ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2019年5月 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ

16℃(1)
2015(1)
20℃(1)
3.5号(1)
490グロ-(1)
490グロー(1)
490グロー(14)
490グロー(8)
CIAC(1)
COM(1)
DDシンカー(1)
FF(2)
FFタイプ(1)
HOW TO(1)
JPプラス(1)
LIVE(2)
LIVEサーチ(2)
LIVEサーチ(2)
NAORY RH(1)
ppb(1)
TF(1)
TR(1)
TRシンカー(2)
Web Shop(1)
YAMARIA(3)
YAMASHITA(1)
YAMASHITA(1)
YAMASITA(1)
アオリ(9)
アオリイカ(173)
アオリイカ(1)
アオリエギング(215)
アカイカ型(2)
アジ(3)
アシストリグ(3)
アピール重視(1)
アマモ(3)
アマモ(1)
イイダコ(1)
イカ(5)
いかご(1)
イカメタル(1)
イカ曳き(1)
イカ釣り(2)
イベント(5)
イワシ(1)
ウォームジャケット(3)
エギ(6)
エギ(2)
エギCOM(2)
エギCOM(1)
エギCOMパーティ(2)
エギーノ(8)
エギーノぴょんぴょん(1)
エギーノぴょんぴょんサーチ(1)
エギスッテ(1)
エギング(154)
エギング(6)
エギングキャンペーン(4)
エギンググッズ(2)
エギングサミット(1)
エギングストッカー(1)
エギング教室(6)
エギング初心者(1)
エギング入門(10)
エギンング教室(1)
エギ王(27)
エギ王(4)
エギ王 COMMUNITY(2)
エギ王 COMMUNITY(9)
エギ王 COMMUNITY(2)
エギ王 DDスパイダー(1)
エギ王 GX(2)
エギ王 JP+(1)
エギ王 JP+(3)
エギ王 JPプラス(1)
エギ王 JPプラス(12)
エギ王 K(5)
エギ王 K(3)
エギ王 K(4)
エギ王 K(64)
エギ王 K(1)
エギ王 K シャローリーフSP(1)
エギ王 Q(4)
エギ王 Q LIVE(3)
エギ王 Q LIVE(37)
エギ王 Q LIVE サーチ(1)
エギ王 Q LIVE サーチ(2)
エギ王 Q LIVE サーチ(1)
エギ王 Q LIVE サーチ(1)
エギ王 Q LIVE サーチ(41)
エギ王 Q LIVE サーチ 490グロー(1)
エギ王 TR(1)
エギ王 TR(12)
エギ王 TRシンカー(1)
エギ王 TRスナップ(1)
エギ王 関連品(1)
エギ王COMMNITY(1)
エギ王COMMUNITY(1)
エギ王COMMUNITY(16)
エギ王COMUNITY(1)
エギ王JP+(1)
エギ王JP+(1)
エギ王JP+(1)
エギ王JPプラス(1)
エギ王K(27)
エギ王K(31)
エギ王K(3)
エギ王K(1)
エギ王K HF(2)
エギ王K HF(1)
エギ王Kシャローリーフ(1)
エギ王Q(3)
エギ王Q(2)
エギ王Q LIVE(5)
エギ王Q LIVE サーチ(1)
エギ王Q LIVE サーチ(1)
エギ王Q LIVEサーチ(1)
エギ王QLIVE(2)
エギ王QLive(1)
エギ王QLIVE(4)
エギ王QLive(2)
エギ王QLive(1)
エギ王QLIVE490グロー(1)
エギ王QLIVE490グロー(1)
エギ王QLIVEサーチ(2)
エギ王QLIVEサーチ(1)
エギ王QLIVEサーチ(9)
エギ王QLIVE新色(1)
エギ王Qライブ(1)
エギ王Qライブ 490グロー(1)
エギ王Q復刻版(1)
エギ王TR(3)
エギ王TR(6)
エギ王TR(1)
エギ王TR(1)
エギ王TRシンカー(1)
エギ王TRスナップ(1)
エギ王コミニティー(1)
エギ王コミュニティ(5)
エギ王関連品(1)
エギ職人(1)
オススメ(2)
オススメカラー(2)
おっぱいスッテ(5)
オモリグ(2)
オリカラコンテスト(1)
オリジナルカラー(1)
カラーセレクト(1)
カラーローテーション(1)
カラマーリ(1)
ガンセキ(1)
キープキャスト(1)
キャスティングエギング(1)
キャンペーン(3)
グルクンパニック(2)
クロロフィル(2)
ケイムラ(1)
ケンサキ(19)
ケンサキイカ(19)
コウイカ(10)
コウイカリーダーSB(1)
ゴロタ(1)
コントラスト(1)
サーチ(7)
サーフ(1)
サーモン(1)
ササイカ(6)
シアトル(1)
シャロー(2)
シャロータイプ(1)
シャロータイプ(1)
シリヤケイカ(6)
ジンドウ(2)
スーパーシャロー(1)
スミイカ(1)
スミイカエギング(1)
スルメ(2)
スルメ(1)
スルメイカ(7)
その他(23)
その他エギング(5)
ダイオウイカ(1)
タイドグラフ(1)
ダウンショット(1)
ダウンショットエギング(1)
タコ(11)
タコ(1)
タコエギング(7)
たこじゃらし(1)
タコじゃらし(1)
タコベイト(3)
タックル(1)
チューニング(2)
ツツイカ(14)
ツツイカエギング(33)
つりサミット(2)
ディープ(1)
ディープタイプ(1)
ティップラン(10)
ティップラン(1)
ティップランエギング(15)
テスト(3)
ととスッテ R(1)
ととスッテR95S(1)
ドラグ(2)
トローリング(1)
ドロッパー(2)
ナオリー(44)
ナオリー RH(3)
ナオリー RH(3)
ナオリー RH(6)
ナオリー おっぱいスッテ(4)
ナオリー 関連品(1)
ナオリーRH(3)
ナオリーRH(38)
ナオリーRH(1)
ナオリー兄さん(80)
ナチュラル(1)
ノット(6)
ハイドロフィン(1)
バンクーバー(1)
バンダコウイカ(1)
ヒイカ(49)
ヒイカSP(16)
ぴょんぴょん(9)
ぴょんぴょんサーチ(3)
ヒント(1)
フィールドテスト(2)
フィッシングショー(6)
フェイスブック(1)
ブトイカ(3)
プランクトン(2)
ブルーポーション(1)
ブログ(1)
プロト(3)
ベイカ(2)
ベストシーズン(1)
ボートエギング(4)
マイスター(6)
マメイカ(5)
マルイカ(2)
ミノー(1)
ムラムラチェリー(1)
ヤナシタ(1)
ヤマシタ(8)
ヤマリア(4)
ヤマリア(1)
ヤマリアフェスタ(1)
ヤリイカ(24)
ライトエギング(35)
ライブ(1)
ライブ490グロー(2)
ライブサーチ(1)
ライブサーチ490グロー(1)
ラクラクスナップ(1)
ラトル(1)
ロープ(1)
愛媛(1)
烏帽子(1)
餌木王 慶(1)
遠征(1)
塩分(1)
沖の水温(1)
沖漬け(1)
沖縄(1)
温度(1)
夏イカ(7)
夏エギング(1)
科学的(2)
花粉(1)
回遊(1)
海上釣り掘(1)
海上釣り堀(1)
海釣り公園(2)
海洋観測(1)
活アジ(1)
関東(1)
韓国(1)
季節の釣り(1)
急潮(1)
教室(1)
金アジ(1)
群れ(1)
軍艦グリーン(1)
激流(1)
研究(2)
顕微鏡(1)
光宮(6)
光合成(1)
港(1)
甲イカ(5)
講習会(1)
降水量(1)
国際頭足類学会(1)
黒潮(3)
黒潮SP(1)
甑島(2)
甑島イカ釣り大会(1)
桜島(4)
三河(1)
三崎(2)
産卵(1)
視覚(1)
視力(1)
資源管理(1)
飼育(1)
児島玲子(1)
時合い(1)
自己記録(1)
写真(3)
寿命(1)
秋(2)
秋イカ(4)
春一番(1)
初心者(1)
小樽(1)
城ケ島(1)
植物プランクトン(1)
色の差(1)
色覚(1)
触腕(1)
食物連鎖(1)
新エギ(1)
新子(3)
新商品(2)
新色(3)
新製品(5)
新製品エギ(1)
申カラー(1)
真水(1)
神奈川県水産技術センター(1)
水温(9)
水温変化(1)
錘スッテ(1)
成長(1)
生態研究(1)
青緑(1)
仙台(1)
千葉(1)
川上マイスター(1)
川上英佑(1)
泉南(1)
船アオリ(4)
船スミイカ(1)
相模湾(1)
対馬(1)
台風(4)
大会(1)
大黒海づり施設(1)
濁り(4)
濁度(1)
暖水(2)
暖水波及(1)
地球の自転(1)
中オモリ(1)
潮位(2)
潮回り(1)
潮汐(1)
調査(2)
釣り(4)
釣りいろは(1)
釣り公園(1)
釣り博(1)
伝説(1)
東京湾(1)
東京湾アマモ場再生会議(1)
透明度(1)
日射(1)
日本水産学会(1)
入門(2)
入門者(1)
入門者エギング教室(1)
入門者エギング教室(1)
博多(3)
函館(1)
発芽(1)
富浦海王(3)
福岡(1)
分布(1)
平戸(1)
平衡石(1)
捕食(2)
北海道(1)
満月(1)
無脊椎動物(1)
明暗(1)
夜光(1)
夜焚き(2)
夜焚きイカ(1)
夜焚きイカ(1)
野島崎(1)
油壺マリンパーク(1)
余市(2)
養殖イカダ(1)
流軸距離(1)
料理(2)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ - エギングBLOG詳細

2014/10/22 06:00 ナオリーRH ヒイカSPが釣れる訳。本当の理由とは?

タグ: ナオリーRH  ヒイカSP  ナオリー兄さん 

おはようございます。


ナオリー兄さんこと河野です。


先日は休日を利用して往復3時間の距離をライトエギング


日中の数時間でプチ入れ食いを味わいました!





前回私の出番で新商品ナオリーRH ヒイカSPのこだわりをご紹介しましたが、書ききれなかったので続編をご紹介します。



前回のブログ↓↓


http://www.yamaria.co.jp/yamashita/eging_blog/detail/791

ヒイカスペシャルの一番こだわった部分は


【専用ウエイト】と書きましたが





ウエイト前方に水流の当たるフラット面を設けました。


① ウエイトに水が当たることで糸が張る


②糸が張ることで、竿先にエギの重さが伝わる


③竿先にエギの重さがわかることで、ヒイカの繊細なアタリがわかりやすい


④アタリがわかりやすいので、フッキングミスが起こりにくい


⑤ヒイカが針掛かりしやすい


前回のおさらいはここまでです。


ここまでは少し分かりますでしょうか?


なんかしっくり来ないな~。よくわからないと思った方もいるはずです。



これだけでは机上の空論です。




でもこれに至るにはフィールドに通い詰めたからこそ分かる感覚が関係しています。



ヒイカは体長15cm前後の手のひらサイズのイカです。


ここで考えてもらいたいのが、イカがエギを抱ける早さです。


遊泳力がないヒイカは横方向に早く動くものには・・・追いつけません。


でも止まっているものには抱きつくことができます。



底についた時とか、ゆっくり沈むものには簡単に抱きつくことができます。


それがDEEPタイプであり、SHALLOWタイプです。


その中間のいいとこどりがBASIC。



この3タイプあれば十分なほどライトエギングは成り立ちます。


しかしそれはツツイカ全般を考えた話です。



ヒイカの場合、早いエギには抱きつきにくい。


大きいエギには抱き付きにくい。



そうすると小さくて、ゆっくり沈むエギが欲しい。


ライト周りのイカの常套手段です。



それはイカが抱きつきやすいだけでなく、フワフワしているエギはイカが掴んで持っていきやすいということです。


SHALLOWタイプを使っていると、ラインが走る当たりが多いのは、その為ですね。


だから釣れるというわけです。



でも、ヒイカがまったく表層に見えない。


たぶん底にいるとしたら?


これまではDEEPタイプを使って早く沈ませていました。


それでも釣果をだすことはまったく問題ありません。


しかし、先程のゆっくり沈むとは真逆です。


底にいるヒイカは抱きたくても抱けない状況になっていた。そんなイカがうじゃうじゃいるとしたら・・・



早く沈むけど、底近くでゆっくり沈むエギがあったら・・・


でも現実的には不可能です。



ただ、ヒイカを釣るシーズンは強風が多く、糸が流れる。


さらに、イカのいる水深5m前後には早潮で糸が流される。



糸が流されるということは、エギに水の抵抗がかかるということです。


ウエイト前方ににフラット面を設けることで、さらにエギに抵抗がかかります。


そうすると・・・


そうです。


エギが横方向に動かなくなります。


釣り場の自然状況を利用して、エギをヒイカが抱きやすい速度にするというわけです。




ヒイカを釣る時に重要な要素とは下記の2つです。


①「沈下速度=レンジ到達速度」


②「イカの乗りやすさ=レンジ内での横移動の遅さ」


その両方を兼ね備えたのが、ヒイカSPなのです。


良く分からなかった方→分からなくても投げれば釣れます。


良く分かった方→たぶんこのエギを使わなくても釣れますね。


テクニックで釣れる上級者はもしかしたらつまらないかもしれない。


でも入門者にはやさしいエギなんです。


だって投げれば勝手に釣れる機能が備わっているんですから。


今日はここまでにします。




by ナオリー兄さん


 

前へ  |  次へ   | 一覧