ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2022年1月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ

COMパーティー(1)
FGノット(1)
GoPro(1)
Maria(14)
Maria COMMUNITY(4)
PEライン(1)
POCKETS(6)
YAMASHITA(1)
アイナメ(1)
アクションフィッシュ(2)
アジ(12)
アジフラッター(10)
アジング(29)
アマダイ(1)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(4)
エンゼルキッス(12)
オフショア(16)
オフショアキャスティング(4)
オフショアゲーム(2)
オフショアジギング(2)
オフショアルアー(1)
オフショア青物(2)
カーボンバイブ(4)
カサゴ(9)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キジハタ(4)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
クジメ(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(3)
サーベリング(1)
サゴシ(4)
サバ(1)
サブマリンヘッド(13)
サヨリパターン(1)
サワラ(9)
シーバス(105)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
シイラ(8)
ジギング(9)
ショアゲーム(2)
ショアトリッカー(5)
ショアプラッギング(2)
ショアブルー(2)
ショアブルーEX(4)
スカッシュ(9)
スピンシャイナー(1)
スライス(11)
スリーブ(1)
スリムクローラー(8)
スロージギング(1)
ゼロヘッド(1)
ソイ(1)
ダートスクイッド(2)
タイトスラローム(4)
タイラバ(5)
タチウオ(19)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
ダックダイブ(4)
タックル(1)
チヌ(6)
つりサミット(1)
ディープクランク(1)
デュプレックス(1)
トップウォーター(1)
ニュークロー(1)
ノット(1)
バイラバイラ(3)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
パニックベイト(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドⅡ(3)
ヒラアジ(1)
ヒラスズキ(7)
ヒラセイゴ(1)
ヒラマサ(18)
ヒラメ(2)
ファイターズスナップ(2)
ファイターズリング(1)
フィールドスタッフ(357)
フィールドモニター(24)
フィッシングショー(10)
フェイクベイツ(5)
フェイクベイツNL-1(2)
プラグ(1)
フラペン(18)
フラペン シャロー(7)
フラペン ブルーランナー(12)
ブリ(2)
ブルースコード(16)
ブルースコードⅡ(16)
プロトモデル(1)
ボアー(2)
ホウボウ(2)
ボートゲーム(1)
ボートシーバス(1)
ポケッツ(11)
ポップクイーン(23)
マール・アミーゴ(2)
マール・アミーゴⅡ(8)
マダイ(5)
ママワームソフト(62)
マリア(39)
マルチゲーム(1)
ムーチョ・ルチア(20)
ムラソイ(4)
メタフラ(9)
メタルフリッカー(19)
メッキ(3)
メバトロボール(3)
メバリング(4)
メバル(47)
メバルプラッギング(1)
ヤリイカ(2)
ライトエギング(1)
ライトゲーム(20)
ライトジギング(3)
ライトショア(1)
ライトショアジギング(8)
ライトショアプラッギング(4)
ライトルアー(2)
ライトロック(8)
ライン(1)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(32)
リーダーライン(1)
リトルビット(1)
リトルビットAH(1)
リライズ(7)
レガート(1)
ローデッド(5)
ロゴマーク(1)
ロックショア(5)
ロックショアプラッギング(2)
ロックフィッシュ(4)
ワカナ(1)
ワラサ(1)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(39)
沖磯キャンプ(1)
河川(1)
河野 浩二(23)
河野浩二(30)
郡山 善充(2)
玄界灘(1)
五目ジギング(1)
香西 宗正(11)
香西宗正(24)
根魚(1)
撮影(1)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
秋の青物祭り(3)
春の青物祭り(1)
春磯シーバス(1)
庄三郎丸(1)
新潟フィッシングショー(6)
真鯛(2)
西田 学(17)
青物(70)
石井 栄治(5)
千葉県干潟(1)
相模湾(4)
太刀魚(1)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(27)
大森崇弘(29)
稚鮎(1)
中山 剛(18)
中山剛(21)
釣りいろは(1)
渡辺 俊夫(39)
渡辺俊夫(28)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(27)
福元和孝(40)
友寄 勝実(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

マリア - フィールドスタッフブログ詳細

2017/08/02 09:57 夏のショア太刀魚 by大森崇弘

タグ: フィールドスタッフ  大森 崇弘  タチウオ 

皆さん、こんにちは。

Mariaフィールドスタッフの大森崇弘です。

暑さのハンパない真夏日和、いかがお過ごしですか?

常に熱中症と戦わなければならない気温ですが、水温が高いということで

釣り物の最も多い時期かも知れませんね。

さて、今回は色々と釣り物がある中で、関西を代表して

夏のショア太刀魚を紹介したいと思います。

本番は、もちろん涼しくなる秋ですが、夏の太刀魚は、ムラが多いものの

釣れれば比較的に良型が多いので、私個人は、秋の数釣りよりも、夏の太刀魚の方が好きかな?

太刀魚釣りといえば、関西ではワインド釣法が最もポピュラーな釣り方になります。

左右のダートアクションで活性を上げて、ヒットに結びつけるという実に効率的な釣り方です。

この釣りにおいて、拘る所といえば、レンジ。

カウントダウンでレンジを刻んで、ヒットゾーンを見つけるのが、最大のコツです。

しかしながら、これは、その釣り場に太刀魚が居るという前提のもとに成り立ちます。

夏の太刀魚は、そういう訳にはいきません。

釣れる時は連発性があるものの、釣れない時はアタリすらありません。

居るのか?居ないのか?それも判断が付かない。そういう現状があるのが

夏の太刀魚の難しい所になります。

だから、最近は、バイブレーションの釣りに拘っています。

写真は、マールアミーゴⅡ太刀魚SPですが、これで、広範囲を探りながら

アタリの出る場所を順番に探り、ヒットしたり、ショートバイトがあったコースがあったら

そこを重点的に、トゥイッチを織り交ぜて、ゆっくりとイレギュラーに誘います。

 

この釣り方の方が、夏の場合、最初の1尾を手にする確率が上がると思います。

また、ヒットポイントをいち早く掴んでいるので、その後の展開が有利に働くこともあります。

 

ショアの太刀魚は、もともと時合集中型の魚なので、短時間で居場所を見つけて

どれだけのアタリを拾えるか?そこが勝負どころ。

逆に言えば、釣り人にとっても短期決戦になります。

でも、真夏の釣りとしては、いいんじゃないかな?

暑さの和らぐタイミングで、釣って楽しく体力的にも楽で、食べて美味しい。

こんな釣りは、皆さんにも是非体験していただきたいと思います。

ちなみに、太刀魚の歯は、大変鋭くなっています。

釣行の際は、プライヤーとワニグリップをお忘れなく。

 

 

 

前へ  |  次へ   | 一覧