ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2021年9月 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ

COMパーティー(1)
FGノット(1)
GoPro(1)
Maria(14)
Maria COMMUNITY(4)
PEライン(1)
POCKETS(6)
YAMASHITA(1)
アイナメ(1)
アクションフィッシュ(2)
アジ(12)
アジフラッター(10)
アジング(29)
アマダイ(1)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(4)
エンゼルキッス(12)
オフショア(15)
オフショアキャスティング(4)
オフショアゲーム(2)
オフショアジギング(2)
オフショアルアー(1)
オフショア青物(2)
カーボンバイブ(4)
カサゴ(9)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キジハタ(4)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
クジメ(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(3)
サーベリング(1)
サゴシ(4)
サバ(1)
サブマリンヘッド(13)
サヨリパターン(1)
サワラ(9)
シーバス(105)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
シイラ(7)
ジギング(9)
ショアゲーム(2)
ショアトリッカー(5)
ショアプラッギング(2)
ショアブルー(2)
ショアブルーEX(4)
スカッシュ(9)
スピンシャイナー(1)
スライス(11)
スリーブ(1)
スリムクローラー(8)
スロージギング(1)
ゼロヘッド(1)
ソイ(1)
ダートスクイッド(2)
タイトスラローム(4)
タイラバ(5)
タチウオ(19)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
ダックダイブ(4)
タックル(1)
チヌ(6)
つりサミット(1)
ディープクランク(1)
デュプレックス(1)
トップウォーター(1)
ニュークロー(1)
ノット(1)
バイラバイラ(3)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
パニックベイト(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドⅡ(3)
ヒラスズキ(7)
ヒラセイゴ(1)
ヒラマサ(18)
ヒラメ(2)
ファイターズスナップ(2)
ファイターズリング(1)
フィールドスタッフ(354)
フィールドモニター(24)
フィッシングショー(10)
フェイクベイツ(5)
フェイクベイツNL-1(2)
プラグ(1)
フラペン(18)
フラペン シャロー(7)
フラペン ブルーランナー(12)
ブリ(1)
ブルースコード(16)
ブルースコードⅡ(16)
プロトモデル(1)
ボアー(2)
ホウボウ(2)
ボートゲーム(1)
ボートシーバス(1)
ポケッツ(11)
ポップクイーン(23)
マール・アミーゴ(2)
マール・アミーゴⅡ(8)
マダイ(5)
ママワームソフト(62)
マリア(39)
マルチゲーム(1)
ムーチョ・ルチア(20)
ムラソイ(4)
メタフラ(9)
メタルフリッカー(18)
メッキ(3)
メバトロボール(3)
メバリング(4)
メバル(47)
メバルプラッギング(1)
ヤリイカ(2)
ライトエギング(1)
ライトゲーム(20)
ライトジギング(3)
ライトショア(1)
ライトショアジギング(8)
ライトショアプラッギング(4)
ライトルアー(2)
ライトロック(8)
ライン(1)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(32)
リーダーライン(1)
リトルビット(1)
リトルビットAH(1)
リライズ(6)
ローデッド(5)
ロゴマーク(1)
ロックショア(5)
ロックショアプラッギング(1)
ロックフィッシュ(4)
ワカナ(1)
ワラサ(1)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(39)
沖磯キャンプ(1)
河川(1)
河野 浩二(23)
河野浩二(30)
郡山 善充(2)
玄界灘(1)
五目ジギング(1)
香西 宗正(11)
香西宗正(24)
根魚(1)
撮影(1)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
春の青物祭り(1)
春磯シーバス(1)
庄三郎丸(1)
新潟フィッシングショー(6)
真鯛(2)
西田 学(17)
青物(70)
石井 栄治(5)
千葉県干潟(1)
相模湾(4)
太刀魚(1)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(26)
大森崇弘(29)
稚鮎(1)
中山 剛(18)
中山剛(21)
釣りいろは(1)
渡辺 俊夫(39)
渡辺俊夫(28)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(26)
福元和孝(40)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

マリア - フィールドスタッフブログ詳細

2017/01/07 12:00 ハードルアー楽しむメバルゲーム by岡 公一郎

タグ: フィールドスタッフ  岡 公一郎  メバル 

こんにちは。寒くなりましたね!

九州・長崎県平戸在住のMariaフィールドスタッフ、岡 公一郎です。

厳冬期のライトゲームのターゲット「メバル」は愛くるしい表情とは裏腹に勇猛果敢にルアーにアタック

してくる人気のターゲットです。



ゲームを楽しむ為にはジグヘッド+ワームといったリグが定番ですが、季節風の中でのライトリグでは

キャスティングの飛距離も伸びず、探る範囲も至近距離となってしまいます。

どんな釣りでもそうですが、探る範囲を広くすることで魚とのコンタクトが増えるのは当然の事です。

そこで今回は僕のメバルタックルをご紹介したいと思います。

ロッドは7.6フィートのメバルロッド、1500番程度のリールにPE0.6号+フロロリーダー(1号を50セ

ンチ程度)をセットしルアーはハードルアーを使用しています。

そして狙う時間帯はもっぱらデイゲーム!デイゲームでサイズ・数とも好釣果を得ています。




ハードルアーはジグヘッドリグよりも当然ウエイトがあるので広範囲を探る事が可能になり、沖のスト

ラクチャーやブレイクラインを効率よく探る事ができ、テンポよくグッドサイズを狙いながらのランガ

ンが可能になります。

使用するルアーはミノープラグ、メタルジグ、スピンテールジグ。といったところです

キャスト後に

〇ミノーならステディリトリーブに時折トゥイッチを入れて誘う。

〇メタルジグでは表層引きやカウントダウン後のジャーク&フォール。(マイクロサイズのアシストフッ

クを推奨)

〇スピンテールジグの場合はカウントダウン後レンジをキープしてのリトリーブ

フィールドの状況によって使いわけながらそんな感じで狙っています。

ミノープラグでのメッキを狙うようなハイパートゥイッチや、表層をスキッピングするメタルジグにメバルがボ

イルしはじめる事も珍しくはなく、そのような状態(活性)になるとサイズ・数以上にホットなゲームを楽しめます。

ライトタックルで静かに楽しめるようなメバルゲームですが、ちょっと狙い方を変えてみると意外な魚の姿を見る

ことができますよ。



余談ですがヒラスズキ狙いの12センチミノーを引ったくって行く事も珍しくはありません。

 

前へ  |  次へ   | 一覧