ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2021年1月 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ

COMパーティー(1)
Maria(12)
Maria COMMUNITY(4)
POCKETS(6)
YAMASHITA(1)
アクションフィッシュ(2)
アジ(11)
アジフラッター(10)
アジング(27)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(4)
エンゼルキッス(12)
オフショア(15)
オフショアキャスティング(4)
オフショアゲーム(2)
オフショアジギング(2)
オフショアルアー(1)
オフショア青物(2)
カーボンバイブ(4)
カサゴ(7)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キジハタ(3)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(3)
サーベリング(1)
サゴシ(4)
サブマリンヘッド(13)
サヨリパターン(1)
サワラ(9)
シーバス(99)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
シイラ(7)
ジギング(9)
ショアゲーム(2)
ショアトリッカー(5)
ショアプラッギング(2)
ショアブルー(2)
ショアブルーEX(4)
スカッシュ(9)
スピンシャイナー(1)
スライス(10)
スリムクローラー(8)
スロージギング(1)
ゼロヘッド(1)
ソイ(1)
ダートスクイッド(2)
タイトスラローム(4)
タイラバ(5)
タチウオ(19)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
ダックダイブ(4)
タックル(1)
チヌ(4)
つりサミット(1)
ディープクランク(1)
デュプレックス(1)
トップウォーター(1)
ニュークロー(1)
バイラバイラ(3)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドⅡ(3)
ヒラスズキ(7)
ヒラセイゴ(1)
ヒラマサ(17)
ヒラメ(1)
ファイターズスナップ(1)
ファイターズリング(1)
フィールドスタッフ(336)
フィールドモニター(24)
フィッシングショー(10)
フェイクベイツ(5)
フェイクベイツNL1(1)
フェイクベイツNL-1(1)
プラグ(1)
フラペン(18)
フラペン シャロー(7)
フラペン ブルーランナー(12)
ブリ(1)
ブルースコード(15)
ブルースコードⅡ(16)
プロトモデル(1)
ボアー(2)
ホウボウ(1)
ボートゲーム(1)
ボートシーバス(1)
ポケッツ(11)
ポップクイーン(22)
マール・アミーゴ(2)
マール・アミーゴⅡ(7)
マダイ(5)
ママワームソフト(56)
マリア(37)
マルチゲーム(1)
ムーチョ・ルチア(17)
ムラソイ(3)
メタフラ(9)
メタルフリッカー(18)
メッキ(3)
メバトロボール(3)
メバリング(2)
メバル(42)
メバルプラッギング(1)
ヤリイカ(1)
ライトエギング(1)
ライトゲーム(20)
ライトジギング(3)
ライトショア(1)
ライトショアジギング(8)
ライトショアプラッギング(4)
ライトルアー(2)
ライトロック(5)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(32)
リトルビットAH(1)
リライズ(6)
ローデッド(5)
ロゴマーク(1)
ロックショア(5)
ロックショアプラッギング(1)
ロックフィッシュ(4)
ワカナ(1)
ワラサ(1)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(28)
岡公一郎(11)
沖磯キャンプ(1)
河川(1)
河野 浩二(21)
河野浩二(30)
郡山 善充(2)
玄界灘(1)
香西 宗正(11)
香西宗正(24)
根魚(1)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
春磯シーバス(1)
庄三郎丸(1)
新潟フィッシングショー(6)
真鯛(2)
西田 学(3)
西田学(14)
青物(70)
石井 栄治(5)
千葉県干潟(1)
相模湾(4)
太刀魚(1)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(23)
大森崇弘(29)
稚鮎(1)
中山 剛(18)
中山剛(21)
釣りいろは(1)
渡辺 俊夫(33)
渡辺俊夫(28)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(19)
福元和孝(40)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

マリア - フィールドスタッフブログ詳細

2017/12/20 09:23 ルアーフィッシングとは? by大森崇弘

タグ: フィールドスタッフ  大森崇弘 

ルアーフィッシングとは?

ルアーフィッシングとは、ルアーを投げて巻く釣りである。

サイズやターゲットを選ばなければ、誰でも出来る釣りだと思います。

しかし、やり込めば、やり込むほど、次なる欲が待っている。

その欲の形は人それぞれ色々とあるけれど、それが、趣味としての

ルアーフィッシングじゃないのかな?と思います。

さて、どんなベテランであろうと、やはり投げ続けることは必須。

人によっては、投げているだけで楽しいなんて人もいますよね。

そこで、Mariaは、やっぱり今年も色々と考えているようですね。

気持ちよく投げれて、よく飛んで、よく釣れるものを。

先日の釣行では、そのアイテムを使って、磯ヒラを!と思いましたが、あいにくのベタ凪。

釣れないどころか、投げるタイミングも無かった。

仕方なく、沖に向かってフルキャスト。

どこかで青物を期待している自分が居てたのですが、ベタ凪で

流れも無い時は、やっぱりアカンものですね。

でも、最初に言ったように、投げているだけで楽しいと思えるものでした。

普段、届かない沖のシモリにも届くし、遠くに薄っすらと出来た潮目にも届かすことが出来た。

これって、青物やヒラスズキを狙っている人にとっては、最高のルアーだと思います。

さらに、感動したのが、小さくて重いルアーは、速く沈むものなので

必然的にファーストリトリーブの釣りが主体になってくるけれど

今回のルアーは、スローリトリーブも可能。

重くて、よく飛ぶルアーが、小さくて、ゆっくり表層を引ける!

これって、非常に釣れそうじゃないですか?

私も、テスト釣行ながら、ワクワクしながらキャスト出来ました。

ここらで、獲物の写真をドーンと見せることが出来れば、信ぴょう性が出るんですがね〜(汗)

今回は、ちょっとサプライズゲストだけでした。(笑)

それは、アオリイカ

しかも、キロアップ。

コン!って来て、ビシッ!と合わしたら、グニャ〜とロッドが曲がり、ん?

って感覚でファイトしました。(笑)

一応、名前を紹介すると、フラペンS85ヘビーとの事。

これは爆風のヒラスズキや、青物のマイクロベイトパターンには強い味方になる事、間違いなし。だと思う。

私個人、まだ結果が伴なっていないので、詳しいことは、また今度ね。

 

 

前へ  |  次へ   | 一覧