ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2021年11月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

タグ

COMパーティー(1)
FGノット(1)
GoPro(1)
Maria(14)
Maria COMMUNITY(4)
PEライン(1)
POCKETS(6)
YAMASHITA(1)
アイナメ(1)
アクションフィッシュ(2)
アジ(12)
アジフラッター(10)
アジング(29)
アマダイ(1)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(4)
エンゼルキッス(12)
オフショア(16)
オフショアキャスティング(4)
オフショアゲーム(2)
オフショアジギング(2)
オフショアルアー(1)
オフショア青物(2)
カーボンバイブ(4)
カサゴ(9)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キジハタ(4)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
クジメ(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(3)
サーベリング(1)
サゴシ(4)
サバ(1)
サブマリンヘッド(13)
サヨリパターン(1)
サワラ(9)
シーバス(105)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
シイラ(8)
ジギング(9)
ショアゲーム(2)
ショアトリッカー(5)
ショアプラッギング(2)
ショアブルー(2)
ショアブルーEX(4)
スカッシュ(9)
スピンシャイナー(1)
スライス(11)
スリーブ(1)
スリムクローラー(8)
スロージギング(1)
ゼロヘッド(1)
ソイ(1)
ダートスクイッド(2)
タイトスラローム(4)
タイラバ(5)
タチウオ(19)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
ダックダイブ(4)
タックル(1)
チヌ(6)
つりサミット(1)
ディープクランク(1)
デュプレックス(1)
トップウォーター(1)
ニュークロー(1)
ノット(1)
バイラバイラ(3)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
パニックベイト(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドⅡ(3)
ヒラアジ(1)
ヒラスズキ(7)
ヒラセイゴ(1)
ヒラマサ(18)
ヒラメ(2)
ファイターズスナップ(2)
ファイターズリング(1)
フィールドスタッフ(357)
フィールドモニター(24)
フィッシングショー(10)
フェイクベイツ(5)
フェイクベイツNL-1(2)
プラグ(1)
フラペン(18)
フラペン シャロー(7)
フラペン ブルーランナー(12)
ブリ(2)
ブルースコード(16)
ブルースコードⅡ(16)
プロトモデル(1)
ボアー(2)
ホウボウ(2)
ボートゲーム(1)
ボートシーバス(1)
ポケッツ(11)
ポップクイーン(23)
マール・アミーゴ(2)
マール・アミーゴⅡ(8)
マダイ(5)
ママワームソフト(62)
マリア(39)
マルチゲーム(1)
ムーチョ・ルチア(20)
ムラソイ(4)
メタフラ(9)
メタルフリッカー(19)
メッキ(3)
メバトロボール(3)
メバリング(4)
メバル(47)
メバルプラッギング(1)
ヤリイカ(2)
ライトエギング(1)
ライトゲーム(20)
ライトジギング(3)
ライトショア(1)
ライトショアジギング(8)
ライトショアプラッギング(4)
ライトルアー(2)
ライトロック(8)
ライン(1)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(32)
リーダーライン(1)
リトルビット(1)
リトルビットAH(1)
リライズ(7)
レガート(1)
ローデッド(5)
ロゴマーク(1)
ロックショア(5)
ロックショアプラッギング(2)
ロックフィッシュ(4)
ワカナ(1)
ワラサ(1)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(39)
沖磯キャンプ(1)
河川(1)
河野 浩二(23)
河野浩二(30)
郡山 善充(2)
玄界灘(1)
五目ジギング(1)
香西 宗正(11)
香西宗正(24)
根魚(1)
撮影(1)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
秋の青物祭り(3)
春の青物祭り(1)
春磯シーバス(1)
庄三郎丸(1)
新潟フィッシングショー(6)
真鯛(2)
西田 学(17)
青物(70)
石井 栄治(5)
千葉県干潟(1)
相模湾(4)
太刀魚(1)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(27)
大森崇弘(29)
稚鮎(1)
中山 剛(18)
中山剛(21)
釣りいろは(1)
渡辺 俊夫(39)
渡辺俊夫(28)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(27)
福元和孝(40)
友寄 勝実(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

マリア - フィールドスタッフブログ詳細

2018/07/03 14:23 夏のショア太刀魚 by大森崇弘

タグ: フィールドスタッフ  大森 崇弘  タチウオ  マール・アミーゴⅡ 

今回は、夏のショア太刀魚の紹介です。
関西は、厳寒期の一時期を除いては、ほぼ周年、ショアから太刀魚が狙える地域ですが
その中で、ピークを迎えるのが、夏と秋。
夏太刀は、例年、春後半から釣れ始めるのですが、今年は、少し遅れています。
ですが、この時期は平均サイズが良い所が魅力。
数釣りには少し厳しい時期ですが、釣れればアベレージで指4本位
メーターオーバーもチラホラと混ざる時期なので、私は好んで釣行を繰り返しています。
さて、狙い方ですが太刀魚という魚は、何より時合が大事。
ルアーで狙う場合は、朝夕のマズメ時にバタバタ~っと釣れて終わり。
それが一般的なパターン。
灯り下などの付き場を見つければ別ですが、今回は、一般的なパターンの紹介をしたいと思います。
まず、最も釣れる時間帯は30分程度。
正直、ルアーローテーションで当日のヒットパターンなんて探っている間が無いのが現状。
だから、得意ルアーを数種類に決めておくのが得策でしょう。
朝夕の明るい時間は、遠投性があり、ボトムを探れるという条件で、ジグが有力ですが
いざ本番というタイミングは、やはり、レンジを刻めるという理由で
ワインドか、バイブレーションか、という選択になると思います。
最近は、ワインドが主流ですね。
そんな中、私は、バイブレーションに拘りが有ります。
と言うのは、遠投性が優れている事と、ボディーに対して、フックの割合が高い事。
太刀魚のように歯のある魚は、エサを噛んでロックする習性があります。
それが、ショートバイトの原因であり、針掛かりの悪さになっています。
私が、よく使うマールアミーゴⅡは全長8cm。
それに、#4番フックを付けると、ルアーの何処を噛んでも、フックに触れるという状況が再現できます。

ご覧の様なフッキングのイメージです。

また、フッキング後に頬や、背中に、もう一つのフックが掛かることも
バレ易さを解消してくれていると思います。
時合集中型だからこそ、この拘りは大事かと思います。
そして、釣り方はとりあえず思いっきり投げる。
5カウント沈める。
トゥイッチを織り交ぜてリトリーブ。
次、10カウント沈める。
トゥイッチを織り交ぜてリトリーブ。
次、15カウント沈める。
みたいな感じで、アタリの出る層を探り、そのアタリ棚でしつこく粘るだけ。
操作的には、誰でも出来て、時合になれば、皆にアタリが出る釣りです。
釣果差が出るのは、フッキング率と手返し。
コツさえ掴めは、誰でも手軽に出来る釣りがショア太刀魚ですね。
また、短時間の時合集中型というのも魅力的。
休みじゃなくても、平日でも出来る。
毎年、猛暑と言われる近年の夏ですが、朝夕のタイミングだけ、効率よく楽しんでみませんか?

タックルは、エギングロッド、シーバスロッド、ライトショアジギングロッドなどでOKです。

日記/一覧

 

前へ  |  次へ   | 一覧