• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2017年8月 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ

16℃(1)
2015(1)
20℃(1)
3.5号(1)
490グロ−(1)
490グロー(13)
490グロー(7)
490グロー(1)
CIAC(1)
COM(1)
DDシンカー(1)
FF(2)
FFタイプ(1)
JPプラス(1)
LIVE(2)
LIVEサーチ(2)
LIVEサーチ(2)
NAORY RH(1)
ppb(1)
TF(1)
TRシンカー(1)
Web Shop(1)
YAMARIA(3)
YAMASHITA(1)
アオリ(9)
アオリイカ(170)
アオリイカ(1)
アオリエギング(216)
アカイカ型(2)
アジ(3)
アシストリグ(2)
アピール重視(1)
アマモ(3)
アマモ(1)
イイダコ(1)
イカ(5)
イカメタル(1)
イカ曳き(1)
イカ釣り(2)
イカ墨(1)
イベント(5)
イワシ(1)
ウォームジャケット(3)
エギ(6)
エギ(1)
エギCOM(1)
エギCOMパーティ(2)
エギーノ(7)
エギスッテ(1)
エギング(122)
エギング(1)
エギングキャンペーン(2)
エギンググッズ(2)
エギングサミット(1)
エギングストッカー(1)
エギング教室(4)
エギング初心者(1)
エギング入門(10)
エギンング教室(1)
エギ王(16)
エギ王(1)
エギ王 COMMUNITY(9)
エギ王 COMMUNITY(2)
エギ王 COMMUNITY(2)
エギ王 DDスパイダー(1)
エギ王 GX(2)
エギ王 JP+(3)
エギ王 JP+(1)
エギ王 JPプラス(12)
エギ王 JPプラス(1)
エギ王 K(64)
エギ王 K(5)
エギ王 K(1)
エギ王 K(3)
エギ王 K(4)
エギ王 K シャローリーフSP(1)
エギ王 Q(4)
エギ王 Q LIVE(37)
エギ王 Q LIVE(3)
エギ王 Q LIVE サーチ(42)
エギ王 Q LIVE サーチ(1)
エギ王 Q LIVE サーチ(2)
エギ王 Q LIVE サーチ(1)
エギ王 Q LIVE サーチ(1)
エギ王 Q LIVE サーチ 490グロー(1)
エギ王 TR(12)
エギ王 TR(1)
エギ王 TRシンカー(1)
エギ王 TRスナップ(1)
エギ王 関連品(1)
エギ王COMMNITY(1)
エギ王COMMUNITY(16)
エギ王COMMUNITY(1)
エギ王COMUNITY(1)
エギ王JP+(1)
エギ王JP+(1)
エギ王JP+(1)
エギ王JPプラス(1)
エギ王K(27)
エギ王K(19)
エギ王K(1)
エギ王K HF(1)
エギ王K HF(2)
エギ王Kシャローリーフ(1)
エギ王Q(2)
エギ王Q(2)
エギ王Q LIVE(5)
エギ王Q LIVE サーチ(1)
エギ王Q LIVE サーチ(1)
エギ王Q LIVEサーチ(1)
エギ王QLIVE(3)
エギ王QLIVE(2)
エギ王QLive(1)
エギ王QLive(1)
エギ王QLIVE490グロー(1)
エギ王QLIVE490グロー(1)
エギ王QLIVEサーチ(1)
エギ王QLIVEサーチ(7)
エギ王QLIVEサーチ(1)
エギ王QLIVE新色(1)
エギ王Qライブ(1)
エギ王Qライブ 490グロー(1)
エギ王Q復刻版(1)
エギ王TR(6)
エギ王TR(1)
エギ王TR(1)
エギ王TR(1)
エギ王コミニティー(1)
エギ王コミュニティ(5)
エギ王関連品(1)
エギ職人(1)
オススメ(2)
オススメカラー(2)
おっぱいスッテ(2)
オモリグ(2)
オリカラコンテスト(1)
オリジナルカラー(1)
カラーセレクト(1)
カラーローテーション(1)
カラマーリ(1)
ガンセキ(1)
キープキャスト(1)
キャスティングエギング(1)
キャンペーン(3)
グルクンパニック(2)
クロロフィル(2)
ケイムラ(1)
ケンサキ(12)
ケンサキイカ(19)
コウイカ(10)
コウイカリーダーSB(1)
ゴロタ(1)
コントラスト(1)
サーチ(5)
サーフ(1)
サーモン(1)
ササイカ(4)
シアトル(1)
シャロー(2)
シャロータイプ(1)
シャロータイプ(1)
シリヤケイカ(6)
ジンドウ(2)
スーパーシャロー(1)
スミイカ(1)
スミイカエギング(1)
スルメ(1)
スルメ(1)
スルメイカ(4)
その他(23)
その他エギング(5)
ダイオウイカ(1)
ダウンショット(1)
ダウンショットエギング(1)
タコ(11)
タコ(1)
タコエギング(7)
タコじゃらし(1)
たこじゃらし(1)
タコベイト(3)
チューニング(2)
ツツイカ(13)
ツツイカエギング(33)
ディープ(1)
ディープタイプ(1)
ティップラン(6)
ティップラン(1)
ティップランエギング(15)
テスト(3)
ととスッテ R(1)
ととスッテR95S(1)
ドラグ(2)
トローリング(1)
ドロッパー(1)
ナオリー(29)
ナオリー RH(3)
ナオリー RH(6)
ナオリー RH(3)
ナオリー おっぱいスッテ(4)
ナオリー 関連品(1)
ナオリーRH(37)
ナオリーRH(3)
ナオリーRH(1)
ナオリー兄さん(80)
ナチュラル(1)
ノット(6)
ハイドロフィン(1)
パスタ(1)
バンクーバー(1)
バンダコウイカ(1)
ヒイカ(39)
ヒイカSP(16)
ぴょんぴょん(4)
ぴょんぴょんサーチ(3)
ヒント(1)
フィールドテスト(2)
フィッシングショー(6)
フェイスブック(1)
ブトイカ(2)
プランクトン(2)
ブログ(1)
プロト(3)
ベイカ(2)
ベストシーズン(1)
ボートエギング(2)
マイスター(4)
マメイカ(5)
マルイカ(2)
ミノー(1)
ヤマリア(2)
ヤマリアフェスタ(1)
ヤリイカ(19)
ライトエギング(22)
ライブ(1)
ライブ490グロー(2)
ライブサーチ(1)
ライブサーチ490グロー(1)
ラクラクスナップ(1)
ラトル(1)
ロープ(1)
愛媛(1)
烏帽子(1)
餌木王 慶(1)
遠征(1)
塩分(1)
沖の水温(1)
沖漬け(1)
沖縄(1)
温度(1)
夏イカ(5)
科学的(2)
花粉(1)
回遊(1)
海上釣り掘(1)
海上釣り堀(1)
海釣り公園(2)
海洋観測(1)
活アジ(1)
関東(1)
韓国(1)
季節の釣り(1)
急潮(1)
群れ(1)
激流(1)
研究(2)
顕微鏡(1)
光宮(6)
光合成(1)
港(1)
甲イカ(5)
講習会(1)
降水量(1)
国際頭足類学会(1)
黒潮(3)
黒潮SP(1)
甑島(1)
甑島イカ釣り大会(1)
三河(1)
三崎(2)
産卵(1)
視覚(1)
視力(1)
資源管理(1)
飼育(1)
自己記録(1)
写真(3)
寿命(1)
秋(2)
秋イカ(1)
春一番(1)
初心者(1)
小樽(1)
城ケ島(1)
植物プランクトン(1)
色の差(1)
色覚(1)
触腕(1)
食物連鎖(1)
新エギ(1)
新子(3)
新商品(1)
新製品(5)
新製品エギ(1)
申カラー(1)
真水(1)
神奈川県水産技術センター(1)
水温(9)
水温変化(1)
錘スッテ(1)
成長(1)
生態研究(1)
青緑(1)
仙台(1)
千葉(1)
川上マイスター(1)
泉南(1)
船アオリ(4)
船スミイカ(1)
相模湾(1)
対馬(1)
台風(4)
大会(1)
大黒海づり施設(1)
濁り(4)
濁度(1)
暖水(2)
暖水波及(1)
地球の自転(1)
中オモリ(1)
潮位(2)
潮回り(1)
潮汐(1)
調査(2)
釣り(4)
釣り公園(1)
伝説(1)
東京湾(1)
東京湾アマモ場再生会議(1)
透明度(1)
日射(1)
日本水産学会(1)
入門者エギング教室(1)
入門者エギング教室(1)
博多(2)
函館(1)
発芽(1)
富浦海王(3)
福岡(1)
分布(1)
平衡石(1)
捕食(2)
北海道(1)
満月(1)
無脊椎動物(1)
明暗(1)
夜光(1)
夜焚き(1)
夜焚きイカ(1)
夜焚きイカ(1)
野島崎(1)
油壺マリンパーク(1)
余市(2)
養殖イカダ(1)
流軸距離(1)
料理(2)

製品検索

キーワード

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

YAMASHITA_エギングBLOG詳細

2017/05/25 06:00 エギのカラーローテーションについて。

タグ: エギング  カラーローテーション  エギ王K HF 

みなさんこんにちは。

今年は各地で好調との声を聞きますが、皆様はいかがでしょうか。

さて、エギング教室等のイベントの時もそうでしたが、最近良く聞かれるのがエギのカラーについて。

というわけで今回は私のエギのカラーの基本的な考え方について書いてみようと思います。

(あくまでも個人的な見解ですので参考程度にお考え頂けると幸いです)

私がエギのカラーで重視するのは、上布の色ではなく下地のテープの色です。

光量に合わせて下地のカラーを決め、その後上布のカラーをローテーションしていきます。

まず、私が日中メインで使用するのは金テープです。

日中は太陽の光があるので、その光を強い反射でアピールする金テープをメインとする訳です。

更に澄潮時には銀テープをメインに使用します。

またテープでの反射に反応が無い時に違った刺激で有効なのが、Kムラ!紫外線を吸収反射してアピールします。

次にゴールデンタイムの朝マズメ、夕マズメには、ピンクテープやオレンジテープ。

光が有りながらも弱いこの時間帯、光の反射とシルエットの両方を意識出来るピンクテープやオレンジテープを使用します。

この時間帯は活性が高い事が多い為、何色でも釣れるとの考え方もありますが・・・。

最後に夜使用するのが赤テープ。光の反射でなくシルエットを意識するときに使用します。

なので、濁った時にも使用します。

その他にも夜光ボディーなども有効です。

といった様に下地テープの色を決めてから上布のカラーローテーションして行くのが私のカラーパターンです。

気になった方は是非お試しください。

九州からYAMASITAエギングマイスターの柘植がお送りいたしました。

 

前へ  |  次へ   | 一覧