ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2021年11月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

タグ

COMパーティー(1)
FGノット(1)
GoPro(1)
Maria(14)
Maria COMMUNITY(4)
PEライン(1)
POCKETS(6)
YAMASHITA(1)
アイナメ(1)
アクションフィッシュ(2)
アジ(12)
アジフラッター(10)
アジング(29)
アマダイ(1)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(4)
エンゼルキッス(12)
オフショア(16)
オフショアキャスティング(4)
オフショアゲーム(2)
オフショアジギング(2)
オフショアルアー(1)
オフショア青物(2)
カーボンバイブ(4)
カサゴ(9)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キジハタ(4)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
クジメ(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(3)
サーベリング(1)
サゴシ(4)
サバ(1)
サブマリンヘッド(13)
サヨリパターン(1)
サワラ(9)
シーバス(105)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
シイラ(8)
ジギング(9)
ショアゲーム(2)
ショアトリッカー(5)
ショアプラッギング(2)
ショアブルー(2)
ショアブルーEX(4)
スカッシュ(9)
スピンシャイナー(1)
スライス(11)
スリーブ(1)
スリムクローラー(8)
スロージギング(1)
ゼロヘッド(1)
ソイ(1)
ダートスクイッド(2)
タイトスラローム(4)
タイラバ(5)
タチウオ(19)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
ダックダイブ(4)
タックル(1)
チヌ(6)
つりサミット(1)
ディープクランク(1)
デュプレックス(1)
トップウォーター(1)
ニュークロー(1)
ノット(1)
バイラバイラ(3)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
パニックベイト(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドⅡ(3)
ヒラアジ(1)
ヒラスズキ(7)
ヒラセイゴ(1)
ヒラマサ(18)
ヒラメ(2)
ファイターズスナップ(2)
ファイターズリング(1)
フィールドスタッフ(357)
フィールドモニター(24)
フィッシングショー(10)
フェイクベイツ(5)
フェイクベイツNL-1(2)
プラグ(1)
フラペン(18)
フラペン シャロー(7)
フラペン ブルーランナー(12)
ブリ(2)
ブルースコード(16)
ブルースコードⅡ(16)
プロトモデル(1)
ボアー(2)
ホウボウ(2)
ボートゲーム(1)
ボートシーバス(1)
ポケッツ(11)
ポップクイーン(23)
マール・アミーゴ(2)
マール・アミーゴⅡ(8)
マダイ(5)
ママワームソフト(62)
マリア(39)
マルチゲーム(1)
ムーチョ・ルチア(20)
ムラソイ(4)
メタフラ(9)
メタルフリッカー(19)
メッキ(3)
メバトロボール(3)
メバリング(4)
メバル(47)
メバルプラッギング(1)
ヤリイカ(2)
ライトエギング(1)
ライトゲーム(20)
ライトジギング(3)
ライトショア(1)
ライトショアジギング(8)
ライトショアプラッギング(4)
ライトルアー(2)
ライトロック(8)
ライン(1)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(32)
リーダーライン(1)
リトルビット(1)
リトルビットAH(1)
リライズ(7)
レガート(1)
ローデッド(5)
ロゴマーク(1)
ロックショア(5)
ロックショアプラッギング(2)
ロックフィッシュ(4)
ワカナ(1)
ワラサ(1)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(39)
沖磯キャンプ(1)
河川(1)
河野 浩二(23)
河野浩二(30)
郡山 善充(2)
玄界灘(1)
五目ジギング(1)
香西 宗正(11)
香西宗正(24)
根魚(1)
撮影(1)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
秋の青物祭り(3)
春の青物祭り(1)
春磯シーバス(1)
庄三郎丸(1)
新潟フィッシングショー(6)
真鯛(2)
西田 学(17)
青物(70)
石井 栄治(5)
千葉県干潟(1)
相模湾(4)
太刀魚(1)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(27)
大森崇弘(29)
稚鮎(1)
中山 剛(18)
中山剛(21)
釣りいろは(1)
渡辺 俊夫(39)
渡辺俊夫(28)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(27)
福元和孝(40)
友寄 勝実(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

マリア - フィールドスタッフブログ詳細

2018/05/23 11:05 【久々のオフショア/玄界灘】 by岡公一郎

タグ: フィールドスタッフ  岡 公一郎  オフショア青物  ラピード 

長崎県平戸在住のフィールドスタッフ、岡 公一郎です。

ゴールデンウィーク明けに最近、ルアーゲームを始めた先輩と 久しぶりにオフショアゲームへと出かけました。

ターゲットは、キャスティングとジギングでのヒラマサとブリ。

このところの釣果では、春マサフィーバーも収まり「ブリ牧場」と聞いていたのですが

それも次第に落ち着きはじめたのか、当日は「昨日はメチャクチャ渋かった…」という船長の一言...

まあ、釣りアルアルですね。そういうの。

期待と不安を乗せ、船は一路、玄界灘へ。

先ずは、ジギングで様子を見るが、ジグが受ける潮の抵抗感が変な感じ...

モーニングサービスの一発もないまま、数回流していると少し離れた場所に鳥山発見!

タックルを持ち替え、キャスティングモードで周囲をリサーチしていると

アチラコチラに鳥が集まり始め、次第にナブラが起こりはじめた。

船は、ナブラとのタイミングを合わせながら流すコースを探り、アングラーはキャストのタイミングを待つ。

ナブラ打ちの一番ワクワクする瞬間がココだ。

鳥山の「鳥」に引っかからないようにキャストをするのは勇気がいる。

ルアーが着水しても、メインラインに鳥が引っかかってしまい

思わぬ「空中ファイト」になる可能性があるからである。

追われているベイトが何なのかはわからない。

しかし、射程距離に入ったタイミングで一斉にキャスト開始。

運よく鳥を交わし、ナブラの濃い部分に着水したルアーにドキドキしながら軽くアクションをいれる。

途端、勢い良くロッドが引っ手繰られた。

難なく浮かせネットイン。

ランディングしたのは良いサイズのブリ。

ラピード190(プロト)のフロントフックをガッチリ喰っていた。

ランディングした魚が吐き出したベイトが、何とコレ。

スプリットリングと比較しても、このサイズのベイトに合わせられるルアーはメバル用のワームぐらい?

またはブルースコードの50ミリ?

それでも、190ミリのルアーに口を使う魚は居るということである。

持論である『アンマッチ・ザ・ベイト』のパターンである。

その後はロッドを置き、同船者全員がトップで釣るまでサポート&ギャラリーとして過ごし

全員がキャッチすると船はジギングモードへ突入した。

この日は終始、バイトするけれど、なかなか乗りづらいシブイ状況下だったが

ポイントを移動する度に、小型ながらヒラマサをキャッチする事ができ、楽しい釣行となった。

ジギング2回目となる先輩↓は、次第に上手くなってきて、魚を喰わせられるようになってきた。

同じ楽しみをシェア出来る仲間が増えるのは、自分が釣る事以上に嬉しい事ですね!

先輩、また行きましょうね!!

【 「Maria 春の青物祭り Instagramキャンペーン」は5月31日まで 】

http://www.yamaria.co.jp/maria/instagram-campaign

日記/一覧

 

前へ  |  次へ   | 一覧