
それゆえに、釣れないルアーなど無いくらいですが、時間帯とレンジにより、大きく分けて3タイプ必要になります。
まずは、朝夕のマズメ時の真っただ中には、バイブレーションがお勧め。

遠投性は、勿論のこと、カウントダウンすることで、レンジの調整が可能。
そして、渋い時の食わせのアクションとして、リフト&フォールもさせる事が出来ます。
特に、マールアミーゴ80太刀魚SPは、全色ゼブラグローとなっているので、太刀魚へのアピールも良いし、釣り人側からしても暗い時に使い易いのが良いですね。

次は、時合待ちのタイミングで必要なものは、ジグ。
これは、使用タックルによりウエイトを選別してもらえれば良いが、20~50gがベストになります。
時合待ちとは、いわゆる明るい時間帯の事で、夜明け後の朝とか、夕方の時間帯。
意識するのは、遠くの深場。
使い方は、無条件でフル遠投して、着底が主。
ボトムを意識して、スローなワンピッチジャークが定番です。

そして、最後は夏から秋シーズンにお勧めとなるのが、フラペンS85です。
これは、シーバス用のルアーですが、よく飛んで、引き抵抗が強く、バタバタと動くのでアピール力が高い所が強み。

このルアーは、明るい時にベイトが終われている状況に遭遇したときに、効果を発揮します。
イワシや、イナっ子が水面まで追われ、バシャバシャとしている状況では、
太刀魚は水面ばかりを意識しているので、沈める釣りに反応しない時があります。
そんな時の攻め方は、シンペンか、ミノーか、フラペンか?という選択肢になった時、
ミノーは、飛距離不足を招くときがあり、シンペンはラインにたわみを作ると、ショートバイトがアワセきれません。
また、たわみの出ない速度で引くと、太刀魚が追いきれない。と言うことで、よく飛んで、引き抵抗があるフラペンが
ショートバイトの即アワセにも対応出来て、非常に使い易いルアーになります。
現在の関西では、すでにチラホラと上がり始めています。
この稿が出る頃には、数釣りシーズンに突入しているかもね。
今回は、ルアーでの釣りを紹介しましたが、太刀魚釣りは、どの釣りも比較的に手軽なので、この機会に是非チャレンジしてみてくださいね。

日記/一覧

 

前へ  |  次へ   | 一覧