ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2021年3月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ

COMパーティー(1)
Maria(14)
Maria COMMUNITY(4)
POCKETS(6)
YAMASHITA(1)
アクションフィッシュ(2)
アジ(12)
アジフラッター(10)
アジング(29)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(4)
エンゼルキッス(12)
オフショア(15)
オフショアキャスティング(4)
オフショアゲーム(2)
オフショアジギング(2)
オフショアルアー(1)
オフショア青物(2)
カーボンバイブ(4)
カサゴ(7)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キジハタ(3)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(3)
サーベリング(1)
サゴシ(4)
サブマリンヘッド(13)
サヨリパターン(1)
サワラ(9)
シーバス(99)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
シイラ(7)
ジギング(9)
ショアゲーム(2)
ショアトリッカー(5)
ショアプラッギング(2)
ショアブルー(2)
ショアブルーEX(4)
スカッシュ(9)
スピンシャイナー(1)
スライス(10)
スリーブ(1)
スリムクローラー(8)
スロージギング(1)
ゼロヘッド(1)
ソイ(1)
ダートスクイッド(2)
タイトスラローム(4)
タイラバ(5)
タチウオ(19)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
ダックダイブ(4)
タックル(1)
チヌ(4)
つりサミット(1)
ディープクランク(1)
デュプレックス(1)
トップウォーター(1)
ニュークロー(1)
ノット(1)
バイラバイラ(3)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドⅡ(3)
ヒラスズキ(7)
ヒラセイゴ(1)
ヒラマサ(18)
ヒラメ(1)
ファイターズスナップ(2)
ファイターズリング(1)
フィールドスタッフ(341)
フィールドモニター(24)
フィッシングショー(10)
フェイクベイツ(5)
フェイクベイツNL-1(2)
プラグ(1)
フラペン(18)
フラペン シャロー(7)
フラペン ブルーランナー(12)
ブリ(1)
ブルースコード(15)
ブルースコードⅡ(16)
プロトモデル(1)
ボアー(2)
ホウボウ(1)
ボートゲーム(1)
ボートシーバス(1)
ポケッツ(11)
ポップクイーン(23)
マール・アミーゴ(2)
マール・アミーゴⅡ(7)
マダイ(5)
ママワームソフト(58)
マリア(39)
マルチゲーム(1)
ムーチョ・ルチア(18)
ムラソイ(3)
メタフラ(9)
メタルフリッカー(18)
メッキ(3)
メバトロボール(3)
メバリング(2)
メバル(43)
メバルプラッギング(1)
ヤリイカ(1)
ライトエギング(1)
ライトゲーム(20)
ライトジギング(3)
ライトショア(1)
ライトショアジギング(8)
ライトショアプラッギング(4)
ライトルアー(2)
ライトロック(6)
ライン(1)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(32)
リトルビットAH(1)
リライズ(6)
ローデッド(5)
ロゴマーク(1)
ロックショア(5)
ロックショアプラッギング(1)
ロックフィッシュ(4)
ワカナ(1)
ワラサ(1)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(39)
沖磯キャンプ(1)
河川(1)
河野 浩二(23)
河野浩二(30)
郡山 善充(2)
玄界灘(1)
香西 宗正(11)
香西宗正(24)
根魚(1)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
春磯シーバス(1)
庄三郎丸(1)
新潟フィッシングショー(6)
真鯛(2)
西田 学(17)
青物(70)
石井 栄治(5)
千葉県干潟(1)
相模湾(4)
太刀魚(1)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(23)
大森崇弘(29)
稚鮎(1)
中山 剛(18)
中山剛(21)
釣りいろは(1)
渡辺 俊夫(34)
渡辺俊夫(28)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(21)
福元和孝(40)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

マリア - フィールドスタッフブログ詳細

2017/05/09 15:00 青物ファン注目!ラピード230(プロト)鋭意テスト中! by岡 公一郎

タグ: フィールドスタッフ  岡 公一郎  青物  ラピード 

長崎県平戸在住のフィールドスタッフ、岡 公一郎です。

この春は特にヒラマサを釣りたくてウズウズしています。

ダイナミックでパワフルなヒラマサゲーム。完全に「ヒラマサ中毒」になりつつあります。

というのもMariaのFacebook等でも姿を見せ始めた青物用ダイビングペンシル

「ラピード230(プロト)」

最近、このラピード230のフィールドテストをショア&オフショアで行っています。

使用するロッドは青物用Hクラス。

メインラインはPE5号(ショア)~PE8号(オフショア)

リーダーは100LB(ショア)~150LB(オフショア)

フックはバランスを調整しながらトレブルフックやシングルフックをセットしています。

プロト段階でも魚の反応は非常に良く、渋い状況下でもターゲットを引き付けてくれています。

玄界灘のオフショアテストでは、小潮でなかなか潮が流れない状況下でもヒラマサを誘いだしてくれ

良い感じのテスト釣行となりました。

その好調さはショアでも衰えることなく、上五島でのテストでも魚に好反応でした。

(魚だけでなく鳥のチェイスも物凄く多いです)

このラピード230はキャストする度にドキドキさせられます。

というのもベイトが小さかったり見えなかったり、ボイルやナブラが全く無い状況下において

ターゲットを引き付け・追わせ・バイトさせるポテンシャルを感じられるからです。

「今日は終わった…」誰もがそう思ったフィールドでも見事に魚を引っ張り出してくれた事もあります。

散々キャストされて貫禄がついてきたボディを見ながら

「ラピード230をトカラの磯で投げたいな…」とか

「海外のアングラーにも使ってもらえそうだな…」とか

「ひょっとしたら、どこかの誰かが世界記録を出してくれるかも…」

大袈裟かもしれませんが、ラピード230は世界各地で活躍してくれそうな気がします。

「自分が使うにはちょっと大きすぎるかな?」とか「自分が通うエリアのベイトは小さいし…」

「キャストするのが重たそうだな?」など、最初は身構えてしまうボディサイズかもしれません。

しかし、魚屋さんや食卓に並ぶサンマやカマス等と比較しても決して大きすぎることはありません。

先ずは「ベイト=小魚」という概念を無くしてみましょう!

キャスティングも通常の筋力があれば問題ありません。そういう僕自身も小柄ですから…(笑)

ラピード230は、決して「限られた一部のアングラーだけ」が使えるダイビングペンシルではありません。

平戸では春のヒラマサシーズンももう暫くとなります。

今度はスポ―ニング後の夏マサ相手にテストを行っていく事になるでしょう。

これからのラピード230の展開にご期待下さい!!

 

前へ  |  次へ   | 一覧