• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2017年11月 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ

COMパーティー(1)
Maria(10)
Maria(1)
Maria COMMUNITY(4)
POCKETS(2)
POCKETSミノーSS55メバルSP(3)
POCKETSミノーSS55メバルSP(1)
YAMASHITA(1)
アジフラッター(1)
アジング(6)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(4)
エンゼルキッス(4)
エンゼルキッス(1)
オフショア(2)
オフショアキャスティング(4)
オフショアゲーム(2)
オフショアジギング(2)
オフショアルアー(1)
オフショア青物(1)
カーボンバイブ(3)
カサゴ(2)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キジハタ(1)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(1)
サーベリング(1)
サゴシ(1)
サブマリンヘッド(3)
サヨリパターン(1)
サワラ(7)
シーバス(52)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
シイラ(4)
ショアゲーム(1)
ショアトリッカー(2)
スカッシュ(5)
スカッシュF95(1)
スピンシャイナー(1)
スライス(1)
ゼロヘッド(1)
ダートスクイッド(1)
タイラバ(3)
タチウオ(10)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
チヌ(1)
ディープクランク(1)
トップウォーター(1)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドU(3)
ヒラスズキ(3)
ヒラマサ(3)
ヒラメ(1)
フィールドスタッフ(110)
フィールドモニター(23)
フィッシングショー(2)
フィ−ルドモニター(1)
フェイクベイツ(3)
フェイクベイツNL1(1)
フェイクベイツNL-1(1)
プラグ(1)
フラペン(6)
フラペン S85(2)
フラペン シャロー(1)
フラペンシャロー(1)
フラペンブルーランナー(1)
ブリ(1)
ブルースコード(1)
ブルースコードU(5)
ブルースコード45CメバルSP(4)
ブルースコードC45(2)
ボートゲーム(1)
ポケッツ(2)
ポケッツ(1)
ポケッツミノーS55メバルSP(1)
ポップクイーン(5)
ポップクイーンF160(1)
マール・アミーゴU(3)
マダイ(4)
ママワーム(6)
ママワーム(1)
ママワーム ソフト(2)
ママワームダートスクイッド(1)
マリア(9)
マルチゲーム(1)
ムーチョ(1)
ムーチョ・ルチア(4)
ムーチョ・ルチア(1)
ムーチョ・ルチアAHマダイSP(1)
ムラソイ(1)
メタフラ(4)
メタフラ32g(1)
メタルフリッカー(4)
メッキ(1)
メバトロボール(1)
メバリング(1)
メバル(15)
メバルプラッギング(1)
ライトゲーム(6)
ライトゲーム(1)
ライトジギング(1)
ライトショアジギング(4)
ラピード(5)
ラピード F160(2)
ラピードF130(1)
ラピードF230(1)
ローデッド(1)
ローデッドF180玄海SP(1)
ローデッドLS140(1)
ロゴマーク(1)
ロックフィッシュ(3)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(8)
岡 公一郎(1)
岡公一朗(2)
岡公一郎(5)
河川(1)
河野 浩二(3)
河野浩二(13)
郡山 善充(2)
玄界灘(1)
香西 宗正(3)
香西宗正(11)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
春磯シーバス(1)
庄三郎丸(1)
西田 学(3)
西田学(11)
青物(20)
石井 栄治(3)
石井栄治(2)
千葉県干潟(1)
相模湾(4)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(3)
大森崇弘(13)
稚鮎(1)
中山 剛(3)
中山剛(13)
渡辺 俊夫(2)
渡辺俊夫(16)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(1)
福元和孝(15)
福本和孝(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

企画開発ブログ詳細

2017/09/04 16:45 ショアから狙うシイラゲーム by岡公一郎

タグ: フィールドスタッフ  岡公一郎  シイラ 

長崎県平戸在住のフィールドスタッフ、岡 公一郎です。

8月末、北寄りの風が吹き始め一気に秋めいてきました。

オフショアの予定を入れていたのに、この風の影響で出航出来ず…(泣)

次の予定も入れてはいるが、好天を祈るだけである。

秋の風が吹き始めると、堤防や磯からのシイラシーズンとなる。

一般的には夏のターゲットとして位置づけされるシイラだが

この近海では秋のターゲットとして有名である。

それは、秋風が吹き始めるとそれに伴いアゴ(トビウオ)の南下が始まり、

それを追ってシイラの群れが、ショアからの射程内に入ってくるからである。

平戸では、オフショアでシイラを狙うような船のシステムは確立されておらず

堤防や磯から狙うのが一般的である。

サイズ的にもメーターオーバーが多く、堤防でお手軽装備でのビッグゲームを

堪能することが出来るのだ。

堤防シイラ狙いのタックルは、10フィート程の青物ロッドにPE4〜5号

+80〜100LBクラスといったところで、ある程度ドラグを閉めた状態でのゲームとなる。

そのため、タックルセッテイングには万全を期す必要がある。

ラインクラスを下げ、テクニックを磨くというのもゲーム性を上げることには重要な事だが

シイラが回遊しているということは、ベイトとなるアゴも居る訳で

アゴ漁を行う漁船との距離も必然と近くなってしまう。

無駄にラインを出しまくると、思わぬトラブルを招く恐れがある為

このような「ご当地レギュレーション」は尊重してゲームを楽しんで欲しい。

季節風の向かい風の中でのゲームとなるため、しっかりとキャストできるルアーを

チョイスしたい。

単純に距離を出すのならメタルジグでもよいが、ゲーム性を求めると

ローデットF180や140LSに分がある。

アゴを追うシイラは高活性な場合が多く、キャストがピタリと決まると

スプラッシュを上げてド派手にバイトしてくる。

向かい風の中でのキャスティング精度が求められるので、それは練習あるのみ。

また、手軽に楽しめるのは良いのだが、それだけにライフジャケット等の未装着や

車の駐車マナー等、トラブルも懸念されるため、アングラー同士が

上手くコミュニケーションを取りながら楽しんで欲しいと毎年願っている。

さて、いまだに今年の夏季休暇が一日残っている。

良いシーズンに突入し、残った夏季休暇で何を狙うか悩みどころである。

 

前へ  |  次へ   | 一覧